本文へスキップ

こんにちはESG法務研究会です

TEL. 03-5217-3377

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-26
  ユニゾ神田小川町三丁目ビル4階

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

ESG法務研究会は、合併再編等会社法手続きの実績は最大級!

TOPICS


1.最近の出版は次のとおりです。いずれも実務書であり、画像は本HPの左
 側の回転板あるいはアマゾン等で、ご確認ください。
 (1)『募集株式と種類株式の実務〔第2版〕』…………一昨年5月発売
 (2)『事例で学ぶ会社法実務【会社の計算編】』………一昨年7月発売
 (3)『親子兄弟会社の組織再編の実務〔第2版〕』……一昨年7月発売
 (4)『事例で学ぶ会社法実務【設立から再編まで】』…一昨年7月発売
 (5)『「会社法」法令集〔第11版〕』……………………昨年3月発売
 (6)『「会社法」法令集〔机上版〕』………………………昨年5月発売
 (7)『改正会社法と商業登記の最新実務論点』…………昨年11月発売
 (8)『会社法務書式集〔第2版〕』…………………………本年3月発売
 (9)『組織再編の手続〔第2版〕』…………………………本年7月発売

徒然日誌


2016.12.02(金)【株主リストの論考】(金子登志雄)

 今週の本欄は、古山→酒井→立花さんという商業登記に強い若手司法書
士のおかげで、私も楽をさせていただきました。3者3様で文体も違い、
面白いものですね。昨日の立花さんの営業で花一輪を持ってきたのは、生
命保険のおばちゃんだと私はみましたが、どうでしょうか。

 さて、きんざいの「登記情報」12月号が発売されました。その93頁
に元登記官である神崎満治郎先生を代表とする商業法人登記総合研究5人
委員会の名前で、「株主リストに関する問題点」を投稿していますので、
ぜひご覧ください。

 最大の問題点である株主リスト作成者につき、私どもの考え方は次です。

1.民商99号(依命通知)に登記申請人の代表者が株主リストを作成し、
 そこに登記所届出印を押せとあるが、依命通知は法令ではないから、そ
 れに限るものとは思えない。
2.証明は第三者の証明が原則であり、自己の証明は例外である。後者を
 原則とする考え方は証明の一般原則に反する。
3.従来の登記実務の延長で解釈せずに、今回に限り相違した運用はおか
 しい。

 この論考は11月3日に書いたものですが、その後、組織再編につき批
判が多いためか、法務省から、同時申請2分の2の会社が存在する限り、
その会社の届出印を押し、会社が存在しなくなる合併と組織変更について
は同時申請2分の1の会社の届出印だという回答がありました。

 合併や組織変更でも効力発生前に株主リストを作成したのなら問題ない
と思うのですが、これも否定されるのでしょうか。

 組織再編だけ特別扱いした段階で、登記申請人の届出印に限るという当
初の説明が変更されたわけですが、この説明の背景には、分割会社など同
時申請2分の2の登記申請人は分割会社だと捉えたものだと思われます。

 しかし、それ自体は正しくとも、それだったら、株主リストは2分の2
に添付すべきですし(これは商業登記法の明文に反します)、この分割会
社等の申請に商業登記規則61条が適用されるという解釈には無理があり
ます。

 従来の取扱いと相違する点は日司連への回答によると民商99号が理由
のようですが、民商99号は法令ではないのに、取扱いを変更する効力が
あるとは思えません。言い過ぎかもしれませんが、法治国家理念に反しな
いのでしょうか。

 いずれにしろ、従来と異質な取扱いは、今後ずっと批判の的になること
だけは確実です。


2016.12.01(木)【一輪の花】(仙台・立花宏)

 「ありがとうございました」

 そのお店に似つかわしくない客の、その客に似つかわしくない注文に戸
惑ったのかもしれません。店員さんの不思議そうな表情を残したままの笑
顔に見送られた私は、淡い色のお花を一輪、手に持ちながら、事務所への
帰路につきました。

 今年の7月に独立開業してから、事務所を飾るような気持ちの余裕があ
りませんでした。最初は、知人が開業祝いに贈ってくれた立派なお花があ
ったのですが、5か月ほど過ぎた現在は、何もない殺風景な事務所となっ
ていました。よく言えば、白い壁に囲まれた空間に、白い机や書棚、そし
て黒っぽい色の椅子等、モノトーンに統一されたシックな事務所ともいえ
たかもしれません。

 先日、ある女性が、私の事務所の入っているビルのテナントを営業に回
っていました。私の事務所にも寄ってくださり、名刺とお花を一輪、頂戴
しました。

 お花をいただいたのはよいものの、それを生ける花瓶がありません。と
りあえず、紙コップに水を入れて花瓶代わりにしたのですが、なんともお
花がかわいそうです。私は近所のスーパーで小さな青いガラスの花瓶を購
入して、そこにお花を生けたのです。

 そのお花を打合せ用のテーブルの上に飾ると、事務所の空間がぱっと明
るくなり、それまでとは全く違う空間になったかのように、和らいだ雰囲
気になりました。たった花一輪の、小さな花の淡い色が、こんなにも事務
所の空間を、そして私の気持ちをも、明るいものにしてくれることに驚き
ました。

 残念ながら、そのお花が枯れてしまったため、新しいお花を自分で購入
したのです。

 事務所でそのお花を見ながら、思いました。たった一輪の小さなお花も、
事務所の空間の雰囲気を大きく変えてくれます。

 私は文章を書くことが好きなのですが、文章も同じかもしれないと思い
ました。ほんの一文が、文章という空間に素晴らしい彩を与えてくれる。
モノトーンの文章に、この花一輪のような一文を添えられたような文章を、
いつか書いてみたいものだなぁと思いました。

 自分で自分用のお花を買うなんて、初めてでしたので、購入するときは
ちょっぴり緊張しました。次回は、自分の事務所にどんな彩を添えるか、
そんなことを楽しみながら、お花を選びたいと思います。


2016.11.30(水)【回顧録(5)】(藤沢・酒井恒雄)

 以前、私がお手伝いで?役員を務めていた、ベンチャー企業での話です。
その会社は台湾の会社と取引がありました。

 ある日突然、社長から「いますぐ会社に来てほしい。」と電話がありま
した。

 事情を聞くと、取引先の台湾の会社のオーナーと経営陣が急遽来日し、
これからそちらに向かうと連絡が来たとのことです。何故突然に?と思い
ましたが、新商品を日本で販売する計画が持ち上がったものの、こちら側
の対応が遅く、会社の実態を含め、どの程度のやる気があるのか、抜き打
ちで視察に来たということでした。

 数時間後には到着してしまうとのことで、慌てて支度をして会社に向か
いました。私が会社に着いたときは、すでに先方も到着していました。

 間もなく会議室で、通訳を交えながらの会談が始まりました。先方の口
調は荒々しく、なにやら相当ご立腹の様子………。

 やりとりを聞きながら、しばらくして「あれ?」と思ったことがありま
した。先方と通訳との会話が、まったく聞き取れないのです。

 時折、先方が自分たちに向かって話すことがあったのですが、その言葉
のいくつかは聞き取ることができました。

 私は、大学生のとき、英語のほかに第二外国語として中国語を選択して
いました。発音が難しく、あまり習得できませんでしたが、簡単な言葉は
分かると思っていたので、全く聞き取れないとは意外でした。

 やがて謎が解けました。先方と通訳との間では台湾語、先方がこちらに
向けて話していた言葉は北京語(いわゆる中国語)だったのです。

 例えば、北京語では、「私」は「我」と書き、発音は「ウォー」となり
ます。これが台湾語では、表記は同じ「我」でも「ガー」と発音します。
日本語で音読みするのと同じような感じですね。こんなに違えば分からな
いはずです。

 また、怒っていると思っていた口調も、台湾語の発音のせいでした。そ
んなこと知らないですよね………。

 結局、話がまとまり、その場で取引基本契約を締結する運びとなりまし
た。

                         <来週につづく>



2016.11.29(火)【初投稿】(東京・古山陽介)

 初めまして、東京・中央支部の古山陽介と申します。都内で商業登記を
主に業務をしている司法書士です。

 何かと世間を騒がせております株主リストの取扱いについて、金子先生
と情報交換をしている中で、徒然の原稿のお話しをいただきました。本当
は10月にお話しをいただいていたのですが、「忙しい」を言い訳にズル
ズルと今になってしまいました。

 日々の実務に追われて、ブログや物書きには全く縁のない生活でしたが、
今回このような場に投稿をすることができて大変光栄に思うとともに、こ
の場を借りて、金子先生には御礼申し上げます。

 さて、お騒がせの株主リストについてですが、施行直後は、再編案件や
種類株式が関連する案件で補正や確認やらで法務局から電話がかかってき
ましたが、再編に関するリストについて、法務省から通達が出てからは、
落ち着いた感じがします。

 「補正」についても、納得できないものが2件あったのですが、最終的
には、お客様の手を煩わすことなく完了に持ち込むことができました。法
律の趣旨に反することなく、明確な考えをもって作成していることをきち
んと伝えることにより、登記官の方にも納得してもらえるのですが、「株
主リスト」については、なかなか苦労しました。

 施行直後というのは、いつも手探り状態になり、思わぬ事態に遭遇する
こともありますが、最近はむしろこの状況を楽しむ余裕が出てきました。
施行直後の実務だからこそ、新制度について深く理解できるチャンスだと
考えるようにしています。


2016.11.28(月)【長浜とカストロ】(金子登志雄)

 土曜日は、滋賀県の米原・長浜に行ってまいりました。滋賀県司法書士
会の支部のお招きによる会社法の講演です(皆様お世話になりました)。

 せっかく歴史の町である長浜訪問でしたので、1泊し、豊臣秀吉の長浜
城その他をみてまいりました。その近辺には、織田信長の妹が嫁いだ小谷
城跡、石田三成の佐和山城跡、岐阜の関ケ原などが点在していましたから、
さすがに歴史の町でした。あの関ケ原と長浜がこんなに近いとは知りませ
んでした。近くには井伊直弼の彦根城もありますから、また、行ってみた
いものです。

 講義が終わり懇親会中に参加者のスマホがなり、キューバのカストロの
死を知りました。

 カストロやチェ・ゲバラは私の世代では英雄でした。多くの人が、あの
かっこいい風貌の医師であるゲバラ・ファンでしたが、私は、カストロが
弁護士で超雄弁家であったため、どちらかといえば、カストロに興味を持
っていました。彼が生きている間にキューバを訪問したかったのですが、
昨年は、メキシコ・キューバツアーに申し込んだのに、人が集まらず旅行
社が中止して果たせませんでした。

 メキシコに亡命していたカストロがゲバラなど80人程度の同志を集め
て、グランマ号でキューバに乗り込んだ際には、政府軍に見つかり、一斉
射撃を受け多くの同志が死亡し、命からがら山に逃げ込んで助かった同志
が確か12名程度でした。そのとき、指導者のカストロが「我、勝てり」
と演説したようです。ゲバラの日記に「こいつは頭がおかしいのかと思っ
た」と書いてあったことが、妙に記憶に残っています(記憶により書いて
いますので正確性は保証できません)。

 カストロは共産主義者ではなかったと思いますが、もともと中南米は反
米感情の強い地域ですし、その後のアメリカによる経済封鎖、産業も葉巻
とサトウキビしかなかったため、カストロは旧ソ連の東側に支援を求めざ
るを得ませんでしたが、その後の東側の崩壊による経済危機があったにも
かかわらず、よくここまで持ちこたえたものです。フィデル(愛称)と呼
ばれ、国民から愛され続けた珍しい指導者でした。

 歴史の町を訪ねた日に歴史上の現存人物の死亡を知り、さまざま忘れら
れない日になりそうです。


2016.11.25(金)【司法書士の廃業率】(金子登志雄)

 月報司法書士をみていたら、同期の女性が廃業(登録の抹消)していま
した。知り合いの司法書士が廃業したのは、まだ数例ですが、いずれも女
性であり、個人的事情や家庭の事情に基づくもので、赤字経営という意味
ではありません。

 開業後20年を経た私の期は東京会での登録番号が2900台前半から
3100番台前半だと思います。その番号から推測すると、廃業者の欠番
を除いて、当時の東京の司法書士は2000人程度だったでしょう。

 同じ月報司法書士によると、東京会での新規入会登録番号が7300番
台ですから、この20年で4000人程度増えた計算になりますが、現在
の東京の司法書士は4000人程度です。2000人しか増えていません。
この20年で約2000人程度が廃業した計算になります。

 すごい廃業率ですが、廃業といっても、登録の抹消数ですから、若い新
人の方が司法書士事務所勤務をやめて会社員になったというケースではな
いかと想像します。女性の場合は結婚や主婦業に戻った例も多いことでし
ょう。司法書士同士の結婚で奥様は会費がもったいないと登録を抹消した
例もあるでしょう。

 信託銀行勤務をスタートに転職を繰り返してきた私からみれば、司法書
士は体力は使わない、開業資金も少なくて済む、嫌な上司はいない、先生
気分が味わえる、定年がないなどで、仕事さえあれば(ここが最大の問題
です!)、実にイイ職業だと思っていますが、社会人経験もなく司法書士
事務所に勤務した人からすると、こんな小さな事務所でここは徒弟社会か、
トイレも男女共同じゃないか、難しい試験を合格したのに何たる給与の安
さよ、せっかく開業したのに登記の仕事は全然ないじゃないか………など
の当初の想定との相違にがっかりして、転職して行ったのでしょう。

 まぁ、依頼者としても十分に社会人経験もない人に偉そうなことをいわ
れたくないでしょうから、一度、社会人経験しておくことも重要でしょう
から、廃業もよい選択だと思います。ただ、再復帰のために、腕が鈍らな
いように、法務部勤務とか不動産会社や経営コンサルタント会社への勤務
をお勧めしたいものです。


2016.11.24(水)【回顧録(4)】(藤沢・酒井恒雄)

 相手との「距離」を作らないようにするため、起業家が集まる会合に出
席するときは、司法書士バッジを外し、ネクタイもしないというスタイル
で臨みました。

 ノーネクタイの方が、気軽な雰囲気を醸し出せるというのは、想像もし
易いと思います。ノーバッジの方はと言えば、付けていても何のバッチだ
か分かる人も少ないし、他士業に比べてサイズも小さいので(ひがみでは
ありません………。)あまり関係ないのでは? とも思われるかもしれま
せん。しかし、意外と効果があったようでした。

 司法書士バッジをつけていると、自分自身が、知らずのうちに気を張っ
ていたようです。それが、なんとなく取っ付きにくい雰囲気を作っていた
ようなのです。

 ベテランの先生は、それが「威厳」になるのかもしれませんが、開業し
て数年の自分では、ただの、見えない壁を作るものでしかなかったようで
す。

 姿勢が評価されたか、はたまた顔を出した回数の蓄積か、気軽に連絡し
てくれる人が徐々に増えて行きました。設立間もない会社は、どこも人手
が足りません。

 そのうち、どこまで手伝ってくれるのかという話になってきました。職
域の問題もありますので、志を同じくする他士業の人とチームを組んだり、
場合によっては、役員となってフォローをすることもありました。

 役員といっても、実情は人手不足の穴埋めです。事務所でバックオフィ
ス的な仕事もしましたが、商談の現場に同席することもありました。

 現場はまるで、「渡る世間は鬼ばかり」のよう。よくもまぁ、次から次
へと新たな問題が発生するものだなと感心するほど、様々な出来事があり
ました。

                       <来週につづく予定>



2016.11.22(火)【法定清算と清算人会】(金子登志雄)

 解散というと、株主総会で解散決議し、清算人を1人選ぶのが通常です
が、あえて従来の取締役が法定清算になる法定清算にしてほしいという依
頼を受けました。合弁会社なので、人事をいじりたくなかったようです。

 取締役ABC(代表取締役A)の取締役会設置会社が法定清算に移行す
ると、清算人ABC(代表清算人A)になりますが、取締役会は自動消滅
するため、業務執行は清算人の過半数の同意方式に変わり、会議体での決
定にはなりません。

 そこで、定款変更し「解散したら清算人会を置く」と定めましたが、企
業法務に従事して30年の私も清算人会の登記は未経験です。

 さて、司法書士の皆さん、解散と清算人で登録免許税は3万9000円
ですが、ここに清算人会が加わると、登録免許税はいくらになりますか。
取締役会や監査役会と同様に、プラス3万円でしょうか。

 登録免許税法を調べましたら、規定がないじゃないですか。そこで、清
算会社のその他の登記事項の1つとして、プラス6000円で済むのかな
と思い、同職に問い合わせましたら、清算人の9000円に含まれ、追加
負担はないことが分かりました。

 次に、清算人については就任日が登記されませんが、清算人会について
は、解散日をもって「年月日設定」の登記が必要でしょうか。

 登記記録例によると、これも不要のようです。そこで、ハタと気付きま
した。設立の登記(新設型再編や組織変更を含む。)では、一切の原因日
付が登記されません。新たに登記用紙を起こした場合に準じるからです。

 同様に、清算の開始は清算会社の設立行為です。原因日付も不要で、登
録免許税も込み込みになるわけです。特殊なのは、清算開始という登記は
なく、清算人の登記という表現であるため、他の登記とは別枠だと勘違い
しやすいことでしょうか。


2016.11.21(月)【トランプリスク】(金子登志雄)

 先週の日経平均は一時1万8000円を超え、トランプ相場に沸き立ち
ました。輸出に有利な円安も進展し1ドル110円台に近づきました。

 しかし、トランプ氏は、既成の利権勢力に染まっていないどころか、共
和党の主流派とも距離を置き、民主党でも共和党でもない改革派のトラン
プ党というイメージがありますから、新しい時代が到来するのではないか
という期待がなされている反面で、これが逆効果に左右し、人事に苦労し
ており、親族までがしゃしゃりでてきているようです。排外主義の超過激
派もいるようです。

 米国では、大統領が交代すると幹部官僚まで総入れ替えされる猟官制を
採用していますから(日本ではこれがないので官僚主権国家になっており、
政権が交代しても、改革の実行は困難です。民主党政権がうまく行かなか
った理由の1つです)、共和党の協力なければ人事は不可能です。

 お友達優先の素人政権になり、過激な発言や無知な政策で、このまま行
くと任期を全うできずに辞任に追い込まれる可能性も低くないように感じ
ていますが、どうなりますことやら。名参謀はいるのでしょうか。

 安倍さんは、さっそく、まだ大統領にもなっていないトランプ氏に挨拶
に出向きました。権力に弱い日本のマスコミ報道では、世界で一番先にト
ランプ閣下に会えたなどと愚かに喜んでいますが、安倍さんの行為は、外
交儀礼上、前例のない米国現大統領に対する非礼な行為であり、諸外国は
決してしないから、一番になれただけのようです。民主党も不愉快だった
ことでしょう。

 素人目からも、これでは世界に日本は米国の臣下だと見せつけ、トラン
プ氏にも舐められるだけで、何の利益にもならないと思いますが、安倍さ
んの周囲には、それをいさめる人もいなかったのでしょうか。

 会談の結果も「友好的雰囲気の中で」でなく、「温かい雰囲気で」とい
う発表になっているのは、プロの目から見ると、失敗したという意味だそ
うです。本来ならトランプ政権の日本担当が同席すべきなのに、同席した
のはトランプ氏の娘だっようですから、トランプ氏の対応も日本に対する
非礼ではないかと思う反面で、政権の人事が進んでいないことが推測され
ます。

 よきにつけ悪しきにつけ、米国を震源地とする世界秩序が大きく変化す
る過渡期だと思いました。………今日はテーマが大きすぎましたが、司法
書士も社会の1員であり、たまには、こういう内容もご了承ください。



2016.11.18(金)【簡易略式合併の復権】(金子登志雄)

 従来は、通常の吸収合併か、簡易略式合併かによって、次のとおり添付
書面が異なりました。

 簡易・略式合併=取締役会議事録+簡易・略式合併を証する書面
 通常の吸収合併=株主総会議事録

 株主が少数の会社、例えば1名のとき(子会社が孫会社を吸収合併など)
は、みなし総会で済む通常合併のほうが楽でした。面倒な簡易・略式手続
を証する書面を準備しなくて済んだのです。

 ところが、ご承知のとおり、現在は下記になりました。

 通常の吸収合併=株主総会議事録+株主リスト

 いまでは登記書面の準備という面の比較では、面倒さはほぼ同等だとい
えましょう。

 株主リストは株主が少数の場合には書面の作成自体は負担でなくとも、
重い書類に感じます。これは株主総会議事録も同様であり、子会社や孫会
社であっても親会社の出席や同意書の必要な株主総会やみなし総会はした
くないようです。

 そこで、簡易略式合併となりますが、上場会社の子会社クラスになると、
取締役会を書面決議で行うところが多く、今度は定款の添付が必要です。
それでも株主総会を開かずに済むという点で、子会社の役員の心理的負担
が軽減されるようです。

 12月1日に予定している合併も、株主総会決議が不要な合併で、株主
リストも準備していません。



2016.11.17(木)【司法書士バッジ】(金子登志雄)

 組織再編と株主リストの関係につき、法務省の考え方が分かりました。
これまでは株主リストの作成者に関する一覧表だけが出回っていただけで、
理由が判明しませんでした。詳細は、下記の内藤先生のブログをご確認く
ださい。

http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/929a6a908ff7003c7569cce2e7fe0d46

 これに対する私どもの感想は、近々に雑誌に発表されますので、ここで
は控えます。

 さて、昨日を含め酒井さんの投稿は、司法書士世界と外の世界とのギャ
ップを表し、面白いですね。と同時に営業のたいへんさがよく分かります。

 司法書士バッジ……私は、司法書士界で最もバッジを大事にしており、
1度も付けたことがなく、大事に大事に机の中に仕舞って(放置して?)
います。

 根が無精であることが理由ですが、M&Aコンサルタント会社の役員と
兼業だった点もあり、自分は法務コンサルタントだという意識はあっても、
司法書士だという意識は少ない方です。名刺も司法書士、会社役員、会計
事務所法務担当(社長が公認会計士だったため)の3種類持っていました。

 便利ですよ。司法書士を名乗って法務省商事課に電話すると「管轄法務
局に聞いてくれ」といわれますので、「会計事務所勤務の金子と申します
が」とか、「M&Aコンサルタント会社の〇〇ですが……」「法律の勉強
中のものですが……」とさまざま使い分けて法務省の参事官室や商事課に
電話していました。

 最近は、質問内容から「あの金子先生ですか」とばれてしまいますので、
この手を使えなくなりましたが、新人司法書士も司法書士という看板を脱
いで、ひとりの民間人として企業家や経営者とフランクに接してみるのも
手かなと思いました。


2016.11.16(水)【回顧録(3)】(藤沢・酒井恒雄)

 経営者や起業家から相談してもらえる相手になり、助言や提案をできる
存在になる………。

 そんな司法書士像を描いていた私は、まずは「信頼感」が重要であると
考え、「司法書士」であることを全面的にアピールして、交流の場に臨ん
でいました。実務を通じ、歴史ある司法書士制度のおかげで、「司法書士
=信頼感」という図式は間違いなくあると感じていました。

 しかし、その信頼感は「登記専門家・法律専門家であることに対する信
頼感」であって、相手と自分との「距離とは関係がない」ことまでには考
えが及んでいませんでした。

 自分が欲しいのは「相手との距離を縮める信頼感」なのですから、司法
書士であることを前面に出しては逆効果だったのです。司法書士であるこ
とは、自分の強みには違いないのですが、弱みとして作用することもある
のだなと感じました。

 そうなると「法律」という言葉にも問題がありそうでした。実際には、
法律遵守や法律の仕組みを駆使する仕事であっても、中小企業の経営者と
の会話にあったように、法律の出番は「何か良からぬことが起きたとき」
という認識が定着しています。また、起業家たちは、法律とは事業活動の
足枷になるもので、重要度数では最下位というのが現実のようです………。

 そこで、再び行動目的を確認し、頭の中を整理しました。「相手との距
離を縮めること」を目指すのであれば、司法書士に対する先入観の少ない
起業家を中心に交流を持った方が、今後の展開に期待が持てそうでした。

 以後、起業家が集まる会合に的を絞って顔を出すようにしました。お互
いの距離を感じさせないように、とりあえず形からというで、会合に出席
するときは、司法書士バッジを外し、ネクタイもしないというスタイルで
行くことにしました。

                         <来週につづく>



2016.11.15(火)【女性首相と登記調査官】(金子登志雄)

 米国では初の女性大統領というわけにはいきませんでしたが、女性が政
府のトップに就任した国というと、イギリス、ドイツが思い浮かびますが、
インドのガンジーやスリランカのバンダラナイケ、近くでは韓国が思い浮
かびます。ミャンマーもあります。

 ネットで調べましたら、下記のとおり、結構ありました。
  
   https://is.gd/NTJDib
 
 日本では、東京都知事など地方政府までは女性のトップが出ても。国の
政府までは達していません。女はかわいくあれ、政治問題に発言するよう
なことはいけないという社会風土があるためでしょうか。

 登記所は公務員の世界で、男女差別が民間よりも少ないためか、登記所
の調査担当係にも女性の方が大勢いらっしゃいます。弁護士はじめ法務の
世界には女性の進出が他業種と比較して多いともいえます。

 それ自体は大歓迎ですが、残念ながら、私は相性がよくありません。法
務省の書式やマニュアルどおりではなく創意工夫を重視する私の登記申請
に対して、こんなのみたこともないと補正を指示してくる調査官には比較
的女性が多いのです。

 これは女性だからというより、男性の場合は先輩に聞いて対応すること
が多いが、女性は上司に聞きにくい日本独特の環境があるのかもしれませ
ん。女性活躍社会になったといえるためには、諸外国並みに、女性が日本
の首相になった時かもしれません。


2016.11.14(月)【8年目のジンクス】(金子登志雄)

 皆さんは、米国大統領で最初に記憶のある大統領はどなたですか。私は、
前期高齢者ですから、アイゼンハワーまで覚えています。

   https://is.gd/s8IPAF

 当時の日本の総理は安倍さんの母方の祖父の岸信介氏でした。彼がノー
ベル賞の佐藤栄作首相の実の兄であることさえ、若い方は知らないようで
す(日本は明治以降、脈々と長州閥政権が続いているわけです。のちの福
田、森、小泉氏らもルーツを辿れば岸派の流れです)。

 岸氏は反米・反共主義者であり、戦犯の1人として巣鴨プリズンに入っ
ていましたが、幸運(?)にも、戦後の米ソ冷戦時代のおかげで、日本の
反共化のため米国CIA等の後押しを受け、総理まで上り詰めました。安
倍さんの運のよさは母方の系統であり、父方ではなさそうです。

 さて、上記の表で戦後の大領領(トルーマン以後)の移り変わりをよく
見てください。1人2期8年が限度で、共和党と民主党が交互に大統領に
なっています。これからすると、今回は共和党のトランプの順番で民主党
のヒラリー氏の目はなかったことになります。単なるジンクスというより、
8年で現役大統領に失望し、変化を求める民意が沸き起こるということで
しょう。

 通常であれば誰でも今度は共和党と予測する場面でしたが、トランプ氏
の品位を欠く過激な発言や初の女性大統領を期待する空気もあって、今回
は違うと思ってしまったのでしょうか。

 不思議なのは、反トランプの多くが彼の人柄や発言が嫌いで、尊敬でき
ないという点にあり、トランプ氏の経済政策等に対するものではありませ
ん。政策面は今後の問題ですが、ヒラリー氏と相違し、利権に巻き込まれ
ていない点で、大胆な政策がなされるのではないかという期待と不安が大
きいことでしょう。どうせなら、ジャパンハンドラーといわれる日本支配
の先兵(日本通といわれる米国人)も排除してほしいものですが、日本の
ことを知らないトランプ氏はますます日本を属国化する彼らを頼るかもし
れません。やはり、期待と不安の両極端の感想です。



2016.11.11(金)【切り札】(金子登志雄)

 現金なもので、つい先日までの報道ではトランプへの悪口ばかりだった
のに、いまや、トランプ様、トランプ閣下です。日経平均も1000円の
暴落が翌日には1000円の急騰で、つい先日まではトランプが大統領に
なると日本は終わりだとまでいわれていたのに、いまやトランプ相場とま
でいわれています。まるで鬼畜米英が敗戦の瞬間に米国バンザイに変わっ
たかのようです。恥ずかしくないのですかね。

 ところで、「トランプ」というと、あの西洋カルタのゲームを思い出し
ますが、米国人トランプというと、不動産王、カジノ王などを思い出しま
す。カードゲームとカジノ………、いかにも何か関係ありそうですね。ト
ランプゲームを開発したのが、彼の先祖だったりして………。

 ネット検索してみましたら、全く無関係でした。それよりも、あのゲー
ムをトランプと呼ぶのは日本だけで、英語では、プレイング・カードだそ
うです。トランプには切り札という意味があり、欧米人がカードゲームを
している際に、その言葉を頻繁に使っていたので、あれはトランプという
のかと日本人が勝手に思い込んでしまったらしいとのことでした。

 ついでながら、カルタはポルトガル語でした。ポルトガル人が鉄砲と一
緒にカルタを持ち込み、それが花札などに発展したようです。

 トランプ氏の政治能力や外交能力は全く未知数ですが、名前のとおり米
国再生の「切り札」になれるのでしょうか。世界中が注視しています。



2016.11.10(木)【正しい判断】(金子登志雄)

 昨日は一日中、米国大統領選一色でした。日経平均も当初はヒラリーが
順当に勝つと見越し急上昇しましたが、途中から、トランプが勝ちそうだ
となり一時は1000円という大幅な下げに転じました。

 皆さんの予測はいかがでしたか。日本では大マスコミがこぞってヒラリ
ー支持で彼女が勝つと予測していましたが(希望的観測だった?)、ネッ
トではトランプの勝利を予想する見解も少なくありませんでした。

 日本のマスコミは番狂わせといわれたイギリスのEU離脱の投票結果の
学習がないようです。いま世界は、反・グローバリズム(多国籍大企業優
遇策)、反・新自由主義(金持ち優遇策)です。TPPなどとんでもない
ことです。それらに対する国民の反発から、自国のことは自国で決定した
いため、イギリスのEU離脱があり、フィリピンのドゥテルテ大統領の登
場があります。

 こういう潮流からすると、米国でも番狂わせの可能性が高かったわけで、
大本営発表やスポンサーの意向によって報道内容に色をつける日本のマス
コミを信じていると、正しい判断ができません。

 正しい判断といえば、いま組織再編と株主リスト作成者の関係につき、
法務省から各法務局に一覧表が配られています。それによると、吸収合併
消滅会社の株主リスト作成者は存続会社で、分割会社の作成者は分割会社
になっているため、法務局によっては「それに限る」と解釈しているよう
です。

 一覧表を作成した法務省がどういうつもりかは知りませんが、法律を正
しく解釈すれば、作成者はそれらを中心とすべきだが、それらに限るもの
ではない。合併消滅会社のものを効力発生日以前の日付であれば消滅会社
が作成してもよく、分割会社の株主リストを承継会社や新設分割設立会社
が作成してもよい、なぜなら、法令では作成者を限定していないし、限定
する権限は法務省にもないとみるのが法令の正しい解釈です。

 正しい解釈が法務局に通じないことも多いというのも正しい判断である
ことが残念でなりませんが………。


2016.11.09(水)【回顧録(2)】(藤沢・酒井恒雄)

 「起業家」とは曖昧な言葉です。一般的には、会社を立ち上げようと企
てている人や、いわゆるベンチャー企業を立ち上げた人を指すようです。

 会社を立ち上げ、事業活動が始まれば、起業家ではなく経営者と呼ばれ
るのが自然なのでしょうが、起業した後も、「起業家」と呼ばれることも
あります。先代から続く会社の社長が、新たな事業を興して話題になれば、
その人も「起業家」と呼ばれることがあります。

 言葉の定義はさて置き、中小企業の経営者達が集まる会合に顔を出して、
相手との距離の遠さに失望した私は、次に、起業家達が集まる会合に顔を
出してみることにしました。

 私「初めまして。どんな事業を立ち上げるのですか?」
相手「はい、僕はこんな感じのプランを持っているのです。」

 そう言いながら、ノート型パソコンの画面をこちらに向け、資料をスク
ロールして見せてくれます。

 私「へぇ、これってどこかの会社が既にやっていませんでしたっけ?」
相手「はい、でもそれとは違うんですよ。○○社がやっているのはこうで
すが、僕の考えているのはこうなんです。」

 その後も、こちらの質問に色々と答えてくれます。

 私「いろいろ教えてくれてありがとうございます。力になれることがあ
ったら相談に乗りますからね!」
相手「はい、ありがとうございます。…え~と司法書士さんですか……。
司法書士って何ですか?」
 私「………。」

 そうか、知らないんだ………。ここで「登記の専門家です」とか、「街
の法律家です」などと言ったら、「距離」が生まれてしまいそうに思い、
「会社の運営に関するアドバイスや、運営作業のフォローをする仕事です
よ。」と答えたのでした。

 私が経営者や起業家が集まる会合に顔を出したのは、直接に接点を持ち、
信頼関係を築きたかったからです。

 信頼関係から始まり、相談してもらえる相手になり、助言や提案をでき
る存在になる………、そんなストーリーを描いていました。

 そして、このとき、「信頼」してもらうためのアプローチを間違えてい
ることに気付いたのでした。
                         <来週につづく>


2016.11.08(火)【監査等委員と身分証明書】(金子登志雄)

 当社が監査等委員会設置会社になり、私も監査役から監査等委員である
取締役に変わったことをお知らせしましたが、その後、当社の監査等委員
会は、監査役協会に加入しました。

 法務人間の私にすれば、取締役なのに、なぜ監査役協会だという意識が
抜けきれませんが、監査役に準じた立場なんだなと再認識しました。

 と思っていたら、今度は総務部門から建設業の関係で、戸籍の身分証明
書を取得してくれとのことです。監査役時代は建設業の免許に監査役であ
るがゆえに、それが要らなかったのに、今度は、取締役だから必要なんだ
とのことです。

 いったい私は監査役なのか取締役なのか、コウモリになった心境です。

 ところで、本籍地で身分証明書を取得しましたら、禁治産者ではないな
どとあり、あれ成年後見と用語が変わったのではないのかと思って調べま
したら、民法の附則に禁治産者の用語が残っていました。つまり、民法改
正前に禁治産宣告を受けていないという意味のようです。

 いろいろ発見しました。なお、株主リストにつき、組織再編との関係で
法務局で新しい動きがあったようです。吸収分割会社等の株主リスト作成
者が分割会社になったようですが、今度は、では、承継会社は分割会社の
株主リストの作成はできなくなったのかという新しい疑問点が出てきます。
株主リストも、いまだ、どっちつかずです。


2016.11.07(月)【平均年齢38歳】(金子登志雄)

 11月1日に司法書士試験の合格者の発表があったようですが、合格者
の平均年齢が38歳だと知り、ますます司法書士に愛着がわきました。年
齢、性別、学歴を一切問わない平等の極致のような素晴らしい試験です。

   http://www.moj.go.jp/content/001207508.pdf

 平均年齢が38歳ということは、最初から司法書士を目指したのではな
く、元サラリーマン、元主婦、元フリーターなど多彩な経歴を持った方が
多数おられるということです。元俳優志望も元ミュージシャン志望も当然
に多数いらっしゃいます。

 こんなことを書くと敗者復活型試験みたいですが、そんなことはありま
せん。司法書士というのは何をする職業なのか一般に知られていないため、
最初からそれを志望することなど少ないからです。

 司法書士には親が司法書士だったからという方が少なくありません。こ
れも逆に言うと、一般には司法書士という職業が知られていないというこ
とです。法学部出身の私でさえ、司法書士というものをよく知りませんで
した。登記簿謄本をみたこともありませんでした。

 信託銀行に勤め融資の関係で司法書士という職業があることを知りまし
たが、私の年代では、登記所の近くの3坪店舗で一人で黙々と何かをして
いる法務局退職者のジイサンの仕事というイメージでした。到底あこがれ
る存在ではありませんでした。

 ところが昭和50年代に国家試験になり、急に難しくなり、難関な資格
として有名になり、予備校が宣伝を始めてから、徐々に法律職として人気
が出ました。その後の不動産バブルで、司法書士が知られたこともあるで
しょう。

 私の場合は、M&Aコンサル会社の法務担当として合併等に関わり、司
法書士の仕事を知るようになり、その延長線で試験を受けたわけですが、
合格は48歳でした。過去に信託銀行勤務、不動産業務や投資顧問業務に
従事していたことなどすべてが今の仕事に役立っています。

 体力不要で年輪を重ねれば重ねるほどよいアドバイスも可能となる仕事
ですから、38歳あたりの合格がちょうどよいかもしれません。追い越さ
れないよう頑張らねば。


2016.11.04(金)【殿様商売】(金子登志雄)

 酒井さん、回顧録(1)に、なるほどと思いました。開業直後の司法書
士に積極的に異業種交流会等に参加したらどうかとアドバイスしても意味
が薄そうですね。

 私の常連顧客も私の営業で知り合ったというところはゼロで、いずれも
誰かの紹介でした。それなりに知名度があっても、いきなり仕事の依頼が
あるわけではありません。先方からみれば、この人はどういう人物だろう、
報酬が高いのではないかなどと様々考えてしまうため、知り合いの紹介で
ないと不安になるのでしょう。これは、われわれが弁護士を探す場合も同
様です。

 数か月前に面白いことがありました。上場企業ですが、担当司法書士が
廃業するので、新しい司法書士を探しているようで、人の紹介で同社の法
務部員数人が当事務所にやってきました。

 質問項目が紙に書いてあり、その最初は「当社が電話すれば、すぐに当
社に駆けつけて書類を取りに来てくれるか」というようなものでした。ど
うも、この会社は、司法書士の能力よりもフットワークを求めているよう
でした。

 こういう会社ですから、あとで気付いたことですが、他の司法書士とも
面接していたようで、もちろん、腰の重そうな私にはその後全く連絡もあ
りません。

 別口ですが、これから上場しようとする企業を紹介され、いくつかの登
記に見積書を出しましたら、1か月後に「費用面で折り合わないので別の
人にした」と断られました。都会の司法書士の相場で見積もりを出したの
ですが………。

 私の常連顧客からは、毎月のように電話やメールで様々な質問が来ます。
先日などは建設業の経営審査のことまで質問に入っており、それは行政書
士の仕事だと返したばかりです。こういう日常的サービスは一切無料にし
ていますから、常連顧客としては、いつでも気楽に相談でき、法律に詳し
く何でも即答してくる私に不満はないようです。
 
 どうも、前記2社とも司法書士の使い方が分かっていないようで、司法
書士を軽視しているとしか思えませんでした。前記の上場予定企業さんか
ら「費用面での折り合いがつかないため、今回は見送らせてください。」
とメールが来たときには、思わず、「了解しました。お気にせず。今回と
いわず、ずっと見送ってください。相性が合わないようですから。」と返
信しておきました。当事務所は、殿様商売をやっております。儲からなく
ともストレスはありません。



2016.11.02(水)【回顧録(1)】(藤沢・酒井恒雄)

 司法書士登録して数年後、商業登記が好きになり、関連する会社関係の
仕事にも興味をもった私は、色々な経営者の方と関わりを持ちたい、事業
の内容につても詳しく知りたいと思うようになりました。

 しかし経営者の方々と関わる機会は、登記変更のタイミングくらいです。
そして、その殆どは税理士さんが介在しますので、経営者に「直接」関わ
る機会は、極わずか………。

 そこで私は、中小企業の経営者同士の交流会や、起業家の交流会に顔を
出してみようと考えました。

 まずは中小企業の経営者達が集まる会合へ。
 私 「初めまして。」と名刺交換。
経営者「初めまして、○○株式会社の○○と申します。」
 私 「司法書士の酒井と申します。」
経営者「………司法書士さん?………ですか?」
 私 「はい、そうです。今、事業はどんな感じですか?」
経営者「司法書士さんが、なんでそんなこと聞くんですか?」
 私 「………。」

 中小企業の経営者であれば、司法書士は法律関係の仕事をしている人だ
という認識はあるはずです。そんな司法書士が、開口一番に事業の状況を
聞いてくるなんて、会社が傾いてないか、法的手続きが必要な状況ではな
いか、と探られているように思われたようでした。

 改めて他の人と名刺交換。
経営者「へぇ司法書士さん? こんな場に珍しいね。」
 私 「はい、会社さんの役に立ちたいんです。どういう事業をされてい
るんですか?」
経営者「手広くやっているけどね、まぁ大変だよ。何かあったら頼むよ。」
 私 「はい………。」

 この場合の「何かあったら」とは、会社に良からぬ事態が起きたらとい
う意味です。自虐的に言えば、この先ずっと関わらないことを望まれてい
るということ………。

 経営者達との「距離」は想像以上にありました。
                        <来週につづく>


2016.11.01(火)【津波の予見可能性】(島根・根来川弘充)
 
 先日、東日本大震災による津波被害で犠牲になった石巻市にある小学校
の児童について、市と県に責任を問う訴訟の判決がありました。こちらの
地方紙でも、一面で翌日その内容を伝えていましたが、新聞によれば、
「教員が、山に避難させれば、助かる可能性があり、それを予見できたに
もかかわらず、校庭にとどまらせた。」と市と県に対する責任を認め、遺
族に損害賠償をするというものでした。

 原告側の心情を思えば、判決の結果は賛同するところはあるのですが、
この判決の理由には、少し考えさせられることがあります。

 一般の大人でさえ、多数の犠牲者があります。いまだかつて経験したこ
とのない大地震にあい、きっと、冷静ではいられなかったと思います。そ
んな中、津波が近づいているとは知りながらも、これほどまでに大きな津
波とは、思いもしなかった人、さらに大きな津波だったのでは、と思った
人、きっと、犠牲者にとって、津波の大きさの認識は、様々だったと思い
ます。

 津波による被害の高さは、後日判明したものであって、冷静ではいられ
ない状況で、さらに見えない被害が迫っている時、その高さを予想して行
動するというのは、非現実的でないかと思えるのです。

 これとは別に、児童たちだけに限られる話でもないようにも思えます。
そうなると、行政は、災害から市民を守るために、自然災害をすべて予想
できない限り、現実的な対策を立てることは、ほぼ不可能でないかとも思
えるのです。

 判決は、未来の基準になります。その点では、この判決によって、どの
ような未来を描けばよいのか、あまり希望が抱けないことに、不満が残っ
てしまいます。



2016.10.31(月)【「貝」の字】(金子登志雄)

 10月も最終日です。そろそろ3月決算会社の中間決算短信の発表が始
まりますので、株価も少し動意づいてきました。といっても、6月の円高
&日銀ショックで暴落しましたので、庶民はとっくに「損切り」しており、
株式投資から手を引いており、無関心でしょう。

 さて、29日の土曜日は大学時代に所属していた民法の新田ゼミ50周
年記念のOB会があり、参加してきました。全国から150名近くが出席
し大盛況で、自民党の石破君も、民進党の長妻君も来ていました。

 彼らの先輩になる私の期(15名程度)は、株価で言うと「大底」であ
り、弁護士も判事もゼロで、わずかに司法書士2名という出来の悪さです
が、それ以外の期は、最高裁判事をはじめ、判事、弁護士、大学教授(司
法書士の間で有名な七戸教授など)が多数おり、優秀なゼミとして知られ
ています。私の期は先生も若く、著名でもなく、希望者が少なかったため
無試験で入れましたから、ゼミとしては大底でも、私にとっては大底で成
長株を掴めたわけで、実に幸運でした。

 先生の記念講演のテーマは、貨幣は「物」か「情報」かというものでし
たが、昔の貨幣は貝殻であり、その名残りが、財、貸、貯、資、費、買な
どの文字に「貝」が使われている理由だとか。なぜ、貝かというと、軽量
で、希少性、保存性、模造しにくいなどの点で優れていたからだそうです。

 そういわれてみると、「財」は才能が豊かだと金持ちになれるという文
字で、「貧」も「費」はお金を大事にしない文字のような気がしてきませ
んか。


2016.10.28(金)【「高い」と「多い」】(金子登志雄)

 文章へのこだわりその2ですが、新設された商業登記規則61条3項の
抜粋は次ですが、【 】部分に違和感を感じた方はいらっしゃいませんか。

------------------------------------------------------------------
 登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合には、申請書に、総
株主の議決権の数に対するその有する議決権の数の割合が【高い】ことに
おいて上位となる株主であつて、次に掲げる人数のうちいずれか【少ない】
人数の株主の氏名又は名称及び住所、当該株主のそれぞれが有する株式の
数及び議決権の数並びに当該株主のそれぞれが有する議決権に係る当該割
合を証する書面を添付しなければならない。
 一 10名
 二 その有する議決権の数の割合を当該割合の【多い】順に順次加算し、
  その加算した割合が3分の2に達するまでの人数
------------------------------------------------------------------

 割合は「高い」、人数は「少ない」と書き出しながら、最後は割合につ
いても「多い」を使っています。おそらく、加算や人数という単語に引き
ずられたのでしょう。

 どうでもいいじゃないか………と私自身も思うのですが、世の中には、
こういうことに神経質な方もいらっしゃいますので、上場会社の総会招集
通知などでは、こういう部分もチェックします。総会に出席した株主から、
株主総会の場で揚げ足をとられないためです。

 総会招集通知のチェックも仕事の1つである私は上記についてはすぐに
気付きましたが、なぜ、割合を基準にし、議決権の数を基準にしなかった
のかという点は、いままで気付きませんでした。

 おそらく深い意味はなく、どこの会社にも通じる持株比率や議決権比率
で、その株主の影響力をはかることが多いからでしょう。

 この割合は一般に百分率(%)で出しますが、3分の1は、33.33
……%です。法務省の解説だと、小数点以下第2位を四捨五入して記載す
ることを求めているようですが(この場合は33.3%)、四捨五入した
まま割合の高い順に3分の2を計算すると、議決権の個数の計算では3分
の2に至らないのに、割合基準だと達してしまうこともあり、四捨五入せ
ずに正確に加算すると四捨五入基準での加算数値と合計数値が相違し、補
正だといわれた人もいるとか。いろいろ出てくるものです。



2016.10.27(木)【文章】(金子登志雄)

 酒井さんとは、確かに文章の書き方、文章へのこだわりの話をした記憶
があります。

 例えば、当社の管理部門の部屋へ入ると、「一声かけて入室してくださ
い。」とありますので、私は、「二声や三声はいけないのですか。」と尋
ねてみようかと思ったりします。

 以前、入居していたビルの男性トイレの用足しの前に「十分前に立って
してください。」とありました。これも「10分前に」立っていないとい
けないのかなと思いつつ、用足ししていました。

 新保さんのブログにありますが、「会社は、取締役の決定により、自己
株式を消却することができる。」を「取締役の決定に限り、株主総会の決
定は不可」と解釈する法務局職員さんもおられるようです。

        http://blog.goo.ne.jp/chararineko

 会社法349条3項の「株式会社は、定款、定款の定めに基づく取締役
の互選又は株主総会の決議によって、取締役の中から代表取締役を定める
ことができる。」を「定款の定めに基づく株主総会の決議によって」と読
む法務局職員もいました。これは「定款、株主総会の決議又は定款の定め
に基づく取締役の互選によって」と並べ変えれば誤解を招きません。

 商業登記規則61条3項の「登記すべき事項につき株主総会の決議を要
する場合には」も、決議を要しない会計監査人のみなし再任も本来は「要
する場合」じゃないかと読めなくはありませんし、「登記すべき事項につ
き」も「登記すべき事項に関連して」と読まれてしまう可能性があります。

 ここは端的に「株主総会で登記すべき事項を決議した場合は」とすれば、
疑義も少なかったでしょう。誤解を招かない文章表現は、意識的にしない
と勘違いされてしまうものです。


2016.10.26(水)【きっかけ】(藤沢・酒井恒雄)

 私が司法書士試験に合格したのは平成10年で、登録をしたのが翌年の
平成11年11月でした。開業当初は、不動産関係、商業法人関係、裁判
関係の仕事等、当時の司法書士業務は全て万遍なくこなしていました。

 数年後、全ての業務をこなすことに、時間的にも能力的にも限界を感じ、
何か強みに特化する必要があると考えました。

 そんな折、何故か集中して、会社の解散登記の依頼が来た時期がありま
した。登記簿謄本を入手し、登記されている事項を読み、様々な情報を得
て行く中、いつも目に留まるのが「会社成立の年月日」でした。

 「この会社は自分が生まれる前に設立していたのか………」
 「この会社は自分の誕生日とほぼ一緒だ………」
 「この会社は設立から数年しか経っていないのに解散なのか………」

 そのとき、ふと「自然人」と「法人」の二文字が頭に浮かびました。
「自然人には必ず訪れる「死」というものがあるが、法人にはそれがない。
可能性でいうならば永遠に生き続けるのか………」

 そう思うと、今度は、何故、この会社が解散するに至ったのかが気にな
り始めました。とはいえ、実際の事情を当事者に聞き取りする訳にもいか
ないので、謄本から読み取れる情報で、想像を膨らませるだけです。

 その中の1社にこんな商号の会社がありました。
 
 「有限会社近安便利商店」

 正しい商号は違ったかもしれませんが、事業目的には、食料品の販売や
ら、金物雑貨の販売やらが並んでいたのを覚えています。会社設立日は、
私が小学校に通い始めた頃でした。その頃、近所の商店といえば、八百屋、
魚屋、金物屋というように、扱う商品毎に店舗があるのが普通でした。当
時にしては画期的な商店だったのではと思います。

 「近く」て「安く」て「便利」な商店………。

 「『安い』は別として、これはコンビニエンス・ストアの先駆けではな
いか?」

 当時は、まだ日本にフランチャイズのコンビニが上陸する前か、あって
も第1号店が開店したくらいだと思います。

 当初は、相当繁盛したのかもしれないなぁ。それが、フランチャイズの
浸透で徐々に客を奪われ、解散に至った………。志半ばで解散となったの
かなぁ………。それとも、まったくの私的な理由で解散となったのか……
…。

 勝手なストーリーを展開しつつ、「もし自分がこの会社と関わりを持っ
ていたならば、結果は変わったのか、それとも全く変わらなかったのか。」
「自分が会社と関わりを持つことで、何かしらの結果の違いが出たのだろ
うか………」などと考えるようになったのです。

 それ以後、無味乾燥で事務的に思えた商業登記の仕事が、とても興味深
く感じられるようになりました。これが、商業登記を好きになるきっかけ
となりました。


2016.10.25(火)【はじめまして】(藤沢・酒井恒雄)

 はじめまして、神奈川県で開業しております酒井恒雄と申します。

 数日前、金子先生とお話しをする機会がありました。当初の目的は講義を
お願いする研修会の打ち合わせだったのですが、話が弾み、文章の書き方、
文章へのこだわりの話になりました。

 話の中で金子先生が、「徒然日誌に投稿してよ。」と言って下さいました。
多少のお酒は入っていたものの、先生の意識はハッキリされていたと思いま
す………。

 実際はそうでなかったかも?という不安を抱えつつ、本気に受け取った私
は、今こうして投稿の文章を書いている次第です。

 もしかしたら、この文章は日の目を見ることなく、金子先生のメールボッ
クスの片隅に眠っているかもしれません………。晴れて徒然日誌に掲載して
頂いたという前提で先に進みます。

 最近になって、「文章を書くのが好き」だということを自覚しました。小
さい頃から本が大嫌い(昆虫図鑑を除く………)で、小学生・中学生・高校
生になっても全く本を読まず、大学生になって、ちょっと小説を読むように
なったくらいの人ですから、自分としても驚きです。

 そんな本嫌いな人でしたが、教科の中では国語が一番好きでした。何なの
でしょう?………謎です。

 そんな私が、月刊誌の連載をさせて頂くまでになりました。日常業務を行
いつつ、毎月の締切りに追われて作業するというのは、思っていたより大変
なことでした。しかし、振り返れば、随分と楽しんでやっていたようにも思
います。

 さて、徒然日誌には何を書こうか?と考えていたのですが、アカデミック
なことは金子先生が書いてくださいます。ちょうど「振り返る」という言葉
が出てきましたので、次の投稿は、私が商業登記の仕事に興味を持った経緯
等について書かせて頂こうかと考えております。

 まずはご挨拶まで。どうぞよろしくお願いいたします。

(金子)
 酒井さんは、雑誌「登記情報」で「定款」について連載したり、「考察」
に投稿している神奈川県司法書士会を代表する商業登記のエキスパートです。
次の投稿も受け取っていますので、明日26日に掲載します。



2016.10.24(月)【くちなし】(仙台・立花宏)

 先日、お客様のご自宅にお邪魔した際、脚つきのとても立派な将棋盤を見
かけました。

 お話しを伺ったところ、子供の頃から将棋が大好きで、いつか、立派な盤
や駒、駒台を揃えてみたいと思っていたそうです。

 若いころは生活するのに精一杯で、結婚後は、自分の趣味のために大きい
出費をすることへのうしろめたさがあり、脚つきの将棋盤を買うことができ
なかったそうです。最近、子供も独立したことから、ようやく、自分のため
に少し贅沢をしようという気持ちになり、購入したのだそうです。

 とても立派な将棋盤でしたので、少し鑑賞させていただきました。将棋盤
の前に正座してみると、まるで自分が名人になったような気持になりました。

 「こんな脚つきの立派な将棋盤の前に座ると、とても神聖な気持ちになり
ますね」、私がそう言うと、お客様がおっしゃいました。

 「その脚の形は何の形かわかりますか」

 将棋盤の脚の形のことまで気にしたことがなく、降参してお客様に教えて
いただきました。将棋盤の脚は、くちなしの花を形どっているといわれてい
るそうです。なんでも、将棋の対局中、周りの人たちは「口をだすな」「口
出しはなしよ」という意味だとか。また一つ、勉強させていただきました。

 ところで、最近、将棋のプロの方が対局中に将棋のソフトを使用したとか
しないとかが、話題となっています。真偽のほどはわかりません。

 将棋のプロの方の対局は、きっと、立派な脚つきの将棋盤で行われると思
います。

 このくちなしの花を見たら、周りから口出しすることはおろか、周り(コ
ンピューター)に口出ししてもらおうという気持はならないように思いまし
た。

 もし、自らすすんで、周り(コンピューター)に口出ししてもらったら、
きっと、とても後ろめたい気持ちになるのではないでしょうか。

 将棋のコンピューターソフトは日進月歩で強くなっているそうです。今回
のことの真偽はどうあれ、将棋のプロはとても頭のよい方たちばかりのはず。

 将棋盤の脚だけではなく、対局者が気持ちよく対局できるような現代版の
くちなしの花を考えていただけるものと信じております。

 ところで、私も子供の頃、友人達と将棋を指しましたが、脚つきの将棋盤
でなかったせいか、周りからかなり口出しがあったように思います。それは
それで、楽しい思い出です。


2016.10.21(金)【反対意見に対する対応】(金子登志雄)

 今週は株主リスト問題に集中しましたが、東京法務局に対して10月5日
に提出した私の質問への回答はまだありません。しかし、数日後に「これこ
れで時間がかかるので返事が遅れる」と丁寧な電話をいただきました。

 すばらしい対応ですね。この問題とはちょっと違いますが、私は著作に間
違いがあったり、異論が出たときは、必ず、改訂版などで、その点に触れま
す。松井信憲著『商業登記ハンドブック』も、われわれの異論を取り上げて
改訂版で紹介してくれたりで、松井氏の誠実さを感じます。

 しかし、有名な学者本は、反論は無視し、明らかにまずいと思える内容で
も改訂版で手直ししていません。反論が届いていないのかもしれませんが、
それも困ったものです。

 登記情報9月号に掲載した商業登記倶楽部5人委員会による「就任承諾援
用問題と株式の第三者割当問題に関する提言」については、広く反論を呼び
かけましたが、今のところ、どこからも何も来ていません。もう1か月半以
上も経ているのですが………。

 きっかけになった法務局の職員さんのブログも、そのままで更新されてい
ません。本欄に対する反論はすぐに掲載されたので、登記情報の論考をご存
知ないとは思えません。商業登記に関心のある方なら必ず目を通す雑誌です
から………。もし、本欄をみていらっしゃいましたら、せめて、ブログの末
尾にでも「以上に対しては反対意見もあります。登記情報〇号〇頁以下」程
度を記載してほしいものです。閲覧者には多様な意見を紹介したいものです。
 http://blog.livedoor.jp/houmu4180/archives/52228418.html
   http://blog.livedoor.jp/houmu4180/archives/52228143.html



2016.10.20(木)【再々、登記すべき事項につき】(金子登志雄)

 「登記すべき事項につき」とは、登記事項についてという意味か、登記事
項に関連してという意味かなどと昨日書きましたが、ふと、「につき」とは
何ぞやと会社法と商業登記法を検索してみました。ひまですね。いや、本欄
に書く材料に困っているのです。お察しください。

 1株【につき】1個の議決権・・・これは【あたり】ですね。

 計算書類【につき】第438条第2項の承認を受けた場合、募集新株予約
権【につき】金銭の払込みを要しないこととする場合、当該提案【につき】
株主の全員が書面……により同意の意思表示をしたときは、登記すべき事項
【につき】官庁の許可を要するときは・・・・

 あれれ、【につき】と【場合又はとき】が対(つい)になっているじゃな
いですか。商業登記法46条3項は「登記すべき事項【につき】株主総会の
決議を要する【ときは】」、同規則61条3項は「登記すべき事項【につき】
株主総会の決議を要する【場合には】」です。

 ここが「について」と用語法を異ならせた理由のようです。「に対して」
は、会社に対して、債権者に対して、登記官に対して……と、「人」に向け
て使うようです。

 やはり、「登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合」とは、個
々の登記事項が株主総会の決議の対象(議題)となった場合をいうものだと
再認識しました。


2016.10.19(水)【再び、登記すべき事項につき】(金子登志雄)

 この前の千代田支部セミナーでは、毎年にように講師をしているので、講
師の紹介は不要だと申し上げましたら、いや、新人も多く私を知らない人も
いるので………といわれました。なるほどと思いました。

 昨日は若い司法書士から「あれ、先生は髭を生やしていないのですか」と
怪訝な顔をされました。下記の金子登志「夫」さんと勘違いされたようです。
下記では、唯一、近畿ブロック研修で講師しているのが私ですので(これ以
外にネットでは私の顔は出ていないと思います)、よろしくお願いします。

 https://is.gd/t6ojOI

 さて、相変わらず本欄のネタ切れで株主リスト問題を続けますが、商業登
記規則61条の3項の「登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合」
とは、いかように解釈することもでき、困った条文です。

 狭義:登記事項そのものについて決議した場合
 中間:登記するにあたり法令が直接株主総会議事録の添付を要求する場合
 広義:登記するにあたり株主総会議事録が添付書類になる場合

 いついつの株主総会の終結をもって辞任するという場合には、辞任時期を
証するため株主総会議事録が必要ですが、広義説では株主リストも必要にな
ります。定款変更で任期を短縮して退任する場合も、定款変更議事録が任期
の満了を証する書面として必要であり、広義説では株主リストが必要です。

 しかし、辞任や退任とは無関係に定款変更その他のため株主総会の決議を
したのであり、登記事項を目的に決議したわけではなく、登記の必要書類と
いうだけですから、広義説は広げすぎでしょう。広義なら、端的に「登記の
申請に当たり、株主総会議事録を添付する場合には、株主リストをも添付し
なければならない」と定めたことでしょう。

 やはり「登記すべき事項につき」は「登記すべき事項【を】」「登記すべ
き事項を議題にして」という狭義説が素直だと思うわけですが、商業登記法
75条の「清算結了の登記の申請書には、………決算報告の承認があつたこ
とを証する書面を添付しなければならない。」は、一見、広義のようですが、
この承認決議が清算結了登記の必須要件とされているので、迷うわけです。
上記の中間領域かなと思っていますが、どうなのでしょうか。


2016.10.18(火)【清算結了とは】(金子登志雄)

 新潟県知事選挙結果は、私にとっては、うれしい誤算でした。長いものに
は巻かれろは日本人のDNAなのかと失望し、政治問題には発言する気力も
失せていたのですが………。

 喜んでばかりはいられません。反原発の前知事のように、そのうち裏世界
らしい見知らぬ車に尾行されたり、表のマスコミからあることないことさん
ざん叩かれたり、知事周辺の人物にも圧力がかけられたりで、反対勢力から
執拗に狙われるでしょうが、県民とともに何とか頑張ってほしいものです。
前知事の「遺書が残っていても、自殺ではない」という発言は、日本の反近
代化、未熟社会を示すようで、忘れられない言葉です。

 さて、昨日の問題ですが、「清算結了」というのは、事実であって、そも
そも決議を要する事項なのかにつき疑問を持っています。

 会社法507条1項の「清算株式会社は、清算事務が終了したときは、遅
滞なく、………、決算報告を作成しなければならない。」も清算結了の確認
であって、清算結了自体を決定したわけではありません。

 松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』529頁には「株主の所
在不明等の理由により、決算報告の承認に係る株主総会を開催することがで
きない場合には、【株主総会の決算報告の承認が清算結了の効力要件ではな
い】ことから」などという文章もあります。

 清算結了に対して「清算開始」という登記事項はありません。清算人の登
記が清算開始の意味を含んでいます。

 一般的には、清算が結了したといえるためには、①清算事務の終了という
事実と②会社法507条3項の決算報告の承認の2つを要すとされています
が、それでも、②は①の事実の確認宣言であり、昨日記したとおり、②は清
算結了の実体法要件というより、清算結了時期を示した登記するための要件
としか思えません。

 したがって、商業登記法57条の「清算結了の登記の申請書には、………
決算報告の承認があつたことを証する書面を添付しなければならない。」は、
山本さんがいうように、「登記すべき事項につき決議した」といえるのかと
いう点が疑問となるわけですが、実体法的にみればそうであっても、登記法
的にみれば、清算結了の登記には、その株主総会議事録が必要だと規定され
ているので、登記すべき事項につき決議したものに準じて考えなければいけ
ないのかという迷いがぬぐいきれません。

 迷ったときは安全策を採用すべきですから、株主リストは添付したほうが
無難だということになりますが、どうも歯切れの悪い結論です。いずれにし
ろ、こういう点に気づいた山本さんのセンスに感心しました。



2016.10.17(月)【登記すべき事項につき】(金子登志雄)

 10月中旬ともなると、10月1日効力発生の登記も終わり、商業登記と
しては穏やかな時期になりました。

 先日、司法書士試験の口述試験があったようですが、私も20年前に経験
しました。試験官から「君、よくできるねぇ。もう予定していた質問は全部
終わった。まだ5分残っているから、雑談だけど、どこで開業するの」など
聞かれ、楽勝の面接でした。

 さて、株主リストの商業登記規則61条3項は「登記すべき事項につき株
主総会………の決議を要する場合」という規定ですが、この「登記すべき事
項」とは、会社法や商業登記法に定める登記事項です。吸収合併などが登記
事項であることは、商業登記法の規定されています。

 この「登記すべき事項につき」決議は、取締役の解任や目的の変更などは、
もろに該当しますが、はっきりしないケースもあります。

 カリスマ講師として受験生の間で有名な山本浩司司法書士は、商業登記法
75条の「清算結了の登記の申請書には、会社法第507条第3項の規定に
よる決算報告の承認があつたことを証する書面を添付しなければならない」
の決算承認議事録は、登記事項について決議していないとみているのに対し、
やはり全国的に著名な内藤卓司法書士は、該当説でした。

http://plaza.rakuten.co.jp/yamamotokoji/diary/20161007/ http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/e3edc6d5416039dfc974bb4a391dbcea

 この決算承認は清算結了の効力要件ではありませんし(未処分財産があれ
ば清算結了していません)、商業登記法75条は、議事録の添付を要求して
いるだけで、「登記事項につき」決議していないじゃないかという山本説に
魅力を感じると同時に、登記上は、この決算承認を清算結了登記の必要要件
としていることを強調すれば内藤説に魅力を感じます。
 
 結局のところ、両説とも成り立つが、効力要件を決議した場合に限定しな
いと拡張類推解釈が増えますので、山本説に基本的には賛成しつつ、内藤説
までは許容範囲ではないかと、どっちつかずでいるのが私の現状です。なお、
山本ブログにあるとおり、法務局の書式例は肯定説ですが、この書式例は参
考資料に過ぎないため、当局の見解とまでは断定できません。



2016.10.14(金)【組織再編と株主リスト】(金子登志雄)

 今週も今日で最後です。この2週間は、ずっと株主リスト問題につき、商
業登記倶楽部の5人委員会である神崎先生、鈴木龍介司法書士、山本浩司司
法書士とメールで情報及び意見交換しておりました。結果を雑誌・登記情報
に掲載するためです。

 旬が過ぎてはまずいと思い、今月末号へ掲載したかったのですが、既に満
員御礼ということで果たせませんでした。11月末号には掲載してもらえる
ようお願いしました。

 旬を過ぎてしまうかもしれませんが、締切りが延びた結果、その後の情報
を加えることもできますし、われわれの説明も少しずつ上手になり進歩して
いますので、ご期待ください。

 さて、本題ですが、この10月1日までは、要するに株主総会議事録を添
付する際は、株主リストも添付すればよいのだなと気楽に考えていましたが、
あちこちで、合併消滅会社の株主総会議事録を消滅会社が作成したために、
補正になったという情報が入り、組織再編と株主リストが大きなテーマにな
りました。

 登記申請人である合併存続会社の作成でなければ不可ということですが、
噂によれば、会社分割でも権利義務の受け皿会社の作成に限られるとか。そ
うであれば、その運用は、従来の登記実務の運用を大きく変える異質なもの
です。他社が存在するのに、なぜ他社の株主リストを自社で作成しなければ
ならないのか、子供でも疑問に思うことです。早晩、この運用は旧に戻ると
予想していますが、戻さねばなりません。


2016.10.13(木)【清算会社の監査役】(金子登志雄)

 11日の千代田支部セミナーでは、「清算手続中の監査役については、法
律上の任期の上限はないが、通常の会社は定款で任期を定めているため、当
該定款の定めに従い、監査役は退任する、との見解があることを松井ハンド
ブック3版521頁で紹介しているが、この見解は正しいか」という問題を
出しました。

 答えは正しくないです。そもそも任期の基準である事業年度が清算会社に
なると清算事務年度に変わり、任期計算ができません。事業会社時代の監査
役につき、「監査役を置く旨の定款の定めを廃止する定款の変更等をしたと
きは、監査役の任期は、当該定款の変更の効力が生じた時に満了する」(会
社法336条4項)と規定しているのに、わざわざ清算会社の監査役につき、
会社法480条1項で「監査役を置く旨の定款の定めを廃止する定款の変更
等をしたときは、清算株式会社の監査役は、退任する」と規定しているのも、
事業会社の監査役は清算会社の監査役とは違うからです。

 これにつき、取締役が法定清算人に変わるのと同様に、監査役も法定監査
役に変わるのだと説明しました。

 難問の質問が来ました。「事業会社時代に任期満了したが権利義務監査役
になっている間に会社が職権解散された。この監査役につき退任登記が必要
か、あるいは権利義務取締役が法定清算人に変わるごとく、この権利義務監
査役も法定監査役になり任期の拘束がなくなるのか」………、職権解散など、
ここ20年扱ったことのない私には考えてみたこともない質問でした。

 商業登記に明るい聴衆が多いので、皆さん、興味をもって私との質疑応答
を聞いていましたが、どちらかといえば、私のほうが質問者の見解の聞き役
でした。こういうネタが入るのも、講師冥利に尽きます。



2016.10.12(水)【恒例の地元支部セミナー講師】(金子登志雄)
 
 昨日は千代田支部セミナーで会社法問題の講師を務めてまいりました。
ここ数年の間、毎年のように呼ばれています。地元ですし、商業登記に明
るい人が多いので、私の話に対する反応も実によく、私も喜んで講師を引
き受けています。定員300名のところ、290名の申込みがあったそう
ですから、ありがたいことです。

 テーマは登記実務の現状と理論であり、実務はこうなっているが理論的
にはそうならない、その違いを意識して申請しましょうとか、本欄によく
書いていますが、先例、江頭本、松井本、法務省HP……は参考資料であ
り、自分の考え方をしっかり打ち立てることが重要だなどを具体例を出し
て説明してきました。

 株主リストにつき、法務省の書式どおりに作ったか、自作の簡略方式で
作ったかを尋ねてみましたら、前者が大多数で後者は少数でした。思わず、
前者の方に、それでは進歩がありませんよ、いろいろ実験しましょうと話
してしまいました。

 講義内容を1つだけ紹介しますと、解散の登記と清算人の登記はなぜ同
時申請が義務付けられていないのかというものですが、皆様はどう思われ
ますか。

 これは、解散の登記は事業会社時代の終わりの登記であり、清算人の登
記は清算会社の始まりの登記だからであり、会社形態が相違するためだと
説明してきました。


2016.10.11(火)【株主リスト証明者2義】(金子登志雄)

 組織再編がらみで、俄然、株主リスト問題の議論が活発化してまいりました。
その議論の中で、株主リストの証明者には、次の2義があることがやや混乱して
使われていると感じました。

 A:登記所への株主リスト提出者(申請会社)
 B:株主リスト作成者(内容の証明者)

 刑事裁判で考えれば、Aは被告人であり、Bは証拠や証人であり、被告人自身
の供述も含まれます。

 さて、甲株式会社が乙株式会社を吸収合併した例でいうと、

 1/2申請 甲の合併による変更登記 
    添付書面として乙の株主総会議事録や乙の株主リスト
 2/2申請 乙の合併による解散登記

という申請において、乙の株主リストの提出者は甲以外ありえませんが、作成者
は誰かが問題です。

 私自身は、裁判の証拠と同様に、作成者は誰でもよく、ことの本質は証明力だ
と思っていますから、甲の代表者の自己証明以外に、乙の代表者や株主名簿管理
人の証明も肯定されるはずだと考えていますが、民商99号が甲の甲の代表取締
役(届出印付)に限定したと当局は考えているようです。

 法令が証明者を限定していないのに、登記審査の運用で限定してしまうのは、
ある種の立法行為とも思え、権限を超えていないかと私は批判的です。



2016.10.07(金)【変化を実感した週】(金子登志雄)

 今週も今日で終わりです。9月下旬や10月3日に申請した登記が少しずつ上
がってきました。

 株主総会議事録の作成者をその総会終結後に「監査等委員である取締役」にな
った私が務めた当社の登記も何もいわれずに無事に終わりました。総会議事録作
成者は株主総会終結時前の取締役に限るという松井ハンドブック3版149頁は
登記実務では完全に不採用のようです。

 株主リスト付申請も数件いたしましたが、法務省から出された書式見本は長文
であるため、私製の簡易様式で申請しましたが、これも全てそのまま受け入れら
れました。

 議決権の3分の2までの株主リストは、多くて2名までの株主の記載で足りま
した。その2名は親会社であったり、代表取締役や取締役であったため、住所の
調査も容易でした。

 上場会社案件で上位10位までの事例も経験しましたが、これも簡易様式にし
ました。法務省の書式例では、あの長文と株主10名の住所氏名等で、A4用紙
1枚におさめるのは、きついようです。

 昨日は、代表取締役である取締役が辞任し、株主総会で後任を選任する事案を
申請しましたが、本人確認証明書も、辞任届に会社届出印が必要なことも、株主
リストも必要な事案でした。思わず、株主リストに意識が囚われていると、辞任
届は届出印という部分がチェック漏れしそうだなと思いました。

 今週は、この2年間で商業登記申請の添付書面が大きく変わったことを実感さ
せられた週でした。



2016.10.06(木)【株主リストの証明者】(金子登志雄)

 昨日の本欄はみていただけましたでしょうか。たかが株主リストと思っていま
したら、組織再編に関連して証明者について大きな問題点がありました。改めて、
よく吟味してみましょう。

 商業登記規則61条は株式会社の登記についての規定ですが、その3項を要約
すると、「【登記すべき事項】につき株主総会…の決議を要する場合には、申請
書に、主要株主リストの証明書を添付しなければならない。」というものです。

 これを受けて民商99号が「【代表取締役】が登記所への【届出印】を押して
証明せよ」となっています。

 さらに、これを受けて東京法務局が甲株式会社が存続会社として乙株式会社を
吸収合併する際は、乙株式会社の株主総会議事録に係る株主リストの証明は甲株
式会社の代表取締役だという回答を出したようです。

 そうすると、上記の届出印は登記申請先の管轄法務局に届け出た印鑑というこ
とになり、乙株式会社が甲株式会社と登記所の管轄を異にすると、乙の届出印は
不可となります。

 甲乙が同一管轄でも、登記申請人は甲であるため、上記の「代表取締役」とは
申請会社の代表取締役だということになります(乙が解散しない吸収分割では、
どう考えるべきでしょうか)。

 ここで問題になるのが、乙株式会社が甲「持分会社」に組織変更した際の乙の
総株主の同意書面に係る株主リストの証明者です。

 組織変更の申請者は甲持分会社であり、代表「取締役」は不在ですし、規則の
61条は株式会社の登記についての規定です。なら、株主リストは不要かという
と、法務省HPにある組織変更の書式例では株主リストが添付書面になっていま
す。

 今度は規則61条の「登記すべき事項」とは何だということになります。「登
記すべき事項=組織変更による【持分会社】の設立」と考えれば、証明者は持分
会社の代表社員ということになりますが、規則61条は株式会社についての規定
ですから、適用されるのかという疑問が生じます。

 規則61条の「登記すべき事項=組織変更による【株式会社】の解散」と考え
れば、まさしく株式会社の登記ですが、申請人は持分会社です。

 いかがですか。混乱しませんか。こんなことを昨日、東京法務局に質問状を出
してきました。どんな回答になるでしょうか。


2016.10.05(水)【吸収合併等と株主リスト】(金子登志雄)

 10月3日に株式会社同士の吸収合併を申請しました。消滅会社の株主総会議
事録に関する株主リストは、合併存続会社の代表取締役による証明にしました。
申請日付の証明にしたため、既に消滅会社は解散消滅し、その代表者には証明能
力がないためです。

 これに関して、11日の千代田支部セミナーの事前質問で、効力発生日前の証
明日で消滅会社の代表取締役が証明する場合は、届出印であることを証するため、
印鑑証明の添付が必要かというものがありました。

 債権者保護手続の催告を証する書面と同様に考えれば、印鑑証明は不要だとい
うことになりますが、株主リストに関する民商99号は依命通知であり、申請会
社の管轄登記所に届け出た届出印に限るようにも読めないこともないため、そう
いう融通が利くのか、はっきりしないところがあります。

 また、存続会社が持分会社なら、消滅会社の株主総会議事録に株主リストが不
要だと思えることなどからして、株主リストの証明書は総会議事録の会社の代表
者に限るものとも思えません。

 吸収分割の場合はどうか、組織変更の場合はどうかと私なりの考えはあります
が、当局の見解と完全に一致するかを確かめてから、回答します。明日にも東京
法務局に質問に行ってきますので、しばらくお待ちください。東京法務局も即答
しにくい質問も混じっていますので。


2016.10.04(火)【解散登記】(島根・根来川弘充)

 司法書士として開業してから丸15年になるのですが、私が設立登記の依頼を
受けた会社から、はじめて解散登記の依頼を受けました。

 開業当初は、仕事が少ないのは当たり前だったのですが、商業登記は特に少な
く、設立登記にいたっては、おそらく開業後3年目以降に始めて受けたのではな
いかと思います。

 ですので、今回依頼を受けた会社は、10年程度のお付き合いでした。設立当
初の役員(兼出資者)の方も、すでにお亡くなりになられ、ついこの間設立した
のにと思いながらも、時間が、経過したことを感じます。

 開業当初は、余裕もなく、登記が無事終了することしか考えなかったかもしれ
ませんが、今頃は、依頼を受けるどの会社も、うまく続いてほしいという思いが
出てきた気がします。

 そんな中で、今回の解散登記の依頼は、余計にさびしいものを感じました。こ
れから年々、このような仕事が増えるかもしれません。後悔しないよう、より親
身に依頼を受ける姿勢が必要だと自分を戒めたいと思います。



2016.10.03(月)【株主リストの「決議を要する場合」】(金子登志雄)

 いよいよ本日から株主総会議事録に株主リストの添付が必要になります。9月
以前に決議しても10月以降に申請する限り必要になりますから、注意しなけれ
ばなりません。

 株主リストといっても、通常は総株主の議決権の3分の2までの主要株主のリ
ストが必要であり、いまのところ、リストに記載する株主数は1名か2名で済ん
でいるため、内容的には、そう負担ではありません。添付書面が増えるのが面倒
なだけです。

 今日は3つの登記所に各1件計3件の登記を申請しますが、1件は簡易・略式
再編であり、「株主総会の決議を要する場合」に該当しないため、株主リストの
添付は不要です。

 この簡易・略式再編は株主総会決議を要しない場合と会社法の規定で明記され
ていますが、株主総会で決議することも可能です。この場合も、商登規則61条
3項の「登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合」といえるのでしょ
うか。

 株主総会の決議を要しない場合に株主総会をしただけだから、株主リストの添
付は不要だという屁理屈もありそうですが、条文の「株主総会決議を要する場合」
とは株主総会で【決議をした】場合という意味でしょう。

 同じ問題は、いま日司連の掲示板(NSR3)の質問である「会計監査人の重
任の登記の際に、株主リストが必要か」についてもいえます。

 この問題は1か月ほど前に証券代行会社から質問されましたが、私も他の司法
書士と同様に不要説で応えました。「本来」という意味では組織再編と同様に会
計監査人の再任も株主総会の【決議を要する】場合ですが、定時株主総会で何も
決議しない場合は、再任がみなされるため【決議をした】場合には該当しません。

 そもそも株主リストを必要とする理由は、該当する議案につき決議した株主総
会議事録の真正を担保するためです。決議していないのなら、それを添付させる
理由はありません。

 商登規則立案時に「決議をした場合」と規定すれば、こういう迷いはなかった
のにと残念です。


2016.09.30(金)【種類取締役】(金子登志雄)

 監査等委員会設置会社に移行した27日の定時株主総会終了後に、「監査等委
員である取締役」の名刺をもらいました。肩書には、「取締役」と「監査等委員」
が並列されていました。確かに、法律用語である「監査等委員である取締役」で
は名刺の肩書として相応しくありません。

 どうして、こういう長たらしい名称にしたのでしょうか。非公開会社も同じで
す。会社法には公開会社の名称や定義はあっても、非公開会社という表現はなく、
規定上は「公開会社でない株式会社」です。

 つまり、会社法では、取締役や公開会社は基準概念であり、それと相違すると
「~である〇〇」とか「~でない〇〇」とか手抜き(?)表現がなされています。

 種類株式の場合は、「~である普通株式」とか「~でない普通株式」とはいわ
ずに、配当優先株式とか、議決権制限株式、黄金株などといった呼称が一般化さ
れていますから、種類取締役ともいうべき「監査等委員である取締役」にも、何
か適当な短い呼称がほしいものです。

 ついでながら、会計参与も種類取締役に加えましょう。計算書類作成委員であ
る取締役ですから………。

 この際、本来の取締役を普通取締役、会計参与を計算取締役、監査等委員であ
る取締役を監査等取締役とでも、呼称変更したらいかがかなと思いました。種類
株式同様に、もっと分かりにくなるとの意見もありそうですが………。



2019.09.29(木)【監査等委員が総会議事録作成者】(金子登志雄)

 27日は当社の定時株主総会でした。上場会社にとっては、年1回の重要イベ
ントです。暑いのを我慢して、上着を着用して参加してきました。

 この総会における定款変更で監査等委員会設置会社に移行し、私も監査役から
監査等委員である取締役に変わりました。5年ぶりの取締役への復帰ですが、非
業務執行取締役等であることには変わりがありません。食い扶持は司法書士業で
稼がねばなりません。

 最大の変化は、私も取締役会で議決権を行使することができるようになったこ
とですが、小さな変化としては、監査役時代には不可能であった株主総会議事録
の作成者になれることです。

 議事録作成者に監査等委員である取締役がなることに対して、まだ若干の違和
感がありますが、社外取締役が議事録作成者でも、やはり不慣れゆえの違和感が
あります。

 議事録作成者・監査等委員である取締役 〇〇〇〇 ㊞

 とあったら、登記所も一瞬、議事録作成者は業務執行取締役でなくてよいのか
と考えてしまうことでしょう。

 議事録作成者は業務執行取締役に限るという先入観は、業務執行取締役は「す
る人」、非業務執行取締役は「監視する人」というイメージがあるためですが、
議事録の作成は業務の執行ではないため、早く非業務執行取締役の議事録作成に
慣れたいものです。

 なお、監査等委員である取締役に就任したのは総会終結時です。松井ハンドブ
ック〔第3版〕149頁によると、私には作成権限がないことになっていますが、
東京法務局は肯定説なので、私作成で昨日申請してきました。何かいってきたら、
ご報告します。


2016.09.28(水)【季節の移り変わり】(仙台・立花宏)

 先日、自動車販売店さんからチラシが届きました。いつも、自家用車の定期点
検をお願いしているお店からでした。点検の時期はまだ先のはずなので、なんだ
ろうと思い、内容を見ると、車のタイヤをスタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)に
履き替える予約を促す案内でした。

 仙台は東北地方にありますが、日本海側にある他の東北地方の都市と比べて雪
は少ない方ですし、東北地方では温暖な地域だと思います。それでも、年に数度
はまとまった雪が降りますし、朝晩は道路が凍結することもあります。車を所有
してる方は、冬にはスタッドレスタイヤに履き替える方がほとんどです。

 それにしても、つい先日まで、半袖のシャツで過ごしていて、そろそろ、スー
ツの上着を準備しようかなと思っていたら、もう冬支度かと、ちょっと驚きまし
た。

 スーパー等に行くと、秋をテーマにした食べ物や飲み物が並んでいて、季節の
移ろいを感じていましたが、こちらも、そろそろ、冬をテーマにした食べ物や飲
み物が並び始めるころなのかもしれません。

 私たち司法書士業界にとっても、この時期は季節の移ろいを感じる時期かもし
れません。9月28日には、7月3日に行われた今年の司法書士試験の筆記試験
の合格発表があり、10月12日には口述試験、そして、11月1日には最終合
格者の発表があります。

 私たち司法書士にとっては、新しい仲間を迎い入れる準備の時期に向かってい
ます。合格された方は、その後、日本司法書士会連合会や各地区のブロック、そ
して各単位会の新人研修会、そして、簡裁訴訟代理等関係業務を行おうとする方
は、1か月以上に及ぶ司法書士特別研修も受講することになります。

 全部受講される方は、3か月近くもの間、研修を受講することになります。研
修は寒い冬の時期で、けっして条件のよい時期ではありません。おそらく、研修
担当の方たちは、半袖のシャツで過ごしている暑い夏の時期から、寒い冬の時期
の研修を受講生の皆さまに安心して受講していただけるように準備をしているこ
とでしょう。

 いろんなところで、暑い時期から、すでに寒い時期への準備は始まっているの
だな。チラシを見ながら、そんなことを考えました。



2016.09.27(火)【講演ネタ】(金子登志雄)

 きたる10月11日は地元の東京会千代田支部で会社法の講師を務めます。今
年は1月の福岡からはじまり6回目の講演になります。私としては多い方です。
依頼だけはもっとあるのですが、講師は私でなくてもよいではないかと思える依
頼(事業承継とか、解散、設立部分とか)は全てお断りしています。

 また、依頼される立場としては私に限らず「先生だからお願いします」といっ
てくれないと意欲がわかないものです。ほんのたまにですが、有名な先生であれ
ば神崎先生でも内藤先生でも鈴木(龍介)先生でも誰でもよいが、とりあえず金
子先生に声をかけたという雰囲気の依頼がありますが、こういうのは丁重にお断
りさせていただいています。

 その点、地元の千代田支部は、私に限らず講師を非常に大事に扱ってくれると
ころで、しかも商業登記従事者が多いためか、毎年のように声をかけてくれます。

 しかし、今回は困ったことがありました。6月に東京司法書士会で講師を務め、
そこで改正会社法ネタを話してしまったのです。会場も千代田区内でした。

 聴衆もその時と大部分が重なるので、同じネタにするわけにはいきません。か
といって、懇意にしている地元の依頼をむげに断るわけにも行かずで、いろいろ
考えた結果、本欄に時々取り上げている登記実務の現状と法理論のギャップを取
り上げることにしました。

 周知のとおり、登記の世界は独自に発達したガラパゴスの部分が多く、私のよ
うに実業世界から登記の世界に参入した者には違和感を感ずる部分が多々ありま
す。また、全国一律の行政行為という側面が強いため、昔の先例が時代に合わな
いのに、そのまま適用されているなどの部分もあります。

 そんな問題点を取り上げることにいたしました。9月12日に募集を開始した
ばかりなので、まだ満杯(300名)にはなっていないでしょうから、ご興味の
ある方はぜひどうぞ。



2016.09.26(月)【出席取締役概念について】(金子登志雄)

 金曜日の話の前に書くべきことでしたが、今日は出席取締役とは何かです。 

 株主総会は、①開会・定足数の確認、②議案の審議・可決、③可決から閉会ま
での時間、④閉会という順序ですが、株主が遅刻し③の段階で出席しても、出席
株主ではありません。取締役会でも同様であり、議事の②の段階に参加しない者
は出席取締役ではありません。

 9月号で取り上げた事例は、次でした。
------------------------------------------------------------------------
 臨時株主総会で増員取締役としてD(住所付)を選任したところ、席上の就任
承諾がなされた。総会議事録には、出席役員欄にD以外の役員の氏名が記載され
ていたが、Dは記載されていなかった。Dにつき就任承諾の援用は可能か。
------------------------------------------------------------------------

 この場合、選任議案は可決し、可決後にDは就任承諾して取締役になるわけで
すから、Dは「取締役としては」②の段階では出席しておらず、その後の③の段
階からの出席です。

 役員選任議案の後に就任承諾し、その後にも別の議案の審議・決議があった場
合には、Dも一部の議案の審議・決議段階に取締役として出席していたではない
かといわれそうですが、その議案につき、Dに説明義務(会社法314条)があ
るとは思えません。

 ついでながら、次の問題はいかがですか。
------------------------------------------------------------------------
 臨時株主総会で監査役DEのうち、Dが監査役を席上辞任し、取締役選任議案
を受けて、即時に取締役になることにつき就任を承諾した。
------------------------------------------------------------------------

 この場合、松井本によると、Dは出席監査役でもあり、出席取締役でもあると
いうことになりますが、同姓同名者がいるかのようで、議事録の表示としては強
い違和感があります。

 私には、施行規則72条の「出席した取締役」とは「『取締役として』出席し
た取締役」をいうのであり、「『候補者として』出席し取締役になった取締役」
は除外されるとしか思えません。


2016.09.23(金)【議事録の署名者と作成者】(金子登志雄)

 秋分の日は、暇潰しに、NHKの貧乏高校生のドキュメンタリーが話題になっ
ていましたので、ユーチューブで「貧乏」で検索し、いくつかをみていましたら、
子供の頃に極貧だった俳優の風間トオルさんが、夏休みは給食がないので食事に
困ったという話をしていました。子供の喜ぶ夏休みというのは、一面的見方だっ
たようです。

 さて、旧商法244条には、株主総会の「議事録が書面を以て作られたるとき
は議長及【出席したる取締役之に署名すること】を要す」とありましたが、会社
法下の会社法施行規則72条には「議事録の作成に係る職務を行った取締役の氏
名」の記載を求めるだけで署名までは求めていません。

 この株主総会議事録の作成者につき、松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第
3版〕』149頁は、出席取締役だとしていますが、私は、「出席取締役」は議
事録の作成者と異なるだけではなく、議事録の「署名者」と「作成者」とも違う
概念だと思っています。

 マンション管理組合などの総会議事録をみると、議事録署名人を2人程度選ん
で署名させています。これは、議事録の内容の真正を担保するためです。

 しかし、議事録の作成者は通常1人ですし、会社法施行規則72条をみると、
総会を開催しない書面決議の場合も、同一文面の「議事録の作成に係る職務を行
った取締役の氏名」とありますから、出席概念と別であるだけでなく、まさしく
作成者の氏名であって、署名を求めていないことからしても、議事録内容の真正
を担保する意味はないと考えています。

 なぜ、真正担保を求めていないかというと、株主総会は株主にオープンな開か
れたものであり、秘密会ではありません。総会招集通知等で議事のテーマも事前
に明らかにされており、株主総会議事録の中心は、議事の経過と結果ですから、
署名までは必要としないと考えられたためでしょう。

 旧商法の呪縛から解放され、素直に会社法を解釈する限り、署名者と作成者は
明らかに異なる概念だと思いますが、権威ある書籍だと、その内容を鵜呑みにし
てしまう勉強家の皆さんはどうお考えですか。



2016.09.21(水)【疲れる校正作業】(金子登志雄)

 3連休は、専ら新著の校正作業でした。年末あたりに出るキンザイの『論点解
説 商業登記法コンメンタール(仮称)』です。神崎先生が主役の水戸黄門で、
私と鈴木龍介さんが助さん格さんを演じるいつものパターンです。

 私も部分的に水戸黄門になり、仙台の立花、広島の幸先さんに助さん、格さん
役をお願いし、お2人に介護(?)してもらいながら、株式会社部分全部を担当
しました。そこで終わりにすればよいのに、持分会社部分の担当者が決まってい
なかったため、ここは私一人で引き受けてしまいました。株式会社や持分会社部
分の全体を同一人が担当しないと、債権者保護手続部分の記載があちこちで重複
するなど、収拾がとれない事態になり、出版が大幅に遅れるからです。

 いま初校中ですが、校正作業には創造性がないので、気力も湧かず疲れます。
校正は、出版社ごとに流儀があり、キンザイの場合は、「…あたり」が「…当た
り」なのに、「…過ぎる」は「…すぎる」にしなければなりません。とすると、
「年末あたり」は「年末当たり」か、「行き過ぎ」も「行きすぎ」かなどと考え
てしまいます。

 もともと「漢字」が苦手で小中学校の国語の成績はよくなかった私が文章にこ
だわるようになったのは、逆に言うと、手紙や作文での誤字が多く、恥ずかしい
思いをしてきたことが背景にあります。

 中央経済社から平成15年に出版した「これが新商法だ!」34頁にも、次を
書きました。
------------------------------------------------------------------------
 株式は「消却」されるものであって、「償却」されるものではないのですが、
よく間違われます。日経新聞掲載の合併公告で「子会社株式を『償却』して」と
いう表現をみたこともあります。東証一部上場企業の公告でした。
 一番多いのが、総会の「召集」です。「召集」は天皇が国会を召集するときに
に使う用語なんですが………(憲法7条)。
 「強迫」(民法96条)と「脅迫」(刑法222条)の違いや、法律行為の要素と
しての意「思」表示にも気をつけたいものです。意「志」表示ではありませんの
で。一度、恥を書くと気をつけるようになりますね。
------------------------------------------------------------------------

 なお、新著は、実務的で、類書のないユニークな内容です。コンメンタールと
はいえ、読んでも楽しい本にしたつもりです。お楽しみに。


2016.09.20(火)【クイズの回答】(金子登志雄)

------------------------------------------------------------------------
(問)貴方が親から相続して100%の株式を所有する甲株式会社(取締役会設
置会社)があります。昭和40年代設立で額面500円の名残りがあり、いまだ
に発行済株式の総数2万株、発行可能株式総数8万株、資本金1000万円です
が、1株価値は2000円程度になっています。さて、貴方は、事情があって、
この会社に50万円を出資して、一週間以内に発行済みを21万株にしようとし
ました。次の場合であれば、どういう手段をとりますか。なお、株式分割の方法
は禁じ手とします。
(1)甲は非公開会社である。
(2)甲は公開会社であり、譲渡制限は設置しないものとする。
------------------------------------------------------------------------

 例えば、株式分割で20万株にした後に、1株50円で1万株を発行する、あ
るいは1株2000円で250株を発行し、2万250株にした後に、株式分割
で21万株にすることも可能ですが、これは禁じ手という前提ですから、他の方
法を考えなければなりません。

(1)定款変更で発行可能株式総数を21万株以上に広げ、1株を「50万円/
19万株」にして募集株式19万株を発行するだけです。1日で全部が可能です。
株主は1名であるため、1株はいくらでもよく、1株当たりが割り切れる必要も
ありません。実に簡単ですが、1株あたりが時価で、かつ割り切れる金額でなけ
ればならないという固い頭の方は難儀したことでしょう。

 株主割当方式だと取締役会議事録や期間短縮の同意書が必要であり、面倒なた
め、貴方を対象とした第三者割当・総数引受契約方式が容易です(この方法で問
題ないことは、拙著『募集株式と種類株式の実務〔第2版〕』参照)。

(2)枠の関係から最初は6万株の発行、次に枠を拡大して、残りの13万株を
発行しなければなりません。50万円を15万円と35万円に分け(この分け方
は自由)、最初の増資は1株「15万円/6万株=2円50銭」、2回目の増資
を1株「35万円/13万株」にすればよいだけです。最短2日必要です。

 額面株式時代は、次のようにしました。

1.旧商法時代は1株当たりの発行価額につき割り切れない金額は登記所に抵抗
が強かったため、整数値で実行しました。
 「50万円÷19万株=2.63……」ですから、1株2円と3円にすること
にし、2円でX株と3円でY株にしようと考えて、次の連立方程式を解きます。
    X+Y =190,000
   2X+3Y=500,000
 X=7万、Y=12万になりますから、1株2円で7万株、1株3円で12万
株の増資を何回かに分けて行えばよいことになります。最短3日必要です。

2.定款に「すべて額面株式とする」とあり、額面未満の発行は禁止されていた
ことに対しては、定款変更で無額面株式「も」発行することができるようにしま
した。これなら、額面の制約はなく、1株いくらでも問題ありません。額面株式
主流時代に、これはちょっとした盲点でした。

 本欄閲覧の年配の方の中には、かつて、某証券会社がこの方法を採用し、画期
的な手法だと話題になり、新聞にも掲載されましたので、金子は、それを真似し
たと思われたかもしれませんが、私の実行のほうが数年も前のことです。

3.額面500円をそのままにしておくと、「額面500円×21万株」は資本
金をオーバーして違法にみえるので、定款変更で額面を50円にしました。当時
は額面を定款変更だけで変更することができるとは思われていませんでしたが、
公告方法を変更することができて額面の変更ができないわけがないと思い、実行
しました。前例のない登記を出されて当時の東京法務局は驚き、懸命に調べてく
れ、登記も無事に終わりました。

4.株主割当増資に公告が必須であったことに対しては、第三者割当て方式でク
リアしました。

5.株式分割には分割後の1株当たりの純資産額が5万円以上でなければならな
いという制約があったため、実質的な有償株式分割である募集株式の方法でクリ
アしました。

6.すべてが完了後、定款変更で、また「すべて額面株式にする」とし、発行し
た19万株の無額面株式を額面50円株式に変更しました(額面と無額面は株式
の種類になりません)。これで、「額面50円×21万株=資本金1050万円」
の会社の完成です。あとは、これらの経緯が掲載された登記用紙を更新させて、
最初から額面50円会社だったようにお化粧しました。

 いかがですか。ダメといわれたら別の合法的方法を考えればよいわけで、商事
法務の世界は実に面白いと思いませんか。

 額面株式時代は、額面50円というだけで、ピークで1000万円の価値があ
りました。上場会社のほとんどが額面50円であったため、額面5万円会社が取
得を欲していたためです。合併で額面を50円にして上場するためでした。

 そのため、私のノウハウは、私及び当社の大きな収入源でしたが、平成13年
10月施行の商法改正で額面株式が廃止されてしまい、一挙に収入の道を断たれ
てしまいました。しかし、額面株式時代から無額面株式の実務に通じていたこと
が私の財産として残ったため、その後の改正に違和感もなく着いて行けました。


2016.09.16(金)【頭の体操クイズ】
(金子登志雄)

 われわれ実務家にとっては、会社法は学問というよりは商売道具です。大工さ
んにとってのカンナと同様に自在に使いこなせなければ意味がありません。

 明日から3連休ですので、皆様にクイズを出しましょう。頭の柔軟な人には実
に簡単な問題です。頭の堅い人も頭の体操と思って、ぜひ挑戦してください。

(問)貴方が親から相続して100%の株式を所有する甲株式会社(取締役会設
置会社)があります。昭和40年代設立で額面500円の名残りがあり、いまだ
に発行済株式の総数2万株、発行可能株式総数8万株、資本金1000万円です
が、1株価値は2000円程度になっています。さて、貴方は、事情があって、
この会社に50万円を出資して、一週間以内に発行済みを21万株にしようとし
ました。次の場合であれば、どういう手段をとりますか。なお、株式分割の方法
は禁じ手とします。
(1)甲は非公開会社である。
(2)甲は公開会社であり、譲渡制限は設置しないものとする。

 私は、上記を額面株式時代の平成4年頃に何度か実行しました。当時は非公開
会社の全部が定款に「すべて額面株式とする」とありましたし(額面未満の発行
は禁止されていました)、発行枠も4倍制限がありました。また、株主割当増資
には公告が必須であり短期間には不可能であり、株式分割には分割後の1株当た
りの純資産額が5万円以上でなければなりませんでした。多くの制約がありまし
たが、それを乗り越え実行していました。

 いわゆる額面50円化のテクニックですが。その方法は「これが新商法だ!」
で説明してあります。しかし、購入済みの方も、もうお忘れでしょうから、上記
のクイズに挑戦してください。回答は火曜日の本欄です。


2016.09.16(木)【払込期間と資本金計上額】(金子登志雄)

 昨日は本欄読者の方から、ベテラン会社法学者のX教授(会社法の著書も多
数ある方)が金子さんのことを実務家であり学者でもあると評価していました
よ、アマゾンの書評など気にしないで、と励ましのメールをいただきました。
わざわざ、ありがとうございました。

 ということでしたら、少し、学者らしいところをみせないといけませんね。

 募集株式の発行で払込金額の2分の1以上を資本金に計上するとして、払込
期間を9月30日までとしたとします。

 1株の払込金額100.5円でABCD4人が次のように払い込んできたと
します(かっこ内は2分の1以上)。
 9月15日 A 102株 総額10,251円( 5,126円)
 9月20日 B 202株 総額20,301円(10,151円)
 9月21日 C 302株 総額30,351円(15,176円)
 9月26日 D 402株 総額40,401円(20,201円)

 その都度登記すると、合計の資本金計上額は、50,654円(かっこ内の
合計)ですが、会社法915条2項により9月30日付で一括登記すると、総
額101,304円の2分の1である50,652円です。2円の差が生じま
す。

 新株予約権の行使による月末付登記の場合も同様の問題が生じますが、要は
「期間の末日現在により、末日から2週間以内に登記すれば足りる」をどう解
釈するかです。
 
 あの規定は登記期間の猶予を認めただけだと考えれば、末日現在でも上記の
かっこ内合計で登記しなければならないということになりますが、「末日現在
により」は、期間合計を一括してもよいという意味でしょう。

 この背景には、「1つの募集行為」という考え方があります。だからこそ、
新株の発行と自己株式の処分が同時に行われても、自己株式処分差損のときは、
新株の割合分がそのまま資本均等増加限度額になりません。

 これに対しては、個々に登記申請した場合と一括して登記した場合に資本金
計上額が異なるのはおかしいではないかという意見も当然にあるでしょうが、
払込期日方式でも1日分を合計しています(上記においてAは9時15分に、
Bは9時20分に………と、同日に払い込んだ場合をお考えください)。同様
に、期間末日までを1日として扱ったのが915条2項だと思っています。

 ただ、これは便法ですから、外国通貨での払込みや自己株式の交付があった
りして、総額計算が困難な場合もあります。このときは、個々に計算した合計
で登記することも問題ないと考えています。

 こういう問題点は実務に従事していないと気付きません。やはり、こんな面
白い課題に遭遇することのできる実務家をやめられません。女子大から教授に
誘われても、ぐっとやせ我慢して、生涯一実務家で頑張りましょう。



2016.09.14(水)【中央経済での最初の出版】(金子登志雄)

 上記トピックスの著書はすべて中央経済社ですが、平成14年後半に、同社の
HPの問い合わせ欄を通じて、「私はこれこれこういう者だが、商法改正の本を
出したいのだが、受けてくれるか。すでに一部書いてある」とメールをしたのが
最初でした。もちろん、面識もツテも全くありませんでした。

 幸い、当社と中央経済社が徒歩10分以内の距離だったためか、同社の法律編
集部編集長が訪ねて来てくれ、私の書きかけの原稿を5分か10分みて「出版を
承知した」といってくれたわけです。通常はあり得ないことですが、私には過去
にM&A関連本などの出版実績があったので、それも加味されたのでしょう。

 ここまでは順調でしたが、もし売れなかったら、2度と本は出せなくなると思
い、売れる工夫として、縦書きにし(ベストセラーは縦書きが多い)、内容を分
かりやすくするため対話調にし、かつ題名等を挑発的にしてみました。

 その題名が「(目からウロコ)これが新商法だ!これが新登記だ!」でしたが、
「これが新商法だ!」で止めると、学者本や弁護士本に喧嘩を売るように感じた
ため、「これが新登記だ!」と、かわいらしさを加えました。

 はしがきの最初は次でした。
------------------------------------------------------------------------
 これは役立つ、と思えた部分が3つもあれば、実務書としては成功だと思って
います。本書は、あなたにとって、いくつ役立つ内容があるでしょうか。きっと、
10個以上あったといってもらえるとの確信のもとに、本書を世に問います。
 あの親しみ馴染んだ商法はどこに行ってしまったのか。この1年半ですっかり
変わってしまった。もはや、昔の商法ではない。改装の域を越えて再構築されて
しまった。それも洋装建築である。最新のIT(情報技術)も随所に施された新
時代のハイテク高層ビルである。………
------------------------------------------------------------------------

 今からみても、へんですね。堅い法律家の文章とは思えません。これが拙著を
初めて読んだ方に、違和感を与える理由でしょう。私としては、会社法を学問と
思わず、面白がって、楽しんでいただきたいのですが………。



2016.09.13(火)【アマゾン・ランキング】(金子登志雄)

 時々、上記トピックスにある拙著につきアマゾンの「会社法の売れ筋ランキン
グ(100位まで)」でみていますが、ここのところ好調で、上記が常時3冊か
ら5冊入っています。一昨日は7冊も入っていました。本人もびっくりです。

    https://is.gd/AIwopK

 法律学者でもなく、弁護士でもない、市井(しせい)の名もなき司法書士にし
ては、よく頑張っていますね。きっと、読者が他に紹介してくれているのでしょ
う。ありがたいことです。

 ただ、はじめて拙著を読んだ方の中には、「司法書士の書いた本だから弁護士
の書いた本で確認を怠るな」などと読者の書評コメントに書く人もいます。

 また、私の本は実務家向けで、独特な切り口での解説が多いため、法律の一般
的解説書と思ってご購入した方には、不評です。その中から、上記親子本に対す
る書評の1つを取り上げると、
------------------------------------------------------------------------
 「実例に携わった経験は豊富なのかもしれないが、法律を学問として習得した
ことがないのではないか。「べきではない」「…だからであろう」というような
曖昧な表現が頻出するのは立法時の議論や学者、実務家による学術的研究などの
確認をすることなく執筆しているからではないかと思う。これでは事務処理家で
あって法律家とはいえない。
------------------------------------------------------------------------
というものでした。

 ひどいでしょ。無対価合併を開発した人間が、それを詳細に説明した本である
ことなどは全く評価してくれません。拙著の固定ファンには、会社法学者や企業
法務専門弁護士も多いことを知ったら、この方は、さぞ驚くことでしょう。

 この方のものの見方で面白いなと思うのは、「法律の勉強が進めば、物事を法
律の目から、すぱっと割り切れる」と思っているらしいことです。勉強の初期に
は、そう思っている方が少なくありません。

 実際には、とんでもないことで、法律の勉強は解釈学ですから、多数説、有力
説、少数説あるいは江頭説、松井説………と多岐に渡ります。ますます迷路に深
入りしますから、自分の考え方をしっかり持たなければなりません。

 でも、この方は自信家ですね。私が若い頃は、読んで理解することができない
と、自分の理解力が不十分なのだろうと自分のせいにしたものでした。

 60代後半のいまは逆で、この方に近いところがあります。「何だ、この本は、
自分の頭で考えた内容がなく、受け売りばかりじゃないか」と思ってしまうこと
が増えました。それだけ耄碌して頑固親父になったのかもしれませんが………。



2016.09.12(月)【新潟市訪問】(金子登志雄)

 土曜日は、関東地方だか、東北、中部、北陸地方だか、誰も断定できない不
思議な国の新潟県司法書士会で会社法の講義でした。東西に長い県であるため、
しかも休日開催のため、集まりの悪いのは覚悟していましたが、県内司法書士
の3分の1以上が出席してくれたということでありがたいことです(研修担当
のH先生ほか皆様お世話になりました)。

 会場の司法書士会館は新潟駅から徒歩1分という近さで素晴らしい建物でし
た。研修会場も広く、マイクの性能もよく、話しやすい環境でした。3時間の
講義で眠っている人もいませんでしたので、研修担当の方に恥をかかせずに済
んだようで、ほっとしました。

 講義の冒頭の自己紹介では、「私はこういうジイサンです」と挨拶しました
が、終わった後で年配の方2名と雑談しましたところ、何とお2人とも、80
代半ばでした。それだけでなく、自転車や車に乗って会場に来ていましたから
60代の私など、まだまだヒヨッコじゃないか、うっかりした挨拶であったと
反省した次第です。おかげさまで、元気をいただきました。

 ところで、改めて新潟県の地図を開くと、次のとおりです。
 http://www.apamanshop.com/app/images/search/hokuriku/mesh_15.gif

 東北の山形・福島、関東の群馬、甲信越(甲斐、信濃、越後)の長野、北陸
の富山と5県に囲まれています。これが、関東(甲信越)、東北、中部、北陸
だか、誰も断定できない理由でしょうか。東部の人は東北と思い、西部の人は
北陸、中央部は関東甲信越と思い、地域によって意識も異なることでしょう。
どこの県でも同じですね。

 ちなみに、わが司法書士会では、甲信越だけでなく、東海の静岡県も関東ブ
ロックに入ります。どうも、東京高等裁判所の管轄に合わせたもののようです。
「司法」書士だと実感する地域割りです。



2016.09.09(金)【株主リストの記載例】(金子登志雄)

 すでにご案内済みですが、法務省のHPに株主リストのサンプルが掲載され
ています。
      http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

 こんな長い文章の見本を作るのは大変ですから、私は、次のような簡易様式
にするつもりです。

        商業登記規則第61条第3号の証明書
 ○○年○○月○○日付け○○株主総会の第○号議案の表題の件につきまして
は、次のとおりであります。

 株主が少人数だったら、議事録の中に書き込んでしまう予定です。

 ………というようなことを7月22日の本欄で書きました。

 しかし、一抹の不安がありました。現場の法務局職員の方の中には、法務省
の書式どおりでないと認めないという固い頭の人が必ずおられると思っていた
からです。

 この心配は半分なくなりました。商事法務2110号(9月5日号)8頁に、
法務省民事局付の辻雄介さんという方が「株主リストの書式は法定されておら
ず、株主リストに記載すべき事項が記載され、会社の代表者においてその事項
を証明した書面であって、登記所届出印が押印されていれば、その様式は問わ
ないものと考えられる。」と明言しているからです。

 しかし、新たな心配が生じました。「会社の代表者においてその事項を証明
した書面であって、登記所届出印が押印されていれば、」の部分です。 同じ
頁には、民商99号に基づき、代表者の届出印付き証明以外は認めないような
説明がなされていました。

 確かに民商99号はそう読めなくもありませんが、株主名簿管理人が証明し
たものでも不可になるのでしょうか。また、金子式に株主総会議事録に書きこ
んだ場合は、代表者の自己証明よりも重い証明力が認められてしかるべきです
から、私は民商99号は、用意しやすい証明方法の1例を挙げただけだと思っ
ています。規則に規定がないのに、法務省が1つの書式に縛るわけがないと思
っているからです。

 辻解説には「意見部分は個人的見解だ」とありましたし、他の方法を一切認
めないというほど強行的なものとは思えませんので、今後の質疑応答ではっき
りするでしょうが、現時点では、議事録内に書き込む場合も、代表者の届出印
による議事録にしておくことが無難のようです。



2016.09.08(木)【株式の共有と不統一行使】(金子登志雄)

 昨日は、株主リスト問題に絡んで、株主総会基準日時点の株主名簿上の株主
が死者Aで、その法定相続人がBCDのとき、リストに、どう記載するのかの
話題に触れました。

 本件で、ある議案にBCは賛成だが、Dは反対だという場合に、不統一行使
が認められるかについては議論があります。会社法313条に「他人のために
株式を有する者でないときは」…不統一行使を拒むことができるとあるため、
共有は「他人のために株式を有する者」ではないため認められないという見解
もあります。

 しかし、それは不統一行使を拒むことができる理由であって、会社が拒まな
いなら株主が一人でも共有でも不統一行使は認められるはずです。

 いま話題の真田一族は、当時の栃木県佐野市の犬伏(いぬぶし)で、豊臣に
つくか徳川につくかを議論し、最終的に不統一行使を決定し、現在まで生き残
ることができました。いわゆる「犬伏の別れ」です。

 私が暇つぶしに行うデイ・トレードの世界でも「両建て」といって、買いと
売りの注文を同時にする不統一行使のテクニックがあります。どちらに転んで
も、大きなリスクを背負わないようにする機関投資家を中心とした高等テクニ
ックです。

 一人でも一族でも、また、どの世界でも不統一行使があるのですから、共有
なら、なおさら不統一行使が認められるべきだと考えますが、本日の理由づけ
は法律家らしくない理由づけでした。


2016.09.07(水)【株主リストと相続共有】(金子登志雄)

 昨夕は東京司法書士会港支部主催の商業登記セミナーでした。講師が港出張
所(都内港区管轄で大出張所です)の登記官だというので、参加してきました。

 所長のほか統括登記官3名、登記官3名、職員1名の講師8名で、それぞれ、
株主リスト、本人確認証明書、社外役員などにつき説明くださいました。

 この時期でしたので、目新しい内容はなかったのですが、こういう交流の機
会はよいことですね。登記所側からみた商業登記実務の実態が分かります。

 願わくは、私も登記官の集まりがあったら、無償の講師として参加し、こう
いうのは困る、ああいうのは困ると民間側からみた要望を伝えたいものですが、
日本社会では無理な相談ですね。

 さて、株主リスト問題に絡んで、株主総会基準日時点の株主名簿上の株主が
死者Aで、その法定相続人がBCDのとき、リストに、どう記載するのかが話
題になっています。

 私は株主名簿どおりに「A」と記載することで足りるという考え方ですが、
日司連からは共同相続人BCDの住所氏名を記載すべしという考え方が出され
ました。株主名義上はAでも、会社がBCDの共有として扱い、議決権行使を
認めた限りは、共有名義に名義書換えした場合と同様に扱えということでしょ
うか。

 会社がそのように扱ったわけですから、どちらでも全く問題はないと思いま
すが、この場合、共有者BCDはA(共同相続人BCD)として議決権を行使
するのであり、共同相続人に名義書換えをしていない限り、BCDの名で行使
するわけではないでしょうから、やはり私はAで行こうと思っています。

 なお、従業員持株会などは、規約で「民法上の組合」とされているのが通常
ですが(そうでないと組合自身に課税されてしまう不都合がある)、この場合
は持株会で株主1名とカウントします。投資ファンドもそうでしょう。厳密に
は共有ですが、社団に近い扱いがなされています。



2016.09.06(火)【文章表現にこだわろう】(金子登志雄)

 昨日書きましたが、施行規則72条の「株主総会に出席した取締役、執行役、
会計参与、監査役又は会計監査人の氏名又は名称」が「取締役、執行役、会計
参与、監査役又は会計監査人が株主総会に出席したときは、その氏名又は名称」
とあったら、多くの人が、総会途中に役員になった者は除外されると判断する
ことでしょう。

 このように、文章というのは非常に重要です。

1.会社法47条に「代表取締役(株式会社を代表する取締役をいう。)」と
ありますが、当初は、そんなの当然のことで、書くまでもないと思っていまし
た。ところが、特例有限会社の1人取締役も「代表取締役」であり、その根拠
が本条だと知り、あぜんとしたものでした。「代表取締役(株式会社を代表す
る取締役の全てをいう。)」とでも表現してほしかったと思っています。

2.会社法349条3項の「定款、定款の定めに基づく取締役の互選又は株主
総会の決議によって、取締役の中から代表取締役を定めることができる。」は
誤解を招く典型的悪文です。

 「定款の定めに基づく…株主総会の決議によって」と読まれてしまいますし、
「取締役の中から」も、取締役の中から適任者を選ぶと読まれてしまい、取締
役全員を代表取締役にしてはいけないように読まれてしまいます。

 ここは「定款、株主総会の決議又は定款の定めに基づく取締役の互選によっ
て、代表取締役を定めることができる。ただし、代表取締役は、取締役でなけ
ればならない。」という文章にすれば、誤解を招かなかったことでしょう。

3.商業登記規則61条5項には、要旨で「取締役等の就任承諾書には氏名と
住所を記載し本人確認証明書を添付しなければならない。ただし、前各項によ
り印鑑証明書を添付するときはこの限りではない。」とあるため、印鑑証明書
を添付するときは、本人確認証明書の添付は不要だが、就任承諾書に住所の記
載が必要になったと読んでしまう一部の法務局があります。

 しかし、このような部分否定で読むべきではなく、ここは「ただし、前各項
により印鑑証明書を添付するときは、本条本文の適用はない。」という全部否
定が正しい読み方です。

 したがって、基本通達のように、ただし書を文頭に置き、「前各項により印
鑑証明書を添付する場合を除き、取締役等の就任承諾書には氏名と住所を記載
し本人確認証明書を添付しなければならない。」とすれば、誤解を招かなかっ
たことでしょう。

4.「Aに割り当てる。ただし、Aから申込みがあることを条件とする。」も、
「Aに割り当てる。ただし、Aから申込みがない場合は、この限りではない。」
と「申込みがない」方向から記載すれば、条件として明記せよという誤った見
解も現れませんでした。

 法律家は文章に拘らなければなりません。国語に強いかどうかは無関係です。
正しく意味が通じるかが重要であり、論理(理屈)あるいは法的センスの問題
です。「あれ、その解釈おかしいぞ」と感じたら、まずは、なぜ、おかしいの
かと理由を考え、その次に、なぜ彼はそういう間違い解釈をしたのかと考えれ
ば、文章を読み違えたのだななどという原因もみえてきます。

 ただいま、物書き業修行中の全国の若い司法書士各位も、大いに文章にこだ
わってください。そして、判例にあるから、当局の見解だから、江頭本にある
から、松井本にあるからと思考停止している多くの先輩司法書士を乗り越えて
ください。自分の頭で考えない限り、進歩も飛躍もありませんし、誰からも評
価されません。



2016.09.05(月)【就任承諾援用問題】(金子登志雄)

 登記情報9月号の座談会における就任承諾援用問題に関するわれわれの主張
の中心は、株主総会の①議事録に記載する出席役員の問題、②署名義務の問題、
③就任承諾援用の効果は、それぞれ趣旨を異にした別の問題ではないかという
ことでした。

 主として、①の出席役員の記載と③の援用問題は連動するのか(就任承諾援
用のためには出席役員としての記載が必要か)という問題提起でしたが、連動
すると明記した先例はないのに、出席したのなら①にも記載があるべきだとい
う判断から、連動させて考える登記所もあるようです。それでも、どのケース
まで連動させるかにつき、不明確だという問題があります。

 従来、この点を深く追求した論文はなく、会社法立案担当者の会社法解説で
も①の出席役員の範囲の説明はありません。そのためか、松井信憲著『商業登
記ハンドブック〔第3版〕』では、旧商法244条3項の「議事録が書面を以
て作られたるときは議長及【出席したる取締役】之に署名することを要す」の
解釈をそのまま①や「議事録の作成に係る職務を行った取締役の氏名」に持ち
込んでいます。

 しかし、会社法施行後10年を経過しているのです。そろそろ、旧商法の呪
縛から解放された解釈が広まってもよいのではないでしょうか(「議事録の作
成に係る職務を行った取締役」の解釈については、登記実務でも、旧商法の呪
縛から解き放たれています)。

 現に会社法のもとでの会社法施行規則72条3項の出席役員には、取締役だ
けでなく監査役、会計参与、会計監査人も入りますから、旧商法244条3項
のように解釈する必然性もありません。

 また、旧商法244条3項の「出席した」の基準時点は、伝統的に総会終結
時であり、それまでに出席していればよいと解釈されてきましたが、会社法施
行規則72条3項の「株主総会に出席した取締役………」は、総会開催時点だ
と私は思っています。株主総会主催者(?)側の役員で、総会で説明義務を負
う役員のことで、総会途中で就任承諾し役員になった者は除外されると考えて
います。

 そもそも、総会途中で就任承諾し役員になったとしても、本人自身が「おれ
は候補者だから総会に出席したのであり、役員として出席したわけではない」
という意識でしょう。本人が出席役員と思っていないのに、出席役員にしなけ
ればならないのでしょうか。

 こうして、私は、施行規則72条3項は「取締役等が株主総会にその地位で
出席した場合には、その氏名」を記載せよという意味であり、旧商法244条
3項の「出席した」と同一の意味だとは解釈していません。

 思考の主役はあなた自身です。権威ある松井本にこうあるから、と思考停止
してはいけません。それは松井氏に失礼です。自分の頭で考え、さらに発展さ
せてこそ、松井本に対する恩返しです。

 なお、念のため、松井氏も出席役員として記載しないと、就任承諾援用の効
果はないとまではいっていませんので、この部分も我田引水の読み違いしない
ことが重要です。



2016.09.02(金)【契約の成立要件と停止条件】(金子登志雄)

 31日付の下記問題はいかがでしたか。
----------------------------------------------------------------
「貴社取締役に就任することをあらかじめ承諾します。ただし、今月中
に貴社臨時株主総会において取締役に選任されることを条件とします」
という事前の就任承諾につき、このただし書の「条件」は停止条件です
か、解除条件ですか、それとも、それ以外ですか。
----------------------------------------------------------------

 登記情報9月号をご購入の方には通じたでしょうが、本欄読者には未
購入の方も多いでしょう。

 これ、つい停止条件だと思ってしまいますが、停止条件も解除条件も
いわゆる「期限」も法律行為の附款であり、法律効果の発生・消滅に影
響するものをいいます。つまり、停止条件付契約なら、条件が成就して
契約の「効力」が発生します。条件は「効力」要件ということです。

 ところが、取締役への就任は、委任契約であり、委任契約は会社の選
任行為と被選任者の就任承諾で成り立っています。事前に就任を承諾し
たところで、選任がなければ、委任契約は不成立です。

 したがって、上記は、「選任がなければ就任承諾もなし(委任契約は
不成立)」ということを「選任があれば就任を承諾する」と言い換えた
だけのことで、法律上の条件ではありません。

 第三者割当てで「Aに割り当てる。ただし、Aから申込みがあること
を条件にする」といった事前の割当決議も、「Aから申込みがなければ
株式引受契約は成立しない」ということを裏から述べたものにすぎず、
条件ではありません。ただし書は当然の内容であって、記載がなくとも
問題がないと「登記情報」で説明したわけです。



2016.09.01(木)【私の日課】(島根・根来川弘充)

 私は、開業当初から独立して、司法書士をしています。

 会社でいえば、自分が社長なのですから、誰にも怒られることはなく、
出勤時間や、休み時間は、自由に決めれます。

 とはいえ、あまり非常識な勤務時間ですと、社会の信用をなくすよう
なこともあると思います。

 そんなリスクもかえりみず、毎日の日課としておこなっているのが、
朝、長男を保育所に送ることです。

 毎朝保育所までの道のりを、通勤ラッシュの自動車が行き交う中、悠
々と私服で歩いて送ります。

 わずか5分程度ですが、いろんな話ができることで、その日の活力を
得ています。

 「重役出勤ですね」などと、言われたこともあります。でも、私から
も言いたい。「その分、夜も働いています。土日も働いています。まと
まったお休みはありません。」と。

 来年には、小学生になるため、この貴重な時間もあと半年もありませ
ん。一日一日が、いとおしい大切な時間です。


2016.08.31(水)【登記情報9月号必見】
(金子登志雄)

 閲覧の司法書士の皆様、本日か明日には到着するであろう「登記情報」9月
号13頁以下の一般社団法人商業登記倶楽部所属/商業法人登記総合研究5人
委員会による「就任承諾援用問題と株式の第三者割当問題に関する提言」の座
談会をぜひご覧ください。

 倶楽部主宰者の元登記官で商業登記界で神様扱いされている神崎先生と私と
鈴木龍介さんと、受験界のカリスマ講師である山本浩司さんと4人で、

 ①就任承諾の議事録援用には出席役員としての記載が必要か、
 ②非取締役会設置会社の第三者割当てで「Aに割り当てる」と決議しただけ
  では足りず、「上記第三者から申込みがあることを条件とする」と明記し
  ないと補正になるか
を議論しています。

 全国に数百人いる大組織の商業登記倶楽部の会員の中でも、本欄6月24日
に問題にした法務局職員さんらしき方のブログが話題になったのか(私のとこ
ろにも、「実務相談株式会社法」の資料を送ってくださった方がいるなどの反
響がありました)、神崎先生も、このまま放置するわけには行かないとお考え
になったようで、7月4日に5人委員会を招集したわけです。

 そこで、さまざま議論しましたが、実に有意義な会合になり、このような機
会を作ってくれた神崎先生に感謝するとともに、その座談会の内容を掲載して
くれた登記情報編集部に感謝しています。皆様にも、今後の業務の参考になる
と思いますので、ぜひご覧ください。

 登記情報をお読みになる前に、次の問題をご検討ください。

 「貴社取締役に就任することをあらかじめ承諾します。ただし、今月中に貴
社臨時株主総会において取締役に選任されることを条件とします」という事前
の就任承諾につき、このただし書の「条件」は停止条件ですか、解除条件です
か、それとも、それ以外ですか。回答は「登記情報」に掲載されています。


2016.08.30(火)【冒険】(仙台・立花宏)

 私は、少し緊張しながら、その店のドアを開けました。店の中を見渡すと、
他に客はいませんでした。

「やあ、いらっしゃい。珍しいですね」

 私の来店に気付いた店主が、不思議そうな表情をしながら店の奥から声をか
けてきました。そして、早速、私をいつもの椅子へと導きました。

「いつもの感じでいいですか?」

 そう言うと、店主は、私の髪を切るために、ハサミ等の準備を始めました。
その日、私は、伸びた髪を整えるために、いつもの床屋に行ったのです。

 なんとなく落ち着かない気持ちで椅子に身を委ねていると、外から少年たち
のにぎやかな声が聞こえてきます。その床屋の近くには学校があり、そこから
聞こえてきたものでした。

「もう、夏休みは終わったんですね」
「ええ。ちょうどいま、帰宅時間のようですよ」
「帰宅時間って、こんなににぎやかなんですね」
「ああ、いつも来られるときは、土曜日か日曜日でしたね。今日はお休みです
か?」
「ええまあ。休みというかなんというか」

 その日は平日で、朝から事務所にいたのですが、仕事が一段落したので、ふ
っと思い立ち、散髪に来たのです。ここ何週か、土曜日や日曜日にも予定が入
ることが多く、なかなか、散髪の予定を入れられなかったのです。

 しかし、床屋に来たものの、なんとなく落ち着かず、罪悪感のようなものの
感じ、やっぱり、何週かあとでも、土曜日か日曜日に来ればよかったという気
持ちいなっていました。

 独立開業して約2か月が経ちました。独立開業してからも、毎日、平日は同
じ時間に起き、同じ時間に事務所に出勤し、同じ時間に昼食をとり、大体同じ
時間に仕事を終え、事務所を後にするというリズムで生活してきました。社会
人になって以来、独立開業するまで、そんな生活を続けていたからでしょう。
私にとってはそれが当たり前の生活でした。平日の日中に、散髪のようなプラ
イベートな用事に出かけるなんて、考えたこともなかったのですが、思い立っ
て、冒険をするような気持ちで散髪に来たのでした。

 散髪が終わり、事務所に戻っても、しばらくは、なんとなく気持ちが落ち着
きませんでした。

 そして、気が付きました。たぶん、私にとっては、毎日、平日は同じ時間に
起き、同じ時間に事務所に出勤し、同じ時間に昼食をとり、大体同じ時間に仕
事を終え、事務所を後にするというリズムが、何よりも心地よいのだろうと。

 今回の冒険は、ちょっぴりスリルがあって楽しかったのですが、次回、床屋
に行くのは、きっと、土曜日か日曜日だと思います。


2016.08.29(月)【逞しき女優の理由】(金子登志雄)
 
 8月も終わりに近いというのに、猛暑が続きますね。こんな環境で東京オリ
ンピックのマラソンがなされるなど、想像しただけで、選手が気の毒です。暑
さに強いアフリカの選手もしめっけの多い東京の暑さには辟易で、実力発揮と
いうわけには行かないかもしれません。

 さて、土日は、暇でしたので、ネットで、いま話題の安倍首相のリオ閉会式
でのマリオ出現と、女優高畑さんの謝罪会見をみてみました。便利ですね。ふ
だんテレビをみなくても、ネットがフォローしてくれます。

 前者については、一国のトップがすることかと恥ずかしい思いでしたが(何
かにオバマ大統領がミッキーマウスで出て来たら、米国民はどう思うかとあり
ました)、後者については、ただただ、すごいと感嘆してしまいました。

 息子が不祥事を起こしたとき、通常であれば、親はおろおろするばかりで記
者会見など無理ですが、彼女は実にりっぱでした。

 昔、著名映画監督である夫の自殺につき記者会見した女優の宮本信子さんも、 
ほれぼれとするほど、堂々と、かつ、りっぱに対応されていました。付き添い
で横に座っていた小林桂樹という男優までをほろっと感動させるほどでした。

 なぜ、こうもりっぱに対応することができるのかというと、大きな理由は、
多くの人から注目を浴びる職業であること、切り替えが早くなければ仕事にな
らないことでしょうか。

 注目を浴びる存在であるということは、外野席のあちこちから、無責任に批
判される存在でもあるということでもありますから、目立つ職業の芸能人、政
治家などは、そんなことを気にしていられません。また、多忙のため、ぐじぐ
じする暇もなく、即座に切り替えなければなりません。

 著作に、ちょっと修正点があることに気づいただけで、気になってしまう私
は、論理を重視する物書き業や司法書士には向いていても、注目を浴びる職業
には向いていないことだけは確かです。で、正反対の職業の人の対応に感心し
てしまう次第です。



2016.08.26(金)【募集株式1株の金額】(金子登志雄)

 1か月ほど前、顧客から「1株3500円で2858株(総額で1000万
3000円)を特定人(1人)に第三者割当てをしようと思ったら、3000
円を負けろと言われた。こういう場合、3000円を別途工面して出資したほ
うがよいか」という相談を受けました。

 さて、皆さんなら、どう対応しますか。どこかから3000円を持ってきて
辻褄を合わせますか。会社も困っていたようでした。

 拙著『事例で学ぶ会社法実務』119頁に金子式を書いておきましたが、私
は迷うことなく、1株の払込金額につき、「金1000万円を2858で除し
た金額」として、総額を1000万円とするように提案しました。1株につき、
3498.95………円になりますが、3500円と大差ありません。

 これは算式というより、割り切れずとも具体的金額であるためか、何もいわ
れず、あっさりと登記が終わりました。都内の出張所でした。前回も別の登記
所で、あっさり終わりました。少々、拍子抜けです。


2016.08.25(木)【合併比率】
(金子登志雄)

 昨日の本欄で思い出しましたが、吸収合併において、「乙の5株に対して甲
の2株を交付する」とした場合に、この合併比率は、5:2ですか、2:5で
すか。

 慣れないと一瞬迷いますが、乙の5株と甲の2株の価値が同じだということ
は、甲の1株価値のほうが高いということですから、「甲:乙=5:2」です。
株数比率とは逆になります。

 合併比率算定書や公正取引委員会への届出では(今も変わっていないと思い
ますが)、甲を1にしますから、こういうケースでは1:0.2と表します。
合併契約書でも「5株に2株を」ではなく「乙の1株に対して甲の株式0.2
株を交付する」と記載するのが通常です。乙の1株は甲の5分の1であること
が分かりやすくなります。

 では、3:2のときはどうするのかというと、1:0.6666………とは
できませんので、「1:2/3」とするか、3:2とするしかないでしょう。
実務では、おそらく、「1:0.67」あたりにしてしまうのでしょうけど。

 一方が債務超過だったら、合併比率は計算することができないと思い込んで
いる方が多いようですが、合併比率は1株の簿価純資産額の比率ではありませ
ん。企業価値の比較です。企業価値にマイナスはありません。価値を見い出せ
なければ合併しないだけの話です。

 もし、債務超過だと1株の価値がマイナスとはいえなくてもゼロだと解釈し
たら、この会社では、公正価格での増資もできません。ゼロに何株をかけても
ゼロです。

 債務超過だから株式価値はゼロで無対価合併にするという相談が多いのです
が、ほんとにそう思うなら、「ただで買収したら」と答えています。



2016.08.24(水)【合併等新株数の記載法】(金子登志雄)

 昨日は当社の25周年の創立記念日でした。社長が挨拶で、創業時からいる
のは、金子監査役と〇〇執行役員だけだと話していましたが、私もこの会社に
は思い出たっぷりです。

 平成3年の設立後、2年ほど休眠状態でしたので、平成4年には、当時考え
付いた額面5万円を50円に変える実験に使わさせてもらいました。たぶん、
日本最初です。東京法務局でもびっくりしたようで、「こんなことができるの
か」といろいろ調べてくれたようです。

 平成8年の上場時は、当時としては非常に珍しい無額面株式にして上場しま
した。たぶん、上場会社で10社はなかったでしょう。そのほとんどが外資系
でした。

 平成11年9月には日本初の株式交換を発表しました。株式交換法制の施行
が10月1日でしたので、まさしく日本最初です。

 株式交換契約書に「交換新株〇〇株を発行し、乙の1株に対して甲の〇〇株
を交付し、甲の発行済株式の総数を〇〇〇株とする」と、丁寧に書いたら、株
式交換発表後に当社の株価が暴騰したため、新株予約権(当時は新株引受権)
を行使する者が続出し、「甲の発行済株式の総数を〇〇〇株とする」が間違い
になってしまい、あわてて訂正契約書を締結しました。

 こういうこともあるので、合併契約書等の組織再編では、サービス過剰で丁
寧な契約書にするのは、融通が利かなくなるということを学びました。

 「合併新株〇〇株を発行し」とすると、自己株式の交付ができなくなります
し、消滅会社で流通株式が自己株式になっても、発行する株数が間違いになり
ます。余計なことをせずに「甲は、乙の1株に対して甲の〇〇株を交付する」
とだけ、記載しておくのがベストです。「発行」でなく「交付」とするのは、
自己株式の交付にも対応することができるようにするためです。


2016.08.23(火)【よもやま話】(金子登志雄)

 昨日の関東は昼間から台風でした。私には台風は夜来るものというイメージ
があるのですが、こういうケースは、ほとんど記憶がありません。子供の頃か
ら、いつも夜でした。

 こういうとき、どんな状況でも、とにかく9時までに会社に行く、2日酔い
でもなんでも、とにかく出社時間に間に合うように行き、あとは医務室で寝て
いてもよいというのが「正しいサラリーマン道」のようですが(そういう心得
を聞いたことがありませんか、私は2、3度聞いています)、いまの私は、従
業員はゼロでも雇われの立場ではないので、そういう生活をしなくても済み、
台風が過ぎ去って電車も正常に動くようになってから、のんびり出勤しました。

 雇われの身分から、独立開業した仙台の立花さんは、この自由を謳歌してい
るのか、それとも、明日の収入も不確かで、身分の保証のない現在の身を早ま
ったと感じているのか、今度、聞いてみましょう。

 さて、今日は当社の創立記念日で会社は休みですが、例年、何らかの社内行
事があるので、出席してきます。創立25年です。もちろん、設立登記は、司
法書士にもなっていない私が担当しました。

 その頃からグループ会社の登記は総務担当の取締役である私が一手に引き受
けておりましたが、5年に1度くらい、司法書士会からお尋ねをもらったもの
です。「非司法書士活動をしてませんか」というお尋ねでした。申請代理人と
して、「申請会社 取締役 金子」としたのに、お尋ねが来ましたから、当時か
ら、非司活動の調査は、幅広く行われているのだなと思っていました。

 申請代理人欄に、「会社住所 会社名 取締役金子」として99%登記が受
理されましたが、一度だけ補正になったことがあります。商業登記法17条に
は「代理人の住所」を記載せよとあり、会社の住所では困るという指摘でした。

 当時は、なるほどと思い、会社の住所でも便宜、受け付けてくれていたのだ
なと思っていましたが、いまは、会社の住所と私の住所が同じかもしれないの
で、書面審査では補正指示を出せないという考え方だったかなと思っています
が、いまとなっては、どちらか不明です。


2016.08.22(月)【種目別頂点年齢】(金子登志雄)

 相変わらず、テレビは、オリンピック、オリンピックですね。仕事仲間や会
社の同僚との会話で、オリンピックの話題が出ることがないのに、何故なんで
しょうか。皆様の周囲ではいかがですか。

 オリンピックは日本のメダル数が40を超え、金メダルも10を超えたよう
ですが、かつて、こんなことがあったのでしょうか………と思い、ロンドンの
実績をネットで調べましたら38でしたから、突然変異というわけではないよ
うです。

 理由としては、かつての学校の部活上がりではなく、スポーツセンターが増
え、英才教育がなされるようになったことが大きいと思っていますが、こうも
メダル数が増えると、金メダルを取った選手や団体の全部をいえる人も少なく
なり、選手への称賛も分散され、選手には気の毒ですね。供給が増えれば、物
の値段が下がるという経済原則を思い出してしまいました。

 たかが20代でメダルを取り人生の頂点を極めてしまうと、残された今後の
人生がさぞ大変だろうと余計な心配もしてしまいますが、馬術であれば、60
代の選手もめずらしくないようです。

 プロの世界でも相撲は30代前半、野球は30代後半が限度ですが(イチロ
ーは別格です)、プロレスやゴルフは、40代でも活躍しています。

 これらに対して、司法書士種目は馬術と同じく寿命が長く、60代の私でも、
現役ばりばりです。商業登記種目であれば、70代になっても金メダルを目指
せます。ただし、商業登記の課題解決能力種目ではメダルをとれる自信があり
ますが、仕事件数や収入額競争では、圏外の予選落ちです。生活できれば十分
で興味あることしかしないので、精神的には安定していますけど、若い司法書
士から、「ああ、なりたい」といわれることは少ないでしょう。



2016.08.19(金)【使用人兼務取締役】(金子登志雄)

 世の中には「取締役営業部長」とか「取締役総務部長」など、使用人兼務役
員が多々存在しますが、仙台の立花さんから、弁護士本に「業務執行取締役に
ついては、担当業務以外の職務について使用人を兼務することは認められるが、
担当業務と同じ職務について使用人を兼務することは許されないと解されてい
る」とあることを聞かされました。

 なるほどと思いました。例えば、代表取締役は支配人になれません。支配人
の権限は全て代表取締役に含まれています。同様に、営業部門担当の取締役は
営業部長の権限を含んでいますから、兼務という概念に馴染みません。

 では、この者が役員報酬と営業部長として給与を支払われている場合は、ど
う解釈するのかと、友人の会計士に聞いてみました。

 あっさりと「実態で判断します。業務執行取締役といっても、実態は雇用関
係ということも多い」という話でした、こちらのほうが信憑性がありますね。

 中小企業では、オーナー経営者一族以外は全て使用人というのが実態でしょ
う。オーナー社長への監視役など所詮無理な話です。

 建前と本音の世界の両方に通じないと、よいアドバイスができません。


2018.08.18(木)【一億総白痴化】(金子登志雄)

 お盆休みはいかがでしたか。私は仕事は休みにしませんでしたが、来客の
予定もなかったため、事務所には行かず、横浜の自宅で無為かつ怠惰な生活
を送っていました。

 久々に食事時間等の際にテレビをみましたが、オリンピックとスマップの
話題ばかりで、あきれました。女性アナウンサーも、添え物のように若くて
美形がいるだけで、欧米のテレビのように、自分の意見を持ったジャーナリ
スト風のおばさんは一人もいませんでした。これでは女性の地位が上がらな
いでしょう。

 オリンピック問題では、メダルがいくつなどと報道していますが、国威発
揚のような気がして私は好きではありません。逆に私のような無関心層が増
えれば選手ものびのびと競技に打ち込め、メダル数が増えるのではないでし
ょうか。メダルも日本のためにではなく、自分のために勝ち取ってほしいと
願っています。

 スマップについても、40代のおじさん達5人組が解散しようがどうが、
我々の生活とは全く関係ないことなのに、誰と誰が仲が悪いらしいなど報道
していました。「いいかげんにしろ」と視聴者は怒らないのでしょうか。

 昔、大宅壮一という政治評論家がテレビ社会を表して、「一億総白痴化」
といっていましたが、確かに、テレビばかりみていては、そうなるでしょう。

 幸い、自由業ですので、世間の話題に着いて行けなくとも、仕事には影響
がありません。残念なのは、本欄の話題もネタ切れしてきたことです。それ
でオリンピックとスマップを取り上げているのですから、私も一億総白痴化
の1人かもしれませんね。


2016.08.12(金)【監査役から監査等委員に】(金子登志雄)

 世はオリンピックニュースばかりのようですが、幸か不幸か私の部屋には
テレビもなく置くつもりもないため、世間話に着いていけません。国威発揚
のオリンピックには関心もないため、どうでもよいことですが。

 さて、当社でも正式に監査等委員会設置会社に移行することが取締役会で
決定され、9月下旬の定時総会で正式決定がなされれば、私も監査役から監
査等委員である取締役に変わることになりました。どこが違うかというと、
任期が4年から半分の2年に短縮されることと、取締役会で議決権を持つこ
とになることです。

 急に責任が重くなる気分ですが、もともと平成16年9月に非常勤役員に
なるまでは、取締役管理部長を長く務めていましたので、特別な感覚はあり
ません。

 平成3年に創業以来、ずっと何らかの役員を務めてきましたが、それでも
登記申請の際は、新人扱いされ、再任扱いされませんから、私も本人確認証
明書を準備しなければなりません。

 社外取締役から監査等委員である取締役に変わる役員には、本人確認証明
書の添付が不要です。重任にはなりませんが、取締役から色付き取締役に変
わるだけで、同じ取締役の枠内の再任だとされているためです。

 社外監査役は監査等委員会設置会社に移行すると社外取締役になりますが、
監査等委員会設置会社を廃止して監査役会設置会社に復帰する際は、いった
ん社外取締役の経歴を持ってしまったために、社外監査役に戻れません。

 何かクイズのようですね。ふだんから商業登記に従事していないと大いに
迷いそうですが、会社法オタクの私は大丈夫です。

※お知らせ
 本欄の外注先がお盆休みに入るため、本欄は17日までお休みにします。


2016.08.10(水)【いざ本のご紹介】(金子登志雄)

 司法書士仲間の鈴木龍介さんが、商事法務から、共著書「外国会社のための
インバウンド法務――事業拠点開設・不動産取引」を出版しました。

           https://is.gd/67VczP
 
 インバウンドというと、株式投資に関心のある方なら、訪日外国人の爆買い
などを思い浮かべるでしょうが、ここでは外資の日本進出の手続のことのよう
です。

 鈴木さんによると「いざというときに役立つ『いざ本』」ということですか
ら、皆様も本箱に1ついかがですか。

 せっかくですが、私は、声を大にしていいます―「外資よ、私に相談にくる
な。何も分からないから」。これで、いざ本の世話にならずに済みますね。

 それでも相談に来たらどうするか。簡単なことです。鈴木事務所をご紹介す
るだけです。

 ところで、先日までドイツに行っていましたが、ツアーの添乗員が「プロイ
セン」と何度も発言しましたが、日本人には「プロシャ」といってくれないと
分かりませんね。英語のヘンリーもフランス語だと確かアンリ―というようで
すし、外国とのお付き合いは、これだけでも大変です。

 興味のあることしかしない、ストレスの生じることは一切しないし近寄らな
い、疲れる運動などもってのほかという晩年の私の生き方を全うするには、鈴
木事務所など、「いざ事務所」をいくつか持っておくことでしょう。

 会社法関連の商業登記のことでしたら、いざ事務所の金子事務所にどうぞ。


2016.08.09(火)【相模原の殺傷事件について】(島根・根来川弘充)

 障がい者施設が狙われるという大変痛ましい事件が、発生してしまいまし
た。仕事として、成年後見を何件か受けており、同様の施設に出入りをする
機会もあり、とても身近に感じられるため、本当に悔しく、怒りがこみ上げ
ます。

 犯人の言い分は、書くのも嫌になりますので、省略しますが、誠に勝手な
ものだと思います。ただ一言、犯人に対して言えるのであれば、「自分自身、
あるいは、自分の肉親、最愛の人が、被害者と同じ立場になったとしても、
同じことが言えるのか」ということです。

 自分の優位性を自覚して犯した行為であるなら、ただの弱いものいじめで
しかなく、「ワガママ」にしか聞こえません。

 償うことができないほど、大きな罪だと思いますが、自らの過ちを反省し
てほしいと思います。被害者の方々には、謹んでご冥福をお祈り申し上げま
す。

 (注:本稿は7月下旬に根来川さんからいただいた原稿です。金子) 



2016.08.08(月)【夏休み終了】(金子登志雄)

 7月29日から8月5日まで本欄をお休みさせていただきました。実は、
身内に安いツアーを利用した海外旅行好きがおり、毎年1度程度は、行き先
に興味があると、お付き合い参加しています。今回は、ベルリンの壁を見に
ドイツに行くというので、同行してきました。

 意外にも3メートル程度のコンクリート壁に過ぎず、梯子があればすぐに
乗り越えられる高さでした(実際には見張りがいて乗り越えられなかったの
でしょうけど)。

 その他の訪問先は、日本国内の旅行でもそうですが、お城(宮殿)とお寺
(教会)ばかりで、長い坂道ばかり歩かされました。高校生の修学旅行と同
じで、人のうしろを着いて歩いただけですので、どこに行ったかも記憶にあ
りません。平素の運動嫌いが災いして、ただただ疲れました(食事は、じゃ
がいもとソーセージばかりでしたが、食欲は参加者31名の中で一番旺盛で
したので、健康状態は大丈夫のようです)。

 かの地では夏休み期間中だというのに、気候は日本の秋と同様でした。残
念だったのは、大好きな煙草がまずく、快調に本数を重ねられませんでした。
帰国後は、うまく感じましたから、湿度に影響があるのかもしれません。

 ノートPC持参でしたので、仕事には大きな影響がありませんでした。携
帯電話も何も手続せずに通じます。電話があっても、何食わぬ顔で応対しま
したので、お客様は気づかなかったでしょう(念のため、お客様の電話料金
負担は国内と同じです)。

 唯一、会社のアドレスメールに連絡くださった方には、海外対応できない
ようになっていますので、ご迷惑をおかけしたかもしれません。本日から、
ばん回しますのでご了承ください。


2016.07.28(木)【本欄しばらくお休みします】(金子登志雄)

 7月も平日で残り2日になり、6月定時総会の後始末もほぼ終わりました。
ただ今申請中は、数件を残すだけになりました。

 登記所もピークが過ぎたのか、東京法務局や横浜地方法務局でも登記完了
までに1週間程度の平常の状態に戻ったようです。

 オンライン申請が増えたためか、登記所窓口も混雑している様子はありま
せんでした。

 このオンライン申請は実に便利です。メール申請みたいなもので、受け付
けたとか、登記が完了したなどと自動的に連絡が来るので助かります。登記
所に行く機会が減ったため、私のように、出腹状態が進んだ人も多いことで
しょう。

 唯一不便なのは、申請事項のミスは依頼人のミスになり、それを登記所が
審査ミスしても当方の責任になることが増えたことです。

 昔は、登記所でも手で登記事項を打つことが多かったためか、登記所側の
ミスも多かったのですが、いまは我々の申請どおりに登記されます。そこで、
当方が誤字をしても、そのまま見落とされると、当方の補正申請が必要にな
るというわけです。

 この関係で、仕方なく自腹で更正登記を申請するはめに陥った同職も多い
のではないでしょうか。しかし、気にすることはありません。私を含め、み
なケアレスミスはしてしまうものです。登記の効力を左右するような大きな
ミスをしなければ、それで十分です。

 ★さて、29日ー8月5日の本欄をお休みします。ちょっと早い夏休みで
すが、ご了承ください。ただし、仕事大好き人間の私は、いつでもどこでも、
ノートPCを持参していますので、何かございましたら、ご遠慮なく、メー
ルでご連絡ください。


2016.07.27(水)【省エネ書式のテクニック】(金子登志雄)

 本欄7月22日に書きましたが、法務省から株主リストの書式が発表され
ましたので、法務書式集で実績のあるリーガルでも、さっそく、新書式に加
えることを準備しはじめました。

 法務省HPの書式だけでは芸がないので、簡略書式も参考までに掲載する
ことを検討してくれるようですが、登記所の現場の反応が今から楽しみです。

 私も、もうこの世界で30年ですから、どういう書式だとそのまま受け入
られるかと想像がつくようになりました。

 例えば、取締役会設置会社の定款変更で「本店移転に関する事項の全てを
株主総会で定めることができる」と定めただけだと、「こんなのみたことな
い」、「こんなのは違法だ」という電話がかかってきますが、わざと条文を
入れて「会社法第295条第2項に基づき、取締役会決議事項を含めて本店
移転に関する事項の全てを株主総会で定めることができる」などと「条文付
き」の丁寧な内容にすると、審査官も一瞬、立ち止まり、条文を確認して、
「なるほど、こういうこともできるのか」と登記を受理してくれます。

 株主リストも同じです。「商業登記規則第61条第3項の証明は以下のと
おりです」と条文付きにすると、円満に行きます。

 官報における合併公告等の書式は、下記の「法定公告について」が標準に
なっていますが、簡易型、標準型、情報開示型の3種類があります。最終頁
に私の名前や鈴木龍介さんらの名前がありますが、顧客ニーズに合わせて、
さまざまなパターンを一緒に考えたものです。

  http://kanpou.npb.go.jp/images/s_guide.pdf

 法務省HPの長文の書式例でなく、我々の手で「簡易型」を作ることは当
然に許されています。「こんなのみたことない」と電話がかかってきたら、
「これから流行りますよ」と返しましょう。>



2016.07.26(火)【平和】(仙台・立花宏)

 朝、早く目覚めたため、宿泊先のホテルを出て、散歩に行くことにしまし
た。

 外に出ると、夏の陽射しと、そして、街路樹から、蝉の大合唱が降り注い
できました。降り注ぐというよりも、まるで、蝉の声という大量の水が流れ
落ちてくる滝に打たれているかのような感覚です。もし、隣に誰がいて、話
かけられても、おそらく、その声を聞き取れないような、そんな蝉の大合唱
です。

 大通りを少し行くと、白神社(しらかみしゃ)という神社がありました。
その近くに愛宕池というところがあり、たくさんの木々がありました。その
木々には、それぞれ、説明書がありました。

 爆心地から530メートルと書いてありました。そして、地上に生えてい
た部分は焼失したが、根元から芽を吹き、現在の姿になっているといった説
明がありました。

 先日、所属するある団体の会議に出席するため、広島を訪れました。2日
間にわたる会議で、その2日目の朝のことでした。広島へは、初めての訪問
でしたが、その朝の散歩は、私にとって、とても印象に残るものとなりまし
た。

 少し歩き、橋を渡ると、右手に大きな公園が見えてきました。公園に入る
と、とても厳粛な気持ちになりました。平和記念公園です。

 公園の中へと歩を進めると、慰霊碑が見えてきました。朝、早い時間にも
かかわらず、たくさんの方が、その前で手をあわせていました。言葉を発す
る方は誰もいません。その空間には、穏やかな、そして、静かな気持ちが満
ちているような感覚を覚えました。私も、慰霊碑の前に行き、手を合わせる
と、とても静かな、そして、やわらかな気持ちになりました。

 さらに歩を進めると、平和の灯がありました。揺らめく炎をみていると、
心が澄んでいくような気持ちになり、じっとその炎を見つめていたい気がし
ました。

 そして、橋を渡り、少し歩くと、原爆ドームがありました。テレビ等では
見たことがありましたが、実際に、自分の目で見てみると、その建物自体が、
当時のことを静かに語りかけてくるような、そんな錯覚を覚えました。

 ホテルの部屋に戻り、しばらく、散歩で見てきたことを思い出していまし
た。そうしていると、会議に同行した方との待ち合わせの時間になりました。

 準備ができたら、先方から携帯電話で連絡がくるはずです。ところが、時
間を過ぎても連絡がきません。はて、私から連絡をするのだったかな(?)
と思い、連絡をしてみました。

 すると、どうやら、先方はまだ、おやすみ中だったようです。一度、起き
たが、二度寝をしてしまったということでした。苦笑しつつ、私はとても、
うれしい気持ちになりました。

 安心して、二度寝ができる。世界中がそんな平和に満ちてくれたらいいな。
広島に来てよかった。広島への旅は、私にとって、とてもよい旅になりまし
た。


2016.07.25(月)【福島講演】(金子登志雄)

 23日の土曜日は、福島県司法書士会の会員研修講師(会社法・商業登記
実務担当)として、東京にも近い郡山市に行ってまいりました(小針会長ほ
か皆様、お世話になりました)。

 前例のない参加率だったようで、ありがたいことです。東北地区では、地
区全体に案内を出すようで、遠く秋田県からの参加も、宮城県や山形県から
の複数の参加もありました。

 福島県では初めての講義であったため、きっと、司法書士業界では異端で
知られる金子とはどんな奴で、どんなことを話すのかと、好奇心を持たれた
のでしょう。

 それは私も分かっていますから、司法書士なら誰でも遭遇する場面を前提
に、こういう場合はどう乗り切るかという金子式テクニック話を中心に置き、
雑談の際には、私が自宅の抵当権抹消まで司法書士の先生に依頼した会社法
専門オタクであることや、商業登記は人手も体力もいらないため、私が開業
以来ずっと一人事務所で携帯司法書士であることなども話してきました。

 会社数の少ない地方では、当然ながら、ヨロズ請け負いますの司法書士が
多いため、風変わりな都会の専門家の話を楽しんでもらえたようです。

 研修担当の方には「好評だったのでまた」といわれましたが、もの珍しさ
も2度目には半減しますので、どうしましょうか。



2016.07.22(金)【省エネ株主リストの勧め】(金子登志雄)

 昨日は仙台の立花さんから、「法務省のHPに株主リストのサンプルが掲載
されました。」とメールをいただきました。

  http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

 ありがたいことです。情報弱者の私ですが、座っているだけで、業務に関係
する全国の情報が入ってきます。

 さっそく、上記のHPを開きましたが、分量が多いので、途中で挫折しまし
た。面倒なことは、大の苦手です。

 書式例1-2-1の前文は、次のようなものでした。
----------------------------------------------------------------------
                証明書
 ○○年○○月○○日付け○○株主総会の第○号議案につき、総議決権数(当
該議案につき、議決権を行使することができる全ての株主の有する議決権の数
の合計をいう。以下同じ。)に対する株主の有する議決権(当該議案につき議
決権を行使できるものに限る。以下同じ。)の数の割合が高いことにおいて上
位となる株主であって,次の①と②の人数のうち少ない方の人数の株主の氏名
又は名称及び住所,当該株主のそれぞれが有する株式の数(種類株主総会の決
議を要する場合にあっては,その種類の株式の数)及び議決権の数並びに当該
株主のそれぞれが有する議決権の数に係る当該割合は,次のとおりであること
を証明します。
 ①10名
 ②その有する議決権の数の割合をその割合の多い順に順次加算し,その加算
  した割合が3分の2に達するまでの人数
----------------------------------------------------------------------

 これを金子式に変換すると、次のようになります。
----------------------------------------------------------------------
         商業登記規則第61条第3号の証明書
 ○○年○○月○○日付け○○株主総会の第○号議案の表題の件につきまして
は、次のとおりであります。
----------------------------------------------------------------------

 http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_0421.pdf  
 
 株主が少人数だったら、私は議事録の中に書き込んでしまう予定です。さま
ざま自分で工夫しましょうよ。マネでは成長しません。


2016.07.21(木)【任期満了と退任】(金子登志雄)
 
 会社法332条7項や336条4項によると、監査等委員会を置く旨の定款
の変更をすると取締役や監査役の【任期】は、当該定款の変更の効力が生じた
時に【満了】するとあります。

 なぜ、単に「退任」とせずに、「任期満了」と規定したのだろうか、きっと、
深い意味はなく、これらの条文が任期について定めたものだからであろうと簡
単に考えていました。しかし、意味がありました。

 監査役会設置会社甲では、取締役ABCD、監査役PQRでしたが、臨時株
主総会の第1号議案(定款一部変更の件)で監査役制度を廃止し、監査等委員
会設置会社に移行する定款変更を可決した途端に、火災が発生し、会場がパニ
ックになり、総会の継続が困難になりました。

 甲では第1号議案の可決と同時に、全取締役・監査役が定款変更の効果で退
任しますが、権利義務者として職務継続義務があるでしょうかという問題を考
えたとき、権利義務者の規定である会社法346条によると、任期満了退任か
辞任に限定されていますので、任期満了と規定していたほうが疑義が生じない
ということに気づいた次第です。

 次に思ったのは、監査等委員会設置会社になったので、監査役は存在しませ
ん。後任も選ばれることはなくなりました。こういう場合でも、PQRは職務
を継続してよいのでしょうか。次の臨時株主総会の招集をABCDで決定して
よいのでしょうか。監査等委員会設置会社の取締役会ではないのに………。

 お暇なときでお考えくださいといいたいところですが、現実には、まずあり
得ません。定款変更の効力発生時期を総会終結時期にするのが通常であり、ま
だ監査等委員会設置会社に移行していませんし、こういう緊急事態では議長が
誰も聞いていないのに、「全議案の承認に異議はありませんか。異議なしと認
め全議案は可決しました」と壇上で宣言し、監査等委員会設置会社の役員をも
決めてしまうかのどちらかになるはずだからです。



2016.07.20(水)【弁護士の作る新株予約権発行要綱】(金子登志雄)
 
 上場会社の新株予約権の登記に従事した方なら分かると思いますが、弁護士
さん作成のものは登記のことを全く考えていないので、えらく苦労します。

 第1に、「下記(5)①aの記載に従い」などという文言が大量に出てきま
すが、登記記録にそのまま写すと、(4)が登記事項でない場合は、数字がず
れてしまいます。勝手に順序を変えるわけにはいきませんから、「下記〇〇部
分の記載に従い」などと文章を作ります。

 第2に、行使価額調整式の適用時期なども行使価額の部分に記載されていま
すから、仕方なく登記しなければなりません。こんな非重要部分は、「適用時
期については別途割当契約で定める」などと債権契約に回してほしいものです。

 登記すべき分量が多いため、、オンライン申請の別紙に記載してもエラー表
示ばかりで、どこにミスがあったのか探すのがたいへんです。半角スペースが
あるだけでエラー表示がでてきますので、数時間を要することもあります。

 分量が多いため原文自体に誤字脱字が見つかることも、スキャナーミスが生
じることもあります。

 書いているだけで思い出して疲れました。深夜ですので、今日はこのへんで。



2016.07.19(火)【宗派ひとりぼっち】(金子登志雄)
 
 3連休は、ひさびさに生まれ故郷の上州(群馬県)に帰りました。大河ドラ
マ「真田丸」の沼田城のある県ですが、北部ではなく、上杉と北条、武田の草
刈り場だった(?)と思われる西部地区です。もう育った家も取り壊して存在
しませんが、母親の3回忌で、お寺に行ってきました。

 真言宗豊山(ぶざん)派とかいう歴史のある宗派です。もともとわが家は先
祖代々、東京の浄土宗のお寺の檀家でしたが、両親が戦争疎開先の群馬に住み
着いたので、祖母及び父親の死亡の際には近辺に浄土宗のお寺がなかったたた
め、知り合いの僧侶のいる真言宗のお寺で葬儀をあげました。

 これについて、皆様はどう思われますか。同じ仏教だから特に問題はないと
思いませんか。祖母の葬儀のときに何もいわれなかったので、当家もそう思い
込んでいました。ましてや、真言宗豊山派と浄土宗は、天台宗と一緒に大正大
学を創立した仲間であり、親戚に近いと思っていました。

 ところが、先祖代々の墓の継承者である父親の葬儀までを異宗教で行ったと、
檀家先のお寺さんから烈火のごとく叱られ、墓をもって出て行けとまでいわれ
てしまいました。お寺さんからいえば、単に、葬儀料収入が入らなかったとい
う簡単な問題ではなく、たいへんな裏切り行為だったようです。

 最終的には手打ちをしましたが、同じ仏教でも、宗派が違うとキリスト教と
イスラム教くらいの差があることを身をもって知らされました。宗教又は宗派
の差は凡人には理解が及ばないようですから、皆様も、先祖代々の墓が遠方の
故郷にある場合は、お気をつけください。

 現在、私の兄弟は真言宗豊山派、浄土宗、行くあてなし(私)の3つに分裂
していますが、継ぐ資産もないため、覇権争いはありません。しかし、これで
は対等でないので、「劇団ひとり」さんのマネをして、私は「宗派ひとり」で
も立ちあげましょうか。


2016.07.15(金)【書き入れ時終了】(金子登志雄)
 
 7月も中旬になると、6月定時総会による役員変更登記の書き入れ時も終了
し、いくつかの回収が残されただけになりました。

 今年の定時総会の特徴は、定款変更等の決議はほとんどなく、役員変更のみ
だったことでしょうか。ある意味では平和に終わった定時総会でしたが、昨年
からの新就任者の就任承諾書に住所を記載し本人確認証明書を添付することは、
慣れたとはいえ、実に面倒なものでした。いちいち就任承諾書の住所と本人確
認証明書の住所を照らし合わせなければならないからです。

 就任承諾書は「高崎」「斎藤」と記名されていたが、本人確認証明書では、
「髙﨑」や「齋藤」だったなどということもありますので、百円ショップで購
入した拡大鏡や老眼用メガネが離せませんでした。

 こういう形式問題に意を注ぐだけで済み、添付書面に迷うなどの実務知識で
迷わないだけ、幸せかもしれません。きっと、不動産登記中心の事務所では、
そちらの方面のほうで苦労なさったことでしょう。

 さて、お気づきかもしれませんが、当HPに「立花宏の部屋」ができました。
彼がゼネコンの脱サラ司法書士だとは知っていましたが、東北大学出身だとは
知りませんでした。法学部出身でもなく、多忙な社会人だったのに、あの難関
な試験を合格してきたとはすごいですね。教育学部出身なら、セミナー講師は
適任かもしれません。ますますのご活躍を期待しましょう。


2016.07.14(木)【添付書面の枚数増】(金子登志雄)
 
 昨日は初めての珍しい就任承諾書をみました。取締役ABCD(代表取締役
A)の取締役会設置会社で、取締役EFGHを増員し、総会後の取締役会でE
を2人目の代表取締役に選定したのですが、何とEは欠席です。こんなのはじ
めてです。

 就任承諾書は「平成〇年〇月〇日開催の貴社臨時株主総会で取締役に選任さ
れましたので、その就任を承諾します。また、その株主総会後に開催される同
日開催の取締役会で代表取締役に選定されました場合は、その就任を承諾しま
す。」とありました。

 住所/E/個人実印(印鑑証明書付)ですから、何の問題もありません。事
前の条件付就任承諾も、取締役や監査役では頻繁にありますから、代表取締役
は不可という理由はないでしょう。

 こういうアイデアは既存の流儀に染まった人には出てきません。素人だから
こそ思い付くアイデアです。

 私も司法書士会の中ではアイデアマンで通り、これまでもさまざまなノウハ
ウを開拓してきましたが、それは、司法書士になる前のM&A専門会社の法務
担当役員のときに司法書士の知り合いもおらず、一人で悶々と課題の解決を考
えてきたためです。指導者も相談相手もいないという環境こそ、勉強が最も身
に付きます。

 上記のEFGHの就任承諾書につき、本欄閲覧の司法書士は1人1人に作る
でしょうが、私は基本的に連名の就任承諾書にします。とにかく紙の枚数を少
なくすることに意を注ぎます。

 ところが、最近は、この連記就任承諾書を作ることが減ってしまいました。
各候補者の住所を知らないので、作れなくなってしまったのです。事前に住所
を聞いておけばよいじゃないかと思うでしょうが、本人確認証明書と一致して
いない可能性も高く無理でしょう。

 住所記載と本人確認証明書によって申請書に添付する紙の枚数が相当増えた
のではないでしょうか。登記は非効率路線に向かっています。



2016.07.13(水)【監査等委員会に】(金子登志雄)
 
 昨日は当社(アクモス株式会社)の取締役会があり、とうとう当社も9月下
旬の定時株主総会で監査等委員会設置会社に移行することに決定いたしました。

 この制度ができた時は、当時の委員会等設置会社が1軍だとしたら、まるで
2軍じゃないか、面子にかけて移行する会社が多いとは思えない気がしていま
したが、蓋を開けてみれば、社外役員を増やせという圧力回避策として利用す
る会社が多く、もう数百社になっていることでしょう(念のため、当社自体は
社外取締役が2名もいるので、このような後ろ向きの移行ではありません)。

 本欄読者の司法書士からみると、取締役の任期が1年になり毎年登記が発生
するのは面倒だろうなと思うでしょうが、いままでも会計監査人の登記が必要
でしたから、登記自体は特別な負担になりません。

 毎年の定時株主総会で選任決議をするのは面倒ですから、会計監査人のよう
に総会で別段の決議がなければ自動再任になるように法改正があれば、実に楽
になるのですが、今度は、剰余金の配当も定款の変更もなければ、決議議案が
ゼロになり計算書類等の報告だけの定時株主総会になりますから、その心配が
なくなったという意味では、総会担当者には精神的に楽かもしれません。

 現在、監査役である私は、今度は非業務執行取締役か監査等委員である取締
役になるでしょうが、今度は取締役会で議決権を行使することができます。い
ままで以上に責任は重くなりますが、しっかりと監督いたします。



2016.07.12(火)【上位10名の三者三様】(金子登志雄)
 
 10月1日から施行される商業登記規則61条3項を株主総会議事録だけに
ついて抜き出した要約は次のとおりです。
----------------------------------------------------------------------
3 登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合には、申請書に、総株
主の議決権の数に対するその有する議決権の数の割合が高いことにおいて上位
となる株主であつて、次に掲げる人数のうちいずれか少ない人数の株主の氏名
又は名称及び住所、当該株主のそれぞれが有する株式の数及び議決権の数並び
に当該株主のそれぞれが有する議決権に係る当該割合を証する書面を添付しな
ければならない。
 一 10名
 二 その有する議決権の数の割合を当該割合の多い順に順次加算し、その加
  算した割合が3分の2に達するまでの人数
----------------------------------------------------------------------

 一方、事業報告の「株式会社の株式に関する事項」の記載事項について規定
する会社法施行規則122条1項は、次のとおりです。
----------------------------------------------------------------------
  当該事業年度の末日において発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対
 するその有する株式の数の割合が高いことにおいて上位となる十名の株主の
 氏名又は名称、当該株主の有する株式の数及び当該株主の有する株式に係る
 当該割合
----------------------------------------------------------------------

 同じようにみえますが、議決権基準か株数基準かと、株主の住所記載の要否
が異なります。

 ちなみに、有価証券報告書の上位10名は、自己株式数を含んだ株数基準で
住所付です(個人株主の場合は、市区町村までで足ります)。

 統一してくれれば、最初に作ったものをコピーするだけでよいのですが、面
倒なものです。



2016.07.11(月)【省エネ登記の工夫】(金子登志雄)

 参院議員選挙は、番狂わせもなく、与党の勝利のようですね。一時世界中で
ブームになった「チェンジ」は終わり、今は自国の優越を叫ぶ政党がどこの国
でも支持されていますので、こんなものかもしれません。

 さて、金曜日に省エネ登記の話をしましたが、当研究会会友の先生から、面
白いメールをいただきました。その要旨です。

----------------------------------------------------------------------
 私など、ほとんどが家族、親族、仲間内の極小会社が相手です。そのため、
会社法319条で処理していますが、徐々に省エネが進み、いまでは、議事録
自体に、

 1.決議事項について議決権を有する株主の数  〇名
 1.同株主の議決権の数 〇個
 なお、当会社の株主は取締役〇〇及び同〇〇の2名のみであることから本書
作成をもって、株主としての同意書面作成及び到達を兼ねるものとするとか
(議事録作成者として、取締役2名が記名押印)、なお、当会社の株主は〇〇
及び〇〇の2名のみであることから、株主も本書に署名押印することをもって、
株主としての同意書面作成及び到達を兼ねるものとする(議事録作成者の記名
押印の下に、株主2名が記名押印)などとして作成するようになりました。今
のところ、法務局から何も言われたことはありません。
----------------------------------------------------------------------

 面白いですね。こういう思い切った省エネは近くに登記所があるときに限り
ます。ダメといわれれば、すぐに差し替えができますので。

 私の場合、家族会社の顧客は行政書士さんから回ってくるものであり、法務
局が遠方のことが多く、ここまではやっていませんが、上場会社の100%子
会社の場合に「株主提案兼同意書」にし、自分で提案し自分で同意させ、議事
録にまとめることはたまにあります。会社が嫌がり成功率はよくありません。



2016.07.08(金)【書面決議と就任承諾】(金子登志雄)

 株主総会で取締役を選任する際に再任者であれば、「被選任者は席上直ちに
就任を承諾した」と記載することで、就任を承諾したことを証する書面として
援用することができますが、会社法319条の書面決議では、出席しているわ
けではないので、これが不可能です。

 そこで別途就任承諾書を準備するのが通常ですが、そこは省エネの金子です
から、書面決議議事録(案)の最後を「以上のとおり決議があったとみなされ
たため、議事録作成者は次のとおり記名押印する。また、議事録作成者である
私は、本決議によって取締役に再任されましたので、本書をもって就任承諾書
の兼用といたします」と記載し、この取締役の就任承諾を兼ねさせるようにし
てしまいます。

 時々、議事録作成者を複数人にして「議事録作成者である私たちは、本決議
によって取締役に再任されましたので、本書をもって就任承諾書の兼用といた
します」と記載することもあります。

 これで何もいわれずに、受理されてきましたが、とうとう先日「こんなのみ
たことない」と、言外にこれでは困るという電話がかかってきました。

 そこは私はベテランですから「1つの書面に総会議事録と就任承諾書が合わ
さっているので問題ないし、できるだけ書面を少なくするので、便利ですよ。
もう何回か経験し1度も何もいわれておりません。今回がはじめてです。まだ
慣れないでしょうが、これから全国に流行らせますから、そのうち違和感がな
くなります」と対応し、「今回は受理する」で終わりました。皆さん、全国に
流行らせましょう。

 さて、日曜日は天下分け目の参院選ですね。改憲戦争派が勝つか、護憲平和
派が3分の2を阻止するか日本の針路を決める重要な選挙です。世論調査では
安保法案にも、最近は年金基金が株式投資で10兆円以上の損を出しているた
めか、諸外国で評判の悪いのが知られてきたためかアベノミクスにも反対派が
多いのに、支持政党では与党が多いという矛盾した反応を示す日本国民はどう
いう結果を出すのでしょうか。

 選挙だけは行きましょう。数年後、数十年後に、やはり俺の選択は正しかっ
た、ああ大失敗したと思うのも行動したからであり、選挙にも行かず批評家を
する人間にはなりたくないものです。


2016.07.07(木)【初体験登記】(金子登志雄)

 企業法務手続に従事して30年、役員変更登記など、何百回もしていますが、
今年は、はじめての経験が2つありました。

 1.役員数が上場会社並に多い会社で、私への登記委任状には「取締役、代
表取締役及び監査役の変更」とあったのに、定時株主総会議事録の議案には、
「取締役〇名選任の件」はあっても、「監査役選任の件」はどこにもありませ
んでした。

 何だ、この委任状の「監査役変更」の部分は余事記載かと思い、申請書案を
作って顧客に送付しましたところ、「監査役Aが任期満了退任ですから、それ
も登記してください」という返信がありました。

 通常は、後任の選任があるので退任を忘れることはありませんが、会社から
何も聞かされず、株主総会議事録にも何も記載されておらず、非公開の譲渡制
限会社だと任期が4年以上ということもあるので、こういうことに気づかない
ものです。

 2.改正会社法附則4条による「社外性喪失」の登記を経験しました。3月
決算会社は、今年の定時株主総会から社外性の要件が改正法基準になります。
親会社からの派遣監査役は、これまで社外監査役の要件を満たしていましたが、
この定時株主総会で社外要件を満たさないことになりました。

 これも会社からいわれないと気づかない登記です。役員数の多い会社では、
申請前に、こういう内容の申請でよいかと確認したほうがよさそうです。


2016.07.06(水)【独立おめでとうございます】(金子登志雄)

 立花さん、独立おめでとうございます。勤続10年なら業務知識は十分です
から、あとは慣れでしょう。
 
 雇用されていたときは、最後はボスが責任をとると思っていたから気楽に仕
事ができたが、いざ独立してみると、全てが自己責任なので緊張するとよくい
われますが、立花さんは、一定の責任を課せられて仕事をしていたので、この
あたりは大丈夫でしょう。

 私は誰にも弟子入りせず、資格取得し即開業・独立でしたが、会社役員の仕
事と兼業でしたので、司法書士1本の独立については語ることができません。
いまも、司法書士業、執筆業、非常勤役員の3つのわらじをはいています。立
花さんも、司法書士業、執筆業(講演含む)、顧問収入と3つの収入源をもつ
司法書士になるのではないでしょうか。

 初仕事の講演は4時間だそうですが、しゃべるのは疲れません。黙って聞い
ている方がよほど疲れます。だから、いかに眠らせないかを工夫しなければな
りませんが、これも経験です。

 最後に、執筆とか講演では、必ずどこかから批判の矢が飛んできます。目立
つということはそういうことです。これもそのうち慣れるでしょうが、全ての
人に受け入れられることはあり得ないので、前を向いて頑張りましょう。


2016.07.05(火)【初仕事】(仙台・立花宏)

 7月2日(土)に、ある司法書士会様の研修会の講師を務めてまいりました。
会長様をはじめ、研修担当の役員の皆さま、委員の皆さま、そして、事務局の
皆さまには、とても親切なご対応をいただきました。ありがとうございました。

 そして、熱心に講義に耳を傾けてくださった、ご参加いただいた皆様には、
心より感謝を申し上げます(他県会からのご参加もあったようです。遠方から
のご参加、ありがとうございました。)。

 お話しさせていただいた内容は、昨年5月に施行された改正会社法の商業登
記実務への影響点、そして、昨年2月と10月の商業登記関連法令の改正内容、
そして、それに関連した不動産登記関連への影響点といった昨年の改正事項の
復習に加え、今年10月に予定される商業登記規則の改正、いわゆる、株主リ
ストの導入と、それに伴い、相談が増加する可能性がある株主名簿の整備(少
数株主、不明株主の整理)についてと、非常に盛りだくさんの内容でした。

 この内容を4時間という時間の中に凝縮してお話しさせていただきました。
単調にならないよう、お聴きいただく皆さまに考えていただく時間を設けるな
ど、工夫はしたつもりですが、それでも、4時間という長時間です。参加いた
だいた皆様は大変、お疲れになったのではないでしょうか。

 話し手にとっても、4時間という時間は、とても長時間です。しかし、話し
終わったあと、不思議と疲れは感じず、心地よい達成感がありました

 というのは、私にとって、4時間、お話しをさせていただくというのは、初
めての経験ではあったのですが、もう一つの“初めて”があったからだと思い
ます。

 実は、これまで、司法書士事務所への勤務を10年あまり続けてきたのです
が、この7月1日から、独立し、自分の事務所を構えました。この研修会は、
記念すべき、私の独立後の“初めて”の仕事だったのです。

 講義のはじめの挨拶の際、そのことをお話しさせていただくと、思いもかけ
ず、会場の皆さまから、お祝いの言葉と拍手をいただきました。

 独立し、将来への希望と不安が入り混じった気持ちでいた私は、その拍手を
いただき、自分の不安を吹き飛ばす、勇気をいただきました。

 私のお話しさせていただいた講義内容は、勇気を与えていただいた、そのお
祝いの言葉や拍手に値するものであっただろうか。

 研修会を終え、仙台に戻る帰路、そんなことを考えました。

 これからも、努力を怠らず、もし、いつかまた、お声をかけていただく機会
があったら、今回のお祝いの言葉や拍手に値する、いえ、それ以上のお話しが
できるよう、頑張ろうと思います。

 ありがとうございました。


2016.07.04(月)【イギリスのEU離脱】(島根・根来川弘充)

 先日、国民投票をえて、イギリスのEU離脱が決定しました。

 私が中学生時代は、まだ、「EC」という名前で学んだ記憶があります。そ
れからでも30年以上経つのかもしれませんが、「もう、脱退する国が出たの
か。」というのが私の率直な感想です。

 イギリスがEUへの加盟を決定したとき、国民投票のような直接的か、ある
いは、代議員の決定による間接的であったか、詳しくはしらないのですが、い
ずれにしても民意が反映された形であるというのは、まちがいないと思います。

 EUの加盟を決定したときは、その当時の国民であり、EUからの脱退を決
定したのは、現在の国民になります。


 言い換えると、昔の意思決定について、責任をとわれるのは現在の国民とい
うことなのだろうと思います。

 これを、将来にわたって考えてみれば、今の選挙を通じて得た政治的決定は、
将来の国民が責任を問われることになるのだと思います。

 「なにをいまさら、そんなことも知らなかったのか!」と、お叱りを受ける
ことかもしれませんが、今何か決定がされて、30年後に結果が出るものがあ
るとすれば、まだ、私は生きているのでないかと思います。 

 晩年になり、そのような気持ちになるのは、大変苦痛な気がしてしまいます。
そのようなことにならないよう、責任を持ちながら、今度の参議院戦挙にのぞ
みたいと思います。


2016.07.01(金)【第三者割当ての2つの意味】(金子登志雄)

 さすがに昨日は残業しました。総会の集中日が29日なら、商業登記業務の
集中日は、その翌日というわけです。2週間以内に申請すればよいといっても、
6月中に申請しておきたい会社が多いようです。

 さて、昨日ご説明しましたとおり、「第三者割当て」という場合、特定の第
三者(例えば、特定人のA)に割当てを受ける権利を与える(株式引受人とな
る権利の付与)のではなく、Aさんに出資するように勧誘しようという募集行
為に過ぎないことがほとんどです。

 これをを最初に拙著に書いたのは、平成15年2月刊行の目からウロコシリ
ーズ第1弾の『これが新商法だ!これが新登記だ!』でしたが、当時は、学者

本でも、募集の方法には、公募と第三者割当てと株主割当てがあるなどと証取
法(現在の金商法)の発想で説明した本ばかりでしたから、衝撃的な内容だっ
たようで、商法に基づく新株発行の理解を推進することができました。

 現在でも同じですが、もう1度説明しますと、次のようになります。

 募集である第三者割当=出資の勧誘先をAさんにするという決議
 割当てである第三者割当=Aさんに株式の引受権を付与すること

 そこで、上場会社は慣例的に「募集又は割当方法」として増資の情報を開示
したり議事録を作成するわけですが、「募集である第三者割当→総数引受契約」
なら申込みを条件とする旨を明記する必要はなく、契約書にしないで、たまた
ま申込書方式にしたら、申込みを条件とする旨が議事録に記載されていないと
して補正にされるのでは、著しくバランスを欠いた運用になります。

 この世界で30年生きてきましたが、これで却下(登記の不受理)になるこ
となどあり得ません。金曜日ですので、この話題は今日で終わりにしますが、
来週の本欄のネタは何にしましょうか。土日に探しておきます。



2016.06.30(木)【譲渡制限新株予約権】(金子登志雄)

 昨日の本欄で、唐突に、上場会社の譲渡制限付き新株予約権の第三者割当が
登場し、驚きませんでしたか。

 「上場会社=公開会社=募集株式の発行権限は取締役会」という原則は誰で
もご存知でしょうが、割当ての権限はどこに属すと思いますか。知らない方が
多いのですが、代表取締役にあります。旧商法の大昔からです。

 つい、新株予約権も同様だと思い込んでいる方が多数ですが、新株予約権に
ついては譲渡制限が付されるのがほとんどであるため(譲渡制限新株予約権と
いいます)、割当ての権限は、取締役会設置会社では取締役会になります。会
社法243条2項をご覧ください。
 
 この結果、発行権限も割当権限も同じ取締役会になりますから、「①募集決
議ー②申込み―③割当て」の流れにおいて、①と③を一緒に決議することも多
く、非取締役会設置会社の募集株式の発行で、①と③につき、株主総会で決定
する場合と同様の関係にあります。
 
 下記の【新株予約権発行に係る募集】をみてください。

    https://is.gd/Qn10b0

 この(7)に「募集又は割当方法」として、「第三者割当の方法によりOP
M社に割り当てる」とあります。

 「募集又は割当方法」とはよくいったもので。募集方法だとすると、OPM
社に申込みするよう勧誘するというだけで、割当てになりません。現実の結果
も割当不要の総数引受契約にしています。


 総数引受契約にしないと、割当て方法として機能し、OPM社からの申込み
を待つことになり、その申込みを証する書面が登記に必要ですが、いま、この
方法を採用するのは、総数引受契約という便利な方法があるのを知らない人程
度でしょう。



2016.06.29(水)【申込み条件不記載の割当問題】(金子登志雄)

 有名な内藤司法書士のブログ等で、金曜日と月曜日の本欄につき、法務局職
員さんのブログで下記のとおり反論(?)が掲載されたと話題にされました。
 
   http://blog.livedoor.jp/houmu4180/archives/52228418.html

 本欄の閲覧者は全国で300人から400人程度ですから、多忙な法務局職
員さんがみたかどうかは不明ですが、みたのであれば、同じ商業登記を愛する
者同士ですから、ぜひお会いして親しく議論してみたいものです。

 さて、再反論というよりも、本欄の内容が十分に通じていないようですので、
少々補足します。以下、「特定人のAに割り当てる」とのみあり、「申込みが
あることを条件とする」と記載されていない場合を前提とします。

1.私見のポイント
 
 私の主張のポイントは、条件不記載でも記載があるのと同様に解釈すること
ができるので、補正は行き過ぎだというものです。条件を記載したほうがよい
ことについては異論はありません。

 現実の募集株式の発行の場合には、事前にAに話をつけて、その確約をもら
ってから、「特定人のAに割り当てる」と決議するのであり、Aの内諾なくし
て、このような決議をしません。これで、いくら書面中心の登記の世界だとし
ても、条件が記載されていないから補正にするなどということは、現実社会の
動きに詳しい実務家の私には信じられないことです。

 また、軽々しく補正といわないでほしいと思っています。補正とは、それを
しないと登記の却下事由に該当するという極めて重い意味ですが、条件不記載
は商業登記法24条の何号の却下事由に該当するのでしょうか。10号の「登
記すべき事項につき無効又は取消しの原因があるとき」でしょうか。

 もし、補正を拒否し登記が受理されず、審査請求等がなされたときに登記所
は勝てる自信があるのでしょうか。現実の裁判では、この程度で増資が無効に
なるとは思えません。旧商法時代に、書面の細かいことをいう職員に「増資の
場合は、カネが確実に入ったことが分かればそれで十分だ。何が本当に重要か
を考え、細かいことをいって審査を遅らせるな」と叱責していた上司がいまし
たが(東京法務局でした)、これこそ本物の登記官だと思いました。

 上記ブログの矢部論文には明記せよとあるようですが(登記情報には別の項
目はありましたが、該当部分は見つかりませんでした)、矢部氏も明記しなけ
れば却下事由(補正)になるとまではいっていないでしょう。矢部論文を根拠
に「不記載→却下事由(補正)」というのは、飛躍し過ぎです。

 もう1つ、ぜひ当局の方に認識してほしいのは、申請書であれば我々自身で
修正することができますが、議事録は会社が作ったものであり、我々には独断
で修正することができません。その議事録は大法律事務所のチェック済みとい
う場合もあります。気楽に「ここを直して」といわれても困るのです。民間の
創意工夫を重視すべきであり、型にはめるべきではありません。

2.その他

(条件不記載事例は実に多い)

 新株予約権のほとんどが譲渡制限付であり同じ問題が生じますが、上場会社
の新株予約権発行決議はほとんど、この「特定人のAに割り当てる」としか記
載せず、「申込みがあることを条件とする」と記載していません(ネットでご
確認ください。取締役会議事録も同様です)。

 実は、その後、総数引受契約が待っているため、その記載が不要だからです
(この場合の割当ては、Aを対象に勧誘しようという意味であり、本来の割当
てに該当しません)。同様に、現実の非取締役会設置会社の第三者割当も、申
込みを待つのではなく、総数引受契約事例のことが多いことでしょうから、申
込み条件の記載は不要です。この総数引受契約事例でも杓子定規に条件不記載
を補正にしていたら、大問題ですが、ちょっと心配になりました。

(条件不記載の法律行為は多い)

 枠外発行増資で枠の拡大を条件として明記せずとも、払込期日までに枠の拡
大が決議されれば、異論もあるでしょうが、順序を重視しない会社法の下では
有効な増資と考えてよいと思います(先に枠の拡大を登記し、あとで増資を登
記すれば、あっさり受理されます)。現在の資本金額以上の減資を決議しても、
効力発生日までに資本金が増加していれば有効な決議だとされています。決議
の際に、増資を条件にすると明記されている必要はありません。
 
 合併決議は効力発生日までに債権者保護等の多くの手続が終了していること
を条件にしていますが、議事録にそのような条件を記載しません(終了してい
ないことを解除条件としているためだともいえます)。会社分割を条件とした
合併などでも、条件を記載しないことも多々あります。

 施行規則74条1項2号では、選任もされていないのに就任承諾がなされる
ことを前提とした規定です。暗黙の選任条件です。

(この申込み条件は解除条件です)

 上記ブログの別の部分では、申込みを条件としないと割当ては無効だとあり
ますが、停止条件ではありません。申込みがないことを解除条件とした決議と
みるのが当事者の合理的意思解釈です。したがって、申込みがないと確定する
までは有効な決議です。

 以上のとおり、例によって、ああだこうだと考えてみても、仮に、申込みを
待つ事例であっても、払込期日までに、申込みと割当てなどの全部が具備すれ
ば、それで十分だといえないでしょうか。割当決議と申込みが同日付だったら、
どちらが先かも分かりませんが、これも補正対象でしょうか。



2016.06.28(火)【席上就任と出席役員記載】(金子登志雄)

 6月最終の週となったため、平素はヒマな当事務所もざわついてきました。
定時株主総会後の役員変更登記等に関して、問い合わせや来客が増えました。
 
 午後4時に登記申請書類を受け取り、大急ぎで申請書類を作り、電子申請し、
20分先の東京法務局に5時までに書類を届けるなどということも頻繁にやっ
ています。もちろん、事前にメールの添付ファイルで議事録案の相談を受けて
いるからこそ可能なことです。

 総会議事録内に就任承諾の記載があるときは、就任承諾書を預かっても登記
には使いません。できるだけ原本還付の添付書面を少なくするためです。ただ
し、新就任の者については、議事録に就任者の住所が記載されていないことが
多いので、こればかりは就任承諾書を本人確認証明書と共に添付せざるをえま
せん。

 このことからすると、金曜日の「勉強不足はお互い様」の監査役は、やはり
重任者のことでしょう。

 定時株主総会の場合にあっては、出席役員として監査役を漏らすことは、ま
ずないと考えますが、もし、漏らした場合にも、席上就任の旨が議事録に記載
されていたら、就任承諾の効力があるのかにつき、文献を調べてみましたが、
見つかりませんでした。もっぱら、議論は、新就任者を前提としたものでした。

 総会終結後の就任は総会開催中は役員でないので出席役員に該当しません。
重任を「総会終結時の退任+総会終結時の就任」の2つに分解すると、退任に
関しては出席役員の記載と無関係に効力が生じますし、就任についても、総会
終結後の就任になるため、理屈の上では、出席役員として記載がなくとも席上
就任の効力が認めてよいということになりそうです。

 しかし、理屈はそうであっても、社会通念上からは、出席の可否が不明確だ
といわれても仕方ない面がありますから、記載漏れはしないに限ります。


2016.06.27(月)【勉強不足はお互い様その2】(金子登志雄)

 金曜日の本欄に次のように書きました。

----------------------------------------------------------------------
3.募集株式の発行で、同一の株主総会で募集事項の決議と割当ての決議をし
ているが、割当ての決議に「上記第三者から申込みがあることを条件とする」
との文言がない。

 これはおかしい。そんなことを記載しなくても、当然のことです。また、特
定人に事前に「株式の割当てを受ける権利を与えること」も割当てです。会社
法202条は、この事前割当てです。(後略)
----------------------------------------------------------------------

 なぜ、ブログ主さんがこんな記事を書いたのかと推測してみましたが、どん
ぴしゃりでした。法務省のHPにある記載例「商業・法人登記申請1-15」
がそうなっているから、そのとおりにしないといけないと思い込んだのでしょ
う。下記の5頁の議事録をご覧ください。 

   http://www.moj.go.jp/content/000057726.pdf

 私の推測がぴたりと当たった理由は、神崎先生主宰の商業登記倶楽部の実務
相談室に「株主総会議事録の定足数の状況などの部分に、自己株式数が記載さ
れていないという理由で補正になったが、納得できない」という相談があった
ためです。

 この相談のとき、根拠は、法務省のHPの記載例だろうと予測し、調べたら
そのとおりでしたので、今回も同じだろうと推測したわけです(上記の4頁を
ご覧ください)。

 要するに、この補正指示者もブログ主さんも、自分の頭で考えずに法務省の
記載例どおりにしないものは間違いだと思い込んで、資格者代理人を勉強不足
だと批判しているわけです。記載例は「例」の1つに過ぎません。

 上記の実務相談室の神崎先生の回答は、要旨「驚いた。納得できないなら質
問せよ。登記官を育てるのも司法書士の役割だ」というものでしたが、司法書
士は難しい国家試験をパスしてきたわけですから、その自負があるなら、どん
どん反論すべきです。



2016.06.24(金)【勉強不足はお互い様】(金子登志雄)

 司法書士のブログを閲覧しましたら、いくつかのブログが下記を取り上げて
いました。仙台の立花さんからも、下記ブログにつき、いち早く連絡がありま
した。法務局職員さんのブログらしいです。

  http://blog.livedoor.jp/houmu4180/archives/52228143.html

 司法書士をはじめとする資格者代理人は、もっとしっかりせよという内容で
すが、ごもっともですね。

 しかし、内容をみると、ケアレスミスが多く、これは仕方ないとして、勉強
不足とされたもののうち、法人を除く商業登記については、当局の勉強不足や
厳しい運用のせいもあります。そこで、素直ではない私は反論します。

1.期限付解散で、決議日と解散の日が2週間を超えている。

 これは、そういう愚かな運用をしているのが問題です。弁護士や法律学者に
は通じない内容です。通達でもない、おかしな事務連絡の存在は、商業登記専
門司法書士以外は知らないのが当然だともいえます。

2.株主総会議事録に出席監査役として記載されていない監査役につき、「就
任承諾書は議事録の記載を援用」としている(議事録に「出席監査役」として
記載していない場合、監査役は総会に出席していないと判断しているので、援
用不可)。

 これは既存監査役の話であって、新就任の監査役ではないと想定しますが、
「出席中の被選任者は直ちに就任を承諾した」とか、「席上、就任承諾した」
という記載があれば、出席したと判断してもよいのではないでしょうか。議事
録に出席監査役として氏名の記載を漏らしても、それで株主総会議事録が無効
になるわけではありません。議事録の形式が整っているかという問題と、就任
承諾の効力は分けて考えるべきですから、補正にするのは行き過ぎでしょう。
仮に補正にしても「勉強不足」ではなく「単なるミス」の範疇です。

 ちなみに新就任の監査役の場合は出席役員欄に記載がなくとも認められてい
ます(かつて登記情報598号の「登記官の目、就任承諾の方程式」で、この
ブログ主と同じ見解が記載され、大批判されたことがあります)。再任であっ
ても、退任と就任と考えれば、不要説に十分の理があります。

3.募集株式の発行で、同一の株主総会で募集事項の決議と割当ての決議をし
ているが、割当ての決議に「上記第三者から申込みがあることを条件とする」
との文言がない。

 これはおかしい。そんなことを記載しなくても、当然のことです。また、特
定人に事前に「株式の割当てを受ける権利を与えること」も割当てです。会社
法202条は、この事前割当てです。

 「申込み」と「承諾」において、事前に承諾することは、当然に後で申込み
があることを条件としてしています。いちいち書くまでもありません。

 このブログ主さんは、下記からすると、申込みがない段階での割当てを無効
としていますが、そんな法律解釈は、弁護士や法律学者に通じません。
    https://is.gd/AbRaBD

 ところで、ブログ主様、下記は早期に訂正したほうがよいのではないでしょ
うか。
    https://is.gd/WFYKxP

 ということで、勉強不足はお互い様ですから、資格者代理人批判はお手柔ら
かにお願いします。もし、都内近県の方でしたら、ぜひお会いしたいものです。



2016.06.23(木)【組織再編の手続【第2版】発売予約中】(金子登志雄)

 昨日は、東京司法書士会主催の商事・企業法務研修会で講師を務めました。
定員300名のところ、募集して短期間で300名が埋まり、あとは満員御礼
で断っていたようですから、会社法・商業登記の講演では私の人気はまだ陰り
が見えていないようです。もう老人なのに、ありがたいことです。

 さて、著者の私も知らなかったのですが、『組織再編の手続【第2版】』が
7月1日発売らしく、アマゾンの会社法ベストセラーランキングに掲載されて
いると親しい司法書士から教えてもらいました。下記です。

       https://is.gd/XADWea

 なぜ、出版社に教えてくれなかったの文句をいいたいところですが、出版社
自身も、いつアマゾンの載るかまでは知らなかったでしょうから、こればかり
は仕方ないですね。アマゾンに掲載されているといっても、中身は空かもしれ
ません。

 約9年ぶりの改訂です。初版は平成19年7月発売でしたが、合併等対価の
柔軟化がはかられて(平成19年5月)、最初の本格的組織再編本でしたから、
結構売れました。

 にもかかわらず、なぜ、9年間も改訂版を出さなかったかというと、商業登
記全書全8巻が揃うのを待っていたこと、途中で『親子兄弟会社の組織再編の
実務』を出したこと、会社法等の改正を待っていたことなどの理由です。

 やっと責任が果たせてほっとしているところです。



2016.06.22(水)【株式分割】(金子登志雄)

 久々に株式分割の登記を申請しました。

 株式の分割というと、発行済みが1000株で、1株を5株に分割したら、
分割比率は1:5で、発行済みが5000株になると教科書には書いてあり
ますが、条文(会社法184条)には、「株式の分割により増加する株式の
総数の株式の分割前の発行済株式(………)の総数に対する割合」とあるた
め、混乱してしまう方が少なくありません。

 本件では増加する株式数は4000株ですから、条文では1:4ですが、
この4は増加比率であって、分割比率ではありません。

 では、なぜ、こんな分かりにくい定め方をしたのかというと、株券で考え
ると分かります。1000株所有者に「追加で」4000株を交付するのが
株式分割であって、株式併合のように既存株券を回収しません。

 株式分割は特殊な新株発行だといわれるゆえんです。


2016.06.21(火)【節操】(金子登志雄)

 通勤途上に参院選挙用ポスター掲示板が立ち、あちこちに選挙用ポスターが
目立つようになりました。選挙が近いことが実感として分かります。

 なぜか、野党系候補者のポスターはまだ見ていません。ポスターを作るお金
がないのでしょう。野党では、利権から外されてしまいますから。

 目立つ与党系候補者のポスターでは、公明党候補者が安倍総理と並んで写っ
ていることに強い違和感を感じてしまいます。公党の誇りを感じません。

 先般の北海道5区の補選では、あれだけ権力から虐げられた鈴木宗男親子が
与党側に鞍替えし、最近では生活の党の谷亮子さんが今度は自民党の比例区か
ら出るようで、政治家の節操がネットで話題になっていましたが、私も驚きま
した。

 大河ドラマの真田丸をみるまでもなく、弱小者は節操も恩義も捨て裏切りも
厭わず強い者に付かないと命までも危うかった時代ならいざ知らず、今は節操
をもって生きることこそ重要だと思うのですが、これまで節操もない人が大量
に当選してきましたから、結局は有権者が節操を基準に投票していないことの
ほうが問題でしょう。

 「猿は木から落ちても猿だが、政治家は選挙に落ちたらただの人」という戦
国時代の戦(いくさ)が、もうすぐやってきます。法務人間としては、改憲や
安保法案隠しの争点隠しにご注意をと申し上げておきます。



2016.06.20(月)【「ないこと」の証明】(金子登志雄)

 「存在しない」ことの証明は、一般に悪魔の証明といって証明困難だとされ
ていますが、一定の範囲を限定すれば証明が可能です。

 例えば、清算人の登記の際には定款の添付が必要ですが、この理由は定款に
清算人会の定めが「ないこと」の証明のためだとされており、この理由づけに
ついては疑問もありますが、定款の全文を添付すれば、清算人会の規定が定款
第1条から最終条までに存在しないことが分かります。

 この「ないこと」の証明は清算人の登記の場合だけだと思っていましたら、
まだありました。

 会計監査人の重任登記です。会社法338条によると「①会計監査人の任期
は、選任後一年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
会の終結の時までとする。②会計監査人は、前項の定時株主総会において別段
の決議がされなかったときは、当該定時株主総会において再任されたものとみ
なす。」 とあり、定時株主総会の議題に会計監査人の選任議案が「ないこと」
を証明するために、定時株主総会議事録を添付しなければならないからです。


2016.06.17(金)【定款の添付】(金子登志雄)

 今週は仕事の予定はなかったのですが、毎年恒例の定時株主総会が終了した
からという理由で、数社から役員変更の依頼の登記が郵送されてきました。

 そのうちA社では、取締役会設置会社でありながら代表取締役につき株主総
会で選定する定款の定めのある会社であり、B社は非取締役会設置会社で代表
取締役を取締役の互選で定める会社です。

 ともに会社法の原則(取締役会設置会社では取締役会、非取締役会設置会社
では株主総会)に反する選定方法ですから、商登規則61条1項により、定款
の添付が必要です。

 その際の定款の原本還付で該当条項の部分だけの写しの提出で十分だと思う
のですが、先例もないため、面倒でも定款の表紙以外の全文をコピーして提出
していますが、これ、何とかならないものでしょうか。

 清算人の登記の際に定款を添付するのは、清算人会が「ないこと」を証明す
るためですから、定款の全文の添付が必要であるのは仕方ありませんが、上記
の例は規定が「あること」の証明ですから、その部分だけの抜粋の添付を肯定
することに問題はないはずですが、規則61条1項の規定から、杓子定規に否
定される可能性も大きいため、先例がほしいところです。



2016.06.16(木)【社長の辞任】
(金子登志雄)

 舛添都知事の与党だった自民党・公明党も参院選挙への影響を恐れて、舛添
知事不信任に傾いたため、とうとう舛添知事も追い込まれて辞任ということに
なりました。

 これで、最も寂しがっているのはマスコミではないでしょうか。いくら石を
投げても、報道内容に干渉してくる権力の横やりが入らない安全なネタで、し
かも視聴率がとれるからです。

 私も残念です。舛添さんには、この際、とことん駄々をこねてもらい、この
時期に舛添さんを刺した勢力がいるとか、オリンピックにはこういう不正があ
る、前知事だってこうだったじゃないか、知っていながら黙って長年見過ごし
てきた都庁幹部の責任を問わず俺だけの責任を問うのはおかしいじゃないかと、
もっともっと情けない姿で大暴れして膿を出してほしかったのですが、単なる
ワイドショーネタで終わりそうです。

 さて、全く関係ありませんが、同じトップの辞任の話題に変えますと、今年
も上場会社の子会社の定例の人事異動により、社長の辞任が少なくありません。
代表取締役だけでなく、取締役についても辞任です。

 この際に、従前は認印の辞任届で十分でしたが、現在は会社届出印にしない
と個人実印の押印と印鑑証明書が必要になりました。登記の真実性を担保する
ためだとはいえ、後任社長も同じ届出印を使用する限り、前社長の押印に会社
届出印を押すのは容易なことです。これでは真実性を担保もあやしいものです。
届出印の押印の要請は、登記所の言い逃れ対策のような感じがしないでもあり
ません。



2016.06.15(水)【WEB修正】
(金子登志雄)

 一昨日の続きですが、早期に株主総会招集通知を発送する例が増えましたが、
そのメリットの1つに、間違いに早く気づくという点があります。

 その際は、WEB修正がなされます。下記のようなものです。議案の修正も
可能です(2つ目の例)。

         https://is.gd/7Lw6AZ
         https://is.gd/szIdnl

 施行規則65条3項によると「取締役は、株主総会参考書類に記載すべき事
項について、招集通知を発出した日から株主総会の前日までの間に修正をすべ
き事情が生じた場合における修正後の事項を株主に周知させる方法を、当該招
集通知と併せて通知することができる」とありますから、株主総会の前日まで
可能ですが、誤字脱字や同一性を損なわない範囲の修正に限られ、大きな修正
は認められないと考えられます


2016.06.14(火)【定時株主総会の質問内容】
(金子登志雄)

 昨日は(も?)株価が暴落でした。ここ数か月間ひどい状況です。他人事と
思う方が多いでしょうが、私は上場会社の顧客もあり、仕事がら月内に開催さ
れる上場会社の定時株主総会においては、例年以上に、株価に対する不満や質
問が多いだろう、あの会社の、あの社長は上手に対応することができるのかと
余計な心配をしてしまいます。

 上場会社の株主総会の質疑では、9割以上が業績や株価の質問に集中します。
今年で言えば、経営陣は現在の株価についてどう思うか、自社株保有ゼロの取
締役がいるがどういうつもりか(株主の痛みを分かっているのか)、IRが弱
いのではないか、配当性向が低すぎるから何とかせよ、自社株買いの予定はな
いのか、などなどでしょう。

 会社側としては「議題と無関係な質問はお受けできません」と答えたいとこ
ろでしょうが、株主は神様ですから、こういう受け答えはご法度です。「業績
については責任がありますが、市場のことは当社ではどうにもできません」も
ややまずい回答です。IR不足を追及されるだけです。かつて、ソフトバンク
の孫さんは、「株価が低迷して一番困っているのは私です」と上手に答えてい
ましたが、雇われ社長には決して言えない発言ですね。

 官制相場は終わり、アベノミクスについて株式市場はとっくに見限っていま
すが、株式掲示板などでみる一般投資家の意見では、参院選挙までは、また政
権が何とかするだろうという期待が少しあるようです(現在の低迷は為替・円
高による影響が中心ですが)。

 株価はともかく、日本経済も、参院選挙もどうなるのかさっぱり読めません
が、日本の世相について、面白い4コマ漫画がありましたので、ご紹介します。
私もこの漫画と同じ感想を持っています。
  http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1428.html


2016.06.13(月)【総会招集通知期間】(金子登志雄)

 周知のとおり、株主総会の招集通知は公開会社に於いては、総会日の2週間
前までに発送しなければなりません(会社法299条1項)。

 「2週間前までに」ですから、3週間前であろうと1か月前であろうと問題
ないはずですが、現実には、ぎりぎり2週間前(総会日の15日前の日)の日
を発送日とするのが長い間の慣例でした。

 ところが、最近の上場会社は3週間前程度に発送することが増えました。い
ま手元にある招集通知は、株主総会日が6月28日なのに招集通知は6月6日
の発送になっています。

 コンピュータ化によって計算処理が早くなったためと、情報開示はできるだ
け早くという時代の要請でしょうが、6月6日に招集通知を発送するなら、定
時株主総会日をもっと早めればよいのにと思ってしまいます。しかし、来年も
6月初旬に発送することができるという保証もなく、総会の会場は1年も前に
押さえているため(毎年、同じ会場であることが理想とされています)、そう
簡単には行かないのでしょう。



2016.06.10(金)【定時株主総会とは】(金子登志雄)

 3月決算会社の定時株主総会時期が近づいてきたためか、いろいろな質問が
舞い込むようになりました。法務の質問なら即答できますが、専門外の事業報
告や総会招集通知の記載内容などの質問もあり、勉強になります。

 さて、定時株主総会とは、毎年定期的に行われる株主総会というだけでよい
のか、計算書類の報告や承認を議題としないと定時株主総会といえないのかと
いう議論があります。取締役等の任期は「定時株主総会の終結の時まで」とさ
れているため、招集された株主総会が定時株主総会かどうかによって任期満了
時期に影響します。

 これについては、昨年6月25日開催の東芝の株主総会で問題になりました。
計算書類の確定がその時期までに間に合わず、後日の臨時株主総会で計算書類
を報告することにし、同日に「第1号議案/取締役16名選任の件」として定
時株主総会が開催されましたが、結果は、取締役の任期はこの日までとされ、
登記も無事完了していました。

 これから推測すると、計算書類の報告又は承認を目的して開催しようとした
株主総会であれば、都合により、その目的を達成することができない事態にな
っても、これを定時株主総会として扱ってよいということになりそうです。



2016.06.09(木)【違法ではないが不適切】(金子登志雄)

 舛添都知事の実にみっともない公私混同を本人の依頼で調査した元東京地検
特捜部検事の第三者委員会の結論は、一言で言えば、「違法ではないが不適切」
ということのようです。例えば、政治資金は使い道が限定されていないので、
これこれのことがあっても「不適切だが違法ではない」という論旨のようです。
 
 登記の審査もこれにしてほしいですね。「不適切だが違法ではないので受理
する」であってほしいのに、数か月先の解散決議は合理的期間内でないため不
適切だから受理しない、構成メンバーを欠いた代表取締役の予選は不適切だか
ら受理しないなど、なぜ登記所が合理性とか不適切だとか、法律外の非合理的
な審査で受理しないのかと腹の立つ先例が多いものです。株主総会と種類株主
総会を共催にすることは可だが議事録を別々にしなければならないなど(一部
の大手登記所の見解)は、議事録の作り方にまで干渉してくるもので、それこ
そ余計なお世話です。

 この点で法律のプロである元東京地検特捜部の検事さんであれば、そういう
無駄なことはしないで、何でも違法でないことにしてくれそうですので、ぜひ
元特捜検事さんに登記官になってほしいものです。限りなく黒に近いはずの甘
利問題も不起訴にしてしまうわで、限りなく真っ白だった小澤さんのように国
家から睨まれ怖がられていない限り、どんな登記でも受理していただけること
でしょう。

 必要であれば、登記官さんに袖の下を渡して登記の完了を早めてもらいます
が、これも、登記のために渡したのではないという当方の主張が認められて、
「不適切だが違法ではない」ことにしてもらえそうです。

 東京地検特捜部こそ日本の法曹(最も公平であるべき存在)の信頼を貶めて
いる存在ですが、権力者にとっては、実に強い味方であり便利な存在ですね。
こんな社会でよいのでしょうか。



2016.06.08(水)【打切り発行】(金子登志雄)

 増資の際の引受株式全額の払込み義務と打切り発行につき、久々に考えてし
まいました。

 会社法208条によると、「募集株式の引受人は、………株式会社が定めた
銀行等の払込みの取扱いの場所において、それぞれの募集株式の払込金額の全
額を払い込まなければならない。」(1項)、「募集株式の引受人は、出資の
履行をしないときは、当該出資の履行をすることにより募集株式の株主となる
権利を失う。」(5項)とあります。

 さて、1株1万円で1000株(総額1000万円)を募集したところ、甲
は500株・500万円、乙は300株・300万円、丙は200株・200
万円で申し込んできたので、それぞれ割り当てたとします。

 この丙が払込期日に払い込んでこなければ失権することは明らかですが、も
し100万円だけ払い込んできたとしたら、下記のどちらですか。

 A説:丙は100株の株主になる。残りの100株だけが失権する。
 B説:丙は200株全部につき失権する。

 A説の方に質問します。500株の引受人である甲が1万円だけ払い込んで
来た場合も、1株主として認めますか。

 B説の方に質問します。丙は200株の権利を有しますが、持分複数主義で
200個の権利と考えれば、100個だけ権利行使したと考えられませんか。
それとも、1株あたり5000円で払い込んできたと考えるのですか。

 複数の文献を調べてみましたが、何も書いてありませんでした。株式申込証
拠金制度の伝統があるので、実務では、まず生じないため、論点になっていな
いのかもしれません。

 登記の面から考えると、株式の申込みを証する書面が添付書面となりますか
ら、そこに申込みの株式数200株と記載されている限り、B説で運用される
のではないでしょうか。B説有利と思いましたが、皆様はどうお考えですか。


2016.06.07(火)【仕事のスピード】(金子登志雄)

 3月決算会社の定時株主総会の招集通知が完成し、あとは総会期日を待つだけの
今の時期は、相談はありますが、登記の依頼は少なく、退屈な日々です。

 ちょっと小難しい仕事を受けても、1時間か2時間以内に片付けてしまい、お客
様に仕事の早さにびっくりされています。

 会社法本の執筆も、人一倍早いようです。校正等でお世話になっている仙台の立
花司法書士や広島の幸先司法書士からは、他と比較して「早すぎる」といわれてし
まいました。褒め言葉です。書くときは、誰かの言葉ですが、下りのエスカレータ
を駆け上がるように、わき目もふらず、上り切るまで(一段落がつくまで)書き続
けます。

 あまり自覚症状はありませんが、なぜ仕事が早いかといえば、簡単な理由です。
ベテラン主婦と同じで、献立さえ決まれば、あとは長年の経験で何の資料も参照せ
ずに、料理を作るだけだからです。ガスに火が付いているため、休憩をしないで、
一段落つくまで料理に没頭します。

 ただし、会社法や会社の登記に限られ、一般社団等、慣れていない仕事の場合は
私も資料をみながらの作業になるので、仕事のスピードは、やや遅れます。

 結論として、私は仕事が早いのではなく、自分の専門分野以外の仕事はしないか
ら、仕事が早くみえるだけでしょう。他の司法書士の場合は、午前は不動産、午後
は商業登記に、法人登記、夜は裁判事務などと手を広げているので、その都度、調
べものが生じるので、毎日が多忙になるのでしょう。

 司法書士になりたての頃は不動産登記も何でもやってみたいと希望に燃えていま
したが、M&A中心の企業法務コンサルタントの経歴が邪魔(?)をして、会社法
・商業登記の仕事しか来ないので、他の仕事の勉強を一切やめてしまいました。

 その決断は正しかったと思っていますが、暇な時間が増えてしまったのは、正し
い決断ではなかったようです。


2016.06.06(月)【しつけ】(金子登志雄)

 北海道で行方不明になった小学2年生の大和(ヤマト)君が無事に見つかっ
た件は、本当によかったですね。日本中が心配していたでしょう。私も誰かに
連れ去られたのかと心配していました。

 この件に関しては不思議なことばかりです。

 第1に、通常は置き去りにされたところで、泣きわめき、うずくまって、い
つか親が迎えに来ると想定して待っているのではないでしょうか。大和君の親
もそう予想して、5分だけ置き去りにしただけでしょう。

 第2に、あれだけ歩いたのに、自衛隊施設から抜け出して、自衛隊や人家に
助けを求めなかったのか。

 第3に、これは大和君の問題ではありませんが、発見した自衛隊員は、なぜ
おにぎりを持っていたのか。

 第3に関してはいまだに不明ですが、第1と第2については、知り合いの元
小学校の先生に聞いてみましたら、大和君が公園で人や車に石を投げたのは、
それが悪いことだという自覚もないためであり、小学校低学年のうちは、こう
いう子も少なくないそうです。

 また、先生が怒って「教室から出ていきなさい」というと、多くは単に先生
は怒っているだけで、教室を出て行ったらますます悪い事態になると想定して
出て行かないが、一部は言葉を真に受けて出て行く子もいるそうです。大和君
はまだこういう後者の段階だったのでしょう。こういうタイプには、よいこと
といけないことの理由を十分に説明することが重要で、仕置きは、しつけには
ならないそうです。

 子供のしつけは本当に難しいですよねといいたいところですが、私は、自分
の子にしつけどころか一切何もしませんでしたので、発言権がありません。も
う成人ですが、父親と遊んだ記憶もないかもしれません。困った親でした。



2016.06.03(金)【オバマ大統領の広島訪問】(島根・根来川弘充)

 先月末、オバマ大統領が現職大統領として初めて、広島に訪れました。

 私が小学生だったとき、修学旅行の行先は、広島市で、平和公園を見学しまし
た。(安来市からは車で3時間くらいで行けます。)

 今現在も変わっていないようで、私の知人のお子さんが、ちょうどオバマ大統
領が訪問する前日に、修学旅行で、平和公園に行ったのだそうです。

 戦後70年をこえて、初めての出来事に、今の子供がどのように受け止めたか
は、知るよしもないのですが、「日本で戦争があったことは、そんなに昔でなか
ったんだ。」ということを感じた子供は少なくなかったのではないかと思います。

 私にも小学生の子供がいるのですが、「戦争を知らない世代が、戦争をどのよ
うに伝えるか。」改めて、問われている気がしました。


2016.06.02(木)【先月の補正】(金子登志雄)

 昨年の商業登記規則の改正以来、就任承諾書に住所が記載されているか、代
表取締役である取締役の辞任届に会社実印が押印されているかと、日常的な業
務にチェック項目が増えて、補正も増えているのではないでしょうか。

 無知ゆえの補正ではなく、チェック漏れの補正です。ついつい押印があるか
まではチェックしても、それが個人印か会社実印かのチェックも漏らしてしま
うことも少なくありません(個人印を会社実印にしている会社もあります)。

 上記については、ホットな問題ですから、慎重に対応していますが、先月の
申請では「代表者の交代を総会で決議しているが(取締役会設置会社で定款の
定めによる)、議長・代表取締役の横の押印が会社の印鑑になっているが、会
社の実印ではないようだ」とか、「平成28年〇月〇日辞任なのに『成28年』
で『平』が抜けている」とか、別の部分で補正を受けてしまいました。

 もっとも、かつては登記所自身もこういうミスは少なくありませんでした。
申請書(OCR用紙)をみながら担当者自身が手入力した場合で、年月日を間
違えたりすることがよくありました。オンライン申請以外では、今でもあるの
ではないでしょうか。

 補正電話をもらうと、一瞬、何か大きなミスをしたかと、ドキッとしますが、
こういう効力と無関係な補正指示だと「みつけてくれてありがとう」とつい感
謝の言葉が出てしまいます。たまに、「そんな程度はどうでもいいじゃないか」
といいたい場合も生じますが、それは口にしないようにしています。



2016.06.01(水)【戦勝国とヒロシマ】(金子登志雄)

 6月の月初ですが、3月決算会社等の四半期の切れ目でもないため、合併等
の登記もなく、今日は静かな1日になりそうです。

 暇に任せて、ネットサーフィンしていると、オバマ氏がちょこっと広島に来
ただけでマスコミは大騒ぎし、安倍政権の支持率がアップしたとありましたが、
言い換えれば日本国民は、マスコミの起こす風でどうにでもなびき、信念のな
い国民だということでしょうか。

 一方で、オバマ氏をはじめとする欧米社会がヒロシマ原爆にどういう反応を
示したかという映像がネットにありました。ナチスを倒したノルマンジー大作
戦の成功70周年記念大会の模様のようです。

 まぁ、みてください。
  https://www.youtube.com/watch?v=RPvP1iin5fc

 原爆の映像に一斉に歓喜の大拍手です。欧米戦勝国からすれば、原爆も戦勝
記念の大花火に過ぎないのかと日本国民としてはショックな映像ですが、彼ら
からすれば、広島の一般人も戦争当事国の国民として同じ敵だったのでしょう。

 なお、映像にもありましたが、さすがに同じ敗戦国のドイツのメルケルと戦
勝国でありながら西欧とは一線を画すロシアのプーチンは拍手せずに、沈黙し
たり犠牲者に祈りをささげていました。品位を感じます。


2016.05.31(火)【雑誌・登記情報の功績】(金子登志雄)

 先日、用事があってキンザイに行きましたら、偶然ですが、旧商法時代(平
成14年頃)の「登記情報」の編集長だったSさんと顔を合わせました。

 登記情報を購入なさっている方は、同誌に毎号「商業登記掲示板/泣き笑い
千例集」というのがあるのをご存知だと思いますが、あれは、S編集長と私が
始めたものです。

 当時は、商業登記や商法の問題に関する質疑応答については、当局の回答以
外は権威がなく、司法書士が回答しても相手にされない時代でした。それだけ
司法書士の地位が低かったのです。

 そこで、「泣き笑い」でボカして、さまざまな商業登記の問題点を交代で書
いてみよう、全国的な情報交換の場にしようという動機で始めたのが「泣き笑
い」です。タモリのお昼の番組を真似してリレー式にしました。

 一方で、登記の本ならともかく、2流の法律家と思われていた司法書士風情
(?)が商法(実体法)の解説本を書くことも、おそれ多い時代でしたから、
そういう本を出版してくれる出版社もありませんでした。

 しかし、毎年のように商法改正があったため、思い切って、私にはM&A本
の著書があることを売り文句に中央経済社に接触し、仲間との共著『これが新
商法だ、これが新登記だ』を出版しましたら、司法書士が著者なのに、法律事
務所や会計事務所から高評価を賜りました。

 会社法時代になり、当局の回答が「貴見のとおり」というあっさりしたもの
から、松井信憲著『商業登記ハンドブック』のように、詳細な理由付に変化し
たため、われわれも、反論することができるようになりました(結論だけ出さ
れても、理論なのか政策なのかも不明だったため、反論しにくかったのが、同
じ土俵に上がってくれました)。

 徐々に、登記情報でも司法書士が回答する実務相談室的な論考を採用してく
れるようになりました。

 相次ぐ商法の改正と会社法の制定という時代背景が神風となり、雑誌では登
記情報、出版では中央経済社があったから、商法や会社法の手続のことなら弁
護士よりも司法書士という評価が高まり、当局も司法書士見解を採用するよう
になったわけです。登記情報と中央経済社は、司法書士地位向上の功績が大き
いと思っています。


2016.05.30(月)【ドローン】(金子登志雄)

 「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」がサラリーマン川柳第1位のようですが、
これ熟年離婚がテーマですよね。私には笑えませんでした。

 また、司法書士にはぴんと来ないでしょう。自由業には退職金がありませんし、
そもそも定年退職がなく、自宅に居続ける理由もないので、熟年離婚の危機はサラ
リーマンに比して少ないようです。

 ところで、ドローンとラジコンの区別がよく分かりませんでしたが、ドローンは
内臓のコンピュータの指示どおりに動く無人物体であるのに対し、ラジコンは無線
操縦が必要な無人物体という差があるようです。形状もラジコンはヘリコプターの
形ですが、ドローンはさまざまあるようです。

 ドローンは災害地の撮影などに能力を発揮するが、もともとは無人偵察機や爆撃
機のようです。戦場で暗殺対象者の携帯電話の発信を感知して爆撃するなどです。
これが理由で、無関係な市民を巻き沿いにしたりすることもあるので、米軍が恨ま
れる理由の1つでしょう。

 そのうち、ドローンに登記申請書を持たせて登記所に運ばせ、自動的に帰ってく
るような時代がやってくるかもしれませんが、その前に、測量を業務とする土地家
屋調査士さんが使うようになるかもしれません。


2016.05.27(金)【特別利害関係人】(金子登志雄)

 特別利害関係人とは会議の公正を保つために議決権を奪う制度ですが、会議に出
席することも禁じられているのかについては議論があります。

 私は出席肯定説です。第1号議案には特別利害関係人だが、第2号議案には、そ
の関係にないという場合に、第2号議案から会議に出席せよというのも非現実的で
すし、監査役が特別利害関係を有する場合に取締役会に出席してはいけないという
規定もないからです。特別利害関係人が出席しているため自由な議論ができないと
したら、そういう人物は最初から一人前の取締役(大人)とはいえません。直ちに、
辞任すべきです。

 会議体の公正を保つ制度ですから、会議ではない取締役の過半数の同意の場合に
は同意権があります。ところが、会社法370条の取締役全員同意の書面決議には
同意権がありません。これは、書面決議が会議の代用だからです。

 これに対して持分会社の場合は、持分譲渡の承認などで、当該社員を除いた他の
社員の同意とされており、本人を除外して決定することになっています。株主総会
の場合は株主総会決議取消の問題とはされても議決権行使自体は肯定されています。

 いかがですか。普段、こんな差異を考えたこともないでしょうが、物を書いてい
ると、自問自答で、こんなことにも気づいてしまいます。100の講義を受けるよ
り、100冊の本を読むより、1つの論文を書く方がよほど私には勉強になります
が、これは不勉強の言い訳かもしれません。


2016.05.26(木)【商業登記全書7巻改訂版】(金子登志雄)

 先週は平成19年7月発行の商業登記全書7巻『組織再編の手続』の改訂版の校
正を終わりました。若い方はご存じないでしょうが、下記の本のことです。

    https://is.gd/O6c2JD

 たいへんな作業でした。この9年間に、さまざまな変更があったためです。

 第1に、平成21年4月施行の条文番号まで変わる会社計算規則の大改正があり
ました。それに伴い資本金計上証明書の書式例の全面変更がありました。

 証券取引法が金融商品取引法に変わり有価証券通知書の運用が緩和しました。独
禁法の改正による届出基準の改正もありました。登録免許税法及び同施行規則の改
正もありました。ついには昨年には会社法の改正までありました。

 というわけで改築や増築の範囲で終わらず、全面建て直し作業になってしまいま
した。

 老眼が進んで小さい文字は苦痛でしたが、100円ショップで買った最軽度の老
眼鏡や拡大鏡を使いながら何とか仕上げました。

 もっと早く改訂すればよかったのですが、商業登記全書の全巻が揃わないのに7
巻だけを改訂するわけにも行かず、その間に『親子兄弟会社の組織再編の実務』を
上梓したため、この7巻については放置状態でしたが、やっと責任を果たせました。
1、2か月後には出版になると思いますので、お待ちください。



2016.05.25(水)【第三者委員会】(金子登志雄)

 企業に不祥事が生じると第三者委員会を設置し、調査させるという動きがありま
すが、舛添都知事の第三者委員会は、委員を舛添氏自身が選任し報酬を支払うとい
うのですから「第三者」といえないことは明らかです。

 この第三者委員会には元検事(通称「ヤメ検」)が選ばれることが多いのですが、
日本社会では「検事=正義の味方」というイメージがいまだに根強くあるようです。

 しかし、弁護士や司法書士など法律職の人間にはないでしょう。身近に元検事の
弁護士が存在しますし、戦後の東京地検特捜部の動きをみても政治的中立性には強
い疑問を抱かざるをえないからです。われわれ法律職からみた場合は、「検事=権
威」だから、第三者委員会に選ばれるということでしょうか(そのくらいの余禄が
ないと誰も検事にならないという社会の仕組みも改善の必要がありそうです)。

 この際、都議会も監査等委員会設置議会にして、監査・監督専門議員を選ぶよう
に制度化したらどうかと思いましたが、結局は舛添氏を都知事に選んだ都民の責任
ですから、都民に限らず、最終的には「民度」の問題ですね。

 日本社会は末端の国民ですら利権構造に組み込まれ、政権幹部とマスコミ幹部が
平気で会食する政治的後進国そのものですから、最近は私もあきらめ気味です。

 報道の自由度で日本は世界72位のテイタラク
  http://ecodb.net/ranking/pfi.html

 なお、沖縄の女性殺害も安倍政権に遠慮して情報を隠そうとした県警幹部の動き
に焦った現場がマスコミにリークして、ことが全国に知られたとネットにありまし
た。もし、あなたが県警幹部だったら、どうなさいましたか。



2016.05.24(火)【司法書士数と郵便局数】(金子登志雄)

 wikipediaで税理士の項目をみていましたら、「平成27年3月末日時
点において、全国で75,146人である。この数は、日本フランチャイズチェー
ン協会………が発表するコンビニの店舗数54,147よりも多くなっている。」
という内容があり、思わず笑ってしまいました。いまは、郵便局ではなく、コンビ
ニの数と比較するのですね。

 私が通勤する都内23区の某道路でも何かのお店が閉店したと思うと、後がまは
コンビニになっており、100mに1店舗はあるでしょうか。立花さん行き付けの
喫茶店の後もコンビニかも。

 ネットによると、郵便局数は2万程度、郵便ポスト数は19万程度のようです。
郵便局は全国津々浦々に存在するため、コンビニより数がずっと多いと思っていま
したが、認識を改めざるをえません。

 ちなみに全国の司法書士数は2万2000人でコンビニの半分にも至りませんが、
郵便局数には近いようです。

 こうしてみると、全国津々浦々の司法書士と、都市部に集中する税理士といえな
いでしょうか。



2016.05.23(月)【閉店】(仙台・立花宏)

 先日、いつもランチに利用していた喫茶店が閉店しました。

 持ち帰りが可能で、サンドウィッチにサラダ、デザートとコーヒーがセットにな
っていて、値段も低く抑えてありました。そして、何よりも、店長さんをはじめ、
スタッフの皆さんの気持ちのよい応対と手際の良さもあり、お昼時にはいつもお店
は混雑していました。

 とても繁盛している様子だったので、閉店はとても意外でした。

 閉店の日のお昼も、それまでどおり、いえ、それ以上に、お店は混雑していまし
た。きっと、私と同様、閉店を惜しむファンたちが、駆けつけたのでしょう。スタ
ッフの皆さんは、大忙しのなか、これまでどおり、笑顔を絶やさず、気持ちの良い
応対をされていらっしゃいました。

 私がそのお店で購入する最後のランチの精算を済ませていると、顔見知りとなっ
ていた店長さんが、私の姿を認め、さっと近寄り、お礼の言葉をかけてくれました。

 「これまで、ありがとうございました」

 そしてさっと自分の持ち場に戻り、何事もなかったように仕事へと戻られました。

 毎日のように顔をあわせていたこともあり、顔をあわせるのはこれが最後なのか
な、と、わたしはさびしい気持ちになりながら、お店の出口へと向かいました。私
もお礼の言葉を伝えたかったな、と心残りに思いながら、出口のところで店内の方
に振り替えると、店長さんもふっと、顔をあげ、笑顔で見送ってくれました。

 午後、私は仕事へと戻りましたが、店長さんにお礼を言うことができなかったこ
とが、心のどこかにひっかかっていました。

 夕方、打ち合わせで外出するので、外出から戻る際にでも、コーヒーを購入しに、
お店に寄ろうかな、と気を取り直し、仕事へと集中していきました。

 夕方、事務所への戻る帰路、私は気持ちが焦っていました。訪問先での打ち合わ
せが予定より時間がかかってしまったのです。さらに、車で事務所への帰路につい
たのですが、道路が思ったより混んでいました。

 時間は刻々と過ぎ、喫茶店の閉店時間が迫ってきました。気持ちはさらに焦りま
す。そして、車を駐車場に止めたときには、もう閉店時間を過ぎてしまっていまし
た。

 私は、とても寂しい気持ちになりながら、事務所に向かいました。トボトボと歩
き、その喫茶店の前を過ぎようしたときでした。なんと、ちょうど、店長さんやス
タッフの方達が、お店の看板を下ろしているところだったのです。

 私が声をかけるべきかどうか、躊躇していると、スタッフの方のひとりが私の姿
を認め、店長さんに声をかけてくださいました。すると店長さんも私の姿に気づき、
うれしそうな笑顔を見せてくださいました。

 私は、店長さんに近寄り、ようやく、これまでのお礼の言葉を伝えることができ
ました。

 お客様は、店ではなく、人につくものだといわれます。たくさんのファンがいた
このお店の店長さんやスタッフの皆さんは、きっと次の職場にいっても、たくさん
のファンを得るに違いありません。

 きっと、皆さんは、次の職場でも、活躍されるのに違いない。そんなことを考え
ながら、私は幸せな気持ちになり、事務所へと戻ったのでした。



2016.05.20(金)【監査等委員でない取締役】(金子登志雄)

 会社法の定義によると、公開会社とは「その発行する全部又は一部の株式の内容
として譲渡による当該株式の取得について株式会社の承認を要する旨の定款の定め
を【設けていない】株式会社をいう」であり、非常に分かりにくい規定です。

 非公開会社を「その発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得
について株式会社の承認を要する旨の定款の定めを【設けている】株式会社をいう」
と定義し、公開会社については「非公開会社でない株式会社をいう」とすればよか
ったのに、とかねがね思っていました。

 監査等委員会設置会社の取締役についても、これを感じています。

 会社法の規定では「監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役」という配列
であり、社長などの通常の取締役は、「それ以外の取締役」として後ろに所属しま
す。これも、「監査等委員でない取締役又は監査等委員である取締役」とすれば、
もっと分かりやすいでしょう。

 会社法の規定がこれであるため、監査等委員会設置会社に移行する際の定款変更
でも、昔の監査役に該当する監査等委員である取締役を先に規定するのは違和感が
あるためか、1項に「取締役(監査等委員である取締役を除く)の任期は………」、
2項に「監査等委員である取締役の任期は………」とする例が多数です(下記の第
21条が例です)。

        https://is.gd/0z1PMS

 金子式であれば、1項は「監査等委員でない取締役の任期は………」と、ごく普
通に記載することができます。

 私に条文を作らせてくれれば、今の数倍は分かりやすい内容にする自信がありま
すが、そうすると素人も会社法を理解してしまい、我々の商売が成り立たない可能
性も生じます。やはり、私は、こうやって遠くから無責任に批判しているのがちょ
うどよいのかもしれません。



2016.05.19(木)【日本風謝り方】(金子登志雄)

 いま話題の清原選手を取り上げて舛添都知事を取り上げないわけには行きません。

 政治評論家としてテレビで活躍していた頃から横柄で人に嫌われるタイプでした
から、いまバッシングを受けているのも自業自得ですが、都議会自民党とも安倍自
民党とも関係はよくないので、マスコミが安心して叩いている背景については、少
々同情してしまいます。きっとオリンピック利権から舛添を排除するには丁度良い
機会と思っている勢力もあることでしょう。

 石原都知事時代は今以上のことがいろいろ話題にのぼったのに、マスコミ人脈や
石原プロを通じてテレビ関係にも力があったためか、マスコミは目をつぶっていま
した。彼を批判するのはタブーでした。

 力のあるものには従い、バックも力もない者にはとことん石を投げる日本社会の
縮図をみるようです。猪瀬前知事も力がなく、途中降板でした。

 この際、舛添さんには、「俺だけじゃない。〇〇も△△も」ととことんみっとも
なく駄々をこねてほしいものですが、そうすると潔くない、謝り方が悪いと次のバ
ッシングに遭うことでしょう。

 逆に一切弁解をしないのもよくありません。政治家小澤氏がこのタイプでした。
家訓らしく弁解も反撃もしないので、マスコミは安心して、好き勝手に、あること
ないこと彼を叩きました。逆は大阪の橋下さんです。猛烈な逆襲が怖くてマスコミ
は攻めずらそうでした。

 この2人は例外中の例外ですが、日本社会では悪いと思っていなくても表向きは
「世間様にご迷惑をかけた」とひたすら低姿勢にしないと、あちこちから矢が飛ん
できます。詳しい事情は知りませんが、ベッキーさんも、このあたりがへたくそで、
いまだに尾を引いているのではないでしょうか。

 昔、ある芸能人と将棋プロが女性問題でマスコミに取り上げられたとき、「全て
事実でございます」と潔く頭を下げたら、一週間でバッシングが止まったことがあ
りました。日本社会を熟知した謝り方だと、妙に感心したものでした。

 クレーマー社会で、マスコミの扇動に付和雷同する人が多いので、これからの企
業や個人は、いざというときの謝り方の研究も必要かもしれません。これも企業法
務に従事する司法書士の必修科目かも。


2016.05.18(水)【有名人の末路】(金子登志雄)

 元プロ野球選手の清原が法廷で「職業は?」と聞かれ「無職」と答えたようです
が、無職はある意味では大金持ちの代名詞とはいえ、まだ40代の身で、何か哀れ
を感じました。

 もし、清原に野球の才能がなかったら、平々凡々の幸せな人生を送っているかも
しれないと考えると、何の才能もない我々は却って幸せなのかとも思います。少な
くとも若い頃に有名人になってしまった人は、芸能人の子役のその後をみるまでも
なく平和な一生にはなっていないようです。あの「子連れ狼」(通じないかな?)
の大五郎君も今は塀の中です。

 また、有名人でなければ覚せい剤程度の罪では、マスコミに取り上げられること
もなく執行猶予で社会復帰も容易でしょうが、彼の場合は、今後、一生、どこに行
っても「あの覚せい剤の」という代名詞が付きまといますので、気の毒というしか
ありません。吉本に所属しお笑い芸人になれば、過去をネタに復帰が可能でも、こ
わもての彼の顔では難しいでしょう。

 覚せい剤程度と書きましたが、誰かに危害を加えたわけではありませんし、支援
者も多いでしょうから、人と接触する必要の少ない仕事でも得て、平和な余生にな
ることを願わざるをえません。


2016.05.17(火)【実例で対抗】(金子登志雄)

 いつも書いていることですが、登記官には2つのタイプがあり、却下事由がなけ
れば認める正統派法律家タイプと、決められたとおりにしないとノーという杓子定
規タイプがあります。

 後者の例では、
1.株券不発行証明や略式組織再編の証明は株主名簿に限られ、株主に住所を記載
 しなければダメだ。

2.商業登記規則61条5項本文は就任承諾書に住所が必要であることを前提とし
 ているから、2項の非設置会社の取締役に印鑑証明をつける場合も住所の記載が
 必要だ。

3.株主総会と種類株主総会の共催は認めるが議事録をまとめて1つにしては不可
 だ。

4.免責の登記は東京法務局の書式例どおり「当会社は平成○年○月○日事業の譲
 渡を受けたが、譲渡会社である○○会社の債務についてはその責めに応じない」
 としないと困る。

などなど大量にあります。

 民間としては、実に余計なお世話で、そこまで干渉されるいわれがありませんか
ら、どうやって対抗するかというと、正統派の却下事由がなければ認める法律家タ
イプの登記官のいる登記所の実例や上場会社の実例を示して、「ほら、そのとおり
しなくても問題ないですよ」といえば、意外にあっさり受理されます。

 今月は上記4につき、2か所の登記所で、東京法務局の書式例よりももっと具体
的な実例を数個添付して申請しましたところ、2か所とも無事に終わりました。実
例は強いですね。


2016.05.16(月)【株主名簿の地位】(金子登志雄)

 土日は6月に行う講義レジュメを作成していました。

 この時期ですから10月1日施行の商業登記規則61条2項及び3項の株主リス
ト問題に触れないわけには行きません。

  http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_0421.pdf

 上記でお分かりのとおり、2項では総株主の同意が必要なのに、各株主の持株数
や議決権数も記載事項です。意味があるのでしょうか。

 3項をみると会社法319条の株主全員同意が必要な場合にも、大株主だけの名
簿でよいとされています。

 これからもお分かりのとおり、株主リストの添付は株主総会で定足数を満たした
とかの個別の議事録の真正を担保するというよりも、その総会議事録の添付に併せ
て抽象的に株主情報を開示することに主目的があるとしか考えられません。

 上位10位と上位3分の2ですが、上場会社のように株式が分散していれば上位
10位までの記載になり、未上場企業では上位2、3名で3分の2に達しているで
しょう。10名まで記載する場面はほとんどなさそうです。

 ところで、話が飛びますが、合併等の組織再編の業務を受託したとき、必ずご準
備いただく書面としては、商業登記簿謄本以外に、①定款、②株主名簿、③貸借対
照表の3点ですが、②については、株券不発行の証明書や略式組織再編の際に、そ
れに近いものが要求されていましたが、とうとう一般的に必要な書面に出世したよ
うです。

 株主名簿の管理が重要となり、会社法に総務参与の新役員が登場し、弁護士、司
法書士の資格者に限るとなるのも近いかもしれませんよ。税理士会ほどの政治力が
あればの話ですが。


2016.05.13(金)【ハンコ主義】(金子登志雄)

 昨日ご紹介したとおり、本人が原本と相違ないと原本証明して押印すると登記で
はあっさり受理されます。

 にもかかわらず、デット・エクティ・スワップで原本の会計帳簿(当然に押印な
し)を提出すると、これじゃ困るといわれます。原本なのに困るといわれても、こ
ちらも困りますので、仕方なく、代表者印で原本証明したものを提出します。要は、
ハンコ主義です。ハンコがあると本物扱いされるという日本の慣習が登記の世界に
は、まだ根強く生き残っています。

 例外は株主総会議事録です。法令にハンコを押せとはないので、そのまま提出し
ても受理されます。

 合併契約書もハンコを押せとはどこにも書いてないので、ハンコなしで申請して
もよさそうですが、これは原則的には難しいでしょう。議事録の一部として合綴し
た合併契約なら、受理されることもあります。

 株券廃止証明でも資本金計上証明でも法務省の書式例は会社の代表者印を押すこ
とになっていますが、委任状にそれを押しているのに、添付書面にさらにそれを押
させるのは行き過ぎではないかという気もしますし、取締役や監査役の個人印によ
る証明がいけない理由はないと思うのですが、いかがでしょうか。

 全国一律の行政行為という側面から、個別性を認めず融通の利かない側面がある
ことは致し方ないと思っていますが、登記所は、お役所でも「法務」に従事すると
ころで、単なる行政局ではないのですから、法に照らして問題ないものは、もう少
し広範囲に認めてほしいものです。


2016.05.12(木)【謄本としての本人確認証明書】(金子登志雄)

 新就任の取締役等の就任承諾書には、住所証明書(本人確認証明書)を添付する
ことになっていますが(商業登記規則61条5項)、そこに「証明書(当該取締役
等が原本と相違がない旨を記載した謄本を含む。)」とあります。

 ですから、住民票の写しをそのまま提出せずに、住民票の写しをコピーし、そこ
に本人が「原本と相違ない。氏名 印」とすれば、これも正真正銘の本人確認証明
書になるはずですが、経験はありませんでした。

 初体験しました。その写しには「複製」などといった隠し文字が出てきましたが、
ご本人の「氏名 印」があったため、あっさり通りました。電話くらいあるかなと
待っていたのですが、そこは天下の東京法務局、あっさりと通過しました。

 印鑑証明書をコピーすると「無効」などと隠し文字が出てくることもありますが、
これも「原本と相違ない。氏名 印」で本人確認証明書としては有効になるはずで
すね。これはまだ未経験です。


2016.05.11(水)【限界集落マンション】(金子登志雄)

 5月初旬となり、3月決算上場会社の決算短信が発表されるようになり、いよい
よ定時株主総会が近づいてきたなという印象です。

 昨日は某社が好決算を発表しましたが、株価は一挙に9%の大幅下落でした(昔
と違って現在は場が開いている時間でも発表されることがあります)。どうも期待
していたほどではなかったという理由らしいのですが、ほんと、株価は実に不思議
な動きをします。業績よりも、期待度という人間心理がメインです。

 会社がここまで達すると公表し保証したわけではないのに、マスコミ報道等で勝
手に期待して損をすると会社に恨みを持つ人も多いので、上場会社もとばっちりで
たいへんです(企業法務に従事する司法書士は会社のこういう立場にも理解してお
く必要があるでしょう)。

 会社ではありませんが、各地のマンションも3月決算で、5月には定時総会が予
定されているのではないでしょうか。私の居住している横浜市の小さなマンション
(別名「長屋」)でも今月下旬に予定されています。

 29世帯しかなく、中には所有者は別に住み賃貸中というところもありますから、
4年ごとに役員が回ってきて、私も現在、副理事長職です。昨日は定時総会招集通
知を各戸に配布してきました。

 当マンションの目下の悩みは、築30年ちょっとで居住者のほとんどが60代を
超え、若い息子や娘は独立し外に出たため、徐々に限界集落に近づいてきたことで
す。5階建てでエレベーターがありませんから、高齢化とともに階段が上がれない
という問題や、持回りの役員はもう無理だという問題などが生じ始めました。

 まだ平均年齢が60代ですからよいのですが、今後70代、80代になったら、
どうなるのでしょうか。成年後見を主業務とし不動産登記にも詳しい司法書士にと
っては、今後マンション管理組合の一部の業務代行(会計業務の受託など)から居
住者の財産管理などターゲットにできそうだなと感じました。


2016.05.10(火)【1階と2階の代表取締役】(金子登志雄)

 代表取締役は取締役の中から定められますが、取締役会や取締役の互選によって
定められたときは素直に「選定」と書けますが、株主総会で代表取締役を定めたと
きは、「選任された人がまた選任」という2つの選任行為がないため、「選定」と
書けないので困っていた頃がありました。

 しかし、株主総会で直接選んでも「選定」と使うようです。相澤ほか・論点解説
38頁に、会社法上の一定の地位を有する者について、①さらに一定の地位を付与
し、または➁これを剥奪する場合に用いられるとあるからです。

 取締役会設置会社や定款で「代表取締役は取締役の互選で定める」とある場合は、
取締役の地位と代表取締役の地位が制度的に分断されていますから、株主総会で取
締役を選ぶことは、いわゆる平取締役を選ぶことです。この平取締役がその中から
さらに代表取締役を選ぶことが上記①の「地位追加型選定」です。

 これに対して、非取締役会設置会社で互選規定を定款に定めていない場合には、
取締役というだけで代表取締役である取締役を選んだことになりますから、ABと
複数人を選ぶ際にAを代表取締役と定めることは、Bから代表権を剥奪したことに
なります。この上記➁の地位剥奪型も選定ということになります。

 比喩で言うと、①型は平取締役が1階に住んでいて代表取締役を選定するという
ことは代表取締役を2階に上げることです。

 ➁型は取締役と代表取締役の地位が一体で代表取締役である取締役が1階に住ん
でおり、代表取締役を選ぶとは、代表取締役に選ばれない取締役を地下に下ろすこ
とです。

 司法書士会の掲示板によると、➁型の特例有限会社で取締役が1人(A)しかい
ない会社において、代表権を有しない取締役としてBを選任したときの話題が載っ
ていましたが、Aは1人で1階に住む代表取締役である取締役でした。そこに地下
に住むBが選任されたというわけですから、Aは1階に居住しながら登記上も代表
取締役を名乗らなければなりません。

 これにつき、某大手法務局が就任承諾書が必要だとか、選定の株主総会が必要だ
とか言っているようですが、①型の2階の代表取締役と➁型の1階の代表取締役を
混乱しているとしか思えません。


2016.05.09(月)【私の執筆美学】(金子登志雄)

 連休も終わりました。といっても、勤務時間も決まっていない自由業の私にとっ
ては、休みも何も関係なく、日々、パソコンを前に議事録を作ったり、質問メール
に答えたり、書き物をしたりです。

 この連休は、せっかく書いた500頁以上の大作を300頁に圧縮する作業をし
ていました。1週間フルに使うくらい時間がかかりましたが、こういうのは苦手で
はありません。ぴったり300頁に収めました。

 私の著作で、1頁のうち2、3行しか書いてないという頁はないはずです。また、
1行が1文字か2文字(例えば、「です」の「す。」だけ)というのもないはずで
す。

↑こういうのが嫌なのです。

 こういうことで行数や頁数を稼ぐのは読者に失礼だという意識があり、そうしな
いように、文字の追加や削除をします。上記の場合でしたら「というの」を削除し
調整します。出版社の編集者からは「読者はそういうことを気にしない。ここまで
読み進んだと頁が早く終わることを喜ぶこともある」といわれるのですが、私の執
筆の美学ですから、改める気はありません。

 本を書くときも、ここで頁が変わると意識しながら書いています。中央経済の最
初の出版物である「これが新商法だ……」では、見出しで4行という約束だったの
で、そのつもりで書いていたら、初校原稿は見出しが3行になっており、がたがた
になってしまい、話が違うじゃないかと編集者と喧嘩したものでした。

 会社法法令集も最初は「1行コメント」という方針だったので、全てぴったりと
1行で完結するように書いたのですが、条文の記載法につき、「会三一一条」の約
束が出版社で、正式な表記である「会三百十一条」と「百」や「十」を挿入したた
め、1行でなくなってしまいました。

 こういう編集者との対立も、いまでは懐かしい思い出です。


2016.05.06(金)【九州大震災】(島根・根来川弘充)

 九州の大震災の被害にあわれた皆様に、お見舞い申し上げます。

 私は、1995年に西宮のアパートに住んでおり、阪神大震災の被害にあいまし
た。

 古い木造住宅で、土壁だったのですが、それが崩れてきました。幸いにも、こた
つの中に避難したので、無傷で脱出することができましたが、いまでも地震がおき
ると、すぐに当時の怖さを身体の奥底から感じます。

 今回の地震は、余震の数がとても多いと報道されています。

 もし、私が被災地にいるとしたら、まともに眠れている日はないのではないかと
思います。

 このところ、5年周期で日本全国に大きな地震が起きています。

 近畿 中国 上信越 東北 九州 いよいよ関東もあるのではないかと不安にな
ります。

 2020年には、東京五輪が開かれます。まだまだ先のことだと思っていますが、
周期的にみますと、目と鼻の先まで来ているのかもしれません。


2016.04.28(木)【株主名簿と株主リストその2】(金子登志雄)

 立花さん、投稿、いつもありがとうございます。

 ご指摘の株券不発行証明(株主名簿等)と主要株主リストとの関係は私も興味が
あります。

 第1に、株主リストは議決権の3分の2までの大株主リストですが、株券不発行
証明は株主全員です。

 第2に、株券不発行証明には株主の住所が必要かにつき議論がありますが、株主
リストには住所が必須です。せっかく、株券不発行証明には、株主の住所の記載は
不要だと頑張ってきたのに、別のところで記載することになりました。

 第3に、株券不発行に反対した株主も、大株主なら株主リストに掲載されます。
株主総会に欠席しても同じです。誰が賛成で誰が反対したかを推測できるようにな
っていますが、何となく嫌な気分ですね。

 本件とは無関係ですが、規則61条2項をみてください。

  http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_0421.pdf

 全員が同意しているのに、持株数どころか議決権まで記載が求められています。
意味があるのでしょうか。例えば、持分会社に組織変更する場合や持株を取得条項
付株式に変える際には本規定の対象となる株主全員の同意が必要ですが、この株主
には議決権なき株式を保有する株主も含まれます。議決権なしと書いてよいのでし
ょうか。

 いざとなると、いろいろ出てくるものです。

 ※5月2日は、HP担当者が休みのため、本欄は休ませてもらいます。連休明け
 までお待ちください。


2016.04.27(水)【株主名簿と株主リスト】(仙台・立花宏)

 先日の金子先生のコメントにもありましたが、商業登記規則が改正され(10
月1日施行)、登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合には、申請書
に“株主リスト”を添付することとなりました。

 株式会社に関する登記手続では、おそらくかなりの割合で添付が必要になるも
のと思われます。

 株主リストには、一定数の株主について、株主の氏名又は名称及び住所、当該
株主のそれぞれが有する株式の数(種類株主総会の決議を要する場合にあつては、
その種類の株式の数)及び議決権の数並びに当該株主のそれぞれが有する議決権
に係る割合を記載する必要があります(改正商業登記規則第61条3項)。

 この株主リストですが、株主名簿を提出することは可能なのでしょうか。

 株主名簿には、株主の氏名又は名称及び住所、当該株主のそれぞれが有する株
式の数(種類株主総会の決議を要する場合にあっては、その種類の株式の数)、
株式取得年月日、株券の番号を記載する必要があり、記載事項が重なっているも
のもありますが、重なっていないものもあります。

 また、株主数が多い会社であれば、当然、記載する株主の範囲も異なります。

 パブリックコメントの結果も読んでみたのですが、私の読解力では、はっきり
とわかりませんでした。

 たとえば、株券発行会社である株式会社が株券を発行する旨の定めを廃止した
とします。この場合、株主総会決議が必要ですから、登記を申請する際には、株
主リストを添付する必要があります。

 そして、この会社が株券発行会社であっても、実際には株券を発行していなか
った場合、株券を発行していない事実を証する書面として、株主名簿を添付する
場合があります(商業登記法第63条)。この場合、株主リストと株主名簿の両
方を添付する必要があるのでしょうか。

 今回の改正の目的は、『登記所において法人の所有者情報を把握して、法人の
透明性を確保することにより、法人格の悪用を防止』することとされています。

 株主リストと株主名簿を添付する趣旨は異なりますから、別々に添付する必要
があるようにも思えます。しかし、株主リストを添付する趣旨の所有者情報の把
握という点からいえば、株主名簿を添付する場合は、株主リストの添付は不要な
ように思います。また、必要な場合でも、株主名簿で兼用できるように思います。

 後日、この改正に関する通達等も発出されるのかもしれません。その情報を待
ちたいと思います。


2016.04.26(火)【2種類の原本証明】(金子登志雄)

 司法書士各位は、「原本に相違ありません。印」といった場合、2種類あるこ
とにお気づきですか。

 本人が押印すると「原本そのものです」という意味になり、我々登記申請代理
人が押印するときは、「原本そのものと同一内容に相違ありません」という証明
になります。我々の押印は原本を回収するために行います。

 前者の典型例が、運転免許証の写しに本人が原本に相違ないとした場合の本人
確認証明書です。運転免許証からみれば写しですが、本人確認証明書という意味
では原本そのものだという証明です。本人が押印することによって原本になりま
す。これをさらにコピーして、「原本に相違ない。司法書士 印」で原本を回収
することもできます。

 会社の債務の株式化(デット・エクティ・スワップ)の場合の添付書面は、商
業登記法によって会計帳簿とされています。原本です。具体的には、その金銭債
権について記載された仕訳帳、現金出納帳、総勘定元帳、買掛元帳補助簿などが
該当しますが、これをそのまま提出しても、これは何のための提出書面か不明で
すから、「原本に相違ない。代表取締役 印」とするか、委任状に「添付のもの
は当社の会計帳簿の原本に相違ない」と記載するのが通常です。

 増資の際の払込み証明で預金通帳の写しを提出する場合も、別紙で証明するこ
とが多いのですが、これも同じ理屈です。つまり本人による原本化です。

 ところが、ご承知のとおり、株主総会議事録は一切の押印が不要です。押印が
なくても原本そのものを提出したと評価されます。「当社の議事録に相違ありま
せん」などと原本証明する必要はありません。

 なら、他の場合ももう少し緩和すべきだと思い、省エネ申請を心がけている私
としては登記所と意見が相違してしまうことも多々ありますが、緩和度が登記所
・登記官ごとに異なるのも、また面白いものです。

 念のため、「信念に燃える司法書士」(?)である私は、登記所の意見に簡単
には応じません。残念なのは、こういう対応をする司法書士が少数派だというこ
とです。多くの司法書士が「よい子」の対応をするので、間違った運用が既成事
実として積み重なってしまい、結果的に自らの首を絞めてゆくことになります。



2016.04.25(月)【株主リスト問題】(金子登志雄)

 待っていた株主リスト法案が公布されたため、やっと執筆作業が前に進みます。
これまでは、ずっと原稿に商業登記規則第61条●項と仮に記載しておくしかな
く(ひょっとして、61条の2になるかという期待もありました)、動きがとれ
ませんでした。

 さて、ある株式会社の取締役はABCの3名(代表取締役A)で、株主構成は
A70%、B20%、C10%でした。Aの法定相続人は妻のCほか子供DEの
計3名でした。

 Aが急死したため、後任としてDを選任する場合の株主総会の附属書類である
議決権の3分の2以上である主要株主リストとして、「住所/故A/〇〇株/議
決権〇〇個/議決権割合70%」でよいのでしょうか。それとも、BDE相続共
有者全員の住所氏名を列挙するのでしょうか。

 「株主」という場合、会社の立場からすれば、基準日時点の株主名簿基準です
から、遺産分割の前で名義書換が終わっていない限り前者が正しく、相続人の住
所氏名や相続持分の記載は不要でしょう。せいぜい、(共同相続人)と付記して、
死者が権利行使したのではないことを明らかにして、登記所に誤解されないよう
気をつけるしかありません。

 もう1つ興味あるのは、株主リストに「甲51%、乙10%、丙10%」と3
分の2以上の株主の住所氏名を列挙しても、議案が普通決議であり、甲しか株主
総会に出席していない場合でも、乙や丙の住所氏名が必要なことです。

 この規制は株主総会の議決要件を満たしたことの証明ではありませんから、普
通決議の場合にも、議決権の3分の2以上の株主リストの添付が必要です。

 そうすると、本件の場合、まるで、この乙や丙は株主総会に出席しない悪い子
です、登記所さん、叱ってくださいませんかという告げ口の申請みたいですね。
つい、病気欠席などと備考欄に書いてあげたい気になります。

 いざ施行された後には、いろいろ、これでよいのかという問題が多数現れそう
ですが、こういうときこそ、司法書士各位の推理力が試されます。登記所に質問
する前に貴方自身がどう考えるかをしっかり確立しておきましょう。



2016.04.22(金)【商登規則61条全文開示】(金子登志雄)

 昨日お約束しましたとおり、司法書士業務ソフトのリーガルさんがHPに商
業登記規則改正部分の全文をアップしてくれました。我々の業務に規則61条
は関係が深いからです。

 下記の「お知らせ(平成28年4月21日)」を開いてください。

 http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/shoshikishu_6.html

 面倒なのが嫌な人は下記です 。

 http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_0421.pdf

 パブコメの意見で私が項数を変えずに規則61条の2の新設でお願いしたと
書きましたのは、過去の著作の項数が今年の10月1日以降に間違いに変わる
からです。著作物に影響するわけです。受験予備校でも、テキストをあわてて
修正しなければならないでしょう。こういうことまで予測して改正してもらい
たいものです。

 61条3項ですが、我々が扱う中小企業では株主が10名を超えることは、
ほとんどありません。株主が5人いても、筆頭株主の社長が1人で3分の2を
超えていることが多いでしょう。

 そういう意味では、そんなには我々の負担にならないとは予想していますが、
少なくとも、会社法下の商業登記従事者は、定款と株主名簿は必ずみせてもら
わないと仕事にならなくなりました。報酬を値上げする司法書士がいてもおか
しくありません。ほんとに必要な改正であったかは、現場の司法書士は懐疑的
な人が多いのではないでしょうか。


2016.04.21(木)【商登規則改正案の公布】(金子登志雄)

 昨日4月20日の官報本紙2頁で、株主総会議事録等の附属書類として株主
リストをつけよという商業登記規則の改正案が公布されました。いよいよです
が、平成28年10月1日施行であり、3月決算会社の6月総会には影響がな
さそうです。

     http://kanpou.npb.go.jp/
 
 関心が高かったのか、70件もパブコメ意見が寄せられたようですが、いた
だいたご意見は、ことごとく今後の参考にするという却下でした。

 下記の「別紙」に寄せられた意見が掲載されていますが、いろいろな意見が
あるものです。

     http://is.gd/6t5DEf

 別紙には54件の意見が掲載されていますが、そのうち唯一採用されたのが
32番意見の一部でした。

 実はこの32番意見は私です。単に、物書きの習性で、この文章だと勘違い
されるので、こういう表現を追加したらどうかとコメントしただけですから、
意見というほどの内容ではありません。

 したがって、官報に公布された内容は、下記にある新旧対照表とほぼ同一で
すので、官報をみても分からない部分は下記をご参照ください。

     http://is.gd/eoCWSc

 なお、司法書士の業務に関係の深い規則61条が含まれていますので、その
全文については、近々に株式会社リーガルのHPに掲載されますので、また改
めてご案内します。



2016.04.20(水)【印鑑カード交付申請の住所】(金子登志雄)

 4月には代表取締役の交代を多く扱いましたが、印鑑カード交付申請書の委
任状の委任者欄に会社実印を押すためか、ここに個人の住所を記載することに
抵抗を感じる人が多いようです。

 法務局の職員の方のブログらしいのですが、下記のようにも説明されていま
すが、皆さん、どう思いますか。

    http://is.gd/WFYKxP

 これに関しては、本欄でも何度か取り上げ、新著(最新実務論点)でも説明
しましたが、上記は、商業登記規則の規定に反します。

 「登記所に提出した印鑑」を押す場合、法人として委任しているものなので、
当然こうなります。・・・・と説明していますが、法人として委任するなら、
B代表の印鑑カード交付申請書をA代表が申請することもできてしまい、適当
ではありません。法人として委任していることは間違いありませんが、Aとし
て委任しているのです。

 法務省の書式は本人申請で、下記のようになっています。

 http://www.moj.go.jp/content/000011584.pdf

 個人の住所を記載していますので、委任者欄も個人の住所を書くのが正式だ
ということです。

 個人の住所を書いて、その右側に会社の実印を押すことに抵抗があるのは、
ごもっともというしかありませんが、別の見方をすると、委任者の欄に「会社
住所/会社名/代表取締役氏名」と書くと、カード交付申請書の枠内と同じこ
とを再度記載することになります。実に無駄であり、私には、こちらのほうが
違和感があります。

 そこで、思ったのですが、登記申請書の申請人欄は「会社住所/会社名/代
表取締役の住所/代表取締役氏名/会社実印」とします。このうち、カード交
付申請書の枠内で記載がないのは、代表取締役の住所だけですから、やはりカ
ード交付申請書の委任者欄は、個人の住所氏名が正しいというべきでしょう。

 ただ、長い間、登記所自身も間違った書式を配布していましたので、実務上
は、どちらにしようが受理されますので、ご心配なく。下記は、リーガルの解
説(原稿は私)ですので、理論武装だけはしておきましょう。

 http://is.gd/8RPXyO



2016.04.19(火)【文字違い】(金子登志雄)

 さっそく、当社内に熊本地震の募金箱が設けられていました。われわれには
こうするしかなさそうです。

 同じ頃、南米のエクアドルでも大地震があり、死者350名ということです
から、地球の中がおかしくなっていることは間違いなく、地震・火山列島に住
むわれわれとしては、明日はわが身と思っていたほうがよさそうです。

 さて、4月1日の商業登記の書き入れ時も収束に向かっていますが、いくつ
か小さい部分で指摘を受けてしまいました。

 きのうは、代表者の住所につき「巷」という文字で登記したら、中の文字が
「巳」ではなく「己」だと指摘されてしまいましたが、こういう登記所のチェ
ック能力はすごいですね(そういう文字があることも知りませんでした)。

 法的見解の問題に関しては、自信を持って反論いたしますが、こういう校正
能力に関しては、登記所の緻密さに、ただただ脱帽するしかありません。よく
ぞ気づいてくれましたと感謝するしかありません。政府の要人が歯舞色丹や伊
方(原発)を読めない国なのに、末端の公務員は、実に優秀です。

 登記所だけでなく、不動産登記に従事している同職も、こういう点は、きっ
と慎重なのでしょう。商業登記の従事者は、「髙」や「﨑」を「高」や「崎」
にしても受理されるので、相対的に、やや慎重さに欠けるところがあるかもし
れません。

 高崎さんで登記されていた取締役が代表取締役に就任し、印鑑証明をもらっ
たら「髙」「﨑」だったとしても、取締役名と代表取締役名に不一致が生じる
ほうが問題なので、そのまま代表取締役高崎にするしかありません。重任時に
は、会社に確認しますが、名刺も「高崎」だから、そのままでよいなどといわ
れることも少なくありません。そもそも会社作成の議事録が「高崎」ですから。

 こういうことにこだわるかどうかはご本人次第です。相続問題で昔の手書き
の戸籍謄本をみると、達筆な筆文字で氏名等が記載されていますが、その書き
写しの際に、「高」が「髙」になったりしたのが原因であり、ルーツは同じで
しょう。

 「青柿」の姓が戸籍の書き写しの際に、突然「青柳」さんに変わっていたの
をみたことがありますが、婚姻前の旧姓の部分でしたので、ご本人も気づかな
かったようです。というか、昔の人は、自分の戸籍をみることは、ほとんどあ
りませんでしたし、庶民は、そういうことに気にも留めませんでしたので(戸
籍と墓石の名前相違は多い)、既成事実が確定し、今日に続いているようです。



2016.04.18(月)【熊本地震】(金子登志雄)

 またもや大地震です。たまたま、横浜の自宅にも帰らず、テレビも何もない
殺風景な都内の物書き作業用に借りているマンションの1室で寝泊まりし、物
書き作業に従事していたため、熊本地震には実感がなかったのですが、自宅の
ニュースで映像としてみて、悲惨さを知りました。

 災害は忘れた頃にやってくるといいますが、フクシマの恐怖を日本国民は忘
れていません。地球の中が熱くたぎっており、奄美大島の群発地震や一昨年の
御嶽山の噴火もあり、原発に近い桜島を中心とした九州が心配でした。川内原
発があります。

 下記の図によると、熊本での地震の可能性は低いのに、分からないものです。

   http://is.gd/y9xfKh
 
 熊本は平成23年に会社法の講演で訪問したことがあります。路面電車も走
り開放感のある実によい町でした。市内には、加藤清正の熊本城、細川藩の水
前寺成趣(じょうじゅ)園もありますし、熊本県庁の敷地はまるで緑の公園で
した。

 緑の多い落ち着いた町に突然の悲惨、他人事ではありません。特に「水」の
問題が深刻のようです。飲み水に限りません。トイレの排水もあります。関東
でもかつては大震災があり、両親から子供の頃に地震の怖さを聞いていました。
阪神淡路大震災もありました。早期の復旧を祈るとともに、我々に何ができる
か考えたいと思います。


2016.04.15(金)【重任登記は同一枠内】(金子登志雄)

 司法書士なら慣れている取締役等の重任登記ですが、同じ枠内に記録される
ことを意識していますか。代表取締役の住所変更も同じですが、全部に抹消線
が引かれ、その下に、全部が書き直されますが、同枠内です。

 これに対して、ご存知のように、事業目的に、ちょっとした変更があっても、
新枠内に書き直します。枠を引っ越します。

 では、質問その1ですが、株主名簿管理人が住所を変えたら、どういう登記
になるでしょうか。

 質問2ですが、持分会社の代表社員が法人で、職務執行者をAからBに変更
した場合は、どうでしょうか。

 質問1の答は、新枠に引っ越しです。目的変更と同じです。質問2は、この
登記は職務執行者の登記ではなく、代表社員の登記ですから、代表社員の住所
の変更と同様に、同枠内の書換えです。

 何故だとは聞かないでください。私にも分からないことですし、たぶん、登
記官も分からないでしょう。伝統的に、役員欄は、始終、登記することがある
ので、そういう習慣になったが、役員欄以外は、そういう運用をしていないと
いうことでしょう。

 しかし、こういう運用をみると、重任というのは、契約の更新であって、純
粋の新規契約とはいえないような気がしませんか。

 会計監査人の任期の継続などは、まさに自動更新です。この際、取締役等に
ついても、株主総会で何も決議しないときは、期限の定めのない自動更新とい
うことにしてもよいのではないでしょうか。・・・・こんなこというと、同職
から、おれ達の仕事が無くなるじゃないかといわれますので、このへんで締め
ておきましょう。

(土日にどうぞ)
 子供の頃は父親からのDV、18歳で結婚し妊娠中に夫は借金で夜逃げ。
苦労人のイケマキさんは、実に評判がいいですね。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00010000-doshin-pol&p=2

 試しに演説を聞いてみました。北海道は寒そうですね。
   https://www.youtube.com/watch?v=2cexDSqQDBE


2016.04.14(木)【支店番号その2】(金子登志雄)

 昨日の支店番号の件ですが、仙台の立花司法書士等からもコメントを頂戴い
たしました。ありがたいことです。

 そういうコメントに触発されて、徒然なるままに再考してみましたところ、
新たに支店を設置したわけですから、本店所在地でも支店所在地でも登記所が
新番号を付するのであって、申請代理人の私がすることではありませんね。

 既存の支店の廃止や移転では、既に支店番号が付されていますから、支店を
特定するために支店番号を付すべきですが、新設や管轄外移転の移転先での登
記の場合は、担当登記所が支店番号を付すのであって、我々が支店番号を推測
して記載すること自体がいけないことだと気づきました。余計なお世話をして
しまったわけです。

 この支店番号は旧商法時代から、ずっと同じであり、リセットしないらしい
ことも今回分かりました。

 司法書士会の会員番号も変わりませんね。プロ野球選手の背番号のように、
よい番号を引き継ぐことができません。東京司法書士会では、新人の会員番号
は確か7000番を超えましたが、会員数は4000人いません。3000番
以上も永久欠番です。

 1000番とか2000番とか、よい番号が欠番なら、オークションで番号
を売りに出したら、面白いかもしれませんね。


2016.04.13(水)【支店所在地での支店番号】(金子登志雄)

 支店の登記には支店番号が振られます。三菱東京UFJ銀行の本店登記簿を
みると各支店ごとに1番から順に番号が振られ、800番を超えていました。
その数だけ支店が設置されたことがあるということです。廃止した支店も含ま
れるため現存している支店数ではありません。

 三菱東京UFJ銀行の各支店所在地の登記所にも、その管内の支店が列挙さ
れており、やはり支店番号が振られていますが、本店の登記記録における番号
とは連動していません。

 さて、東京のA社の登記記録では支店がこれまでに20個設置されたのか、
最後の支店番号は20でした。

 このA社は、群馬県には前橋支店しか残っていません。前橋地方法務局での
支店登記記録をネットで出したところ、支店番号が1番でした。

 A社では、21番目の支店として群馬県高崎市に支店を設置したので、東京
では支店番号21番、群馬県では2番で、本支店一括登記申請いたしました。

 無事に終わったのですが、確認のため支店登記記録をネットで打ち出したと
ころ、支店番号が18番にされていました。

 これは、旧商法時代には、全国で同一内容の登記がなされていたので、当時
は前橋支店の登記記録でも17個の支店が登記されていたが、会社法になって
からは、その登記所の管轄内の支店だけを記録すればよくなったので、前橋支
店だけを残して群馬県外の16個の支店が抹消されたが、順番でいうと、今度
の高崎支店は18番目だということでしょう。

 そんなことは申請代理人である我々には簡単に調べようもありません。本店
の登記調査官には分かるのかと思い、前橋地方法務局に電話してみましたが、
めったにないことなので、そこまでは即答できないようでした。ひょっとして、
東京でも分からないので、そのまま2番で送付され、前橋地方法務局のほうで、
18番と直すのかもしれません。

 我々には支店所在地の支店番号が予想つかないので、今後は番号を空白で申
請することにしました(以上、群馬県、前橋、高崎、前橋地方法務局は仮に設
定した場所であることをお断りします)。まさか、補正にはならないでしょう。



2016.04.12(火)【補欠監査役の任期】(金子登志雄)

 ここ数年の傾向ですが、上場会社では、定款における取締役の任期を選任後
1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の
時までとする」とした会社が急増したように思います。

 それに伴い「任期満了前に退任した取締役の補欠として、又は増員により選
任された取締役の任期は、前任者又は他の在任取締役の任期の残存期間と同一
とする」という決まり文句も定めていません。

 3月決算会社が4月1日の合併で、取締役を増員したら、その増員取締役と
既存取締役の任期の満了時が異なってしまうじゃないかと思った方もいらっし
ゃるかもしれませんが、就任後ではなく「選任後」とあるので、増員取締役も
予選時から計算しますので、任期が既存取締役と同時に満了しますので、ご心
配なく。

 増員・補欠取締役の任期規定が定款にないのなら、補欠監査役はあるだろう
と2社ばかり定款を閲覧してみましたら、これもありませんでした。

 さて、皆さん、監査役会設置会社で補欠監査役を選任していた場合に、この
補欠が正規に監査役に就任した時は前任者の任期を引き継ぐでしょうか。

 つい、補欠とは前任者の任期を引き継ぐものだという固定観念が我々にあり
ますが、会社法336条3項の「定款によって、任期の満了前に退任した監査
役の補欠として選任された監査役の任期を退任した監査役の任期の満了する時
までとすることを妨げない」という規定からしても、補欠監査役だからといっ
て、このような定款の定めがないのに、前任者の任期を引き継ぐとは限らない
ことが分かります。

 また、前任者が3年の任期を残して辞任したからといって、3年前に補欠に
選任された者の任期が合計6年に延長するものではなく、補欠には補欠独自の
任期があります(相澤哲編著『新・会社法の解説』306頁)

 
「補欠=前任者の任期引継ぎ」という固定観念をそろそろ払拭すべき時期か
もしれません。

 なお、念のため、補欠の選任の効力は、会社法施行規則96条3項により定
款で延長することができますので、「3年前に補欠に選任された者」というこ
とがあり得ます。


2016.04.11(月)【金庫】
(金子登志雄)

 われわれ庶民には無関係ですが、マイナス金利の影響か、マイナンバー制度
の影響か、タンス預金用の金庫がバカ売れのようです。お上に資産を知られた
くないのでしょう。

 タンス預金って不安じゃないかと、ある人に話しましたら、いまの金庫は防
犯対策も火災対策も施されてると反論されたのですが、これもお値段次第のよ
うです。それよりも、インターネットのパスワードをよく忘れる私からみたら、
軽い痴呆症で金庫のダイヤルを忘れてしまうリスクのほうが大きいのではない
でしょうか。

 ネットで調べましたら、家庭用は、ホテルの部屋にある貴重品保管箱(セー
フティボックス又はセキュリティボックス)のようなもので、1万円前後でし
た。この程度なら、銀行に預けたほうが安心ですね。窃盗対策にはなっても、
強盗対策にはなりませんから。これ以上大きな金庫では床が抜けないかと別の
心配が生じます。

 銀行の金庫をみたことがありますか。私はちょこっとだけ信託銀行に勤務し
ていましたので、みたどころか、中にまで入っています。金庫なんてものでは
ありません。厳重な金庫室です。ドアを締められたら窒息死するのではないか
と思えるほど分厚いドアでできていました。もっとも、各支店の金庫には大金
を置きません。大金は、本店や別のもっと頑丈な金庫のある場所に移し、必要
の都度、移動させるからです。

 銀行金利は確かにばかばかしい値ですが、私は銀行は金銭の倉庫業だと思っ
ていますので、金利がゼロでも保管料を払わずに済むだけありがたいと思って
います。カードさえあれば全国のどこでも、コンビニでも降ろせるようになっ
ていますから、便利な私設移動倉庫のようなものです。


2016.04.08(金)【1申請の所要時間】(金子登志雄)

 登記資料が郵送されてきた場合、開封してから申請までに、平均で30分程
度が必要ですが、皆様はいかがですか。

 封を開ける。パソコン内に保存された過去の登記簿謄本を出し、それと照ら
し合わせながら、議事録等をチェック。よさそうだなと思うと、原本還付のた
めにコピーして、申請順に並べ、鉛筆で再チェックします。

 ここで、議事録に日付が抜けているとか、就任承諾書に住所の記載が漏れて
いるとか、さまざま気づき、会社に電話し、対応策を協議したりしますが、昔
と違って、コピーの量が1.5倍に増えました。

 第1に、新規就任に、本人確認書が必要になりました。
 第2に、取締役会の書面決議が増え、定款の添付が必要になりました。

 昨日の申請は、中小企業でありながら、3名辞任、3名就任、6名の取締役
による取締役会書面決議で代表取締役選任(各同意書に個人実印方式)でした
が、なんだかんだで、30枚程度になりました。同意書に印鑑証明書がついて
いるから、本人確認証明書として送られれきた住民票等を抜いたのですが、そ
れでも、30枚です。

 私の場合は、近くに性能のよい大型コピー機があるので、まだ恵まれている
ほうでしょう。個人開業の方は、きっと家庭用のコピー機で、コピーしている
のではないでしょうか。これでは、効率のよい申請は難しいでしょう。

 商業登記の真実性の名の下に、今後も枚数が増えて行くことでしょう。1つ
の申請の所要時間が増えるばかりですが、請求額は上げにくいのが辛いところ
です。

 提案ですが、「当社の定款には会社法370条の定めがある」とか「当会社
の定款には取締役の互選で代表取締役を定める旨の定めがある」というのを任
意に登記事項にすることを可能にしてほしいものです。さすれば、定款の添付
も定款のコピーも不要になるのですが………。


2016.04.07(木)【究極の併せて登記する義務】(金子登志雄)

 4月1日申請の登記は順調に仕上がっています。

 私の申請する登記は総じて早く終わります。理由は分かりやすい申請を心が
けているためだと思っています。

 例えば、ここが登記事項ですよと鉛筆で印をつけたり、登記官が迷いそうな
部分は説明資料を添付したり、他の実例を任意に添付して、これと同じにして
ほしい意思を示したりと、いろいろ工夫しています。

 さて、「併せて登記する義務」というのは、監査役設置会社の登記と監査役
の就任登記を一緒にしなければならないなどというときに使いますが、究極の
併せて登記する義務を発見しました。

 役員数の多い某社でABCDの4人が辞任届を出してきたので、その他の就
任登記などと一緒に申請したのですが、登記所から電話がありました。

 まさか、役員変更程度(?)でミスするわけがないと思って電話を受けると、
辞任のDさんは代表取締役でもあるので、その辞任登記が漏れているよという
電話でした。

 代表取締役も数人いる会社で謄本も分厚い会社でしたので、辞任取締役のD
が代表取締役を兼ねていることに気づきませんでしたし、ABCDの辞任届の
文章が全部同じにみえましたが、よくよく見れば、Dさんだけ「及び代表取締
役」が加わっていました。

 ABCD4人の辞任登記は、それぞれ別個の登記ですから、Aの辞任は4月
1日に申請し、Bの辞任は2日に申請し………ということが可能ですが、取締
役Dの辞任と代表取締役Dの辞任・退任登記は、別々に申請できないでしょう。

 こんな身近なところに併せて登記する義務の例があったとは、新鮮な驚きで
した。失敗も本欄あるいは著作のネタになります。よい勉強でした。


2016.04.06(水)【「消却」と「償却」】(島根・根来川弘充)

 先日、ある先輩の方とメールをやりとりしておりましたら、「償却」と記載
すべきところを「消却」と誤って記載していたことを指摘されました。

 会社法の文献では、「株式の消却」という文字を目にする機会が多いので、
思わず記載してしまったのですが、あらためて「償却」との違いは何であるか、
調べてみました。

 ところが、国語辞典を調べても、ネットを調べても、大抵は「償却」=「減
価償却」とあり、あまり「なるほど」という回答に出会えませんでした。

 減価償却は、固定資産と密接に関連しています。「償」は「つぐなう」とい
う意味があります。

 そうしますと、固定資産を持つことは、そもそもがあまり良くないことなの
かと思えてきます。

 そうしますと、「消却」の方が、現実に合っているのではないかと思いまし
た。


2016.04.05(火)【単位株式と単元株式】(金子登志雄)

 きのうは、ある上場会社の1単元100株の登記をしました。従前は1単元
1000株でしたから、株主にとっては議決権数が増えるし、投資単位が下が
り株主が増えることになり、歓迎です。

 この単元株式数は上場株式の購入単位にもなっています。例えば、新聞の株
式欄に500円(1株のこと)とあれば、1単元1000株時代は、50万円
ないと、この会社に株式投資することができませんでした。

 今後は5万円(500円×100株)で最低単位を購入することができます
から、5万円ならボクもワタシも買えると投資してくる人が増えるわけです。

 しかし、会社にとっては、株主が増えて経費の増大です。株主総会招集通知
の印刷部数も増えます。

 そこで、多くの上場会社は、同時に10株を1株に株式併合し、実質が変わ
らないようにしますが、きのうの会社はそれをしませんでした。ぐっと我慢し
たのでしょう。

 いまさらですが、昭和25年商法改正までは額面50円、以後は500円、
昭和56年商法改正で最低額面を5万円にしたため、それに合わせるため、額
面50円会社が1単位1000株にしたのです。当時は、単位株といいました。

 額面50円会社が大多数だった上場会社で1単元1000株が主流だったの
は、このためです。それを今度は1単元100株にせよというわけですから、
1単元1000株だった会社は、とんだとばっちりでしょう。おかげさまで私
の仕事が増えましたけど、こういうおこぼれ業務は、他人の不幸に付け入るよ
うで、うれしくありません。 



2016.04.04(月)【単元株式数は株式内容か】(金子登志雄)

 東京は桜の季節です。都内の某・桜名所の近くを歩いたところ、人・人・人
でした。桜よりも、桜を見に歩いている人を見ていた方が面白い感じでした。

 子供の頃、大きな桜が何本も埋まっている小学校の近くで育ったためか、桜
に対する感動は弱いほうですが、桜の木が大量に並ぶと、さすがに壮観ですね。

 さて、株式会社の登記事項を規定している会社法911条3項には「当会社
の株式を譲渡により取得するには、会社の承認を受けなければならない」とい
う事項を登記せよという規定が見つかりませんが、なぜ、登記事項とされてい
るのでしょうか。

 答えは、7号の「発行する株式の内容」に含まれているためです。登記記録
には独立して登記されますが、譲渡制限株式のことであり、株式の内容である
ことに変わりがありません。

 では、7号に「発行する株式の内容」とあり、8号には「単元株式数」とあ
るため、単元株式数は株式の内容に含まれないのでしょうか。株式内容である
議決権に制約を課すものですから、株式の内容というべきではないでしょうか。

 答えは会社法322条3項にあります。そこに「第1項第1号に規定する定
款の変更(単元株式数についてのものを除く)」とありますが、1項1号の中
で関係ありそうなものは、1項1号ロの「株式の内容の変更」しかありません。

 もし、322条3項の規定のかっこ書がなかったら、あるいは、911条3
項7号がなかったら、単元株式数は登記事項かと議論されていたことでしょう。
そして、登記通達で「株式の内容に含まれるため、従前どおり登記が必要」と
されていたのではないでしょうか。


2016.04.01(金)【種類株式別単元株式数】(金子登志雄)

 国も学校も企業も新年度の始まりです。当社は6月決算ですが、今日は新入
社員の入社式です。

 1年のうち、商業登記で最も忙しい時期ですから、私としても辛いところで
すが、新入社員にとっては、一生の思い出になる日です。監査役の私が兼業業
務を理由に欠席するわけにはいきません。昨夜のうちに申請の準備をしておき
ましたので、何とかなるでしょう。

 さて、普通株式、A種種類株式、B種種類株式を発行している種類株式発行
会社において、普通株式だけを「1単元100株」と定めることができるでし
ょうか。

 松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』39頁には、「種類株式発
行会社では、単元株式数は、株式の種類ごとに定めなければならない(法18
8条3項)が、各種類の株式につき単元株式数を同じとすることもできるし、
1の種類の株式に限り単元株式数を定めることもできると解されている。」と
あるため、私も著書では「できる。」という解説内容にしているのですが、実
例までは知りません。

 このたび、事前確認のうえ、これを実行いたしました。天下の東京法務局で
すから、全国的にも大丈夫です。

 以上に対して、普通株式は1単元100株、種類株式は1単元1株という実
例は結構あります。某上場会社もこれです。

 旧商法時代は端株制度と単元株式制度が併存していたため、単元を定めるな
ら、全部の種類株式に定めなければならなかったのでしょうが、会社法では端
株と単元株制度を統合したため、単元を定めない種類株式も認められたという
ことになります。


2016.03.31(木)【4月1日付社長交代】(金子登志雄)

 期首の4月1日が近づいたためか、上場会社の子会社(取締役会設置会社)
で社長又は代表取締役の交代案件が増えました。ほとんどの例が3月31日現
社長辞任、4月1日新社長就任です。

 辞任が代表取締役の「社長」に係る部分だけで、代表取締役として継続する
場合は、旧社長の廃印届、新社長の印鑑届の手続があります。「社長印」のバ
トンタッチです。

 辞任が代表取締役に係る部分に及び、取締役として継続する場合は、辞任届
で押す印鑑は届出済みの代表印になります(商業登記規則61条6項)。この
代表印は、ほとんどのケースが後任社長が引き継ぎますので、登記所で辞任届
に押されていた会社代表印と印鑑照合するには、後任の印鑑として届けられた
ものと照合するのでしょうか。へんな制度ですね。

 辞任が取締役についても及ぶ場合も、会社代表印の押印による辞任届になり
ますが、新社長については、選定した取締役会の日次第で、予選の問題が生じ
ますし、選任者各自の印鑑証明書の準備が必要です。

 こういうことに会社の総務部員が詳しいわけがありません。そこで我々の支
援が必要ですが、司法書士でも商業登記に専門的に従事していないと、そう簡
単には応えられないでしょう。廃印届の手続の経験がある人も少ないでしょう。

 印鑑証明書添付の要否についても、非取締役会設置会社では別の考慮が必要
ですし、取締役会設置会社でも、定款の定めにより株主総会で後任代表取締役
を選定した場合は、対応策が異なります。

 こういう場合はこうで、ああいう場合はああで………、あれ、商業登記は意
外に難しいのですね。私は慣れてしまったので、そういう感覚がなくなりまし
たけど。嫌味な自慢みたいですね。悪しからず。



2016.03.30(水)【最終貸借対照表】(金子登志雄)

 商業登記倶楽部の実務相談室で、3月決算会社が4月初旬に合併公告や減資
公告を出す際に触れる最終貸借対照表は昨年の定時株主総会で承認されたもの
で今年の3月末日のものではないということでよいかという確認の趣旨の質問
がありました。

 回答は、当然に「ご意見のとおり」ということになりますが、法務省令(例
えば、会社法施行規則199条7号)には「最終事業年度に係る貸借対照表」
としか記載されていません。

 これでは、今年の4月時点からみれば、今年の3月末日付と思われても仕方
ありません。

 会社法2条24号に「最終事業年度」につき定義があり、「各事業年度に係
る第435条第2項に規定する計算書類につき第438条第2項の承認(略)
を受けた場合における当該各事業年度のうち最も遅いものをいう」とあります。
つまり定時株主総会で承認を受けたものをいいますから、今年の3月は含まれ
ません。

 では、3月1日に設立されたばかりの株式会社が3月30日に公告するとき
は最終事業年度がないということになるのでしょうか。

 会社法2条6号に「最終事業年度に係る貸借対照表(………株式会社の成立
後最初の定時株主総会までの間においては、第435条第1項の貸借対照表を
いう」、つまり成立時の貸借対照表が最終貸借対照表だとあるため、一瞬、ド
キッとしますが、これは資本金5億円超の大会社かどうかの判定の際の最終貸
借対照表のことであり、合併公告等では、決算承認のなされていないものにつ
いては最終貸借対照表と言いません。会社法施行規則199条5号にも「公告
対象会社につき最終事業年度がない場合」とあり、会社成立直後は、その規定
の対象になります。

 商業登記専門の司法書士には常識でも、たまにしか商業登記に従事しない人
には、きっと不安に思うのでしょう。



2016.03.29(火)【出資の価額】(金子登志雄) 

 昨日話しました通り、本日は3月決算会社の「権利落ち日」ですので、これ
に触発されて、株式の取得価額と出資価額の相違を考えてみました。

 合同会社の設立定款では、社員ごとに出資の価額を定款に記載します。株式
会社が組織変更で合同会社になったり、合同会社に合併されたりした場合も、
株主が合同会社の社員になる限りは出資の価額を記載しなければなりません。

 さて、1株5万円で発行された株式が転々流通し、Aが取得した時には20
万円になっていたというときに、Aの出資の価額はいくらでしょうか。

 これは5万円でしょう。会社への入金額と株主の取得価額とは相違します。
では、この会社が過去に1株8万円、10万円、12万円、15万円で新株を
発行していたとき、Aの出資の価額はいくらかというのは分かるものなのでし
ょうか。

 株主名簿がしっかりしており、Aまでの取得経路が分かれば出資の価額も分
かりますが、分からなかった場合はどうなるのでしょうか。

 これ、会社法制定後に商業登記倶楽部の神崎先生経由で質問してもらったこ
とがありますが、どうも、持分会社になる場合は株主全員の同意が必要なので、
適宜定めてよさそうです。

 ずっとその段階で今日まで来ましたが、最近になって、コトはそう簡単には
終わらないことに気づきました。定款に記載された社員の出資の総額と合同会
社の資本金と資本剰余金の合計額が一致しないと、定款と貸借対照表の不一致
が生じてしまうからです。

 幸い、こういう複雑な事案が生じていないので、いままで何も問題とされて
いませんでしたが、今後も同様でしょう。合同会社に組織変更する会社は株主
1名又は数名以内がほとんどですから。



2016.03.28(月)【配当生活】
(金子登志雄)

 長らくサボっていましたので上記のようにTOPICSを整理いたしました。
8冊もあるじゃないですか。しかし、ここで何度も書いているように実務書は
何万部の小説と相違し、2、3000部も売れれば「御の字」の世界ですから、
印税生活など無理です。コンビニのアルバイトのほうが効率がよいでしょう。

 では、銀行が当てにならないマイナス金利のご時世に、株式投資による配当
生活であれば、いくらあれば生活が可能かと、土日の暇つぶしに調べてみまし
た。というのは、3月決算会社の配当基準日が3月31日でも事務処理の関係
で本日が権利確定日だからです。明日購入しても「権利落ち日」で配当にあず
かれません。

 上場会社3500社中、配当しているのは3000社近くで、配当性向のよ
い会社は5%程度のようです。ヤフー・ファイナンスによると、大塚家具や三
井物産も配当性向のよい会社になっていました(残念ながら当社は昨年度は無
配でした)。

 5%を前提とすると、1億円の投資で年間500万円です。暮らしていけそ
うですが、全額とも株式投資というわけにはいきませんから、2億円は余剰資
金を持っていないと無理のようです。私は、ここで脱落です。

 もっとも、昔から退職金を銀行金利よりもよいという理由で東電株を取得す
る人が多かったのですが、当然ながら、いまは無配です。あの日を境に暴落し
ましたので、元本も大きく目減りしました。

 やはり庶民が資産を残すには使わないのが一番かもしれませんね。極貧生活
を優雅に送る方法でも研究しましょうか。おじいさんは山に柴刈りに行き、お
ばあさんは川に洗濯に行けば、金の卵の桃でも流れてくるかもしれません。



2016.03.25(金)【免責登記の登記記載例】(金子登志雄)

 あの乙武君が5人の女性と浮気とは……。元東京都教育委員ですから、免責
されませんね。といいながら、何ともうらやましいこと。これで私のような持
てない男の反感を買ったから参議員選挙には出ない方がよいでしょう。

 さて、免責といえば、会社分割等で免責の登記をしたいというニーズがあり
ます。私もこれまで、3、4度経験しています。

 つい、最近、商業登記倶楽部の過去の実務相談室で知ったのですが、新設分
割の際も免責の登記が可能かという照会に対して、下記のような東京法務局回
答があるようです。

----------------------------------------------------------------------
〔回答〕
 登記が可能である点はご照会のとおりですが、記載例は以下のとおりとなり
ます。また、登記申請に当たり添付書面は従来と変更がないことを申し添えま
す(会社法第22条第1項の類推適用がされ得る等についての疎明資料等の添
付は不要です)。

記載例
「商号譲渡人の債務に関する免責」
 当会社は平成○年○月○日事業の譲渡を受けたが、譲渡会社である○○会社
の債務についてはその責めに応じない。

 なお、登記するに当たり、当該事業譲渡が売買、現物出資、会社分割のいず
れかに基づくものであるか、また会社法第22条第1項の適用又は類推適用が
されるべきものと考えられる事情(屋号の使用継続等)については要しないも
のとされましたので、ご了承ください。
----------------------------------------------------------------------

 極めて真っ当な内容ですが、登記所によっては、この記載例どおりでないと
登記を受理しないと応えるところもあるようです。

 しかし、それだったら「責に任じない」という従来型の表現も不可なのか、
「会社分割により事業の譲渡を受けたら」と理由を挿入したら不可なのかとい
うことになります。会社分割と書いてないからという理由で会社分割の債権者
から債務を請求されたとき、どう対応すればよいのでしょうか。

 東京法務局には他の地域の法務局を従わせる権限まではないわけですから、
文字どおり記載「例」の1つであって、他の表現を認めないという意味はない
でしょう。現に、上記の記載例以外の実例は全国に多数あります。


2016.03.24(木)【法人社員】(金子登志雄)

 合名会社・合資会社・合同会社を総称して「持分会社」といいますが、持分
会社について文章を書くのは意外に難しいことに気づきました。

 合名会社の社員は個人としても債権者に無限の責任を負う………法人も社員
になれるのだから、個人的責任という表現でよいのか?

 合名会社が合併存続会社となり持分を発行すると………株式ならともかく持
分についても発行というのかと突っ込まれました。

 そもそも持分会社の構成員を「社員」と書くと、一般の方は「社員=従業員」
という感覚なので、話が通じません。社員になることを「入社」(登記の面で
は「加入」といいますが、まるで途中入社の社員のようです。

 また、株式を相続することができることはどなたも疑いませんが、持分(社
員の地位)は原則として相続することができません。死亡は退社事由です。

 え?なぜ?その財産は誰のものになるの?………という当然の疑問が生じま
すが、財産権である払戻請求権は株式と同様に相続することができるが、社員
の地位(主として経営参加権)は相続することができないという意味です。

 株式(株主たる地位)は相続することができますから、議決権は財産権なん
でしょうか、経営参加権だが、業務執行権を含んでいないというだけでしょう
か。深く考えると不明点が多く、勉強にはなります。


2016.03.23(水)【本欄の回答2点】(金子登志雄)

 17日の本欄に「会社代表者として届出印の印鑑証明書を添付すれば、資格
証明書は不要ではないか。不動産ではどうなっているのか」という疑問につい
て、司法書士仲間から回答がありました。

 特別清算の開始の命令がなされた株式会社にあっては、清算人の代表権が制
限されることがあるのに印鑑証明書ではその事実が判明しないなどの理由で、
不動産登記においては、印鑑証明書をもって資格証明書に代用できないという
ことのようです(登記研究713号カウンター相談)。

 しかし、上記は不動産登記での回答であること、清算人の代表権であること
から、商業登記では、代用できる余地は十分にありそうですね。

 次に、18日の本欄の「辞任」の登記が正しくは「解任」だとした場合に、
更正登記が可能でしょうと記載したことに対して、本欄閲覧の友人の司法書士
から、「確か、昭和20年代の判例に、退任の事実には変わりなく、登記を求
める利益がないから、辞任を解任とする更正登記は受理されないというのがあ
ったような………」というメールをいただきました。

 ネットで調べましたら、下記がみつかりました。イの部分です。
 
 http://www.geocities.jp/twypw828/kmssH18pm28s.htm

 判例は抹消不可の内容で、更正不可までは判示していないようです。確かに
紛らわしい判例ですね。受験生はお気を付けください。


2016.03.22(火)【ぼた餅とおはぎ】(金子登志雄)

 お彼岸3連休でした。ゆっくり休めましたか。だいぶ暖かくなり、春眠暁を
覚えずだった方も多いことでしょう。

 さて、お彼岸というと、ぼた餅又はおはぎですが、これまでずっと、粒あん
のぼたぼたした大きいものがぼた餅で、こしあんの小さな品のよいものがおは
ぎだと思っていましたが、ネットによると違う説のほうが多いようです。

 小豆を秋に収穫して、皮も柔らかいから、そのまま粒あんにした秋の「萩」
の時期のものがおはぎで、春まで小豆を保存すると皮が固くなるため皮をとっ
たこしあんが春の「牡丹」の時期のぼた餅だと、もっともらしく説明している
ものもありました。

 まさかと思って、いろいろネット検索しましたら諸説あり、私の見解も間違
いではないようです。粒アンかこしあんか関係なく、春のものがぼた餅で、秋
のものがおはぎというだけで、カレーライスとライスカレーの相違程度のもの
のようです。

 株式投資用語には「節分天井、彼岸底」というものがあります。おめでたい
新春相場で節分までは上がるが、そこから下がり始めてお彼岸の時期に底を打
つという格言ですが、単なる経験則に過ぎません。

 司法書士業務は3月末を控え「節分底に、彼岸天井」になるのか、寝る暇も
ないとメールをくれた友人の司法書士もいましたが、3月は不動産登記の駆け
込みが多いのでしょうか。

 商業登記中心の当事務所は、ぼた餅とおはぎの相違を調べるくらい時間的余
裕があり「節分底、彼岸底、本日も平穏なり」です。これが一番ですね。


2016.03.18(金)【登記申請の利益】(金子登志雄)

 訴訟の場合は訴えの利益がなければ、審理に入らず訴訟は却下されます。登
記にも、これがありそうです。登記事項でないもの(決算期など)を申請して
も、即却下です。

 では、取締役/金子登志男/平成27年12月26日辞任

と登記されているとき、登志「男」ではなく、登志「雄」だから、更正登記を
したいと申請した場合はどうなるでしょうか。

 確認しましたところ、更正登記は現に効力があるものを正しく直す登記だか
ら、効力が終了済みのものは更正登記の対象にならないそうです。「高」橋で
はなく「髙」橋に更正したいというのも不可でしょう。

 理由はよく分かりませんが、効力がないものを更正する利益がないというの
ではないかと想像しています。

 上記が「辞任」ではなく「解任」だというのなら、辞任の登記として効力が
あるので更正することができるでしょう。氏名や住所は、その人を特定する要
素であって、効力事項とはいえません。

 30年以上もこの仕事に関わりながら、いまだに新発見がありますので、登
記もなかなか深いところがあります。

 ところで、月曜日は休みなんですってね。昨日、当社の社員に聞かされ、思
わず「え?」と声を上げてしまいました。自由業はいつでも勝手に休めるので、
曜日の感覚も祝日の感覚もおかしくなります。

 雇われていた頃は、次の休みの日は、まだかまだかと待っていたものですが、
こうも変わるものかと不思議な感覚でした。3連休、本欄のネタでも考えてお
きます。ネタ不足だと言いながら、もう9年も1日も休まず書いています。我
ながら、ようやりますね。



2016.03.17(木)【免責の登記の添付書面】(金子登志雄)

 昨日は、会社分割に伴う「商号譲渡人の債務に関する免責の登記」で考えて
しまいました。

 例えば、東京のA社が新設分割により横浜でA社を設立したとします。この
場合でもB社で免責の登記ができる旨の文献は多数あり、問題ないのですが、
添付書面について触れてある文献は少ないようです。

 今回のケースは新設分割登記の完了後に免責の登記をすることになったもの
ですが、登記所の管轄が違うから、A社の承諾書が必要で、そこにはA社の代
表印を押し印鑑証明書をつけ、かつ資格証明書用にA社の登記事項証明書等を
添付する必要があると記憶していました。

 ところが、私の連絡ミスだったのか依頼者から送付されてきたのは、B社の
登記事項証明書でした。

 なぜ、私がA社の登記事項証明書を準備しようとしたかというと、新設され
た商業登記法19条の3には、「この法律の規定により登記の申請書に添付し
なければならないとされている登記事項証明書は、申請書に会社法人等番号を
記載した場合その他の法務省令で定める場合には、添付することを要しない」
とあっても、本件の承諾書に必要な登記事項証明書は「この法律の規定により
登記の申請書に添付しなければならないとされている登記事項証明書かどうか
という疑問があったからです。

 しかし、商業登記法には明文規定がないとはいえ、商業登記法が要請してい
ないなら、添付する必要もないはずだと考え直し、会社法人番号記載で申請し
てみました。

 補正通知があるかなと思いながら、その後、ふと、印鑑証明書で会社の存在
も代表権の存在も明らかなのに、なぜ資格証明書が必要なのかという新たな疑
問が出てきました。共同代表は今は登記できませんから、共同代表でない証明
は不要です。テイハンの書式精義では、登記事項証明書が添付書面ではない雰
囲気です(添付書面欄に記載がありませんでした)。

 当たり前のように記憶していたことも、いざとなると、さまざま疑問が出て
くるのが実務だとはいえ、いまさらながら、本当に資格証明書の添付は必要な
のかという疑問が出てしまいました。不要のように思いますが、司法書士各位
は、いかがですか。不動産登記の場合は、いかがですか。



2016.03.16(水)【定款に対する認識差】(金子登志雄)

 昨日は、はじめて某県の公証人役場で定款認証を経験しました。

 登記所にもローカルルールがありますが、公証人役場のほうが、もっと地域
差が大きいですね。

 東京と横浜は、定款認証の委任状と定款案との間に契印がなくとも認証に支
障がありません(少なくとも私が行きつけの公証人役場では)。

 また、大手登記所と同じく、小さいことにこだわりません。例えば、定款の
附則に「当会社の最初の代表取締役は、○県○市○町○丁目○番○号〇〇○と
する」としても、何の問題もなく認証してもらえますが、地方に行くと、ここ
は「設立時代表取締役」にせよなどと言われます。

 東京で、こんなことをいわれましたら、「ああ、そうですか。では、別の公
証人役場を探します」と対抗することができるのですが、地方に行くと、そこ
しか近所の公証人役場がありませんから、「まぁ、このくらいは妥協するか」
と対応するしかありません。こんなところに、力関係の差が生じます。

 また、いつも思うのですが、司法書士や登記所は、定款なんていつでも変更
できる対象として、重きを置きませんが、公証人は、定款は会社の憲法であり、
特別に重大なものという意識の差があるようです。

 この点は、理念としては公証人役場が正しいのですが、世の中の実態は、定
款とは登記に必要なもので司法書士や行政書士が作成するものという意識でし
ょうか。株主数が多数にならないと、「定款=根本規則」という実感が出てこ
ないものです。

 ところで、電子署名が円滑に行かずに困っていませんか。下記のお知らせの
3月9日のところをみてください。私のパソコン顧問のリーガルさんに教えて
もらい、助かりました。

  http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/


2016.03.15(火)【業務スタイル】(金子登志雄)

 先日、地方都市で活躍している司法書士さんから、都会の商業登記事務は総
務部等との電話やメールのやり取りが多いので、うらやましい。地方都市では、
面談が多いので効率が悪いといわれました。

 確かに、そうかもしれませんね。都会の開業である私は1週間のうちで顧客
にお会いするのは、数日程度で、あとの全部が電話かメールです。ですから、
事務所に行くのは、送付された議事録など登記申請書類を取りに行くためのよ
うなものです。

 他の都会のベテラン司法書士も、自分が顧客先に出かけたら、時間配分の点
で効率が悪いので、できるだけ来てもらっているといっていました。より多く
の顧客と面談するためだそうです。

 若いうちはフットワークのよさを売り物にするのもよいでしょうが、効率の
点では、「先生」は動かない方がよいでしょう。

 信託銀行の新人のとき、銀行のテラーに配属になりました。お客様を待たせ
るのは申し訳ないと思い、事務方にまだか、まだかとせかせました。

 上司から呼ばれました。「金子なぁ、銀行というのは待たされるところだと
お客様に思ってもらうようにするのも君の仕事だろう」と叱られました。

 それ以来、「30分程度お待たせするかもしれませんので、買い物でもあり
ましたら、先に済ませてください」とお客様を外に出すよう心がけました。

 私は、この上司の教えを今も守っています。「金子に用事があれば携帯がよ
い。朝でも深夜でもかまわない。いつでも即答してくれる。その代わり、午前
中に面会を申し込むな。まだ事務所に来ていないことが多い」と、長年かけて
お客様に認識してもらうようにしてきました。

 おかげさまで、いまでは、固定電話にかけてくるお客様はほとんどなく、午
前中に会いたいという電話も、めっきり少なくなりました。午前中は、前日深
夜から続く議事録作成や執筆などの時間です。


2016.03.14(月)【確定申告時期に思う】(金子登志雄)

 司法書士ほか自営業の皆さん、確定申告はお済みですか。明日までです。

 当事務所の経理事務については私の身内に任せており、とっくに済んでいま
すが、ありがたいことに(?)、今回は、税金がぐっと安くなりました。

 そうなんです。昨年は、残念ながら、減収、減益でした(減収とは売上げの
ことで、減益は利益のことです)。ここ10年ほど、ボックス相場が続いてお
り、成長も衰退もありません。当事務所の高度成長期は旧商法時代に終わり、
会社法以降は安定期が続いています。

 ボックス相場というのは投資用語で、一定の高値と安値の間を波打っている
状態のことですが、たまたま、一昨年が高値圏、昨年が安値圏だったというだ
けでした。大口の組織再編の仕事が多いか少ないかよって、当事務所の収入も
上下します。著作の印税などは、大勢に影響がありません。

 安値圏でも、まだ、ボックスの底を突き破っていませんし、個人事業ですか
ら、これで十分ですが、大手事務所や企業の場合は成長が止まって将来性がな
いと判断されてしまうことでしょう。

 従業員に対して年功序列で賃金を上げて行くなど成長が宿命づけられている
大手事務所や企業の経営者の心労は、われわれ個人事務所の比ではないと思い
ます。

 アベノミクスで大企業はだいぶ内部留保を貯めこんだようですが、それは庶
民の財産が企業に移転しただけで、各種の統計では、庶民の生活はますます厳
しさを増しているようです。

 格差社会を進展させる政策が小泉政権時代から進んでいますが、このような
中で大手事務所や企業の経営者は、生き残りをかけて「よい人」でい続けるこ
とができないわけですから、1人事務所の当事務所は気楽です。ずっと「よい
人」でいられます。「経営者=幸せ」とは決していえないので、今後も1人事
務所でいようと思っています。


2016.03.11(金)【あれから5年】(金子登志雄)

 あれから5年ですね。携帯電話が全く通じず、会社に寝泊まりして翌朝帰っ
たことをよく覚えています。

 忘れやすい日本国民、いや亡国の日本マスコミは、あの日のことよりも、清
原問題やベッキーや政治家さんの不倫のほうに関心が向いているようで情けな
い限りです。

 煙もでていないのに小澤問題のときは小澤氏をしつこく犯罪者扱いして追及
し民主党政権をつぶした検察やマスコミも、もうもうと煙が出ている甘利問題
はスルーしています。実に分かりやすい単純明快な権力構造ですが、日本はま
だまだ民主国家・文化国家への成熟度がこんなものだということでしょう。

 アンダーコントロールと堂々と世界に発信した総理、あの事故は管さんを首
相にしたから天罰が当たったとほざいた班目(まだらめ)元原子力安全委員長
といい………、誰も責任を取らない日本社会の仕組み………。

 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00318311.html

 日本人はもっともっと怒るべきであり執念深くならねばならないと思ってい
ますが、残念ながら、私はこの点においては少数派のようです。

 わが愛する日本国はどうなるのかと心配の種は尽きませんが、こういう問題
をここで取り上げることに疲れてしまいました。これではいけないと思うので
すが、今回はこの程度にしておきましょう。



2016.03.10(木)【保育園落ちた】(金子登志雄)

 「保育園落ちた。何が一億総活躍社会だ」という趣旨の匿名ブログがじわじ
わと広まっているようです。

   http://tanakaryusaku.jp/2016/03/00013170

 本欄を閲覧している方々の中にも、他人ごととは思えない方も少なくないで
しょう。

 老人の私にとっては、他人ごとですが、私も若い頃は、毎朝、子供を無認可
保育園へ送っていましたので(もちろん公立を落とされたため)、ブログ主の
気持ちはよく分かります。

 夫婦の収入が多いから公立に入れなかった………とんでもございません。妻
はともかく、私は当時から我儘勝手のフリーターのような存在でした。

 保育園からは何度も微熱があるから子供を引き取れなどという電話をもらっ
たものでした。行ってみれば、37度台でも、保育園からすれば、危険物は預
かれないということだったのでしょう。

 ところで、私も当時まで知らなかったのですが、幼稚園は文科省管轄だが、
保育園は厚労省管轄です。ご存知でしたか。保育園は保育に欠ける幼児を扱う
ところです。

 「保育に欠ける」といっても、いまの小学1年生の多数が保育園育ちだと聞
いています。それだけ女性が活躍する時代になったのでしょう。小学生になれ
ば「学童保育」という制度があります。

 安倍自民党もアベノミクスの失敗が常識になっただけでなく、女性を敵に回
してしまっては選挙に困るはずなのに、権力に弱い大手マスコミが強い味方で
いてくれるためか、いまだ高支持率をキープしているようです。


2016.03.09(水)【株式交換の割当事項】(金子登志雄)

 最近、株式交換の質問が増えたように思っていますが、吸収合併と株式交換
との相違点に関しては、十分に認識されていないようです。

 最大の相違点は、会社が解散するかどうかです。

 その結果、株式等の対価の割当事項には次のような差が生じます。
----------------------------------------------------------------------
吸収合併:吸収合併消滅株式会社の株主(吸収合併消滅株式会社及び吸収合併
 存続株式会社を除く。)又は吸収合併消滅持分会社の社員(吸収合併存続株
 式会社を除く。)に対する同号の金銭等の割当てに関する事項
株式交換:株式交換完全子会社の株主(株式交換完全親株式会社を除く。)に
 対する同号の金銭等の割当てに関する事項
----------------------------------------------------------------------

 会社法749条1項3号と768条1項3号との比較ですが、かっこ内を比
較すると、相手会社の自己株式に割り当てられるかどうかの差が読み取れます。

 吸収合併では相手が消滅し、相手の自己株式も消えてしまうので何も割り当
ててはならないが、株式交換では割当対象であり、完全子会社は完全親会社の
株式を保有することになります。子会社が親会社の株式を保有する関係です。

 相手の保有する新株予約権に対しては、次のようになっています。
----------------------------------------------------------------------
吸収合併:吸収合併消滅株式会社の新株予約権の新株予約権者に対する同号の
 吸収合併存続株式会社の新株予約権又は金銭の割当てに関する事項
株式交換:株式交換契約新株予約権の新株予約権者に対する同号の株式交換完
 全親株式会社の新株予約権の割当てに関する事項
----------------------------------------------------------------------

 会社法749条1項5号と768条1項5号との対比ですが、会社が消えて
なくなる合併では、新株予約権者に金銭の補てんが可能ですが、完全子会社と
して存続し続ける株式交換では、新株予約権を承継するかしないかだけであっ
て、金銭交付を認めていません。新株予約権を消滅させたければ、完全子会社
で勝手にやればよいことで、そこまでは完全親会社に口出しさせないようにな
っています。



2016.03.08(火)【恩返し】(仙台・立花宏)

「わかりました。日本人を救援するための特別便を飛ばしましょう。」
「ええ、ほんとうですかっ」

 堀内は、オザルの決意に驚いた。

「ほんとうもなにもありません。飛ばします。それだけのことです。」
「いや、でも・・・・・」

「制限時間は、あと24時間足らずです。飛ばさざるを得ないでしょう」
(中略)

「これはエルトゥールル号の恩返しです」

(秋月達郎著「海の翼」PHP文芸文庫より)

 最近、あまり小説を読む時間がとれていなかったのですが、久しぶりに時間
をとって、ある小説を読みました。冒頭はその小説の一節です。

 1985年、イラン・イラク戦争の際、イラクのフセイン大統領(当時)は、猶
予期間以降にイラン上空を飛行する航空機は無差別に撃墜するとの緊急宣言を
行いました。

 戦争状態で危険が増す中、日本大使館より、イランに在留する邦人に対して、
出国勧告がなされていました。他国も自国民をイランから退避させつつありま
した。

 しかし、戦争という危険状態のため、日本とイラクの定期便はありませんで
した。他国は自国民の救出を優先し、日本人が、イランから出国するために利
用できる航空機はほとんどありません。イラン在住の日本人はイラン国外へ退
避する手立てが見出せずにいました。そんな中の無差別撃墜宣言です。

 各国は自国民の救出を急ぐ中、日本は様々な事情から、自国民を救出するた
めの飛行機を飛ばせません。

 イランの日本大使館が在留邦人のために、イラン国外退避のための航空チケ
ットを確保しようと奔走しますが、在留邦人全員を退避させるだけの数はとて
も確保できません。
 もはや、在留邦人全員を退避させることは不可能なのか。

 絶望が在留邦人関係者の気持ちを支配しつつある中、ある商社のトルコ支店
長が、一縷の望みをかけて、トルコのオザル首相に、イラン在中の日本人の救
援を要請しました。

 しかし、実はイランには、まだ出国できずにいる多くのトルコ人達がいたの
です。

 そのような状態の中、トルコが日本人救援のために航空機を派遣する余裕が
あるはずがありません。要請はしつつも、半ば、あきらめかけていました。

 ところが、オザル首相から返ってきた言葉は、冒頭の言葉でした。

 信じられない回答でした。自国民を救援するのも難しい中、日本人を優先し
て助けてくれるというのです。トルコはなぜ、自国民よりも優先して、日本人
を航空機に乗せ、助けてくれたのか。

 その理由を、「エルトゥールル号の恩返し」だというのです。
 エルトゥールル号とは、いったい、なんなのか。

 それは、イラン・イラク戦争の100年近く前、1890年の出来事でした。
和歌山県の小さな村の沖で、悪天候の中、オスマン・トルコの軍艦が座礁し、
沈没しました。多数の犠牲者が出ましたが、小さな村の住民は、献身的にその
軍艦の乗組員を救助しました。なけなしの食料も提供しました。おかげで数十
名の乗組員が助かり、そしてその後、救助された乗組員たちは、日本政府によ
り、母国へと送り届けられたのです。

 この史実を100年近くもの間、トルコの人たちはずっと、語り継いできてく
れたのです。
 そして、イラン・イラク戦争の際、日本人がトルコに救いを求めたとき、そ
の恩返しだと、危険を顧みず、日本人への救援を行ってくれたのです。

 その約14年後の1999年、トルコ北西部で大地震が起こりました。その際、
イラン・イラク戦争の際、イランで救われた日本人達は義捐金募集活動を行い、
日本政府も、迅速に被災地への救援活動を行ったそうです。それは、イラン・
イラク戦争の際の恩返しという思いからでした。

 東日本大震災から5年になります。
 復興はまだまだ、道半ばです。しかし、被災地はこれまで、全国から、そし
て、世界中から、たくさんの支援をいただきました。
 復興にまい進する中でも、この御恩に対する感謝の気持ちは忘れないように
しよう。
 そして、この感謝の気持ちが受け継がれるよう、努力していこう。
 防災への意識とともに、感謝の気持ちが受け継がれていくことは、きっと、
未来の人たちにとっても、大切なことに違いない。

 この小説を読み、そんなことを考えさせられました。


2016.03.07(月)【合名・合資会社の資本金】(金子登志雄)

 3月になり関東地区も若干暖かくなりました。春が近い感じで絶好のデート
日和ですが、還暦も過ぎると、誰も相手をしてくれなくなりますので、土日も、
いつもどおり、唯一、私の相手をしてくれるPCの前に座り続ける日々でした。
受動的なテレビ視聴よりは、まだマシですね。

 さて、株式に種類があるごとく、会社にも株式会社、合名会社、合資会社、
合同会社という4種類の会社があります。合名・合資・合同会社をまとめて持
分会社ということもあります。

 会社の種類を変更することもできます。株式会社が持分会社のいずれかにな
ること、その逆のことを「組織変更」といい、持分会社の中で他種類の会社に
なることを「種類変更」といいます。

 単に器が変わっただけで、中身(実質)は変わりませんから、資本金も変化
しません。

 ここで実務上困難なのは、合名・合資会社が資本金が登記事項である株式会
社に組織変更したり合同会社に種類変更する際に、引き継ぐべき合名・合資会
社の資本金額がいくらだったか、はっきりしないことです。

 合名・合資会社の社員(構成員)は会社の債務につき個人としても責任を負
いますから、いつ出資してもよいし、出資した分を引き出して個人のものにし
てもかまいません。

 したがって、出資された範囲で資本金額を決めることになっていますが、実
際には何も決めていないで、貸借対照表上も、資本金〇〇円、資本剰余金〇〇
円ではなく、出資金〇〇円などとされているのではないでしょうか。

 であれば、株式会社や合同会社に変更する直前に鉛筆を舐めて、資本金〇〇
円、資本剰余金〇〇円と決めるしかありません。また、それで十分ではないで
しょうか。あまり難しく考える必要はないと思っています。


2016.03.04(金)【クイズのような計算規則】(金子登志雄)

 会社計算規則は実に難しく、これについて本を書ける人は、会計士さんを含
めて、そんなにいません。私は、会計のど素人でありながら、その1人ですが、
とにかく楽しいのです。ときどき、馬鹿にしたような規定があります。

 会社法626条4項に次のようにあります。
---------------------------------------------------------------------- 
「剰余金額」とは、1号に掲げる額から2号から4号までに掲げる額の合計額
を減じて得た額をいう。
 1号:資産の額
 2号:負債の額
 3号:資本金の額
 4号:法務省令で定める各勘定科目に計上した額の合計額
----------------------------------------------------------------------
 つまり「資産-負債-資本金-4号」(1式)ですが、この4号の法務省令
とは計算規則164条です。そこには次のようにあります。
----------------------------------------------------------------------
 法626条4項4号に規定する法務省令で定める合計額は、1号に掲げる額
から2号及び3号に掲げる額の合計額を減じて得た額とする。
 ① 法626条4項1号に掲げる額
 ② 法626条4項2号及び3号に掲げる額の合計額
 ③ 次のイからホまでに掲げる場合における当該イからホまでに定める額
----------------------------------------------------------------------
 つまり、「資産-(負債+資本金)-③」(2式)です。

 2式を1式に代入すると、
「資産-負債-資本金-{資産-(負債+資本金)-③}」であり、資産などは
相殺されて、答えは③になります。

 なら、会社法626条4項は、「剰余金額」とは、「次のイからホまでに掲
げる場合における当該イからホまでに定める額」として、わざわざ法務省令に
委任する必要もないのに、あえて遠回りさせるのです。

 きっと皆様の忍耐力をテストしているのでしょう。馬鹿にするな!と思いま
せんでしたか。私は、こういうのを面白いと思ってしまいますが。


2016.03.03(木)【清算会社の監査役の任期】(金子登志雄)

 昨日は、会社が解散し清算会社になることは、取締役の役割が終え、新たに
清算会社が設立されるのに近いから、清算人には「年月日就任」の登記がなさ
れないと話しました。

 ところが、監査役については役割が終わらず退任もせず、そのままにされま
す。しかし、会社法480条2項には「336条の任期の規定は、清算株式会
社の監査役については、適用しない」とあります。この関係をどう考えるべき
でしょうか。

 松井・ハンドブック3版521頁によると、「清算手続中の監査役について
は、法律上の任期の上限はないが、通常の会社は定款で任期を定めているため、
当該定款の定めに従い、監査役は退任する」との見解が紹介されていました。

 さて、3月決算の甲社が平成28年2月29日に解散いたしました。その定
款には「監査役の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のも
のに関する定時株主総会の終結の時までとする。」とありましたが、平成24
年6月の定時総会で就任した監査役Aの任期はいつまででしょうか。

 そんなの聞くまでもない、今年の6月の定時総会終結時までだと思った方は
知識不足か、ふだんから権威本を信じてしまう傾向がありませんか。

 よく考えてください。会社が解散すると事業年度がなくなり清算事務年度が
開始します(会社法494条1項)。4年以内に終了する事業年度が到来しな
いのです。
 
 到来しないのなら、解散した平成28年2月29日までが最後の事業年度だ
と考えたいところですが、その事業年度に対応する定時株主総会はありません。
そもそも「平成27年4月~平成28年2月」は、事業年度ではありません。
途中で挫折した事業年度の一部です。

 結局、解散の日までの「事業会社の監査役」が、その日を境に法の定めによ
り「清算会社の監査役」に変身したのであり、この清算会社の監査役には定款
に定める任期の適用がないと考えるしかありません。

 もし任期の適用があるとすると、昨日紹介した「指名委員会等設置会社が解
散したら監査委員が自動的に監査役になる」という場合に、定款の任期の定め
が適用されるのでしょうか。

 その他の理由もありますが、松井本に記載されている見解は旧商法時代の遺
物に過ぎないというべきでしょう。


2016.03.02(水)【清算人は独立の登記?】(金子登志雄)

 会社が解散し、株主総会で清算人としてAを選任すると、登記記録にAの就
任年月日が記録されません。

 これにつき、松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』703頁には
「最初の清算人に関する登記は、独立の登記であり、その就任の登記………に
おいて、就任年月日………は公示されない(昭41・8・24民甲2441号
回答)」とありました。

 最初の清算人の登記は独立の登記だからという理由ですが、これでは何のこ
とか分かりません。私の推測は、清算株式会社の「設立」に準じるから、設立
後最初の取締役と同様に就任年月日を書く意味がないというものです。

 ここで疑問が生じました。解散と同時に、監査役を選任した時、就任年月日
は記載されるのでしょうか。

 独立登記説では、監査役の登記は独立の登記とはいえないので、就任年月日
が登記されるということになりそうですが、会社設立登記に準じるからという
私見によると登記不要説になりそうです。

 そこで、会社法477条6項に指名委員会等設置会社が解散したら監査委員
が自動的に監査役になるとあったので、その登記記録例をみましたら、案の定、
就任年月日が記載されていませんでした。

 やはり登記不要が正しそうです。


2016.03.01(火)【マイナンバーカード】(島根・根来川弘充)

 マイナンバー制度がはじまって、マイナンバーカードを申請されている方も
おられると思います。

 先日、「マイナンバーカード申請をした。」という方のお話をお聞きしまし
た。その方のお話では、書類を2、3枚書いて、運転免許証の写しをつけてマ
イナンバーカードの交付を受けたそうです。

 一人につき、3枚程度の書類ですが、わが島根県の人口が約70万人ですの
で、県民全員が登録するとなると210万枚の書類になります。

 別なところで、知り合いの税理士さんから、マイナンバー制度のために、金
庫や部屋を増やしたというお話も聞きました。

 改めて、各市町村役場によるこれらの書類の管理は、大変なものだろうと思
いました。

 マイナンバーカードの申請をすると、いろいろ特典もあるようですが、私自
身は、もう少し見守りたいと思います。


2016.02.29(月)【清算結了の申請人】(金子登志雄)

 あれ、今年は閏年なんですね。今、はじめて気づきました。いかに、会社法
及び商業登記オタクの生活を送っているかの証左ですね。いや、書き物に忙し
く精神的ゆとりがないのかな。気の毒な私です。本徒然を書くときだけ我に返
ります。

 さて、金曜日に、退任した取締役は、もう取締役ではないのだから、株主総
会議事録の作成者になるのはおかしいともいえると話しましたが、次の点は、
どう思いますか。

1.設立登記の申請人
 会社が設立されていないのだから、代表取締役もいないのに、設立登記の申
請人を代表取締役とするのはおかしいじゃないか。

 おかしいですよね。しかし、商業登記法は、そういわれることを予測してい
たのか47条1項で、「設立の登記は、会社を代表すべき者の申請によってす
る。」と手当てしています。

2.合併解散会社の申請人
 合併解散で会社が消滅したら、誰が登記するのか。

 これも商業登記法は予測しており、82条1項で、吸収合併後存続又は新設
する会社を代表すべき者が吸収合併消滅会社を代表すると定めています。

3.清算結了の申請人
 清算結了して会社がなくなったのだから清算人もいないのに、清算結了の登
記申請は誰がするのか。

 これ、明確な規定がないのですが、清算結了後も清算人はいるらしいのです。
会社法508条1項に「清算人は、清算結了の登記の時から十年間、清算株式
会社の帳簿資料を保存しなければならない。」とあるのです。

 どう考えても「元」清算人ですよね。どうも会社法では、元清算人も清算人
というようですから、清算結了登記も(元)清算人の申請でよいのでしょう。

 こんなことを考えていると、今日が閏年であることになかなか気づかないの
も無理ありませんね。



2016.02.26(金)【株主総会議事録作成者】(金子登志雄)

 昨日はお客様から「子会社の定時株主総会で代表取締役が任期満了退任する
のだが、いままでのように株主総会議事録の作成者として、この者を記載する
ことは無理だと思うので、その際に株主総会終結後に後任として就任する新取
締役でもよいか」という電話質問を受けました。

 例えば、本日に定時株主総会が開催されたとしても、議事録の作成は月曜日
以降になるので、その時には前社長は退任しており、議事録作成者にはなれな
いはずだという自然な疑問からの質問です。

 極めて、正常な感覚です。これが世間常識です。

 にもかかわらず、旧商法に株主総会に出席した取締役は株主総会議事録に署
名する義務があると規定されていたためか、会社法になってからも、株主総会
に出席した取締役が議事録作成者だという主張が当業界では支配的です(松井
信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕149頁)。

 退任してしまった人に「議事録を作成してよ」と頼んでも、「いや、もう退
任したので、他にあたってください」といわれたら、どうするのでしょうか。
また報酬でも支払って、無理にお願いするのでしょうか。

 ということで、最近は、後任として選ばれた人でもよいとされています。そ
のことは一般の登記の本には書いてないようですが、拙著『事例で学ぶ会社法
実務〔設立から再編まで〕』182頁には詳細に書いてあります。当然ながら、
東京法務局も後任新取締役でもよいとしています。

 こういうことを知らない司法書士が多いようですが、松井本などを読んだと
きに自然な疑問がわきませんでしたか。わかないとすると、司法書士以外の世
界との交流が薄いのかもしれませんよ。

 もし、最初の質問に私が「前任者に限られます」と答えたら、きっと「なぜ
だ、おかしいじゃないか」と追及を受け、「変なことをいう司法書士」と思わ
れて次回から仕事が来なくなるでしょう。企業法務に従事していますと、こう
いう一般人の正常な感覚に敏感でなければなりませんが、幸い、私は非司法書
士との付き合いが多いので、大丈夫のようです。最初に質問にも、理由付で回
答したため、納得してもらえたようです。



2016.02.25(木)【債務超過と時価と企業価値】(金子登志雄)

 旧商法時代は合併消滅会社が債務超過だと合併が認められていませんでした。
マイナスの出資になり合併会社の資本充実にならないからという理由です。

 そこで、債務超過の100%子会社を吸収合併する場合は、子会社に増資し
て債務超過を解消するか、子会社の財産を時価換算すれば債務超過でないとい
う上申書を添付して合併していました。

 しかし、昨日の本欄のように、債務超過でも企業価値はあります。そもそも
債務超過は簿価基準か時価基準かも旧商法時代は不明確でした。そこで、会社
法はいかなる意味で債務超過でも合併や吸収分割が可能だとしました。

 3つに分けて考えるべきです。

 ① 簿価で債務超過
 ② 時価で債務超過
 ③ 企業価値

 ③がマイナスということは、ありません。シャブ中の清原株式会社も企業価
値はあります。そうでないと、合併比率も出せません。

 ①と②は合併の際の財産受入れ方法の問題であり、合併できるかどうかとは
無関係です。

 ①は同一企業グループ内の合併(親子兄弟会社の合併など)での財産の受入
れ法であり、②は第三者間合併での財産受入れ方法です。

 ①の方法で合併すると、合併会社の財産が減少しますが、合併株式を発行す
ることができます。マイナス財産を受け入れて株式を発行することができるの
かと会社法制定時は驚かれたものですが、この発想こそ「債務超過=株式価値
ゼロ」の禁句です。合併は企業価値を取得することですから、会計処理と区別
して考えるべきです。

 詳細は拙著『親子兄弟会社の組織再編の実務』に記載してあります。


2016.02.24(水)【債務超過と株式価値】(金子登志雄)

 司法書士や税理士から、合併消滅会社は債務超過なので株式の価値がないか
ら無対価合併にしたいという相談がよくあります。

 さて、次の債務超過会社の価値はいくらでしょうか(自己資本のところをみ
れば債務超過かどうかが分かります)。直近の四半期報告書では増資したのか
少し改善され1億7000万円の債務超過でした。

  http://profile.yahoo.co.jp/independent/3318

 価値がないどころか、時価総額(株価×株数)は50億円です。

 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3318.T

 このように、「債務超過=株式価値ゼロ」というのは大間違いです。数字に
疎い司法書士では許されても、税理士などがこれを言い出したら、恥ずかしい
ことです。

 上記の会社は上場廃止の可能性があるようですが、それでも、従業員800
人以上もいるりっぱな会社です。

 企業法務に従事する司法書士の皆さんは、「債務超過=株式価値ゼロ」は禁
句にしてください。債務超過でも、将来の投資のために債務超過になっており、
そのうち急成長するベンチャー企業はたくさんありますので。

 全く比喩にもなりませんが、仙台の立花司法書士は、もっか急成長中のベン
チャー司法書士です。己に投資してきた知識や技量が徐々に花開いてきたとこ
ろでしょうか。努力は実るというよいお手本だと思っています。


2016.02.23(火)【立花論文拝読】(金子登志雄)

 立花さん、月報司法書士No.528の「株主総会の実務」、拝読いたしま
した。筆頭論文で写真入り、すごいじゃないですか。

 たいへんな労作ですね。どこかで読んだような内容が全くなく、自分の頭で
考えて調べた内容ですから、相当時間がかかったでしょう。

 たぶん、読んだ司法書士は永久保存版として保管したことでしょう。松井本
や江頭本にも書いてない内容ですから、貴重です。私もパソコンに永久保存し
ました。

 昨日の徒然に登場した中西敏和さんを特別講師に呼んで、私が東京司法書士
会で研究発表したのは平成12年でしたが、当時の論文をみましたら、写真付
きであり、私の髪も黒々としていました。いまは白髪7分咲きといったところ
です。

 中西さんもトレードマークの太った体形でしたが、その後、だいぶほっそり
なさいました。なつかしい思い出です。

 中西さんは日本を代表する株式問題の権威ですから、「さん」付けで呼ぶの
は失礼だといわれそうですが、実は、私は東洋信託銀行で数年先輩になります
ので、ご了承ください(私は入社数年早々に脱落したので、銀行員時代は当然
に面識はありません)。

 立花さんのますますのご活躍を願っています。そのうち、機会がありました
ら、ぜひ、東京会でも講演してください。


2016.02.22(月)【議題の修正について】(仙台・立花宏)

 先日、ある雑誌(月報司法書士No.528)に記事を掲載していただきま
した。

 ボリュームのある原稿で、ずいぶん苦労しましたが、日本司法書士会連合会
の担当者の皆さまのご指導・ご協力のおかげで、なんとか無事、掲載にこぎつ
けることができました。担当者の皆さまに心より感謝を申し上げたいと思いま
す。

 せっかくの機会ですので、掲載された記事の内容の中で、もう少し掘り下げ
てみたい点があり、この場をお借りして、記述させていただきます。

 記事の中に、株主総会で動議がでた場合の対応について記載した部分があり
ました。「取締役1名選任の件」という議題の場合に、追加でもう1名、合計
2名の取締役を選任することが可能か、という点です。

 この問題に対し、私は、招集通知に記載された議題の範囲を超えることにな
り許されないと記載しました。

 これは、記事を執筆する上での参考にさせていただいた文献の見解に基づい
たもので、文献の見解は東京高裁平成3年3月6日判決に沿うものです。おそ
らく、実務上も、この考えに基づいて対応しているケースが多いと思われます。

 では、議題に記載された員数を超えた役員が選任され、その旨が記載された
株主総会議事録が添付された登記申請は受理されないのでしょうか。

 実は、これについては先例(昭和37年5月25日民四89号)があります。
「監査役2名選任の件」という議案に対して、監査役3名を選任した総会決議
を有効としたものです。

 この先例の解説(登記研究176号)では、もともと、総会の招集通知には
選任する監査役の員数を記載する必要がなく(前記判例の見解とは異なる)、
たまたま員数が記載されていても、その記載は特に主要なものではないし、株
主が不利益を受けることも考えられず、許された範囲内の修正に該当するとし
ています(注:内容を要約しております)。

 また、これが監査役の選任ではなく、取締役の選任でも同じ解釈が可能とい
う見解(別冊ジュリスト124号平成5年刊)もあるようです。

 もっとも、上記先例があるからといって、たとえば、議題が「取締役1名選
任の件」となっているところ、取締役が2名選任された内容が記載された株主
総会議事録を添付した登記申請が受理されるでしょうか(取締役会設置会社で
あることを前提とする)。とても難しい問題だと思います。

 個人的には、株主全員が出席し、満場一致で承認しているなど、株主に不利
益にならないことが明らかなケースであれば、有効と認める余地はありえると
しても、一般論としては、議題として員数を記載した以上、それはそれなりに
重要な意味をもつのではないだろうかと考えております。

 実は、以前(平成12年)、金子先生がこの問題について詳細に分析され、
東京司法書士会の研究会で、発表をされていらっしゃいます。その研究内容を
拝見させていただく機会があったのですが、その研究の深さに感動するととも
に、自分の勉強の浅さを思い知らされることとなりました。

(前記の個人的見解は、この研究会において、金子先生とともに講演された中
西敏和先生(当時は東洋信託銀行。のちに同志社大学教授等を務められた)の
見解を参考にさせていただきました。)

 実務上の対応方法については、金子先生の著書「事例で学ぶ 会社法実務」
東京司法書士協同組合編(中央経済社)166頁にも記載がありますので、ご
参考にしていただければさいわいです。

 今回の記事を執筆させていただき、あらためて法務の難しさ、深さを知るこ
とができました。日本司法書士会の担当者の皆さま、そして、金子先生に感謝
申し上げたいと思います
 ありがとうございました。


2016.02.19(金)【住所問題の締め】(金子登志雄)

 金曜日です。先週から2週間にわたり規則61条5項問題を取り上げてきま
したが、虚しいものです。当局の方は本欄をみていないでしょうし………。こ
こで何を書いても、犬の遠吠えほどの効果もないでしょう。しかし、民間側の
意見として、主張だけはしておく必要があります。

 今日は2週間の締めとして、もし「生年月日」で本人の実在性を証明するこ
とになったとしたら………、と考えてみました。きっと、次のような条文にな
っていたことでしょう。

 「取締役等の就任による変更の登記の申請書には、就任を承諾したことを証
する書面に記載した氏名及び生年月日と同一の氏名及び生年月日が記載されて
いる本人確認証明書を添付しなければならない。」

 もし、こうなった場合に、いくら東京法務局でも「規則61条第5項は就任
承諾書に取締役等の氏名及び生年月日が記載されていることを前提とした上で、
………本人確認証明書の添付を要することを規定しています。したがって、規
則第61条第2項………の場合であっても、当該取締役等の就任承諾書には、
当該取締役等の氏名のほか、生年月日の記載をも要することとなります。」と
は言い出さないでしょう。

 本人確認のため(実在性の判定)には、住所である必要はないし、就任承諾
書記載の住所と本人確認証明書の住所が必ずしも一致する必要はありませんが、
規則61条5項に「同一の氏名及び住所」と、あえて「同一」が挿入されてい
るのは、「照合」のためです。

 同2項は「書面の印鑑につき印鑑証明書を添付しなければならない」とする
だけで「書面の印鑑につき【同一の印影が記載されている】印鑑証明書」とは
なっていませんが、当然の前提です。住所の場合は、そう受け止められないこ
ともあるので、5項に、あえて「同一」を挿入したわけです。

 2項につき、印鑑証明書の添付が必要だから実印を押さねばならないと解釈
するのと同様に、5項も本人確認証明書を添付するから就任承諾書に【照合の
ために】住所の記載が必要になるのであって、2項のときは住所の照合が不要
であることは明らかです。

 条文規定からしても、立法経緯からしても、結果の妥当性からしても、従来
の見解が新見解に勝っています。早期に従来の解釈に戻っていただくことを切
望し、まとめとします。



2016.02.18(木)【住所記載が求められた理由】(金子登志雄)

 なぜ、規則61条5項における就任承諾書に住所の記載が必要なのかにつき、
当時のパブコメにあります。

 下記の「意見募集の結果」にある2番意見ですが、実は、これ私が一昨年の
11月15日に提出したものです。4番意見も私です。

 http://is.gd/kyzEgX

(意見) 
 「就任を承諾したことを証する書面に【記載した住所につき】市区町村長そ
の他の…」とあるのは、住所を記載しない場合は住民票等の添付が不要である
と勘違いされかねず、また、住所の記載のない就任承諾書は認められないとい
う運用がなされる可能性があるため、「就任を承諾したことを証する書面に市
区町村長その他の…」とし、「記載した住所につき」を削除するのがよい。
(注)省略されていますが、同11月23日には「 すでに意見提出済みですが、
5項につき、就任承諾書や議事録での席上就任の場合に、取締役等の住所記載
が必須になるのかという不安が実務界で少なくありません(証券代行である信
託銀行等からも問い合わせを受けました。企業が証券代行部に問い合わせてい
るようです)。5項から「記載した住所につき」の削除をよろしくお願いしま
す。」とも、お願いの意見を出しています。

(回答)
 個人を特定するには、氏名のほか住所の情報によって行う必要があるところ、
「記載した住所につき」を削除すると、【誰についての証明書を添付すること
となるかが不明確となることから】、「記載した住所につき」を削除すること
はできないと考えます。
 なお、【御指摘の部分については、就任を承諾したことを証する書面に記載
した氏名及び住所と同一の氏名及び住所が記載されている市区町村長その他の
公務員が職務上作成した証明書」と修正することとしました】。

 上記の【 】部分は、ここで追加したものですが、要するに、「記載した住
所につき」という当初原案では、「住所の記載のない就任承諾書は認められな
いという運用がなされる可能性がある」から、削除してほしいという私の意見
に対し、商事課は「そういう誤解を招くとの指摘があったので、これを受け入
れ、その表現をやめて、こう変えた」と説明しているわけです。
 また、住所の記載は証明書を添付するにあたり、誰のための証明書かを明ら
かにするためだと答えています。同姓同名者の存在を想定したものでしょう。

 つまり、就任承諾書に住所を記載する必要はないが、印鑑照合で登記の真実
性を担保することができる場合を除き、本人確認証明書と「氏名・住所と同一
性を照合」する必要があるから、就任承諾書には結果的に住所の記載が必要と
なるという意味です(印鑑証明書の添付が必要になるときは結果的に実印の押
印が強制されるというのと同じです)。

 東京法務局見解の「就任承諾書に取締役等の氏名及び住所が記載されている
ことを前提とした上で、取締役等が就任承諾書に記載した氏名及び住所と同一
の氏名及び住所が記載されている本人確認証明書の添付を要することを規定し
ています。」は、順序が逆です。「氏名と住所の同一性を判断するために」と
いう目的のために住所の記載が求められたものです。

 この前提が相違するため、「したがって、規則第61条第2項………による
取締役等の印鑑証明書を添付することにより、同条第5項ただし書の適用を受
ける場合であっても、当該取締役等の就任承諾書には、当該取締役等の氏名の
ほか、住所の記載をも要することとなります。」と東京法務局見解は飛躍して
しまうわけです。

 それにしても、私の意見(心配)のとおりの結果になってしまいました。


2016.02.17(水)【実印か認印か】(金子登志雄)

 この仕事に携わっておりますと、お客様から、この書類への押印は実印か、
認印かと聞かれることが頻繁にあります。他の司法書士も同じでしょう。

 その時は、私は「印鑑証明書を添付せよと言われない場合は認印でかまいま
せん」とお答えしています。

 そもそも実印か、認印かは、印影をみても分かりません。印鑑登録している
かどうかだけの差ですから。

 私の世代では、実印はフルネームの重厚なもの多かったのですが、最近は、
まるで三文判と大差のない実印が多くなりました。上場会社の社長でも同じで
す。おそらく、こういう無意味なことに神経を使わなくなったのでしょう。

 何をいいたいかといいますと、社会では、実印を押すから、それが実印であ
ることを証明するために印鑑証明書を添付するのではなく、逆に、印鑑証明書
の添付を求められているから実印を押すのです。

 商業登記規則61条2項には実印を押せとはどこにも書いてありません。印
鑑証明書をつけよとあるだけです。

 これをもって、印鑑証明書を添付したのだから、認印でもいいじゃないかと
いう論は成り立ちません。立法趣旨からして、印鑑照合することが前提になっ
ているからです。

 同様に、本人確認証明書として住民票等の添付を求められているから、就任
承諾書に住所を書くのです。

 東京法務局の文書には「就任承諾書に取締役等の氏名及び住所が記載されて
いることを前提とした上で」とありますから、就任承諾書というものは、そも
そも本人確認証明書を添付するかどうかとは無関係に住所を書くものだという
思考が読み取れます。

 これでは議論になりません。社会の実態と相違しすぎませんか。また、そも
そも就任承諾書は登記所に提出するためだけの書面ではありません。会社に提
出するものです。そのあたりをも考慮した法解釈を願いたいものです。



2016.02.16(火)【住所問題シミュレーション】(金子登志雄)

 昨日の続きです。しつこいようですが、商業登記を深く愛するゆえですから、
大目にみてください。

 決して、当局に逆らっているわけではありません。登記所には拙著を愛読し
てくださっている方々も大勢いますし、私が会社法・商業登記オタクであるこ
とは十分に知れ渡っています。

 今度の新著でも、私は当局の見解の代弁者、通達の啓蒙家のつもりで新規則
を説明したつもりでしたが、今になって急に違う見解を出され困惑中といった
ところです。著者として新著の名誉・信用も守らねばなりません。

 さて、本欄閲覧の皆様、次の3つのうちで、取締役就任承諾書(又はその援
用)として認められるものはどれでしょうか。

Q1.非取締役会設置会社の株主総会でAを取締役に選任した。総会議事録に
 は候補者として住所付で「東京都……A」とあったが、Aは、総会に出席し
 ていなかった。就任承諾書には、「取締役に就任を承諾します。A/実印」
 とあり、印鑑証明書が添付されていた。

Q2.取締役会設置会社の株主総会でAを取締役に選任した。総会議事録には
 候補者として住所なしで「A」とあり、Aは、総会に出席して席上で就任承
 諾した。直後の取締役会でAは代表取締役に選定された。Aの代表取締役の
 就任承諾書には、「代表取締役に就任を承諾します。東京都……A/実印」
 とあり、印鑑証明書が添付されていた。

Q3.取締役会設置会社の株主総会でAを取締役に選任した。総会議事録には
 候補者として住所付で「東京都……A」とあったが、Aは、総会に欠席して
 いた。直後の取締役会でA以外を新代表取締役に選定したので、Aは出席し
 取締役会議事録に実印を押し、印鑑証明書をつけた。Aの取締役就任承諾書
 には「取締役に就任を承諾します。A/実印」とあったが住所の記載はなか
 った。

 以上につき、つい先日までは全部が肯定されていましたが、先般の東京法務
局見解では、Q1・2・3の全部が取締役就任承諾書に住所が記載されていな
いことをもって否定されることでしょう。

 規則61条5項は就任承諾書に常に住所の記載を求めたものか、本人確認証
明書が必要なときだけ、照合用に住所の記載を求めたものかの見解の差です。
本欄閲覧の非司法書士の方は、どんな感想を持ったでしょうか。



2016.02.15(月)【法律論をしようよ】(金子登志雄)

 13日土曜日は、富山県司法書士会で改正会社法の講義でした(M会長ほか
皆様お世話になりました)。

 富山はこれで3度目です。1回目は越後湯沢経由で長い列車の旅。日本海側
からの強風であやうく遅刻するところでした。これに懲りて2回目は飛行機。
今回は北陸新幹線でした。東京から2時間ちょっとです。実に便利になり快適
でした。故郷の上州経由でした。

 さて、講義で非取締役会設置会社の取締役の就任承諾書に住所の記載が必要
かと尋ねてみたところ、賛否ほぼ同数でした。

 ただ、これは感覚での賛否に過ぎません。住所を記載するのが望ましい、あ
るいは安全だという論と、記載しないと違法か(却下事由か)の論は別の問題
ですが、法律家を自負する司法書士にあっても、何の限定もなく質問されれば、
前者で答えてしまうことがよくあることだからです。

 住所記載問題では、何のための住所か、誰のための住所の記載かも考えない
と正しい判断ができないと思っています。

 まず、「山本太郎」を取締役に選任する場合に、選任側では山本太郎の住所
など、重要ではありません。選任側が想定している、あの山本で十分です。だ
から、新設合併契約でも新設分割計画でも、設立時取締役として山本太郎の氏
名の明記を求めても住所の記載を求めておりません(753条、763条)。
そもそも選任側では、山本太郎の正確な住所を知らないのが通常です。

 これに対して、指定された山本太郎が「了解した。取締役になります」と就
任承諾すれば、これで契約は成立します。口頭でもかまいません。口頭でもよ
いわけですから、ここでは、住所は必要ありません。就任後に事務処理の必要
から細かい住所を連絡すれば十分です。

 就任承諾書の住所記載が必要だとされたのは、当事者間や会社法の要請では
なく、架空人が登記されたりすることもあるので、その実在性を証明するため
に、言い換えれば登記の真実性を担保するための商業登記規則の要請です。

 印鑑証明書を添付する場合は、印影の照合をもって、登記の真実性を担保し
ているのであり、商業登記規則は、そこに住所を求めていません。

 住所記載が必要な場合は法令で明文を設けます。定款作成の発起人の氏名及
び住所、印鑑届提出者の氏名及び住所が典型例です。

 したがって、今回の商業登記規則61条2項で印鑑証明書を添付する場合に
も住所を記載せよ(二重で無駄でも書き写せ?)という東京法務局見解は法令
に根拠のないことを求めているのか(私見)、新設された同規則61条5項が
根拠規定になるのかを議論すべきであり、単純な就任承諾には住所を記載すべ
きだ論は、よく言えば立法論、悪く言えば井戸端論議に過ぎません。

 東京法務局内の議論の過程は、どうだったのでしょうか。



2016.02.12(金)【物書き屋の法案作成】(金子登志雄)

 昨日の休日も物書き業に精を出していました。仙台の立花、広島の幸先両司
法書士にも手伝ってもらっていますが、「この部分、分かりにくい。伝わりに
くい」などの厳しい評を受け、さらに分かりやすく書くようにしています。

 さて、監査役を退任し取締役に就任する場合に、なぜ本人確認証明書が必要
なのか、規則61条5項の立法趣旨からすれば不要ではないかという疑問が日
司連の掲示板にも、先般の東京法務局講師のセミナーでも登場していました。

 私も立法趣旨及び申請人の負担の軽減からすれば再任概念に含めるべきだっ
たと思います。そこで、もし、私が規則の立案担当者だったら、どういう条文
にするかと、暇に任せて挑戦してみました(これ、実に失礼なことですよね。
しかし、僭越ながら、あえて書いてみます)。

(原文)
 設立の登記又は取締役、監査役若しくは執行役の就任(再任を除く。)によ
る変更の登記の申請書には、設立時取締役、設立時監査役、設立時執行役、取
締役、監査役又は執行役(以下この項において「取締役等」という。)が就任
を承諾したことを証する書面に記載した氏名及び住所と同一の氏名及び住所が
記載されている市区町村長その他の公務員が職務上作成した証明書(当該取締
役等が原本と相違がない旨を記載した謄本を含む。)を添付しなければならな
い。ただし、登記の申請書に第二項(第三項において読み替えて適用される場
合を含む。)又は前項の規定により当該取締役等の印鑑につき市区町村長の作
成した証明書を添付する場合は、この限りでない。

(金子案)
 前3項の場合を除き、設立の登記又は取締役等(取締役、監査役及び執行役
のことをいう。以下この項において同じ。)の就任による変更の登記の申請書
に添付する設立時取締役等又は取締役等の就任を承諾したことを証する書面に
は、氏名のほか住所を記載し、その実在性を証する書面として市区町村長その
他の公務員が職務上作成した氏名及び住所に関する証明書(設立時取締役等又
は当該取締役等が原本と相違がない旨を記載した謄本を含む。)を添付しなけ
ればならない。ただし、その申請時の履歴事項証明書に取締役等として記録さ
れていた者が再任又は他の取締役等に就任した場合は、この限りではない。

 いかがですか。私のほうが1行短いのに、分かりやすさと誤解を招かない内
容だとは思いませんか。無報酬でよいから法務省さんで雇ってくれないかなぁ。


2016.02.10(水)【人が代われば】(金子登志雄)

 「新株予約権の払込金額の算定はブラックショールズ・モデルによる」と新
株予約権の発行要綱に記載し決議し、割当日までに、1個1000円と決まっ
た場合に、ずっと、この1000円で登記してきました。

 ところが、平成20年頃でしたが、東京法務局の担当者の交代に伴い、「登
記申請時に、その算定方法に従って具体的な価額が定まるべき場合であっても、
『価額』が算定方法に従った正しい内容のものか否かを申請書及び法定の添付
書類に基づき登記官が判断することはできないことから、あくまで『算定方法』
を登記すべきである。『価額』をもって登記の申請がされた場合には、商業登
記法第24条第9号により却下することとなる。」といった信じがたい回答が
出されました。

 結果は、多くの申請人が従わなかったためか、いつしか消えてしまいました。

 解散した時は取締役会がなくなったのだから「当会社の株式を譲渡するには、
取締役会の承認を受けなければならない」の「取締役会」も変更登記しないと
解散の登記自体も受理できないという回答も、誰も従わなかったためか、これ
も消えてしまいました。

 こうしてみると、公務員は先例主義が多いのに、登記所は従来の動きを急に
変更するところがあり、ある意味では革新的な官庁かもしれません。

 しかし、さすがに法務省回答には現場も従うのか、旧商法時代でしたが、お
かしな回答なのに、実務を支配していたのは、1に、監査役が1人の場合は、
その者の後任は補欠にならないという見解、2に、定款で定めても代表取締役
は株主総会で選任できない、3に、数か月先の期限付解散は認められないとい
うものがありました。1と2は会社法の制定と共に否定されましたが、3はい
まだに生きています。

 我々司法書士としては、この見解には仕方なく従うが、この見解には従わず
とも頑張れば登記が受理されるという見極めが必要であり、そこにベテランの
味が出るのかもしれません。


2016.02.09(火)【省エネ登記の伝統が消えるか】(金子登志雄)

 企業法務・商業登記の仕事に従事して30年、登記の世界は省エネで動き、
同じことを2度も書かずに済むように運用され、実に効率的だという感想を持
ち続けてまいりました。

 就任承諾も議事録内に記載してあれば「議事録を援用する」で済み、別途、
就任承諾書が不要です。

 新規に代表取締役として甲を選任した場合に、私は、選任した取締役会議事
録内にも、甲の就任承諾書にも甲の住所を記載しません。添付する印鑑証明書
に住所が記載されているので、それで十分だからです。

 取締役に数人が就任し、その就任承諾書が必要なときも、数人を連記し、紙
の枚数を極力少なくしています。紙が少なければ、登記所のチェック枚数も少
なくなり、審査も容易ですし、保管場所の負担も軽減することができます。

 こういう省エネ登記の伝統的な流儀作法が身に付いていますので、昨日の件
のように、印鑑証明書に住所が書いてあるのに、わざわざ、それをまた書かせ
るなどといったことを登記所が求めてきたことにも驚きました。何の意味があ
るのでしょうか。

 本人確認証明書(住所証明書)のときも、なぜ住民票等を添付するのに住所
を就任承諾書に書かせるのかという疑問も持ちましたが、これは同姓同名者も
いるので、納得できました。

 印鑑証明書をつける場合も、同じ印影の実印を持つ人もいるから、住所を書
かせて特定する必要があるとでもいうのでしょうか。

 省エネ登記の伝統に従い、「住所の記載は印鑑証明書又は本人確認証明書の
記載を援用する」というゴム版を作って、就任承諾書に押してみたい衝動に駆
られてしまいます。



2016.02.08(月)【驚きの新解釈(規則61条)】(金子登志雄)

 ビジネス社会では、会社の担当者が代われば、急に対応が代わることがよく
ありますが、登記所に、これをされては、たまったものではありません。

 5日に東京法務局を講師にお招きした地元司法書士会のセミナーがありまし
た。そこで、商業登記規則61条2項につき、5項が昨年2月に新設されたの
で従来の取扱いをしないとの説明がありました。

 2項は、再任を除き、非取締役会設置会社の取締役の就任承諾書には印鑑証
明書を添付せよというものです。当然に、就任承諾書には実印を押して印影照
合しますが、それで十分であり、就任承諾書に住所の記載までは求められてい
ませんでした。過去何十年もこれで運用されてきました。

 昨年2月に新設された5項は「再任を除き、就任承諾書に記載した氏名と住
所と同一内容の住所証明書(本人確認証明書)を添付せよ。ただし、2項で印
鑑証明書を添付する場合は、この限りではない」というものでした。

 一瞬、印鑑証明書を添付する場合は住所証明は不要だが、就任承諾書には住
所の記載が必要になったのかと思われるでしょうが、改正案にも、登記の基本
通達にも、法務省の登記雑誌での解説にも、一切、そういう説明がありません
でした。

 なかったどころか、「2項で印鑑証明書を添付する場合を除き、就任承諾書
に記載した氏名と住所と同一内容の住所証明書(本人確認証明書)を添付せよ」
と、5項ただし書を文頭において説明していました。

 当然です。印鑑証明を添付する場合は問題が生じなかったが、それ以外にも
本人確認の証明を求めるために、5項が新設されたのであり、何十年も続いた
2項の解釈を変えるものではなかったはずだからです。

 東京法務局も今までは同じだったはずですが、急転回で、今後は、2項でも
住所を書けというのです。司法書士にパブコメして、一定期間を経て変更する
のであればともかく、何十年も続いた運用に急ブレーキです。激しいむち打ち
症になりそうです。

 私はこの解釈に大反対であり、納得できませんので、ぜひ、この規則を立案
した方、通達を書いた方、登記情報に解説を書いた方に質問したいものですが、
聞くところによると、法務省内の人事異動は動きが早く、その方々はもう別の
部署だとか。

 今のところ、この見解は東京法務局だけのようですが、この解釈が広まると、
そのうち就任承諾書というものは常に住所の記載が必要なものであり、再任で
も、清算人でも、みな同じということに発展しかねませんので、要警戒です。



2016.02.05(金)【合名・合資会社の登記記録】(金子登志雄)

 ニッパチ(2月・8月)は仕事が少ないので、昨日は事務所にも行かず、自
宅で、暇つぶしの株価ウオッチをしながら、物書き作業をしていました。

 ちょうど今の時期は、第3四半期の業績発表時期なので、銘柄によっては面
白い動きをします。悪い業績結果を発表したのに、アク抜けしたと暴騰したり、
好業績を発表したのに、材料出尽くしで暴落することもあります。

 到底、素人が興味本位で参加する舞台ではありませんが、野次馬としてみて
いる限りは、当方に被害もありません。そのうち老人施設に押し込められたと
きの趣味の準備みたいなものです。

 さて、合名・合資会社の仕事は私のところには全くといってよいほど依頼が
ありません。会社法になってからは、合名会社の解散清算と合資会社の組織変
更(株式会社化)を扱った程度です。

 だからといって、著作の際に、合名・合資会社のことに触れざるをえない場
合や、登記の相談を受けることもあるので、一応は、全部を承知しているつも
りです。

 面白いのは、合名・合資会社の登記簿は特例有限会社と同じで、社員に住所
が記録され、代表社員には住所が記録されないことです。合同会社は株式会社
型で、業務執行社員には住所なし、代表社員に住所付です。

 合名・合資・合同会社は全て各自代表が原則ですから、この場合は、合名・
合資会社の登記記録には代表社員が登場せず、合同会社では業務執行社員の全
員が別枠に「住所/代表社員」で登記されます。

 持分会社を勉強すると株式会社の登記の勉強にもなりますので、本欄がネタ
切れしてきていますので、たまには持分会社について投稿してみようという気
になりました。来週のネタの見込みができて、一安心です。


2016.02.04(木)【アイデアの環境】(金子登志雄)

 野球の清原元選手が覚せい剤で逮捕されましたが、我々庶民は入手方法さえ
知りません。容易に入手できたら、あの人もこの人も興味本位で手を出し、逮
捕されていたことでしょう。華やかな世界にいると誘惑が多いのでしょうか。
ある意味、同情してしまいます。

 もし、清原が野球が下手だったら、あるいは高校野球時代に大怪我でもして、
プロにならなかったら、彼の人生は平和に終わったかもしれません。

 さて、昨日、昔は、「ただひたすら昔からの伝統的方法でしか動かない司法
書士しかいなかった」と書きましたが、これは、新しいアイデアが生まれる環
境がなかったことにもよるのであって、司法書士のせいばかりではありません。

 平成9年の独禁法の改正で純粋持株会社が解禁され、同年の合併法制の改正、
平成11年の株式交換・株式移転、平成13年の会社分割、金庫株改正、額面
株式の廃止、相次ぐ種類株式の解禁という時代背景があって、企業の要求も高
まり、登記先例を知らない弁護士も参入し、新しいアイデアが生まれる環境が
整ってきたことのほうが大きな理由ではないかと思いました。

 こうしてみると、規制緩和は、複雑怪奇な法制化とイコールみたいですね。
不動産登記等で十分に生活することのできる司法書士が会社法をあきらめたの
も理解することができます。会社法はその専門家の職務というイメージが強ま
っていますが、司法書士業界全体としては、困ったことです。


2016.02.03(水)【同一商号再編】(金子登志雄)

 きのうは久々に東京法務局の出張所に行ってまいりました。同一住所・同一
商号で新設分割し………する案件につき、登記所が不慣れかもしれないと思い、
事前予告と相談でした。

 同一住所・同一商号の新設分割のパイオニアは、平成14年10月1日に行
われた株式会社フジタの新設分割でした。私が著書で紹介したこともあり、い
までは、かなりメジャーな手法になりましたが、当時では画期的でした。

 旧商法の古い額面株式時代には、上場会社の9割以上が額面50円会社でし
たが、額面50円は昭和25年以前の設立であり、昭和56年以降に設立した
会社は額面5万円でした。

 東京都千代田区の額面5万円のA社が額面50円にして上場するためには、
額面50円会社に吸収合併されるしかありません。そこで、A社は額面50円
会社(B社)を入手し(一時は額面50円というだけで1000万円の価値が
ありました)、100%子会社にし、A社に商号変更し、登記所の管轄を異に
する場所(例えば新宿区)に置いておきました。同一管轄では類似商号禁止に
違反したためです。

 額面50円にするためには、新宿のA社に合併され、直ちに本店を千代田区
に戻すという実に面倒な方法が採用されていました。

 そこで、私の登場です。本店移転しないで、この方法を実行しました。B社
の商号のままA社と同じ場所に置き、合併と同時にB社をA社に商号変更しま
した。同時に合併解散するのだから類似商号禁止に反しないという論拠です。

 合併直前にB社をA社に商号変更することもしました。類似商号の禁止は登
記された商号の問題ですから、登記しない限り、違反しなかったからです。

 自慢話ではありません。当時は、この程度のアイデアも思い付かずに、ただ
ひたすら昔からの伝統的方法でしか動かない司法書士しかいなかったというこ
とです。あれから30年以上経た今日、今はアイデアマンの司法書士も増え、
ずいぶんと進化したものです。


2016.02.02(火)【大寒波がすぎて】(島根・根来川弘充)

 立花先生の徒然を見て、数年前の大雪のことを思い出し、私の知り合いの方
も石油ストーブが大変重宝したと言われていたことも思い出しました。

 きっと、今回の大寒波でも役に立ったと思います。

 ところで、わたしが住む安来市では、当日の雪は予想したほど、大したこと
はなかったのですが、水道管がどこかで破裂して、いまだ破裂した箇所がわか
らないようで、断水している世帯がいまだに多くあります。

 私は消防団に入っているのですが、1月30日と31日と雪に覆われた水道
メーターを見るために応援してほしいと要請がありました。

 大寒波がきて、おおよそ一週間になりますから、いまさらながら被害の深刻
さを感じています。


2016.02.01(月)【マイナス金利】(金子登志雄)

 今年は、なにやら、激動の年になりそうです。1月29日金曜日には、衝撃
的なニュースが2つ飛び込んできました。

 1つは、株主総会議事録に主要株主リストをつけよという商業登記規則の改
正案です。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080144&Mode=0

 この背景説明等については、司法書士界第1の情報通である京都の内藤司法
書士のブログが、どこよりも詳しく素晴らしい内容ですので、そちらをご覧く
ださい。私の出る幕はありません。

    http://blog.goo.ne.jp/tks-naito

 もう1つの衝撃なニュースは、日銀がマイナス金利を採用したことです。こ
れは、銀行が日銀に預けている資金に保管料を課すものであって、銀行は当然
に預けるのをやめます。

 そうすると市中に回るカネが増え、景気対策になるというものですが、真意
は株価対策でしょう。

 株価が下がれば、アベノミクスの失敗が表面化し、政権にも日銀の黒田さん
の立場も危うくなるので、目くらましの奇策に打って出たとしか思えません。

 円の供給過剰で円安が進みましたので、輸出企業の株は暴騰し、銀行の株が
下がりました。

 住宅ローンなどの金利も下がるでしょうが、逆に預金利率も下がり、銀行に
預けておくのがばかかばしいと思った庶民が株式投資に手を出し、もっと損を
することになりそうです。

 株価が上がるのは歓迎ですが、実経済が理由ではなく、こういう人為的操作
で上がるのは、その反動も大きいので、長い目でみたら、よいこととは思えま
せん。

 ますます自分の身は自分で守らねばならない社会に進んでいることだけは間
違いありません。そのためには、君子危うきに近寄らずが安全かもしれません。
私は、変化こそチャンス、こわいものみたさで、危うきに近づいてみますけど。


2016.01.29(金)【会社分割と種類株式その2】(金子登志雄)

 昨日の件でいろいろ資料やご意見をいただきました。

 まず、吸収分割承継会社がA種とB種を発行しているとき、どちらの種類株
式を利用するかによって、一方に不利益が生じるという見解が学者の本にあり
ました。

 この程度の意見では私は説得されません。A種もB種も発行可能種類株式総
数の範囲で発行するのは自由だからです。会社法322条にも株式の発行は株
主割当て以外は列挙事由にありません。株主割当てが列挙されているのは1株
あたり、安価な価額で発行しても有利発行にならないからです。

 次に分割会社がC種とD種を発行しているとき、吸収分割承継会社から受領
した対価(株式)をC種とD種に配当して交付するとき(分割型)、不平等が
生じると学者本にありました。

 しかし、C種とD種が剰余金の現物配当で差を設けた種類株式でなければ、
平等に分配しなければなりません。現物配当に関する優先劣後の株式などが発
行されているとは思えませんので、この見解も却下です。

 竹刀で訓練している学者さんと違って、我々は木刀で訓練しています。そう
やすやすと学者さんの意見にはひっかかりません。

 ここで思ったのですが、上記のC種とD種に平等に分配したらD種に不利な
場合に、仮にD種の種類株主総会が必要で、そこで否決されたら、受領株式の
分配だけが否定されるのか、吸収分割自体も否定されるのかです。

 分割型は分社型会社分割と受領株式の株主への配当の2つだとされています
し、前者と後者は別々の決議です。後者だけ否定され、分社型としては有効な
のか………、実例でも生じないと考えても仕方ありませんね。暇な私もそこま
では暇でもありません。


2016.01.28(木)【会社分割と種類株式】(金子登志雄)

 湯たんぽとは、懐かしいですね。子供の頃を思い出しました。

 東京もほんと寒くなりました。その結果、とうとう、中学生から今日に至る
まで50年以上拒否してきたモモヒキなるものを着用してみました。たまたま
スーパーに買い物に行ったらバーゲンセールしていたので、試しに購入してみ
たわけです。老人が見栄を張るのは、見苦しいという心境の変化もあります。

 まだ電車の中で誰も席を譲ってくれませんが、なぜか、最近は自分が老人で
あることを意識し始めました。真実を直視しなくては正しい判断もできません。
よいことなのか、悪いことなのか………。

 さて、会社分割では分割の対価を会社が受領し、株主に直接割り当てるので
はないため、種類株主総会が開催されることは現実にはないと思っていますが
(拒否権条項付などの種類株主は除外)、会社法322条1項には、会社分割
する場合も吸収分割で権利義務を受ける場合も、ある種類株主に損害を及ぼす
おそれのあるときは、その種類株主総会が必要だと規定されています。

 どんなケースが想定されるのか考えてみましたが思い当たる事例が思い付き
ませんでした。優良事業を分割したら、以後、配当が困難になり配当優先株主
が困るなどという理由は、種類株主ごとの不平等を是正するための規定である
322条1項の適用はないでしょう。

 今のところ、単に各組織再編の全部を列挙しただけだと想定していますが、
もし、対象となる事例がないのであれば、いつか削除すべきでしょう。こんな
ケースがあるという場合は、ぜひ教えてほしいものです。


2016.01.27(水)【湯たんぽ】(仙台・立花宏)

 冬になると、重宝している道具があります。湯たんぽです。湯たんぽを3つ
もコタツに放り込んでおくと、コタツの中がほんのり温かく、コタツのスイッ
チをONにしなくても、十分、暖をとれるのです。

 自宅で使用している暖房器具は石油ストーブ(電気を使うファンヒーターで
はなく、反射式といわれるタイプのストーブです)で、水を入れたヤカンを上
にのせておくと、お湯が沸くので、それを湯たんぽに入れるお湯として利用し
ています。

 ずいぶん、倹約した生活をしているのだな、と思われる方もいらっしゃるか
もしれません。たしかに倹約にはなるのですが、特にそれを意識しているわけ
ではありません。

 東日本大震災の日から、冬の季節の習慣となりました。あの日、3月中旬と
はいえ、雪が舞うような寒い天候でした。電気はとまり、電気機器は使えませ
ん。そのとき、暖をとるのに重宝したのが、石油ストーブと湯たんぽでした。
使用できる暖房器具があっただけでも、私は幸せだったのかもしれません。そ
の暖かさをとてもありがたく感じたものでした。

 日ごろ、それほど便利と思っていなかった道具が、そのような状況ではとて
もありがたい道具に思えたのが意外でした。

 電気を使用する暖房器具は、便利ですし、部屋が暖まるのも早いように思い
ます。しかし、停電等、電気が使えない状況になると使用できないというリス
クもあるのだと意識させられました。

 そして、そうしたリスクがあるのは日常生活だけではありません。私たちの
仕事を行う上でも、便利な道具があふれています。例えば、停電になると、パ
ソコンが使えません。プリンターやコピーも使えません。インターネットも使
えないかもしれません。

 予期しないトラブル等で、それらの道具が使えない状況なかったら、自分は
どのように情報を収集し、どのように業務を行うだろうと考えると、想像がで
きません。

 実際、東日本大震災のときは、しばらくそういう状況だった事務所もあった
はずです。
(さいわい、私の事務所のある地域は電気等のインフラは数日で復旧しました。
そういう状況にあった事務所の皆様のことを考えると、申し訳ない気持ちにな
ります)

 今年の3月11日で、あの日から、5年になります。個人的には、もう5年
もたつのか、という気持ちです。
(おそらく、逆に、まだ、5年しかたっていないという気持ちのかたもいらっ
しゃることと存じます)

 ときには、あの時のことを思い出し、そういった状況では、どのように業務
を行うのか、どのような道具が使えるのか、便利な道具がなくても対応ができ
るよう、考えておかなければならないのだろう。

 ストーブの上で沸いたお湯を湯たんぽに入れながら、そんなことを考えまし
た。


2016.01.26(火)【トラップ】(金子登志雄)

 「はめられた」と甘利大臣被害者論が出てきたようですが、ワナにはめられ
たとしても、それだけで恥ずべきことです。

 田中元首相がはじめて中国を訪問した時、朝食にいつも自宅で食べているも
のが出てきて、ここまで調べ尽くされているのかと驚いたと何かで読んだこと
がありますが、政治家というものは、そういう警戒心が必要です。

 さて、解散し清算人選任の登記をしましたが、本人確認証明書は必要ですか。
即答できたと思いますが、規則61条5項には清算人が規定されていません。
では、清算株式会社を代表するので、印鑑証明書は必要ですか。答えは就任承
諾書には不要だが、印鑑届書に必要だというものです。

 ここまではよいのですが、清算人選任の議事録に清算人の住所が記載されて
いませんでした。私が議事録を作成する際も、住所を記載しません。

 今までは、印鑑証明書を印鑑届に添付し、そこに記載された住所を登記申請
に利用していましたが、今回は、申請書の添付書面に清算人の住所がないのは
おかしいと思い、印鑑証明書を申請書に添付してみました。本人確認証明書で
はない清算人の住所証明書としてです。

 従来は旧代表取締役がそのまま清算人になるケースが多いため、真剣に考え
ませんでしたが、今回は、旧取締役でもない方が清算人に就任したため、以上
に気がつきました。

 実務では印鑑届で住所が判明する場合も、登記が受理されていますが、よく
よく考えると、補正にされても仕方ないでしょう。これは、当局が司法書士を
トラップにかけたわけでもなさそうです。


2016.01.25(月)【塞翁が馬】(金子登志雄)

 金曜日には、郵政3社が暴落したと書いたばかりなのに、その日は暴騰しま
した。ちょっとした情報で、急騰したり急落したりで、高校生の漢文で習った
中国の故事の「塞翁(さいおう)が馬」を思い出してしまいました。

 ちなみに漢文は赤点をもらいました。その頃から今日に至るまで興味のない
ことは一切しない主義で生きていますから筋金入りですね。自慢できることで
はありませんけど。

 きのうの日曜日は私の乗った電車が人身事故にあい、自宅の4駅前で降ろさ
れ、やっとタクシーを拾い、帰宅しましたが、これも塞翁が馬でしょうか。
今までも、人身事故で電車が動かない経験は何度もしていましたが、自分が乗
っていた電車では初めてでした。

 人生、何があるか分からないものです。優等生タレントのベッキーさんも、
まさかの失態で、事務所が5億円の被害だとか。お気の毒なことです。

 さて、土日は相変わらず書き物三昧で、今回は会社分割について書いていま
した。

 旧商法では、会社分割の対価を株主が受領する人的分割がありましたが、会
社法では、これを会社が対価を受領し、受領と同時に株主に交付する方式に変
更し、実質的には何も変えていないと説明されていましたが、ご承知のとおり、
とんでもない勘違いでした。

 旧商法時代は無対価分割が人的分割の1種とされ、必ず債権者保護手続がな
されたのに、会社法の構成では、分社型の一種となり、分割会社に残存する債
権者への保護手続がなくなってしまったからです。

 また、実務では無対価合併が頻繁に行われていたのに、制定時の会社計算規
則には規定がなく、あわてて追加されたものでした。

 立法担当者が実務に疎かったのでしょう。実務は常に変化しています。悪い
ことばかりでなく、よいこともすぐに来ると思い、今週を過ごしましょう。



2016.01.22(金)【コンビニ発行の証明書】(金子登志雄)

 きのうも飲み会でした。今日もそうです。下戸ですから、もっぽら食べるば
かりですけど。

 今日のお相手は株式投資コンサルタントですから、最近の相場観でも聞いて
みようと思っています。本欄閲覧者は株式投資に関心のない方が大部分だと思
いますが、昨年に上場した郵政3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)
の株価はいまどうなっていると思いますか。

 みな公開時の初値を割っている悲惨な状況です。それでも景気がよいという
大本営発表のマスコミに洗脳されている人が私の周りにも多いのが悲しい日本
の現実です。自分の目でみ、自分の耳で聞き、自分の肌で感じ、自分の頭で考
えない人が多すぎます。
   http://is.gd/aCa66r

 さて、原本還付の原本ですが、裏表に書かれているのに気づかずに連続コピ
ーしてしまい、補正になった経験を持つ方も少なくないでしょう。10枚の連
続コピーの中の1枚だけ裏にも数行だけ記載されていたなどというのは分から
ないものです。

 これに関連して、印鑑証明書の白紙の裏面がコピーされていないといわれた
ことはありませんか。きのう、初体験しました。

 理由がよく分からなかったのですが、帰宅してネットで調べたら、どうも、
コンビニ発行の印鑑証明書だったようです。

 下記の中央部分(証明書のイメージ)をみてください。
   https://www.lg-waps.jp/01-00.html

 裏面に正方形のバーコードのようなものがあります。本物かどうかを確認す
るために、これが重要らしく、この裏面も提出しないと原本還付が認められま
せん。裏面は白紙ではなかったということです。

 コンビニで印鑑証明を取得することができることは知っていましたが、私の
居住する横浜市ほか近隣の大部分の都市が利用していないので、知りませんで
した。裏表のあるのはよくないなどといわずに、コンビニ発行の証明書の原本
還付には気をつけましょう。



2016.01.21(木)【常勤監査役】(金子登志雄)

 きのうは、上場会社系列の会計監査人も監査役会も設置されているビッグカ
ンパニーの総務部さんにご馳走になりました。自分の仕事が評価されている証
ですから、ありがたいことです。

 そこで、逆に教わりました。「よく、常勤監査役というけれど、これは肩書
ではなく、非常勤ではないという意味に過ぎない。会社法の条文でも常勤監査
役ではなく、常勤【の】監査役となっている。会社法の英訳では、フルタイム
と書かれていることがあるが、これは言い過ぎではないか」と。

 念のため帰宅し条文をみましたら、おっしゃるとおりでした。会社法390
条2項には「常勤の監査役の選定及び解職 」とありました。

 「選定・解職」は肩書や地位だけでなく、常勤かどうかという役割について
も使用するようです。

 念のため、上場会社の定款をみましたら「常任監査役」という用語を使って
いるところもありました。「常勤の監査役の中から常任監査役を選定」と定め
ている会社もありました。

 常任代理人は聞いたことがあっても常任監査役は、ふだん、耳にすることは
少ないでしょう。

 日本監査役協会のHPを閲覧しましたら、任意の役職で監査役のうち上位の
地位にある者を指すことが多いとありましたが、各自独立して職務を行う監査
役に上位・下位を定めるのも何か変ですね。

 常勤がフルタイムだと定義するのは、私も大げさだと思います。ちなみに私
は、アクモス株式会社の常駐非常勤監査役を名乗っています。監査役協会さん
もHPに説明を載せてくれないかなぁ。



2016.01.20(水)【年間商業登記件数は150万件】(金子登志雄)

 直近の商事法務によると、現在、会社数は359万社、その内訳は株式会社
が178万社、特例有限会社が164万社、合同会社が7.5万社、合資会社
が8万社、合名会社が1.8万社だとか。まだまだ特例有限が粘っています。
職権解散の対象外だからでしょうか。

 そして、昨年の商業・法人登記申請件数は150万件だそうです。任期制度
のない特例有限会社などは、めったに登記しませんから、株式会社の数とほぼ
近いですね。1社で2件申請することもあるので、毎年、70万社程度が登記
を申請している計算でしょうか。

 本欄読者の司法書士の皆さん、何か感じましたか。感じないと困りますよ。
全国で司法書士が2万人強、そのうち商業登記の従事者が半分の1万人いると
すると、いや、そんなにいませんね。5000人とすると、1人平均300件
です。

 ああ、情けない、それなりに名が知れた商業登記専門の私は、年間500件
や600件を受託していてもおかしくないのに、平均値にも達していません。
人並み以上に上場会社を扱っているといっても、上場会社数は3500社です。
この1%でも35社、やはり全く及びません。

 難しい登記もあるはずなのに、いったい誰が担当しているのでしょうか。ま
だまだ、開拓余地は十分にありそうですが、それは若手に譲ります。私が暇で
ないと、即座に動ける駆け込み寺業務もできなくなりますし、登記ノウハウ啓
蒙の執筆業もできません。「待機」も登記の用心棒である私の仕事です。

 福岡での講演では開業したばかりの若手の人とも話しましたが、本欄みてま
すか。福岡法務局の年間申請件数を商業登記従事の司法書士数で割ってみてく
ださい。まだまだ開拓の余地は十分にあるはずですよ。


2016.01.19(火)【貧困率】(金子登志雄)

 昨日の東京は久々の雪道でした。やっと冬を実感することができました。

 来月に寒い地域に会社法の講演に行くので、先日、雪道や氷道でも滑らない
ビジネス用の靴を買って準備していましたので、さっそく試してみました。効
果があったのかどうかは分かりません。寒い上州の田舎出身ですので、普通の
靴でも滑らずに歩けるコツを自然にマスターしていますので。

 群馬、栃木など、雪国でもない中途半端な地域が最も寒いと思っています。
雪国では家の柱は太く頑丈で部屋の中にはストーブが備えられているのに対し、
中途半端な地域では、それもありません。隙間風が吹き込み、こたつだけが暖
房器具でした。

 小学生時代に育った家の屋根は茅葺だったのか、冬になるとつららが下がっ
ていました。庭にあった小さな池も桶の水も完全に氷っていました。霜柱の田
舎道を歩いて学校に通いました。家や学校では、井戸から引いた水道が氷って
おり、日中にならないと水がでてきませんでした。家も学校も、トイレは建物
の外にありました。

 こんな生活を経験していますと、家の中にトイレがあり、蛇口をひねるとお
湯が出てくる都会のマンション生活は、文化生活に感じてしまいます。

 しかし、そういう社会インフラはだいぶ整備されていても、長引くデフレ、
不況対策としての小泉・安倍政権の新自由主義経済政策(金持ちを優遇すれば、
下層階級にもおこぼれが回るという信じがたい経済政策)で格差社会が急速に
進行し、いまでは日本の貧困率はOECD諸国の4位になり下がりました。
  http://www.nippon.com/ja/features/h00072/
 
 お湯がでてくるだけで満足しているということは、日々眠る場所も確保され、
食うことも家賃も何とかなっているという前提での発言であることを反省しな
ければなりません。私の世代は何とかなっても、年金資金さえ株式投資に回さ
れた息子や娘の世代は、熱いお湯を満喫できる生活を維持することができるの
でしょうか。



2016.01.18(月)【専門家を大事にしてくださる方々】(金子登志雄)

 金曜日は、ある超有名上場企業の法務部さんにご馳走していただきました。
毎年、新年会のように招待してくださいます。

 最近は少なくなりましたが、昔は、司法書士なら誰でもいいといった雰囲気
をにじませる会社が少なくありませんでした。まるで出入り商人扱いです。

 こういう会社も残っている中で、外部の専門家を大事にしてくださる会社は
実に貴重であり、我々も、その気持ちにお答えしようと、頑張ってしまうもの
です。

 翌日の土曜日は福岡市内の3支部合同のセミナーに呼ばれて、福岡に行って
まいりました(丸田先生ほか皆様お世話になりました)。もう、4度目くらい
になります。

 講演は久々でした。私もいい年齢になりましたし、会社法務専門で司法書士
らしくない部分が多いためか、先方が頼みにくいようです。私も出不精ですし、
今の穏やかな生活に満足しきっていますが、地元の千代田支部とか、東京司法
書士協同組合とか、福岡の丸田先生などは、講師を実に大事にしてくださいま
すので、私も意気に感じて喜んで出掛けています。私も、皆さんに会いたいと
いう気持ちになります。

 福岡では非常に盛況で、300人程度の入れる狭い会場にほぼ満席に近く、
むんむんとして暑かったのですが、皆さん、よく我慢して私の話を聞いてくだ
さいました。

 初心者にはちょっと難しい話もありましたが、居眠りしている人がいなかっ
たので、まぁまぁ、お役に立てたのかもしれません。ビデオもとられていない
ので、ノウハウをサービスで話してきました。大事にされると、つい、こちら
もサービス精神が旺盛になってしまうようです。


2016.01.15(金)【債務超過と合併】(金子登志雄)

 今年に入って日経平均株価が下降一直線ですね。昨日も一時は大きく下げま
した。中国経済の失速、原油安、円高が原因といわれていますが、実体経済は
よくないのに、みせかけだけは景気がよいとされてきたので、先行きは不安材
料が多そうです。

 さて、昨日の続きですが、債務超過会社を吸収合併することはできないとい
うのが旧商法時代の長い伝統であり定説でした。資本の充実にならないという
理由です。

 これもおかしいと思いませんでしたか。合併存続会社は債務超過でよくて、
消滅会社だけがいけないという理由はありません。債務超過かどうかが基準な
ら合併比率自体が出せません。

 そもそも債務超過だと株式価値がないという発想自体が大きな間違いです。
将来性のあるベンチャー企業は、債務超過でも、1株うん十万円でVCが出資
したりしています。カネさえ回っていれば、企業は存続できます。

 これに関連して、債務超過の持分会社が株式会社に組織変更し、株式を発行
することに疑問を感じませんでしたか。マイナスなのに株式を発行することが
可能なのかという疑問が出たはずです。

 全く問題なしというべきです。株式価値(企業価値)は「静的」な貸借対照
表の純資産額だけで判断すべきではなく、将来性などを含めた「動的」な損益
計算書で判断すべきだからです。いわゆる収益還元法というものです。

 これは、言い換えると、銀行の貸付係や質屋の発想で企業をみるべきではな
く、証券会社や投資家の発想でみよということでしょうか。



2016.01.14(木)【古い商法時代の学問レベル】(金子登志雄)

 昨日は久々に地方の登記所に行ってまいりました。補正の後始末です。添付
書面の写しを提出し、原本還付請求していたのですが、2枚ほどコピー漏れが
あったという詰まらない話です。それでも、こればかりは行かざるをえません。

 補正に行くと、初対面でも昔からの知り合いのように親しみを込めて扱われ
ることが増えました。どうも拙著の読者のようで、彼・彼女にとっては、私は
見知らぬどこかの司法書士ではないようです。喜ぶべきことかは不明ですが。

 さて、旧商法時代のテイハン書式精義に「清算人は、1人でもよいのである。
もし2人以上清算人があるときは、これらの者は、清算人会を組織すべく、清
算人会については、すべて取締役会の規定が準用される。そしてこの場合には、
必ず代表清算人を定めなければならない」とありました。

 実は当時の通説ですが、どこかおかしいと感じませんか。いまからみると、
清算人が2人で清算人「会」だと、まさかぁ! と感じませんか。

 拙著でも書きましたが、取締役会も監査役会も委員会も、みな最低員数は3
人です。なぜかというと、偶数だと会議で意見が2つに分かれ、何も決められ
ないという事態が生じますから、多数決で決着がつくように奇数人を最低員数
にしているのです。

 こんなの常識じゃないかと私は思っていましたから、旧商法時代の通説とい
われるもののレベルの低さを情けなく思うことがよくありました。もっとも、
日本の学者は、いつの時代でもこういう傾向があります。

 吸収合併では複数の会社が丸ごと一緒になることだという人格合一説が当時
は通説でしたが、会社法では、事業の承継であって法人格の承継ではないとい
う当時の少数説である現物出資説的思考が基本です。

 旧商法の古い時代から比べると、会社法立案担当者は実に優秀でした。権威
に囚われることなく、学者の間の通説を潰して行きました。一種の革命だった
と言えましょう。

 旧商法の古い時代の学説を引きずっている期限付き解散の否定も早期に改め
てほしいものです。


2016.01.13(水)【解散の登記】(金子登志雄)

 昨日は会
社の幹部と連れ立って、会社から歩いて15分ほど先の神田明神に
初詣でした。こういうことには興味の薄い私も神田明神には行ったことがない
ので、観光を兼ねて、お供してまいりました。

 神田明神は、当社とは御茶ノ水駅を挟んで反対側にあります。こちら方面に
用事があったことはなく、はじめての訪問でした。神田明神下の銭形平次さん
にでも出会えれば最高だと思って行きましたが、この不況で銭を使い果たした
のか、彼は出てきませんでした。

 神田明神は恵比寿様も祭っているらしく商売繁盛の神様でもあるようなので、
皆様の分も祈ってまいりましたので、今年は皆様にきっとよいことがあること
でしょう。

 さて、現在、解散と清算のところを書き物していますが、監査役設置会社と
監査役の登記など、機関設計の登記と機関(役員)の登記は併せて登記する義
務があるのに、解散と清算人の登記にはこの義務がありません。

 ずっと不思議でしたが、いまは理由を分かっているつもりです。なぜだと思
いますか。解散の登記の申請人が清算人であることは間違いありません。それ
でも、一括申請する必要がないとされている理由です。

 新株予約権の行使期間満了のところで、終結の登記と開始の登記は別ものだ
と話しましたが、これが原因でしょう。

 すなわち、解散の登記は、事業会社期間の終結の登記に過ぎず、清算会社の
開始の登記ではないということです。だから、休眠会社の職権解散の登記でも
清算人について登記されず、取締役や取締役会等に抹消の登記がなされるだけ
です。

 「解散」は清算開始原因だが、清算会社からみると、あちらの事業会社の側
の登記であって、清算会社開始の登記にはなり得ないということです。



2016.01.12(火)【校正疲れ】(金子登志雄)

 昨日は成人式だったのですね。私の世代は、1月15日の固定日だったので、
どうもピンと来ません。

 成人といえば、選挙権が18歳に引き下げられ世界標準になり喜ばしいこと
ですが、なぜ諸外国が18歳にしていたかというと、徴兵制や海外派兵などの
理由がありました。義務だけ若者に課して権利(選挙権)が与えないのはバラ
ンスを欠くじゃないかということで、選挙権年齢を引き下げてきたわけです。

 ですから、日本の若者の選挙権が世界標準に比べて高かったのは、日本が平
和だった何よりの証拠です。平和な世界はどこでも長老が偉く、若者は権利が
ないものです。

 さぁ、選挙権を与えたから明日から戦争に行きましょうとはならないことを
祈らざるを得ませんが、その時こそ、選挙権を有効に使ってほしいものです。

 3連休は著書の校正で疲れました。校正というのは料理を作った後の後片付
けみたいなもので楽しみがありません。すぐに疲れます。疲労のためか、老眼
のためか分かりませんが、文字がかすんでくるので、効率もあがりません。

 そんな時はパソコンで書き物を始めます。文字の大きさを自在に大きくでき
るので、老人にとっても実に便利です。若者ではありませんから、スマホはな
くても耐えられますが、ノートPCのない世界は耐えられません。

 ノートPC持参でよいなら1週間くらいは刑務所生活も耐えられるでしょう。
あ、禁煙ですね。1日として持ちません。品行方正で行くしかなさそうです。


2016.01.08(金)【新株予約権の行使期間満了】(金子登志雄)

 昨日の続きですが、新株予約権の行使期間の満了日に全部行使があったため、
行使期間の満了の登記をせずに、正直、ほっとしています。

 というのは、行使期間が「平成28年1月5日まで」となっていた場合は、翌
日付で「平成28年1月6日行使期間満了」と登記せよとされているからです。

 2年前に、私は、きんざいの登記情報への投稿で、これを批判したことがあり
ます。1月5日24時退任で、1月6日0時就任のように、「終了の登記と開始
の登記」を同時に行うときは、開始の日を基準に「1月6日重任」は許されても、
終了の登記だけで開始の登記を必要としないときは、終了の日で登記すべきだと
主張しているからです。この重任も2つに分けると、1月5日退任、1月6日就
任の登記になります。

 中学卒業が3月31日で高校への入学が4月1日のときに、4月1日に中学を
失業しましたといいますか。中学卒業の効力は3月31日24時に発生したので
あり、4月1日0時ではありません。

 同時刻だから、どうでもいいじゃないかといわれそうですが、日が違うという
ことは大きい問題です。1日の差で学年が変わることもあります(定年退職や年
金には影響がないのでしょうか)。

 会社の存続期間が3月31日までと登記されていたときも、4月1日解散と登
記することになっていますが、そうすると清算会社の事業年度(清算事務年度)
が4月2日から翌年4月1日までになります。想定外の事態です。

 そろそろ、終了の日の表し方として翌日付にするのは中止してほしいのですが、
先例の重みは私一人ではどうにもなりません。


2016.01.07(木)【新株予約権の特定が必要か】(金子登志雄)

 昨日は、最後に残った新株予約権〇〇個の全部を行使期間満了日(1月5日と
します)に行使した案件の仕事を受けました。

 お客様作成の委任状には、いつもどおり「第〇回新株予約権一部行使」とあっ
たので、いや、残りの全部行使ですから「第〇回新株予約権全部行使」にしてく
ださいと返したのはいうまでもありません。

 全部行使ですから、いったんは新株予約権0個の登記が入る登記方法もあるで
しょうが、その場合は、同時に「平成〇年〇月〇日行使期間終了」が必要になり
ますので、「平成28年1月5日新株予約権全部行使」で抹消されます。

 この全部行使につき、松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』による
と、「平成28年1月5日第〇回新株予約権全部行使」と、新株予約権を特定す
る「第〇回新株予約権」の挿入が必要のようにあり、登記記録例の依命通知と相
違していました。松井本には全部消滅も全部消却も全部放棄にも、それが挿入さ
れていました。

 旧商法時代に、そういう方式があったように記憶していますが、探してもみつ
かりませんでした。

 第〇回新株予約権の欄のすぐ下に、この登記が入るため、松井方式にする意味
はないので、私も依命通知方式に従っていますが、依命通知も株主名簿管理人に
ついては、「平成〇年〇月〇日〇〇〇信託銀行株式会社を廃止」と特定名が必要
です。この理由は、どこにも説明がなく、私も確実な理由が分かりません。何故
なんでしょうか。



2016.01.06(水)【夫婦別姓について】(島根・根来川弘充)

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 さて、先月、「夫婦別姓を認めない民法規定は違憲かどうか」という問題につ
いて、最高裁は、違憲ではないという判断をしました。しかし、私はこれが認め
られる日はそんなに遠くない日に来るだろうと思いました。

 私は何人かの後見人をしているのですが、大抵の方がお墓を見てくれる人がお
られません。少子化の問題もあるかもしれませんが、旧民法の家長制度で育った
方が減ってきており、名字に対する国民の認識が変わってきているだろうと実感
していました。

 夫婦別姓の問題も根底には、世代が変わってきていることが要因にあるのだろ
うと思います。この先、今の民法しか知らない世代になった時、姓そのものに疑
問を投げかける裁判もある気がします。

 さらには夫婦間だけでなく、親子間でも姓名に疑問を投げかけるような裁判が
出るかもしれません。親族法の問題は、医療や科学の進歩により、法律が追いつ
かない現状があります。

 今回の判決は、立法(国会)に委ねる旨の意見が付されていましたが、現在に
合わせるだけでなく、将来どのような家族を理想とするのか、民法が改正される
際には、この点を注意して見守りたいと思います。


2016.01.05(火)【親会社等の取締役】(金子登志雄)

 昨年5月施行の会社法改正で、社外役員の定義が変わりましたが、面白いこ
とに気づきました。

 会社法2条16号ハに、社外監査役であるためには、「親会社等の取締役、
監査役若しくは執行役若しくは支配人その他の使用人でないこと」とあります。

 では、議決権の過半数を有する筆頭株主が公共団体や公益法人だった場合に、
これらは親会社等に該当するのでしょうか。

 親会社等とは、①親会社又は②株式会社の経営を支配している者(法人であ
るものを除く。)として法務省令で定めるものとあり(2条4号の2)、②は
法人を除くので、公益法人等は親会社かを検討すると、親会社とは「株式会社
を子会社とする会社その他の当該株式会社の経営を支配している法人として法
務省令で定めるものをいう」とあります(2条4号)。

 法務省令である会社法施行規則3条2項をみますと、親会社とは「株式会社
の財務及び事業の方針の決定を支配している場合における当該会社等」とあり
ます。

 会社等とは何かと会社法施行規則の定義をみると、2条3項2号にあり「会
社、組合その他これらに準ずる事業体をいう」(抜粋)とあります。

 余計に分からなくなりますね。会社法2条4号の「会社その他の当該株式会
社の経営を支配している法人」のほうが分かりやすいといえます。

 公営法人等も親会社に含まれるとして、その理事は「取締役、監査役若しく
は執行役若しくは支配人その他の使用人でないこと」は明らかですね。公益法
人等には、取締役はいないのですから。

 しかし、よく考えてください。親会社が合同会社であっても、その役員は、
「取締役、監査役若しくは執行役」に該当しません。取締役というのは株式会
社にしか存在しないからです。「取締役、監査役若しくは執行役若しくは支配
人その他の使用人」にこだわると、親会社等は株式会社に限られ、立法化の意
味がなくなります。なぜ「それらに準じる者」としなかったのでしょうか。

 ということで結論は不明で成果なしでした。せめて解説書で、親会社等とは
例えば………、取締役とは例えば………とあれば理解も進むのですが、そうい
う分かりやすい本は金子本しかないのでしょうか。


2016.01.04 (月)【謹賀新年】(金子登志雄)

 皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も何とか家族皆無事にて
新年を迎えられました。ありがたいことです。

 きっと皆様は帰省したり、自宅でお孫さんに囲まれ、お年玉を渡したりで幸
せを満喫したことでしょうが、私には、もう親もなく、まだ孫もなく、どこに
も出掛けない静かな正月でした。

 結局、いつもの長い休みと変わりなく、部屋に閉じこもり、某所から依頼さ
れている著作(共著)の執筆三昧でしたが、夜の3時や4時まで頑張り、午前
中は寝ている生活でした。NHKの紅白も初詣も一切無縁でした。

 成長がないというのか、根っからの夜行性なのか、学生時代の若い頃から全
く変わっていません。流石に、疲れてくると、文字がかすんでくるという老化
現象だけは生じていますので、この点では、年齢相応に成長しています。

 書き物をしていると急に表現にこだわりはじめます。ここでも、何で新年は
「明ける」のか、「開ける」ではいけないのかと気になりました。

 「明ける」ものには「夜明け」や「梅雨明け」があり、反対語に「日暮れ」
などがありますから、どうも、途方に暮れた日々だった旧年も暮れて、夜明け
のような新年が来た、おめでとうということでしょう。本年も、本欄をよろし
くお願いします。


2015.12.28(月)【よいお年を】(金子登志雄)

 本年最後の徒然日誌になりました。私自身は、自動販売機商法で、お金さえ
入れてくだされば、年365日・24時間、対応しておりますので、休むのは
この徒然だけです。ご遠慮なく、メールや電話をどうぞ。

 本年の最大のイベントは何といっても、2月からの改正商業登記規則の施行
と5月からの改正会社法の施行でした。本欄に登場する仙台の立花司法書士と
登記情報への投稿でお馴染みの広島の幸先(こうさき)司法書士に校正の協力
を得て、東京司法書士協同組合から小冊子を発行することができましたし、そ
れを加筆して新著『改正会社法と商業登記の最新実務論点』も出版することが
できました。

 出版作業には大変な労力が必要ですが、建築家が「あのビルはオレが設計し
た」と秘かに喜ぶのと同じで、形に残るのは、うれしいものです。

 難しい登記を無事に終えた時も満足感がありますが、形に残らないのが少々
残念です。しかし、そのノウハウが積み重なり、間違いなく登記所も受け付け
ると確信が持てた時には、講演や出版という発表の機会が与えられていますの
で、つくづく私は恵まれた環境にあると感謝しています。

 先日受けた健康診断の結果は、年齢からすれば合格点でした。まだまだ頑張
れそうです。

 本日は、中央経済社が商業登記全書(組織再編の手続)の初校資料を夕方に
持ってきます。来年にしないのは、「年末年始は遊ばずに頑張れ」ということ
でしょう。老人を大事にしてくれないようです。

 せわぁない(大河ドラマ「花燃ゆ」によく出てきた言葉)、やるしかないで
すね。よいお年を。


2015.12.25(金)【困ったときには私の背中を………】(仙台・立花宏)

 いつも利用している喫茶店に、持ち帰り用のランチを購入しに行った時のこ
とです。低価格の割に、日替わりでバラエティに富んだサンドイッチやサラダ
等を提供してくださり、また、それが美味しいため、お昼時にはいつも注文を
待つお客様が並ぶようなお店です。

 毎日、そのお店ランチを購入するので、ありがたいことに、私の顔を見ると
持ち帰り用のランチの準備をはじめてくださいます。その準備は気持ちが良い
ほどスムーズで、その手際の良さには、いつも感心させられていました。

 その日も私の順番がきて、注文用のカウンターの前に立つと、店長さんが私
に気づき、注文するかしないかのうちに、持ち帰り用のランチの準備を始める
よう、店員さん達に指示をだしているようでした。隣のカウンターでは、別の
お客様がランチの注文をしていました。

 注文が入ると、カウンターの中の店員さん達が、さっと、自分達の果たすべ
き役割を理解し、自分の立つべきポジションにつきます。見ていて、気持ちの
よい動きです。

 ところが、隣で注文していたお客さまが、メニューを見直して、注文を変更
したいという申し出をしたようです。準備を進めようとしていた店員さん達に
迷いが生じたようで、一瞬、店員さん達の動きがぎこちなくなり、店員さん達
の視線は、店長さんへと向けられました。

 興味があって、どうするのかな、とみていると、店員さん達の迷いに気づい
た店長さんは、落ち着いて、さっと、店員さん達に的確な指示を出しました。
すると、店員さん達の動きに迷いが消え、安心したように、自分達の立つべき
ポジションにつき、なにごともなかったかのように、もとの気持ちのよい動き
を取り戻し、スムーズな動きで注文されたメニューの準備にとりかかりました。

 とても感心させられ、思わず、「すごいですね。皆さん、手際がよくて。き
っと、店長さんのリーダーシップがよいのですね」と声をかけると、店長さん
は、はにかみながらも嬉しそうに、答えてくださいました。

 「いえいえ、みんなのおかげです。私は、なにもしてないんですよ」

 その謙虚な姿勢にあらためて感心させられました。こんな店長さんだから、
店員さん達は、迷った時に店長さんに視線を向けたのでしょう。

 そういえば、先日、女子サッカーの澤穂希選手が、今シーズンかぎりでの引
退を発表しました。言わずと知れた、日本の女子サッカー界のカリスマです。

 その澤選手が、北京五輪の際、チームのメンバーに、「苦しいときには私の
背中を見なさい」という言葉をかけたそうです。そのメンバーはその言葉に勇
気づけられ、苦しいときには澤選手の背中をみて、試合終了まで走りつづけた
のだとか。

 きっと、その店長さんも、店員さんにとっては澤選手のようなカリスマなの
に違いありません。

 リーダーシップとはちょっと違うかもしれませんが、お客様が苦しいときや
困った時、私の背中を見てくださるような、そんな、頼りになる司法書士にな
らなくては、と、気持ちをあらたにした出来事でした。


2015.12.24(木)【同時申請】(金子登志雄)

 昨日は天皇陛下の誕生日でした。82歳のようですが、安倍政権後の好戦的
世相に対して平和主義の立場から暗に反対をほのめかしてくださるなど存在感
も大きく、いつまでもお元気でいてほしいものです。

 さて、今日のテーマは同時申請です。同時申請というと、合併だとか本店移
転の際の専用用語だという思いが我々司法書士にはありますが、次のような場
合にも用います。

 ① 商登49条の本支店一括請求では、支店所在地における登記の申請は、
本店の所在地における登記の申請とは、【同時に】しなければならない。

 ② 商登規則37条1項では、同一の登記所に対し【同時に】数個の申請を
する場合において、各申請書に添付すべき書類に内容が同一であるものがある
ときは、1個の申請書のみに1通を添付すれば足りる。

 ③ 商登規則58条で、会社の支配人を置いた本店又は支店について移転、
変更又は廃止があつたときは、本店又は支店に関する移転、変更又は廃止の登
記の申請と支配人を置いた営業所に関する移転、変更又は廃止の登記の申請と
は、【同時に】しなければならない。

 こうしてみると、同時申請には任意のものと合併や本店移転のように強制の
ものとがあることがお分かりいただけると思います。

 合併や本店移転の同時申請は、2つの登記所への2つの申請書を1つの登記
所に同時に出すことですが、②は、1つの登記所への数個の申請を前提とした
ものでしょう。

 ①の本支店一括申請は、2つの登記所への申請を1つの申請書にして提出す
ることです。申請書を2つにはしません。③は、1つの申請書にしても、2つ
の申請書にするも自由です。ややこしいですね。


2015.12.22(火)【任期中の証明の要否】(金子登志雄)

 昨日は商業登記倶楽部の神崎先生や鈴木龍介司法書士、他1名の計4名で年
末恒例の忘年会でした。

 メール等では頻繁に交流していますが、実際にお会いするのは、実に久々で
したが、お互いに、健康で今年も無事に終わりそうなことを感謝し祝福しあい
ました。

 さて、昨日の権利義務の問題ですが、いつが任期満了時期なのかについては、
定款でも添付しない限り、登記所にも分かりません。単に「辞任します」とか、
議事録に「本総会終結時に任期満了退任するんで,改選の必要があり………」
などと記載されていれば、登記所はそれを受けて登記するだけです。

 これにつき、商業登記規則61条1項に「定款の定めがなければ登記すべき
事項につき無効又は取消しの原因が存することとなる申請については、申請書
に、定款を添付しなければならない」とあることを根拠に定款を添付せよとい
う見解もありますが、実務は採用していません。なぜでしょうか。

 この規定は、Aという事項を黙って申請したら、登記所から「会社法違反で
無効又は取消の瑕疵がある」と却下される場合に、「ほら、会社法に定款で定
めればAも認めると書いてあるじゃないですか。だから、『A+定款=合法』
を示すために、定款を添付するものです。

 役員が登記されていれば、誰だって合法の登記と思うでしょう。そこに、辞
任や任期満了の登記を申請されても、登記所から「会社法違反で無効又は取消
の瑕疵がある」とはみえません。だから、こういう場合には、規則61条1項
は適用されないのですが、私を含めて、結論は分かっていても、理由の説明が
上手にできないものです。



2015.12.21(月)【権利義務者の地位の辞任】(金子登志雄)

 取締役会設置会社の取締役ABC(代表取締役A)が本年6月30日に全員
任期満了で退任したのに、後任の選任がなされないため権利義務者として任務
を継続しているとします。

 12月18日開催の取締役会で代表取締役にBを選任しましたので、Aの代
表取締役としての権利義務は消滅したので、代表取締役に関してだけは、Bの
12月18日就任の登記と引換えに、Aは6月30日退任の登記をすることが
できます。

 このような事例につき、後任が選任されたのだからAは代表取締役を辞任す
る登記が可能ではないかなどといった議論が司法書士会の掲示板でなされまし
た。私も参加し、いろいろ意見を出したのですが、どう説明すれば自分の意見
が正確に相手に伝わるのか、いまさらながら難しいものだと思いました。

 いまは、役員と会社との関係は委任関係ですから、委任による代理権で説明
するのが最も分かりやすいかなと思っていますので、ここで実験してみます。

 6月30日まで、委任期間中(任期中)。登記できるかは別として辞任(委
         任契約解除)は自由。

 7月 1日から、委任期間終了により法定の継続義務が発生したから、退任
         登記はできず、代わりに、一種の法定代理権の関係が発生。
         法定の代理権だから辞任は法律上も不可。

12月18日から、Aの代表取締役権利義務という一種の法定代理権は消滅。
         これは登記事項ではないので登記されず、6月30日退任
         の登記障害がなくなったので、その登記をする。Aの法定
         の地位は消滅したので、辞任の可否は問題外。

 さて、通じたでしょうか。


2015.12.18(金)【普通取締役と種類取締役】(金子登志雄)

 今週も最後になりました。年末も近いためか、零細な当事務所のようなとこ
ろにも、著名大企業の総務担当者が年末挨拶に訪問してくださったり、お歳暮
を贈ってくださることが多く、逆じゃないかと恐縮しております。当の私は、
こういうのが大の苦手でお礼状さえ書いていない始末です。この場で、金子と
はそういう「閉じこもりオタク型の職人タイプ」だということで、非礼をお許
しくださいと申し上げるしかありません。

 さて、今週は代表取締役をテーマとする内容が主だったものでしたので、今
日は取締役会設置会社と非設置会社の取締役につき、種類株式と対比して考え
てみたいと思います。

<取締役会設置会社>
 普通株式に対応するのが「取締役」
 「代表取締役」は、代表権付取締役ともいうべき種類株式
 
<非取締役会設置会社>
 各自代表を原則とするため普通株式に対応するのが「代表取締役」
 単なる「取締役」は、「代表権抜き代表取締役=取締役」という種類株式

 だから、取締役会設置会社から非取締役会設置会社に移行すると、定款変更
の効果で普通株式は「取締役」から「代表取締役」に変わります。これについ
ては「代表権付与」と登記されます。

 逆方向だと「代表権喪失」と登記されそうですが、逆方向の移行には、必ず
取締役会設置会社の必須機関である代表取締役を選定しなければなりません。
その結果、普通株式だったはずの代表取締役が普通株式の取締役に変わっても
取締役会で代表取締役として選定されなかった効果だと考えるのか、単に代表
取締役として「退任」で登記するにが実務慣行です。

 同一人物を代表取締役に定めた場合は、普通株式から種類株式の代表取締役
に変わり、種類株式だった代表権抜き取締役は普通株式の取締役に変わります
が、これらは取締役や代表取締役の退任・就任事由とされていませんので、何
らの登記もなされません。

 まるで数学問題を解いているような気分になりませんか。数学好きは会社法
に向いているというのが私の持論です。



2015.12.17(木)【代表取締役の任期満了】(金子登志雄)

 取締役の任期が満了し再任されないと、「(任期満了により)平成〇年〇月
〇日退任」と登記され、その者が代表取締役でもあったとすると、代表取締役
については「(資格喪失により)平成〇年〇月〇日退任」と登記されます。

 この取締役兼代表取締役の退任登記をすると両方とも定員欠如になる場合は
登記が受理されません。後任が就任するまでは、権利義務者というものになり、
職務継続義務があります。

 ここまでは、どの教科書にも書いてありますが、代表取締役の権利義務を定
める会社法351条1項には「代表取締役が欠けた場合(注:ゼロになること)
又は定款で定めた代表取締役の員数が欠けた場合には、【任期の満了又は辞任
により退任】した代表取締役は、新たに選定された代表取締役が就任するまで、
なお代表取締役としての権利義務を有する。」と規定されています。

 お気づきになりましたか。任期の満了ではなく「資格喪失」により退任した
場合が含まれていません。しかし、本件の事案では、代表取締役の権利義務者
になるといわれています。

 この問題の解決には2つの方法がありそうです。1つは、本件の代表取締役
は「取締役在任中」という不確定期限付の任期で選定されたのだから、まさし
く任期の満了による退任であると説明する方法、その2は、会社法351条の
「任期満了又は辞任」とは、解任など不適切な理由での退任を除外する趣旨だ
から本件の資格喪失を含むとする方法です。

 代表取締役は「取締役の中から」定められますから、取締役でなくなった場
合に資格喪失と使うことは問題ないとして、もし定款で代表取締役は株主に限
ると定めてあり(非公開会社では可能です)、株主資格を失ったら、これも資
格喪失ですが、会社法351条からして権利義務者にはなれないでしょう。

 したがって、上記第1説を支持します。結果として、本件代表取締役の退任
事由には、取締役の資格を失ったことと任期が満了したことの2つが同時に生
じたのであり、権利義務者の面からは後者を理由にしなければならないという
ことでしょうか。


2015.12.16(水)【資格喪失と思考喪失】(金子登志雄)

 ここ数日の本欄をみて、感度のよい人は、きっと「最近、金子は執筆活動を
再開したな」と思ったことでしょうが、そのとおりです。

 この仕事に従事して30年も経つのに、執筆活動を始めると、次から次へと
思い出したように昔からの疑問が冬眠から目を覚ましますし、発見もあります。
勉強にはなっても健康にはよくありません。煙草の本数も急増します。

 例えば、取締役が欠格事由に該当すると「平成〇年〇月〇日資格喪失」と登
記されますが、代表取締役が取締役の地位を喪失すると、資格喪失により「平
成〇年〇月〇日退任」とされ、資格喪失が登記記録に表れません。

 親亀がこけたら子亀もこける間接的効果であり、「平成〇年〇月〇日取締役
の資格喪失」とするのは不都合だからかと思えど、代表取締役の資格の面では
直接効果です。

 取締役の地位と代表取締役の地位が一体である各自代表制の代表取締役の場
合も同じように登記しますが、こちらは、登記の面では別々の枠内に登記され
るから、2つの地位があるのと同じだと解釈でき、迷いは生じませんでした。

 そもそも、同じ取締役の退任事由でありながら、死亡・辞任・解任・資格喪
失による退任は、「平成〇年〇月〇日死亡(又は辞任、解任、資格喪失)」と
退任原因を登記しながら、任期満了による退任については、結論だけの「平成
〇年〇月〇日退任」とします。

 つい、なぜだと考えてしまうのが私の性癖ですが、最後には「思考喪失」に
より退場し、登記の慣例(流儀)だから追求しても仕方ないと思うようにして
います。そうしないと、地下鉄はどこから入れたのだと考え出して眠れなくな
った漫才師さんと同じになってしまいますので(親亀も地下鉄も若い方には全
く通じないでしょうね。ネット検索してください)。


2015.12.15(火)【選任と選定の相違(一部訂正)】(金子登志雄)

 昨日の後半部分(次)は訂正が必要のようです。

----------------------------------------------------------------------
 では、各自代表制の非取締役会設置会社に取締役としてABが存在し、定款
又は株主総会でAを代表取締役に選びました。これは選任ですか、選定ですか。

 選定ではありません。一見、「取締役の中から」Aを選んだようにみえます
が、各自代表制ですから、本件は、Bの代表権をはく奪したのであり、Aを選
んだわけではありません。

 どっちだっていいじゃないかという声が聞こえますが、選定であれば選定に
対応した就任承諾書が必要なのに対し、最後の例などは選定ではないため、就
任承諾書が不要であるという差が生じます。言い換えれば、取締役の就任承諾
書のほかに代表取締役としての就任承諾書の必要なときが選定です。
----------------------------------------------------------------------

 「選定」につき定義規定がないので、完全に間違いだとはいえませんが、松
井ハンドブックほか、会社法立案担当者の手による市販本を確認しましたとこ
ろ、定款又は株主総会で代表取締役を【選定】などの表現が登場していました
ので、代表権のはく奪により特定人を代表取締役に定める場合も含むのが一般
的のようで、就任承諾の要否と連動した概念ではないようでした。

 それにしても、たった1つ残された各自代表取締役を「選任」としてよいの
か困りました。【代表取締役の選任】で検索すると、松井本も通達準拠も千問
も、いくつかヒットしましたが、大勢でチェックした法務省を代表する会社法
制定時の商事法務の連載記事や「一問一答」では、全くヒットしませんでした
(見落としがなければですが)。こういう問題を上手に回避して文章を作るに
は、大勢の力が必要のようです。



2015.12.14(月)【選任と選定の相違】(金子登志雄)

 12月14日ですね。自然と赤穂浪士の討ち入りの日かと思ってしまいます。
西暦では翌年の1月30日のようですが………。

 「浪士」というのは、たぶん、浪人と義士の合成語でしょう。このように、
法律実務に従事していますと、用語にこだわってしまいます。

 皆さんはそこで放置でしょうが、物書き業を兼任している私は、放置するわ
けには行きません。

 例えば、文章で「代表取締役を定款で選●したとき」と書くとき、この●に
「任」を入れるのか「定」にするのかによって、本の信頼性に影響してしまい
ます。「選定」とは、選任された者の中から、また選ばれることです。

 つい、定款や株主総会で選んだときは「選任」で、取締役会や取締役の互選
で選んだ場合が「選定」だと思ってしまいますが、これは間違いです。

 取締役会設置会社の代表取締役を定款で定める場合にも「取締役の中から」
定めるのであって、取締役会の代わりに定款で選んだだけですから、「選定」
です。

 では、各自代表制の非取締役会設置会社に取締役としてABが存在し、定款
又は株主総会でAを代表取締役に選びました。これは選任ですか、選定ですか。

 選定ではありません。一見、「取締役の中から」Aを選んだようにみえます
が、各自代表制ですから、本件は、Bの代表権をはく奪したのであり、Aを選
んだわけではありません。

 どっちだっていいじゃないかという声が聞こえますが、選定であれば選定に
対応した就任承諾書が必要なのに対し、最後の例などは選定ではないため、就
任承諾書が不要であるという差が生じます。言い換えれば、取締役の就任承諾
書のほかに代表取締役としての就任承諾書の必要なときが選定です。



2015.12.11(金)【ある経営コンサルタント】(金子登志雄)

 同じ自由業でも、国家資格のないものといえば経営コンサルタントでしょう
か。多くが会社組織にするでしょうが、我々資格業は、ある意味では作業をす
るだけで報酬を得られることが多いのに、経営コンサルタントは売上げの増大
やコストの節減など目にみえた成果を上げないと収入に結びつかないところが
あり、最も難しい仕事の1つかもしれません。

 その関係で、何でも屋の経営コンサルタントを名乗っている方は税理士等の
本業を持っており、経営コンサルタントは肩書だけであるのに対し、本物の経
営コンサルタントは業種に特化した方が多いようです。国家資格の代わりに特
殊な専門知識こそが武器であり生活基盤です。

 当社及び私の30年来の長崎の友人Hさんも医療経営コンサルタントに特化
して、クリニックや病院の経営改善のアドバイスで頑張ってきました。医療経
営分野の専門家は全国的にも少ないためか、長崎県外の仕事も少なくなかった
ようです。

 その専門知識はM&Aコンサルタント業務に従事していた我々にも必要でし
たので、我々がその仕事から離れた後も当社の監査役になっていただき、毎月
1度は取締役会の機会に情報や知識を交流していましたが、いつもは元気その
ものだったのに、本年9月の定時株主総会の折にお会いした際は、周囲の者み
なが驚くほど急激にやせており、その健康が心配でしたが、突然の訃報で、昨
日は悲しい告別式になってしまいました。69歳の早世でした。

 告別式会場の長崎は雨でした。まるで天も悲しんでいるかのようでした。突
然のことで、原稿の準備もなくして弔辞を語った当社社長は最後に「あなたの
魂は我々の中で生きている。また、会いましょう。」と感動的に締めくくって
いましたが、Hさん、私も法務代行業から法務コンサルタント業に脱皮すべく
頑張っています。また、経営コンサルの要諦を教えに来てください。



2015.12.10(月)【昔の登記出頭主義】(金子登志雄)

 司法書士同士で話すと、電子申請で登記所に行かずに済んで実に楽になった
ことがよく話題になります。

 昔は登記所に必ず出頭しなければなりませんでした。1人事務所の私は、早
起きをして午前は横浜、午後は千葉、埼玉だなどと走り回っていたものでした。

 類似商号調査がなくなったことと、登記所の執務時間でお昼休みがなくなっ
たことも助かりました。

 若い人には想像もつかないでしょうが、お昼の12時ー1時の間は登記所の
執務時間ではなかったのです。11時45分頃に閲覧室に入っても、12時に
は追い出されて、登記所の外の喫茶店で時間をつぶし、また1時に入室しなけ
ればなりませんでした。これでは、横浜だ、千葉だ、埼玉だと回れませんから、
補助者に行ってもらったり、現地の司法書士に復代理を頼んだりするしかあり
ません。

 復代理といえば、地元の司法書士会に電話して紹介してもらった先生は大丈
夫でしたが、会社から「いつも使っている先生」として紹介される地元の人は、
不動産専門で商業登記には弱い人が多く、難儀しました。

 「ここはこうじゃないか」「この辞任する人からは本人の確認を得たのか」
と、毎日のように問い合わせを受け、「全責任は私が取りますから、そのまま
早く申請してください。こういう登記は、もう何十回、何百回と経験済みです
から大丈夫です」といっても、「ああだ、こうだ」といわれることが多く、と
うとう、「もう結構です。依頼をやめますから、全書類をお返しください」と
いったことも何度かありました。

 いまは復代理もほぼなくなり、司法書士同士で、こういうやり取りはなくな
りましたが、なくなってみると司法書士の地域性も判断できず、寂しいもので
す。また、登記所への出頭主義がなくなり、太りはじめたのは私一人ではない
でしょう。



2015.12.09(水)【同一内容なのに異種株式】(金子登志雄)

 普通株式と完全無議決権株式を発行した際に、完全無議決権株式の内容として、
「平成27年12月31日までは株主総会で一切の議決権を有しない。」と定めて
あった場合に、来年からは、種類株式発行会社ではなくなるのでしょうか。

 実務についていると、こういう場面に、たまに遭遇しますが、同一内容かどうか
は全体をみて判断しますから、これも異種類です。定款変更せずして勝手に普通株
式と扱うことはできません。ただ、来年からは存続させる意味がなくなりますので、
非種類株式発行会社に戻すべきでしょう。

 りそなホールディングスの定款をみると、第一回8種優先株式から第四回8種優
先株式までの4種類は定款の記載上は完全に同一内容です。発行可能種類株式総数
も同じですが、会社法108条3項からして、こういうこともあり得ます。

 仮に取締役会で定めた配当額が第一回と第二回で同額になっても異種類といえる
のかという疑問も生じますが、種類株式の名称が相違するのだから異種類だと扱う
のが会社法解釈だと思っています。

 机の上の勉強では決して気がつかない未知との遭遇が実務では存在しますので、
実務家業はやめられません。学者業よりもよほど面白いといえます。


2015.12.08(火)【2種類の登記事項】(金子登志雄)

 「会社等」法人番号ではなく「会社法人等」番号が登記記録の本体(商号より
前の筆頭の位置)に記録されるようになりましたが、この部分は「変更」登記の
対象になりません。これでも登記事項といえるのかと妙に違和感を感じていまし
たが、登記記録上の「会社成立の年月日」も同じでした(「の」の位置に注意、
「会社の成立年月日」ではありません)。

 会社法930条2項によると、支店登記簿の登記事項は、「商号、本店の所在
場所、同一登記所内の支店の所在場所全部」の3点だけだとされているのに、実
際の支店登記簿をみると、会社成立の年月日と登記簿を起こした事由(年月日支
店設置など)が記録されています。話が違うじゃないかと思ってしまいますが、
商業登記法48条2項に、それらも登記せよと規定されているためです。

 いまさらですが、登記事項には会社法(実体法)が要請する登記事項と商業登
記法(手続法)が要請する登記事項の2種類があるわけですね。こんな基本的な
ことが教科書に書いてありましたか。私はみたことがありません。

 会社法の登記事項は変更登記の対象になりますが、商業登記法の登記事項はな
りません。抹消登記の対象にもなりません。会社成立の年月日を抹消しようとし
ても無理です。

 では、管轄外に本店移転を申請する際に、会社成立の年月日を間違って記載し、
登記所も気づかなかったという場合に、後日、更正登記が認められるでしょうか。

 認められないわけがないですよね。変更登記も抹消登記もできないのに、更正
登記だけは可能であるというのも妙に違和感があります。違和感の正体は、会社
成立の年月日などは、そもそも申請人が申請すべき登記事項かという無意識の抵
抗があるためでしょう。変更登記の対象にならないものは登記事項ではないとい
う我々の職業意識です。

 結局、本日の結論は、商業登記法が要請する登記事項である会社成立の年月日
や登記記録に関する事項への記載は、会社法の定める登記事項に付随して登記す
る従たるものだから、我々に申請義務が課されているということでしょう。なお、
吸収合併による解散は、登記記録に関する事項に記録されますが、これは会社法
921条を根拠とする実体法の登記事項です。


2015.12.07(月)【平均年齢35歳】(金子登志雄)

 東京司法書士会のHPをみましたら、今月の15日まで新人研修中のようです。
日司連の研修のような「君たちへ」といった新人に失礼な題名がないかとみてみ
ましたら、大丈夫でした。

 15日の本欄では「受講生の中には上場会社の幹部を定年退職後に受験して合
格した人をはじめ、社会人からの転身組も少なくないでしょう。社会人としては、
講師よりも先輩なのに、『君たち』と呼ばれては面白くありません。」と書きま
したので、その根拠として合格者の平均年齢を調べてみました。下記です。

   http://www.moj.go.jp/content/001162405.pdf

 合格者数707名、平均年齢35歳でした。講師よりも年長と思える50歳以
上の合格者も40名以上もいます。この試験のために10年も無職であったとは
思えませんので、40歳以上は、おそらく大多数が一般社会人からの転身組でし
ょう。20代前半の方も大学生というより、高卒で仕事に嫌気がさし、就職より
も自由業を目指した苦労人である可能性が高いと思います。この資格の魅力は、
学歴不問でインターン期間なし、合格すれば即開業できることです。

 本欄閲覧の非司法書士の方も狙ってみませんか。合格率3%で、試験問題に対
する運・不運も大きく厳しい試験ですが、68歳で合格した方がいるということ
は、勇気を与えてくれませんか。ただし、法律が少しでも面白い好きだと感じな
い方は間違いなく挫折しますので、お勧めしません。

(お知らせ)
 新著、やっとアマゾンに安定して在庫が入りました。もう注文後に時間がかか
ることはないでしょう。私も一安心です。

        http://is.gd/WViIHI


2014.12.04(金)【5頭のクジラ】(金子登志雄)

 昨日は東京司法書士協同組合の忘年会でした。私は組合員ですが、役員ではない
ので出席するのは不自然ですが、組合の編集本に貢献したということでゲスト参加
でした。

 しかし、今度の新著に関しては、私のほうが組合に御礼を申し上げたいほどです。
改正会社法の目玉が社外取締役中心の監査等委員会設置会社であったため、一般の
司法書士には関心が薄いであろうと予想し書く気力が出なかったのですが、熱心な
お誘いをいただいたため、「小冊子程度なら」と思い書き始めたものだからです。
この小冊子がなければ、今度の新著もなかったわけです。

 忘年会にお集まりの組合の幹部の皆さんは、みな、いつもどおり元気溌剌そうに
みえました。これだけみると、司法書士からみた日本の景気はよいのかなと思えど、
別の機会に知り合いの司法書士数人に聴取したところでは、だいたいが仕事が減っ
たという答えが多いようです。ブログ主の司法書士各位は多忙そのもので景気がよ
さそうにみえますから、司法書士にも格差が出てきたのでしょうか。

 日経平均株価が2万円近くの高値の水準にあるので、いかにも景気がよさそうに
みえますが、各種の景気指標はよくないため、仕事が減ったという事務所のほうが
多いはずだと私はみています。

 景気指標がよくないのに、なぜ株価が高いのだと当然の疑問をお持ちでしょうが、
この回答は簡単です。一種の官制相場になっており、日銀や年金資金、郵貯マネー
などの5頭のクジラが株価を支えているためです。

       http://kabusyo.com/sihyo/kujira.html

 先月30日には、GPIFが本年7―9月期の運用損失が8兆円近くになったと
発表しましたが、この官制相場の行く末は大丈夫なのでしょうか。

 いずれにしろ、司法書士は永遠に仕事のない無職と相違し、そのうち仕事が来る
であろうと思えるだけ幸せな立場にあります。1頭のクジラである国家資格が我々
の意識を支えてくれています。それだけでも、ありがたいことです。

 本日はとりとめのない雑文になってしまいましたが、飲み会帰りのため、ご了承
ください。



2015.12.03(木)【下戸の有名人】(金子登志雄)

 1日は当社の忘年会があり、風邪気味のところに、アルコールを摂取したためか、
帰宅後は嘔吐と下痢で翌朝まで散々な目にあいました。何十年ぶりです。

 そうなんです、私は下戸です。兄と弟は酒豪ですが、私だけは体質的に受け付け
ません。体力に任せてお付き合い程度はたしなめますが、生涯で一度も酔っぱらっ
たことがありません。その前に、急に寒くなり震え出して嘔吐してしまいます。

 弁護士の酒好きの友人からは「下戸とは人生の楽しみを1つ知らない気の毒な人
だ」といわれていますし、時々、飲めない奴は男ではないなどいわれることもあり
ますが、いかにも酒豪のような故・若宮富三郎(といっても分からないかもしれま
せんが、勝新太郎のお兄さんです)も下戸だと聞いて驚いたことがあります。

 あの織田信長も西郷隆盛も新撰組の土方歳三も下戸だと聞いたことがありますが、
これも意外ですね。ほかにいないかと、ネット検索してみました。

  http://kenkousite.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html

 忠臣蔵の堀部安兵衛、任侠映画の高倉健、菅原文太、こわもて政治家の浜田幸一、
野球の星野監督まで含まれていました(敬称略)。下戸は豪傑にはなれない、心や
さしい人が多いという私の先入観は完全に間違いのようです。

 しかし、こういう個人の才覚で仕事をできる業種では下戸でも済みますが、接待
の多い業種、例えば銀行員などをみていますと、体力があって酒も飲めないと出世
して幹部になるのは無理のように思っていますが、いかがでしょうか。

 自由業の司法書士は、ゴルフの付き合いも酒席の付き合いもしなくて済みますの
で助かります。今日は東京司法書士協同組合の忘年会ですが、酒は少々控えます。


2015.12.02(水)【命の価値】(金子登志雄)

 一昨日も、昨日も飲み会でした。師走ですね。アルコールに弱い私も酒のツマミ
の類いは大好きのため、誘われれば断りません。

 飲み会では歴史好きの方もいらっしゃいますので、自然に30日付の本欄に書い
た明治維新の件なども話題の1つになります。

 まだ明治維新から150年も経ていないのに、当時は簡単に人の命を奪いました。
風の強い日を選んで京都を火の海にしようなどと、イスラム国ばりのことをまとも
な大人が真剣に相談しあうのですから、怖い時代でした。

 吉田松陰も「至誠にして通じなければ殺せ」と主張する過激な部分がありました
し、攘夷・討幕という大義名分の下に、勝ち組は負け組に対して暴虐の限りを尽く
しました。その暴虐ぶりは、かき集められた足軽連中が恩賞の代わりに、敵陣営の
財産を奪い、婦女子に乱暴し、女子供をさらって売り飛ばしていた戦国時代と大差
がありません。

 現在でも、イスラム国で簡単に人を処刑したりしていますが、彼の地では戦国時
代なんでしょう。平和な外野席にいて、その残虐性を批判しても聞くわけがありま
せん。

 敵に対しては何をしても逮捕されないどころか周囲から褒められる環境にあった
ら、残虐行為に麻痺してしまうのが人間かもしれません。だからこそ、権力を抑制
しようとする三権分立思想などの自由主義原理は、性悪説から発しています。

 適うことなら、そういう残虐性に対しては鎖国し、紛争は対岸まででとどめてお
きたいものですが、江戸時代でもあるまいし、現在は無理なのでしょう。臆病な私
は、山奥に行き、洞窟おじさんになるしかないかもしれません。


2015.12.01(火)【電話会議の取締役会議事録】(島根・根来川弘充)

 金子先生の新著「平成27年施行 改正会社法と商業登記の最新実務論点」を購
入させていただきました。目次に目を通しましたら、「電話会議議事録の盲点」な
るテーマがありました。

 つい先日、支店設置登記の依頼を受け終わったばかりだったのですが、その会社
には、県外におられる取締役が一人おられました。

 私は、こちらにおられる取締役だけで、決議が可能でしたので、その方々だけで
の取締役開催を提案したのですが、その場では、電話(テレビ)会議の方法がある
ことを、すっかり忘れていただけでした。

 今回、新著で先のテーマを調べましたところ、電話会議の場合、議事録に開催場
所として、電話で参加した取締役の所在を記載しないといけないということを知り
ました。

 もし、今回、依頼を受けた会社が電話会議の方法で取締役会を開催されていたら、
私は、こちらにおられる方が出席された場所のみを記載した取締役会議事録を作成
したと思います。

 結果的に依頼者に迷惑をかけずに済んだのは、良かったのかもしれませんが、私
としては、自分の無知さが、ただただ、恥ずかしい限りでした。

(金子注)
 根来川さん、拙著を取り上げていただき感謝です。おかげさまで好調のようです。
さて、本欄閲覧の方に、念のためですが、2か所の場所で会議を開催したと評価さ
れる場合は2か所を記載し、1か所で開催し、そこに電話(テレビ)出席したと評
価される場合は、1か所の記載で足ります。議事録にはこの点が分かるように記載
することが重要だと思っています(『論点解説 新・会社法』142頁参照)。


2015.11.30(月)【官軍史観のアンチ本】(金子登志雄)

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」をみて、吉田松陰はテロリストみたいだと本欄で
感想を述べたことがありますが、そのものずばりの本がありました。

    http://is.gd/9ESDw4

 「明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」という題名
で、薩長の官軍の側からみた歴史を真っ向から批判した内容でした。まずは、アマ
ゾンの読者の書評をざっと読んでみてください。評価が二分されていますが、こう
いう本は実に興味深い内容であることが経験的に分かっていますので、早速、購入
して読んでみました。

 期待に反せず、実に興味深く、吉田松陰だけでなく、赤報隊に命じて江戸市中で
狼藉の限りを尽くした西郷隆盛、武器商人の営業マンだった坂本龍馬、チンピラの
高杉晋作、宴席で家老を斬り殺した水戸黄門………と、一般に偉人と扱われている
歴史上の人物の負の側面(実態?)が紹介されており、英雄を中心に歴史を説いた
司馬史観に対し、「リアリスト」の視点から猛批判していました。

 途中まで読んだ段階では、「いやぁ、面白かった」と本欄に書こうと思っていま
したが、後半の会津の白虎隊より幼い二本松の少年隊の悲劇などの場面に達すると、
そういう不謹慎な感想を出せなくなりました。

 法律解釈と同じく歴史解釈でも様々な捉え方があってこそ、正常な社会ですから、
たまには、せめて、単細胞の攘夷論を唱え外国人を殺戮しようとして連中が、のち
に西洋かぶれの鹿鳴館に変わった事実に批判的な目を向けてもよいでしょう。

 私個人にとって新鮮だったのは、これまで長州(毛利)の殿様は懐が広くりっぱ
だったからこそ、反徳川の過激分子が縦横に活躍できたのだとばかりに思っていま
したが、この本では、「そうせい(よきに計らえ)」といわないと、殿様の命が危
なかったからだそうで、なるほどと思いました。幕末時代の朝廷も同じだったでし
ょう。

 物事を一面的にみるべきではないと感じている方、歴史が好きな方にはお勧め本
だと思いました。とくに、賊軍として頑張った東北の方には、ご先祖の気持ちを知
るためには必見の書かもしれません。


2015.11.27(金)【業務の決定と業務執行の決定】(金子登志雄)

 次の2つの条文を比較し、何か感じませんか。

------------------------------------------------------------------------
1.非取締役会設置会社に関する348条2項
  取締役が2人以上ある場合には、株式会社の業務は、定款に別段の定めがあ
 る場合を除き、取締役の過半数をもって決定する。

2.取締役会設置会社に関する362条2項
  取締役会は、次に掲げる職務を行う。
   一 取締役会設置会社の業務執行の決定
-------------------------------------------------------------------------

 非取締役会設置会社では「業務の決定」なのに、取締役会設置会社では「業務
執行の決定」となっています。

 「業務の決定」は「執行する業務の決定」という意味であり、「業務執行の決
定」と同じ意味でしょうが、ずっと、この表現の差に引っかかっていました。

 いまは、権限分配が理由だと思いはじめました。会社の業務(実際に行ってい
る業務)の執行機関は、本来、取締役だが、これを決定機関と執行機関に分断し
た場合に、上記のような表現の差になるのではないでしょうか。

 ちなみに、定款の事業目的は会社の存在理由のことであり、実際に行っている
業務自体ではないこと、「会社の業務」という場合は株主総会の招集決定や計算
書類の承認など執行を伴わないものも含んでいること、「職務」は「担当業務=
役割」のことであり、狭義の執行業務とは概念が相違することなど、会社法に登
場する概念を考えていると哲学の世界に入りそうです。実務家は深入りしないほ
うがよさそうですね。

(参)新著(改正会社法と………)は、アマゾンで「一時的に在庫切れ」(仕入
予定数以上に購入注文があった)と表示されるほど売行好調のようで、御礼申し
あげます。この調子で、他の通販会社や書店でも在庫切れになるよう、土日には
冷たい滝に打たれて願掛けしようと思っておりましたら、そう思っただけで風邪
を引いてしまいました。季節の変わり目、皆様もご自愛ください。



2015.11.26(木)【苦労人】(仙台・立花宏)

 その男の考えは間違っていなかった。
 そのプロジェクトを見ている誰もがそう思ったと思います。

 昨年、ある男がそのプロジェクトのリーダーを引き受けたとき、プロジェクト
チームのメンバーは、自分たちがどうなるのかと不安にかられていました。

 そのプロジェクトは、その団体にとって、目玉ともいえる企画でした。
 そのプロジェクトを率いていた前リーダーは昨年で勇退する予定であり、後任
のリーダーは、その前リーダーの愛弟子ともいえるそのプロジェクトチームのサ
ブリーダーがなるというもっぱらのうわさでした。しかし、結局、そのサブリー
ダーはそのプロジェクトのリーダーには就任しませんでした。そのプロジェクト
の大きさが重責となり、リーダーとなることを辞退したようでした。そのうち、
プロジェクトのメンバーの気持ちはばらばらになり、プロジェクトはどうなって
しまうのかという状態になりました。

 次のリーダー選びは難航し、何人かが候補者として名前があがっては、候補者
が辞退するということが繰り返えされました。結局、リーダーが決まるまでに数
か月を要しました。

 そして、最終的にリーダーに就任したのは、以前、このプロジェクトチームに
在籍していたのですが、2年前、そのプロジェクトチームからはずされた男でし
た。リーダーの期待している成果をあげられていないから、というのがその理由
でした。

 その男の技術は誰しもが認めるほど素晴らしいものでした。ただ、強い信念を
持ち、曲がったことが嫌いだったため、前リーダーと考えが異なると、ぶつかる
こともしばしばだったようです。プロジェクトチームのメンバーからはずされた
のも、表向きは成果をあげられていないからというものでしたが、本当は、考え
方の違いから、前のリーダーとぶつかり、次第にそのプロジェクトの中心からは
ずれ、冷や飯をくわされた挙句、そのプロジェクトチームのメンバーからはずさ
れたというのが本当のところのようです。

 その男はリーダーを引き受けると、チームのメンバーを集め、新プロジェクト
チームの構想を発表しました。メンバーは、その構想に驚きを隠せませんでした。
というのは、これまでのメンバーをほとんど、そのまま引き継いだ内容だったか
らです。どうしても、その男の下では仕事をしたくないと去っていったものは、
引き留めることはしなかったようです。しかし、その男に冷や飯を食わせた前リ
ーダーの下で集められたメンバーがほとんどそのまま引き継がれていたのです。

 その男は、プロジェクトチームのメンバーと真摯に向き合い、あたらしいプロ
ジェクトチームの向かうべき方向性をメンバーと模索していきました。

 あたらしいリーダーのもと、プロジェクトチームは再び始動しました。そして、
これまで以上に、プロジェクトの完成へと前進していきました。メンバーはほと
んどかわりませんが、以前よりもメンバーがまとまり、団結しているように感じ
ました。なによりも、メンバーがリーダーを信頼しきっているようでした。

 ある日、メンバーの一人がリーダーに聞いたそうです。リーダーがプロジェク
トチームをはずされたとき、メンバーの中には冷たい態度をとった人間もいたは
ずだ。それなのに、 なぜ、メンバーをかえなかったのかと。

 すると、リーダーは答えたそうです。
 「自業自得とはいえ、私は否定され続けました。だから、もし、リーダーにな
る機会があったら、最初から誰かを否定することはしたくないと思っていたので
す。私の下を去りたいという方以外は、こちらから否定するつもりはありません
でした。もし、こちらの気持ちをわかってもらえなくても、信頼して待ち続けよ
うと。信は力なり、かな。もちろん、高いレベルを要求しますし、厳しいことは
言いますけど」

 これまで、苦労してきた男です。しかし、その苦労にひねくれることなく、リ
ーダーとしてとして見事によみがえったように思いました。

 いつかそのプロジェクトが完成したとき、きっと歓喜の輪の中心に、その男が
いるのだろうと思います。


2015.11.25(水)【非業務執行社員】(金子登志雄)

 昨日に関連して、今日は合同会社の社外役員ではなく非業務執行社員の話題に
しましょう。 

 当事務所にも、1年にほんの数回だけですが合同会社の案件が入ります。設立
であれば、そう苦労しませんが、社員の加入・脱退などがあると、文献を調べな
がらの作業になります。

 いまさらですが、株式会社は所有(株主)と経営(取締役)が分離された仕組
みであり、株主は経営のプロである取締役に業務執行を委任しますが、持分会社
である合同会社は社員自体が直接に経営に従事する業務執行社員になります。例
外として、定款に定めることによって、非業務執行社員を設けることもできます。

 したがって、業務執行社員になることは会社との委任契約に基づく「就任」で
はなく、「加入」(新規に社員になった場合)や「業務執行権付与」(非業務執
行社員に業務執行権の復活)となり、代表社員になってはじめて委任関係を前提
とした「就任」「辞任」等の登記になります。

 では、業務執行社員で代表社員である者が定款の変更により非業務執行社員に
なった場合の代表社員については「(資格喪失による)退任」の登記になると思
うのですが、法務省の登記記録例にも、テイハンの書式精義にも、全く記載があ
りませんでした。

 こういうとき、私は、「なぜ、記載がないのだ」と原因の追求をしてしまいま
す。おそらく有限会社や非取締役会設置会社の取締役と同様に、定款に互選規定
でもない限り、業務執行社員と代表社員の地位は一体であるため、あたかも2つ
の地位であるかのような退任事由を定めることに躊躇があるのでしょう。

 しかし、非取締役会設置会社の各自代表が取締役を辞任すれば、登記上は代表
取締役につき「退任」を理由に登記していますから、合同会社の登記でもそうな
るのでしょう。未経験なので断言はできませんが………。


(追記)閲覧者から松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』670頁
 以下には記載されていると教えてもらいました。   



2015.11.24(火)【非取締役会設置会社の社外取締役】(金子登志雄)

 3連休でしたが、いかがでしたか。いつもながら、無趣味で出不精の私にとっ
ては、することもなく日々苦痛でした。休み中の成果は、無理やりネタをみつけ
て、本欄の原稿を書いた程度でした。

 さて、会社法の次の規定をみてください。
----------------------------------------------------------------------
363条1項 次に掲げる取締役は、取締役会設置会社の業務を執行する。
 一 代表取締役
 二 代表取締役以外の取締役であって、取締役会の決議によって取締役会設
  置会社の業務を執行する取締役として選定されたもの

2条 業務執行取締役とは、株式会社の第363条第1項各号に掲げる取締役
  及び当該株式会社の業務を執行したその他の取締役をいう。
----------------------------------------------------------------------

 これからみると、取締役営業部長などに選定されると、まだ業務執行に従事
しなくても業務執行取締役です。

 では、会社法348条には「取締役は、定款に別段の定めがある場合を除き、
株式会社(取締役会設置会社を除く)の業務を執行する。」とあるため、非取
締役会設置会社では、取締役として選任された瞬間に、一度も業務執行に従事
しなくても、業務執行取締役として扱われるのでしょうか。

 これについては、商事法務1744号91頁に会社法立案担当者が説明して
いました。いわく、「会社法における定義によれば、取締役会設置会社以外の
株式会社における取締役は、業務執行権を有していたとしても、現に当該株式
会社の業務を執行しない限りは、社外取締役たりうることとなる。したがって、
取締役会設置会社以外の株式会社においても、責任限定契約締結の対象となる
社外取締役が存在しうる」。

 この説明によると、非取締役会設置会社では、取締役営業部長に選定されて
も、一度も営業部長の職務に従事しない間は、社外取締役ということになりそ
うです。

 ついでですが、会社法590条1項に、持分会社の「社員は、定款に別段の
定めがある場合を除き、持分会社の業務を執行する。」とありますが、業務を
執行するまでは、非業務執行社員なんでしょうか。

 以上につき、揚げ足取りとみるか、会社法規定の不備とみるか、人によって
相違しそうですね。



2015.11.20(金)【「君たちへ」】(金子登志雄)

 「司法書士のオシゴト」のブログで有名な新保司法書士が司法書士会連合会
主催の新人研修で講師をするというので、研修カリキュラムをみてみました。

 あらら、お得意の会社法・商業登記ではなく「法律家を目指す君たちへ」が
パート1から3まであり、そのパート2の担当でした。

 なんとまぁ、気の毒なテーマを振られたものです。研修部門の作成でしょう
が、この「君たちへ」という「上から目線」は何とかならないものでしょうか。
受講生にあまりに失礼です。

 受講生の中には上場会社の幹部を定年退職後に受験して合格した人をはじめ、
社会人からの転身組も少なくないでしょう。社会人としては、講師よりも先輩
なのに、「君たち」と呼ばれては面白くありません。48歳のときに新人研修
を受けた私は、身をもって、それを感じました。

 そもそも、会社における部下の養成である新人研修と違って、受講生は部下
になるわけではないのです。法律能力でも、元上場会社の法務部員や司法試験
崩れなど講師以上の方もいることでしょう。

 まぁ、年配の受講生としては面白くないでしょうが、新人研修が終わり実務
につけば、この上から目線はなくなります。新保さんも司法書士としては私の
先輩なのに、年齢では私のほうが上なので、私を立ててくださいます。

 いずれにしろ、来年からは「法律家を目指す【皆さん】へ」に変更すること
を望みます。


2015.11.19(木)【合意書と同意書】(金子登志雄)

 新著、無事に発刊されました。アマゾンが仕入れた冊数は、予約注文で全部
がはけてしまったようです(すぐに入荷し、そう、お待たせすることはないと
思います)。

 さっそく、事務所の近所の三省堂書店にも立ち寄ってみました。新刊本です
から、法律書のコーナーの本箱の前にあるテーブル(特等席)に平積みされて
いるかと思いきや、ありませんでした。そこにあったのは、マイナンバー本ば
かりで、その後ろの本箱に前向きで10冊程度が置いてありました。

 マイナンバーも国民総背番号制というと大反対したのに、マイナンバーとい
うと反対しないのですから、日本国民は、為政者に上手に操作されていないで
しょうか。敗戦を終戦、撤退を転進……と言い換えるなど、日本語は便利です。

 さて、最近、既存普通株式の一部を完全無議決権株式にする相談が増えてき
ました。拙著『事例で学ぶ会社法実務』52頁で紹介していますが、次のよう
な質疑応答があります。

----------------------------------------------------------------------
 Q:普通株式の一部を配当優先無議決権株式に変更する場合の変更登記の申
請書には、①株式の種類を追加する旨の定款変更に係る株主総会議事録及び②
株式会社と配当優先無議決権への変更を希望する株主との合意を証する書面の
ほか、③他の普通株式にとどまる者全員の同意を証する書面の添付を要するか。
また、普通株式の一部を完全無議決権株式に変更する場合はどうか。
 A:前段については、①~③の添付を要する(昭50年4月30日付け法務省民
4第2249号民事局長回答参照)。後段については、通常は、無議決権株主に優
先配当その他何らかの有利な取扱いがされるため、原則として、①~③の添付
を要すると考えられるが、仮に、普通株主にとどまる者が一切の不利益を被ら
ない場合には、③に代え、その旨を証明する上申書を添付して差し支えない。
----------------------------------------------------------------------

 ここで若干疑問に感じるのは、合意書ですが、合意書とあるから、こりゃ何
だという気になりますが、株主本人の同意書のことでしょう。私は、こう考え
て、本人の同意書のあて先を「〇〇株式会社 御中」とした「差入書」風にし
て合意書形式にしていません。これで、何もいわれたことがありませんが、他
の司法書士はいかがですか。


2015.11.18(水)【問屋とは】(金子登志雄)

 ロシア機の墜落もテロだったとロシアから発表があったようで、これでます
ます世界が乱れそうです。我々の目からは、まさしく無差別テロですが、イス
ラム世界からみると、聖戦(ジハード)とみる人も多いようで、何か宗教戦争
の色合いが出てまいりました。彼らからみれば、空爆(とくに無人機による空
爆)も無差別殺戮です。家族が殺された恨みは消えるものではありません。遠
いイラクやシリアへのアメリカの侵攻は正しかったのでしょうか。

 平和憲法を持ち、キリスト教でもイスラム教でもない日本は、これまでテロ
の安全地帯でしたが、今は、アメリカの要求に従い、集団的安全保障でイスラ
ムを敵に回す政策を採用してしまいましたから、我々も、もう安全な外野席に
いることはできません。物騒な世の中になったものです。原発や東京オリンピ
ックが標的にならないことを祈るしかありません。

 さて、お待たせいたしました。新著はやっと取次に回りました。書店に並ぶ
のも、もうすぐです。

 この取次の会社のことを一般に「問屋」といいますが、商法第551条には、
次のような規定があります。古い文体ですが、試しに読んでください。「謂フ」
は「いう」と読みます。

 「問屋トハ自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ物品ノ販売又ハ買入ヲ為スヲ業トス
ル者ヲ謂フ」

 実は、この「問屋」は「といや」と読み、卸売業の「とんや」の意味はあり
ません。卸売りの問屋は、自己の名義で【自己の計算で】商売する人ですが、
商法の問屋は、自己の名義で【他人の計算で】商売する人です。典型例は証券
会社であり、顧客から注文を受けて証券会社の名で発注しますが、損得は顧客
に帰します。

 それはそうですね。証券会社が「トンヤ」でしたら、「なぜこんな株を売っ
たのだ」とクレームが殺到し商売が成り立ちません。昨日は、郵政3社のうち
日本郵政以外の2社が前日比で下げました。


2015.11.17(火)【打ち上げ寸前】(金子登志雄)

 テレビの「下町ロケット」は視聴率絶好調のようですね。大手企業に負けな
い中小企業の技術力をみよ、これが佃(つくだ)航平を主人公とする佃製作所
の技術力のプライドだということでしょうか。

 どうでもいいことですが、「佃」というのは、「下町=佃煮」からの作者の
命名かなと想像していますが、実際はどうなのでしょうか。

 企業と相違し、弁護士・会計士・司法書士の世界には、大手事務所の技術力
が優れているという見方はなされていません。30代あたりで、大手を飛び出
し独立する人が多いからです。もともと、士業=自由業というのは、そういう
ものかもしれません。

 したがって、超零細事務所の当事務所も、少なくとも会社法・商業登記の技
術力に関しては、大手に負けないどころか、大手の上を行くという自負があり
ます。そうでなければ、上場会社が当事務所を相手にするわけがありません。

 残念なのは、佃製作所と相違して我々の技術は特許が取れないことです。株
主割当増資を1日で終わらせる方法とか、100%子会社同士の無対価合併な
どは、当事務所の技術開発でしたが、こういうアイデアやノウハウは特許庁が
相手にしてくれません。

 それでも、そういうノウハウを隠さずに著作で発表するのは、実にもったい
ないことだとよく指摘されますが、どうせ誰かがいつか同じノウハウに達する
であろうから、先に発表しても何の問題もない、その上をさらに行けばよいの
だというが当事務所の技術力のプライドです。

 この仕事や技術開発が好きでたまらないという点で私も佃航平に似ている部
分がありますが、私の作品も明日には世に打ち上げられようとしています。幸
い、大手のアマゾンでの連日の製品テストは、私自身でも信じられないくらい
高得点でしたが、明日の打ち上げは無事に成功し、製品が世に受け入れられる
でしょうか。
      http://is.gd/I0akHr


2015.11.16(月)【任期10年】(金子登志雄)

 無差別テロで、フランスでは、とんでもない13日の金曜日になってしまい
ました。なぜ、標的がフランスなのかは不明ですが、終わることのないテロと
の戦いに呆然とするばかりです。

 さて、平成18年の会社法の施行で非公開会社の任期が最長10年になった
とき、何と長い任期か、私はそれまで生きていられるのかなどと思ったもので
すが、無事に生きており、平成16年や17年に就任した役員の重任登記を昨
年来、いくつか受託しています。ほとんどが個人企業か家族経営の会社でした。

 この 10年の間に、役員の辞任や死亡など登記すべき事項が1つも生じずに
平穏に過ぎたというのは、ある意味で幸せなことだったというべきでしょう。

 10年前の株式会社は旧商法時代の設立ですから、すべて取締役会設置会社
です。そこで、この10年の任期満了を機会に、監査役権限の登記などをせず
に取締役会と監査役を廃止する例が少なくありませんでした。株式会社という
名があれば、取締役会の存在はなくても、対外的な取引(信用)に支障がない
ことが分かってきたのでしょう。あるいは、上場会社が組織の簡素化を求めて
監査等委員会設置会社になるのと同様に、非公開会社でも組織の簡素化が時代
の流れになっているのでしょうか。

 もう1つ多いのは、息子を社長にし、自らは平取締役になるか、退任する例
が少なくなかったことです。この点では、やはり10年というのは長い年月だ
なと感じます。生まれたばかりの赤ん坊が小学生に、あの生意気な小学生が成
人になっているのですから、当然ですね。私も望んでいないのに前期高齢者に
なってしまいました。はた目からは、りっぱなジイサンですが、自覚症状はあ
りません。


2015.11.13(金)【初体験の監査等委員会設置会社】(金子登志雄)

 13日金曜日で大安です。よい日なのか悪い日なのか分かりませんが、持ち
株はここ数日間悪い日であり、新著はアマゾンで、よい日が続いています。真
の問題は、この上位がいつまで続くかですが………。
     http://is.gd/I0akHr

 さて、今月になって、やっと監査等委員会設置会社への移行の登記を体験さ
せてもらいました。

 改正会社法施行日(5月1日)以前は、あちこちから質問を受け、「こうい
うはじめての登記は会社法・商業登記の専門家でないと対応することができな
いので、金子先生のところに仕事が殺到するだろう」なんて、おだてられてい
ましたが、いざ蓋を開けてみると、そう難しい登記ではないことが知れ渡り、
全く、この仕事が来ませんでした(今回のも既存取引先です)。

 確かに、ある面では組織の簡素化ともいえる内容ですから、特別に難しい登
記ではありません。いつも使っている司法書士の頭越しに当事務所に依頼する
ような仕事でもないでしょう。

 一瞬、迷ったのは、登記の事由「取締役、代表取締役及び監査役の変更」に
つき、「監査等委員である取締役」と挿入すべきかどうかでしたが、これも取
締役の変更に含まれますね。

 私よりも、登記所が迷いそうだったのは、既存の取締役Aが「退任」し、監
査等委員である取締役Aに「就任」したのに、本人確認証明書の添付がないこ
とに違和感を持たないかということでした。

 これは商業登記規則61条5項本文に「取締役の就任(再任を除く。)によ
る変更の登記の申請書には、取締役が就任を承諾したことを証する書面に記載
した氏名及び住所と同一の氏名及び住所が記載されている市区町村長その他の
公務員が職務上作成した証明書を添付しなければならない。」とあり、監査等
委員である取締役か、そうでない取締役かを区別していないため、登記申請で
は「退任・就任」としても、この条項の適用上は「再任」になるので、本人確
認証明書の添付は不要だとされています。

 こういう場合に、黙って申請すると電話がかかってくることもありますので、
ベテラン司法書士である私は、鉛筆で上記をメモ書きして申請しましたので、
登記調査官も迷うことはないでしょう。



2015.11.12(木)【新著、宣伝スタート】(金子登志雄)

 やっと新著『改正会社法と商業登記の最新実務論点』がアマゾンで画像まで
出るようになりました。宣伝の開始です。

  http://is.gd/WViIHI

 この本は東京司法書士協同組合編とあるとおり、組合から出した70頁足ら
ずの『改正会社法の実務論点』に加筆・バージョンアップし(第1編)、2月
の本人確認証明書の商業登記規則の改正(第2編)と、最近の商業登記実務の
諸問題(第3編)を加えて1冊にしたものです。

 なんだ、あの小冊子の焼き直しかといわれないよう、さまざま工夫したつも
りですが、発売前から、アマゾンで多数の予約注文を頂いていることからする
と、逆に、あの小冊子の購入者が今度の新著の内容を推測できたので、安心し
て予約注文してくださったのかもしれません。

 改正会社法の本なら、とっくに購入済みだという方も多いでしょうが、拙著
は相変わらずユニークな内容ですので、類似本はありません。表紙の折り返し
に出版社が「金子流解説の真骨頂 実務家の疑問に斬り込む!」と書いてくだ
さいましたが、本徒然もコラムとして多数引用し、今まで以上に私の個性が表
に出た風変わりな本になりました。

 改正会社法本の旬を逸しないよう、小冊子の時から校正作業を手伝ってくれ
ている仙台の立花司法書士と、登記情報への投稿でお馴染みの広島の幸先(こ
うさき)司法書士に再び助っ人をお願いしましたが、勉強家で中堅司法書士の
お2人が「これなら実務に役立つ」と認めてくれていますので、実務家の方に
は、きっと役立つと信じています。

 昨日やっと私の手元に数冊入りました。いま印刷中ですから、あと1週間も
すれば書店にも並ぶと思いますので、もうしばらくお待ちください。


2015.11.11(水)【法務局等の名称】(金子登志雄)

 東京都千代田区の会社が埼玉県内に本店移転するので、東京法務局への申請
で経由先法務局として「埼玉地方法務局」と書きましたら、「あて先法務局名
の訂正」という補正指示を受けました。

 あれ、書き方を間違ったかな。経由先法務局とは経由元の東京法務局のこと
だったのかなと考えてしまいましたが、司法書士各位は、補正理由がすぐに分
かりましたか。

 関東地区の司法書士でないと、ぴんと来ないかもしれませんが、補正指示の
意味は「埼玉地方法務局」ではなく「さいたま地方法務局」と正しく書き改め
よというものでした。

 我ながら珍しい補正ではないかと感じ入りました。これに関連して、各地の
司法書士会の名称ですが、札幌司法書士会、神奈川「県」司法書士会、埼玉司
法書士会とばらばらです。

 (法務局名)
  http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kakukyoku_index.html
 (司法書士会名)
  http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/shiho_shoshi_list.php

 札幌司法書士会や函館司法書士会は、その地の法務局名に合わせたものであ
り、神奈川県司法書士会や埼玉司法書士会は県名に合わせたものでしょう。

 では、東京司法書士会や大阪司法書士会は、法務局名に合わせたのか、地域
の名称に準じて「都」や「府」を省略しただけなのかと問われると、どちらで
しょうか。



2015.11.10(火)【人的種類株式】(金子登志雄)

 会社法109条2項により、非公開会社は、議決権等につき、株主ごとに異
なる取扱いを行う旨を定款で定めることができます。

 最近は種類株式を定めると費用がかさむため、この人的種類株式を利用とす
る動きがあり、私も、もう5、6回、この手続に関与しました。

 株主は父親と息子だけ、あるいは親族だけというケース以外はお断りしてい
ます。そうでないと、後日、トラブルが発生する可能性が高いためです。

 例えば、株主Aは1株につき議決権100個、Bは1株につき議決権1個と
定めたとき、A(又はB)につき配当優先権をつける際にはB(又はA)の種
類株主総会の承認が必要ですが、発行可能株式総数を拡大するときはどうか、
いずれかが株式分割するときはどうすべきかと複雑な場面が予想されます。

 このAとBの関係が良好な親子関係あるいは親族関係であれば、紛争の生じ
る可能性は少ないのに対し、そういう関係がないと、「話が違う」「そんなは
ずじゃなかった」とトラブルが発生しそうです。

 この会社法109条2項は、法律の規律を超越した罪深い規定ですから、い
つでも株主全員同意で話がまとまる場合でしか、採用しないのが無難だと思っ
ています。

 設立の際の定款認証では何もいわれたことがありません。登記事項ではない
ので、公証人も気が楽なのかもしれません。

(参)昨日、またアマゾン会社法部門でトップになりました。現時点では、本
  欄でしか公表していませんので、本欄閲覧の皆様のおかげです。ありがと
  うございます。アマゾンで画像が出たら、広報活動を開始するつもりです。
 http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/500196/ref=pd_zg_hrsr_b_1_5_last


2015.11.09(月)【後輩の講義】(金子登志雄)

 土曜日は恵比寿ガーデンプレイスのウエスティンホテルでリッチに大学のゼ
ミ(民法ゼミ)のOB会でした。ご高齢の先生ご夫妻を迎えて毎年行っており、
OBは全国に400名程度です。そのうち例年80名程度の参加ですから、活
発な会だといえます。

 OB会では、例年、OBのうちの1人が1時間弱講師を務めますが、今年は
松尾弘慶大教授の改正民法講義でした。私は、持回り幹事の1人として、不慣
れなカメラ担当をしていたため、そちらに気をとられてしまい、講義を堪能で
きなかったのが残念です。

 翌日の日曜日は司法書士会の義務である年次研修で、池袋にある立教大学で
司法書士倫理の研修を受けて来ました。講師は、九州大学の七戸勝彦教授です。

 偶然ですが、この七戸教授もゼミの後輩です。無試験でゼミ員になれた私の
期以外は、みな優秀です。

 七戸君(?)の話ははじめて聞きましたが、話し上手ですね。居眠りしてい
る人は、無呼吸症の気があり、いつでも眠い私が、時々、うつらうつらしてし
ていた以外にはいないようでした。

 司法書士倫理ですが、幸いなことに商業登記事案で懲戒処分を受けた事案は
少なく助かっています。商業登記は、報酬が少ないから、懲戒処分を受ける危
険な場面も少ないともいえますので、こればかりは痛しかゆしですが………。

(参)金曜日に新著のことに触れましたら、一時的ですが、アマゾン会社法本
 部分のベストセラー1位になりました。本欄閲覧の皆様が予約注文してくだ
 さったことは明らかです。この場を借りて御礼申し上げます。  


2015.11.06(金)【会社番号と閉鎖事項証明書】(金子登志雄)

 4日に上場した郵政3社の株価はいまのところ絶好調ですね。買いましたか。
私は、生来の天邪鬼ですから、儲かると分かっていても、皆が一斉に動くこと
が嫌いなので、申込みさえしていません。NISAもやっていません。

 それはよいのですが、私の投資先の持株を売って郵政3社に乗り換える人が
多いようで、とんだとばっちりを受けています。やはり、天邪鬼は批評家にな
れても金儲けには向いていないようです。

 さて、当社は東京法務局管内で、本店をA→B→C→Dと移転しました。実
際にはビル名の削除という変更を含みますが、便宜上、ここでは全部が移転だ
ったことにしておきます。

 閉鎖事項証明書を取得すると「A→B」、履歴事項証明書には「C→D」し
か記載されていません。これでは、「B→C」のつながりが証明ができないじ
ゃないかと思いましたが、これでよいのだそうです。

 仙台の立花司法書士の説明によると、現在事項と履歴事項には直前の本店が
必ず記録されるので、履歴事項は上記でよいとして、Cへの本店移転の登記日
が基準日(証明書請求日の3年前の日が属する1月1日)前であれば、「B→
C」についても閉鎖事項に載るようです。商登規則30条をみると、立花さん
のいうとおりでした。

 必要に迫られ、9月に上記を取得した際は、閉鎖事項証明書にも登記記録の
欄外に会社法人等番号が記録されていましたが、先日、改めて取得しましたら、
閉鎖事項証明書から番号が消えていました。欄外には、現在の住所であるDと
商号が掲載されているとしても、これでは、閉鎖事項と履歴事項の会社の同一
性が不明確になってしまいます。

 どうも、管轄外に本店移転したとか合併解散や清算結了した場合には会社法
人等番号が閉鎖事項にも記録されるが、同一管内で生きている会社の閉鎖事項
には記録されないようです。ますます、閉鎖事項と履歴事項が同一会社である
のか不明になってしまいました。

 これについても立花司法書士の解説によると、この10月5日から会社法人
等番号は商号と同じく登記事項になったので、その登記事項に変更がない限り、
法人番号が閉鎖されることもないわけだから、閉鎖事項に記録されることはあ
り得ないとのことでした。

 この時期に、こんなマイナーなことに正確に把握しているなんて、彼はすご
いすね。驚きました。

 確かに会社法人等番号は登記事項の1つになりました。しかし、変更が想定
されない登記事項など登記事項といえるのでしょうか。違和感があります。ま
た、従来は全頁の欄外に番号が記載されれていたのに、いまは商号の1頁だけ
にしか番号が掲載されなくなりました。この点で不便な面も多く、登記所職員
にも不評のようですから、欄外への番号記載を残してほしいものです。

(参)新著、アマゾンに登場しました。18日発売になっていますが、それは
  全国に行き渡る日であって、もう少し早めになるはずです。
      http://is.gd/WViIHI
   中央経済社のHPにも登場しました。
      http://is.gd/o52ap0



2015.11.05(木)【分譲マンションの問題点】(島根・根来川弘充)

 先日、某大手企業のデータ改ざんによりマンション傾斜が発覚するという大
問題がおきました。所有されている皆様の多くは、一刻も早く建替えをのぞま
れていると思います。しかし、分譲マンションの場合、その処分をするとなる
と、法律により管理組合による議決が必要になります。

 つまりは、一所有者の考えでは建て替えができないということになるのです
が、ちがった見方をすれば、一棟のマンションは、「共有」によって成り立っ
ているといえるのではないかと思います。

 ところで、「共有」という登記簿上での表記なのですが、私が、一司法書士
として、不動産の登記申請に関わる場合、夫婦もしくは親子関係があるといっ
た親族関係がほぼすべてといって良いと思います。

 この点、分譲マンションというのは、面識がまったくない他の方と「共有」
関係になってしまうという点が、とても大きなデメリットであると、今回の事
件であらためて感じました。

 今、私自身マンションの登記に関わっています。管理組合の規約変更が必要
なのですが、皆さん快く応じてくださっており、大きな問題もなさそうで安心
をしております。

 先の大きな問題を、どのようにすれば、うまく解決するのかと考えた時、私
が関わっている事件と何が違うのかとふと思いました。規模の違いは、もちろ
んあるのですが、それ以上に、分譲マンションのデメリットは、今住んでおら
れる方はもちろん、これから購入を予定されている方にも、もっと知っておか
れた方が良いと思いました。


2015.11.04(水)【権利義務者】(金子登志雄)

 月曜日の続きですが、維新の党の松野代表が平成27年9月30日をもって
任期満了したことについては、双方の争点になっていませんでした。この任期
満了後の解釈について、大阪側は「党規約に代表者が任期満了により欠員にな
った場合に、前任者が職務を継続する規定がないから、現状は代表者不在状態
だ。松野氏に代表権限がない」と主張しており、これが争点のようです。

 さて、皆さん、株式会社や一般社団に置き換えて、「当法人の定款には代表
者が欠員になった場合に、前任者が職務を継続する規定がないから、代表者が
任期満了で退任した現状は代表者不在状態だ」という主張は可能でしょうか。

 企業法務に従事していないと規定の存在を忘れてしまうかもしれませんが、
これは認められません。会社法351条や一般社団法79条に任期満了や辞任
後の職務継続義務が規定されており、これを「権利義務者」といいます。きっ
と思い出していただけたことでしょう。

 この権利義務者制度は、団体法(=組織法)一般に認められた制度だといえ
ます。そうでなければ、代表者不在で業務の執行に支障が生じます。定款に定
めを置かないのは(これが通常です)、置くまでもない当然のことだからです。

 政党の場合も団体(組織)だから当然に同じだろうと、調べてみましたが、
「政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律」には
明文規定が置かれていませんでした。

 この明文規定がないことからすると、大阪側の主張にも一理ありますが、こ
れを前提にすると、同法9条には「法人である政党等には、一人又は数人の代
表権を有する者を置かなければならない」とありますから、任期切れの日以降
は違法状態です。後任代表が党大会で選任されるまで、業務も登記も一切でき
ません。預金も降ろせず、政党交付金も受領してはいけません。そもそも党大
会を誰が招集するのでしょうか。

 船で言えば船長の任期が切れたから、あとは勝手に動けともいえませんので、
明文規定がないのは、あまりに当然の内容だからであり、会社法や一般社団法
の権利義務者の規定を類推適用するのが自然な法律解釈だというべきでしょう。
橋下さんは弁護士ですし、大阪側にも法律専門家が多数いらしゃるでしょうに、
なぜ、このような主張をなさるのかは不明です。



2015.11.02(月)【話題の代表者辞任登記】(金子登志雄)

 月初ですが、ネットで登記に従事する司法書士各位にとっては実に興味深い
ものをみつけてしまいましたので、その話題にしましょう。いま話題の維新の
党における代表者変更の議事録と登記簿です。

    http://健康法.jp/archives/8212

 たぶん、党員の方が利害関係に基づき登記所で閲覧しスマホで写したもので
しょう。登記調査官の鉛筆によるチェック印(じるし)がありますから、われ
われには、登記所に保存されている資料であることがすぐに分かります。黒色
と赤色の2つのチェックがありますから、担当と上司2人のチェックでしょう
か。話題の案件のためか、相当慎重にチェックしたことが伺われます。

 議事録ですが、代表者の決定だけで後任代表者を選べるのでしょうか。無事
に登記することができたところをみると、そういう根拠法規か内規でもあるの
でしょう。党の規約8条によると、「代表の任期は、就任から3年後の9月末
日まで」とありますから、平成26年8月の設立日から計算しても、仮に松野
代表の任期が江田代表の任期を引き継ぐとしても、まだ十分に残っていますか
ら、9月末で松野は任期切れだと主張する橋下さん側の主張の根拠は不明です。

 蛇足ですが、こういう任期の定め方は感心しません。維新の党の設立年月日
は平成26年8月13日ですから、その3年後は平成29年8月13日です。
この場合の任期満了日は、平成29年9月末日でしょうが(3年以上)、もし
平成26年10月1日就任の場合は、平成30年9月末日まででしょうか。平
成29年9月末日まででしょうか(3年未満)。疑義が生じそうな定め方です。

 議事録の文章をみると、議事録に手慣れた人の作文のように感じますが、法
人実印や個人実印まで押されていますので、橋下・江田・松野さんも「おれは
知らなかった。」では済まされません。

 内容面では、議長の橋下代表が江田代表の後任として松野さんを指名したこ
とになり、8月27日までは橋下・松野の2人代表だったことが分かります。
おそらく松野代表就任登記申請も橋下代表の名前と印鑑でなされたのでしょう。

 数年前の東京地検特捜部の政治的捜査とマスコミあげての小澤叩きのとき、
何も悪事が見つからず、最後には小澤事務所が秘書の社宅用に購入した土地が
農地だったため10月29日に仮登記し、売買許可を得た後、翌年1月7日早
々に本登記したことに目をつけ(司法書士全員が認める全く問題のない登記で
す)、意識的に翌年に権利を移転した政治資金隠しの極悪人のように糾弾され、
連日の小澤つぶしキャンペーンが吹き荒れ、彼の政治生命を奪い、以後、日本
の政治の方向が大きく変わってしまいました(当時の報道の影響を受けて、い
まだに小澤=極悪人と思っている方が多いようですが、皆様は大丈夫ですか)。

 同じ登記でも、この維新の党の登記のほうが問題がありそうです。預金通帳
の印鑑は大阪組が保有して返さず、裁判になっているようですが、この丸印と
角印の代表者印もいまだに大阪組が持っており、松野代表の知らないうちに橋
下代表辞任の登記が勝手になされていたということがないことを願います。


(追記)上記の疑問点(任期等)の回答は下記に出ていました。  
     http://www.election.ne.jp/10840/98569.html   
     http://iwj.co.jp/wj/open/archives/272891#idx-5


2015.10.30(金)【株式取扱規程】(金子登志雄)

 南シナ海で米中が一触即発かとマスコミが大騒ぎしていますが、軍事の専門
家によると、いまや米中は経済的に相互依存の運命共同体になっており、正面
衝突はあり得ず、実際にも、事前にコースまで連絡しあっているようです。こ
れじゃ、プロレスと同じじゃないですか。現場の最先端の跳ね返りだけが心配
です。また、マスコミも、煽り立てるようなことは止めて、もっと冷静なプロ
の分析をしてほしいものです。

 さて、設立を受託した顧客から「株式取扱規程を作りたいのだが、ひな形は
ないか。」と聞かれました。ネットで検索しても、譲渡制限会社で非公開会社
用のひな形がみつからなかったようです。

 私もこの10年くらい株式取扱規程を作ったことがなく、私のパソコンに保
存されているのは、株券発行が必要であった旧商法時代のものしかありません
でした。

 株券不発行で株主名簿代理人も置かない非公開企業の株式取扱規程の見本が
みつからなかったわけですが、こういう場合、みなさんならどうしますか。

 長年こういう仕事をしてますと、こういうことはよくあることで、「ありま
せんでした。あしからずご了承ください。」では、プロの名折れです。急遽、
自作し、「これをご利用ください。」と添付ファイルで返信しました。

 念のため、株式取扱「規則」としますか、「規程」としますか。これはどち
らでもかまわないようで、上場会社でも、ばらばらです。「規定」は個々の条
項のことですから、株式取扱「規定」とする例はほとんどありません。


2015.10.29(木)【運送業と合併】(金子登志雄)

 吸収合併の手続にあたり、運輸関係の許認可には特別に注意しなければなりま
せん。例えば、関東の甲が関西の乙を吸収合併するにあたり、甲は運送事業を営
んでおらず事業目的にも掲げていない、乙も運送事業を営んでいないが事業目的
には掲げている場合(これを目的上事業者という)に、合併認可を要しない旨の
証明書が必要だとされています。

 これ、おかしくありませんか。合併会社の甲は運送業を営む気がないのですか
ら、乙が運送業を営もうが合併により乙は廃業解散するのですから、許認可は無
関係でしょう。せいぜい、乙の廃業届を運輸局に出せば済むことで、合併登記に
は無関係のはずです。

 合併について甲と乙が1つの会社になるという人格合一説の発想に立ち、乙の
許認可の処理を問題としているのでしょうが、会社法は明確に、甲は甲、乙は乙
で、乙は解散するという思考に立っているわけですから、法務省と国土交通省と
協議して、こういう運用は早期にやめてもらいたいものです。

 今回、乙に「運送業」という目的が掲載されている合併に関与しました。甲の
管轄法務局(都内ではありません)に問い合わせたところ、調べてくれ、やはり
認可を要しない旨の証明書を運輸局からもらってくれという話でした。

 しかし、運送業というだけでは、旅客運送か貨物運送か、海上運送かなど不明
のため、全部の運送業の認可を要しない旨の証明書をもらわねばならないのかと
呆然としてしまいます。

 某運輸局に問い合わせましたら、それぞれ係が違うから全部出してくれといわ
れ、合併会社の地域にある運輸局の支局に相談したら、そんなもの出せない、そ
もそも管轄は消滅会社側の運輸局だろうといわれる始末でした。

 こういうケースの場合には、上申書で対応してくれる登記所もあるようですが、
今回の登記所は無理のようでしたので、最終的には、お金がかかるが乙の目的か
ら運送業を削除することにしました。国土交通省管轄の許認可は、ほんとうにや
っかいです。



2015.10.28(水)【生命力と適応力】(金子登志雄)

 文明が進むと人の生命力は退化します。いまの子供は水洗トイレでないと用を
足せなくなりましたし、私もシャワートイレのない世界では生活したくありませ
ん。蛇口をひねればお湯が出てくる快適な文明生活?にもなれてしまい、子供の
頃の井戸水生活には戻りたくありません。
 
 ましてや、食い物もない山の中でサバイバル生活をするなど絶対に無理だと思
うのですが、かつては日本の敗戦を知らずにジャングルの中で生き抜いた日本兵
がおりました。横井庄一さんや小野田寛郎さんですが、若い方は初めて聞いた名
前かもしれません。

 ところが、戦後生まれの私と同世代でありながら、北関東の山の中に43年間
も生活していた人がいたとネットで知りました。「洞窟おじさん」という題名で
ドラマにもなりました。

 何と親の虐待に耐えかねて13歳で家出し、山の洞窟に住み、木の実、ヘビ、
カエル、うさぎ、イノシシなどを取って暮らしていたようですから、その生命力
に驚嘆してしまいます。私はド田舎育ちなのに、カエルにもヘビにも触れたこと
がありません。

 北関東の冬は猛烈に寒いです。どうやって、火の起こし方を知ったのでしょう
か。病気や怪我に、どう対応したのでしょうか。

 洞窟生活を維持できた最大の理由は、人が怖いというトラウマだったようで、
その意味では親からの虐待で人間社会への適応能力が欠如してしまったのでしょ
うが、それ以上に人の生命力、たくましさには驚嘆です。親はなくとも子は育つ
ということでしょうか。逆に、自戒を込めて、子供に過度に愛情をかけたために、
子供の生命力や社会への適応能力を親が奪っていないかと考えさせられました。
お宅は大丈夫ですか。子供が家の中の洞窟に閉じこもっていませんか。
          
          http://www4.nhk.or.jp/P3600/


2015.10.27(火)【最終校正】(金子登志雄)

 土日は、新著(題名は、東京司法書士協同組合編『改正会社法と商業登記の最
新実務論点』の予定)の最終校正作業に従事していました。

 いまさら、改正会社法の本では、ライバル本も多く、旬の時期を過ぎているの
で売れないだろうとの消極的意見も多いため、何とか旬の時期を大きく外さない
よう、校正作業も急ぎました。ライバル本はありません。拙著は、独自の切り口
などユニーク性が売り物ですから、比較されるおそれはありません。

 校正はつまらない作業です。「言う」と「いう」が混乱していないか、第〇条
第〇項と「第」のない〇条〇項が混在していないか、1員や1問1答か、一員や
一問一答かなど著作全体で統一がとれているかなどのチェックが主な作業です。

 (………という。)や「………である。」にするか、括弧内に「。」をなしに
するかは、さすがに統一が困難でした。登記では「監査役の監査の範囲を会計に
関するものに限定する旨の定款の定めがある」なのに、勝手に「。」をつけるこ
とに躊躇してしまいますし、「(………。)。」という「。」ばかりも何となく
違和感があるためです。

 登記の本で困るのは、登記記録の横の文字数が46文字程度なのに、書籍の主
流は1行35文字(28行)のため、登記記録どおりにすると文字が小さすぎて
読めなくなることです。また、挿入する図表が2つの頁にまたがらないよう調整
するのも結構面倒な作業でした。

 何とか頑張った結果、通常、出版までに最低でも3か月かかるといわれている
のに、2か月半後の11月中旬には出版することができそうです。子供が生まれ
るのと同じで私も楽しみです。男の子でしょうか、女の子でしょうか。あ、これ
は男女差別かも。



2015.10.26(月)【効力発生「時」】(金子登志雄)

 10月最後の週になりました。今週の官報公告には、12月1日付組織再編や、
11月30日付資本金の額の減少の公告が多いことでしょう。

 合併等の組織再編の効力発生日が月初であるのは、始まりの日を基準にするた
めであり、資本金の額の減少は終わりの日を基準とするためです。11月30日
付資本金の額の減少であれば11月の月次貸借対照表に反映させられます。

 ここで気をつけねばならないのは、本年の11月30日は月曜日だということ
です。10月29日や30日に債権者異議申述公告をしても、公告期間の末日が
11月29日の日曜日になるため、公告期間不足で登記が受理されません。

 たぶん、これに気づかずに10月29日あたりに公告する例がいくつか出てく
るでしょうが、資本金の額の減少の場合は、合併等の組織再編と相違して、効力
発生日の延期につき公告が不要なので、そう気にすることもありません。

 ここで、ふと、資本金の額の減少の効力発生「時」を11月30日最終時と定
め、11月29日の減資公告で「公告掲載時から11月30日24時までに異議
を申し出ください」とした場合も、期間不足になるのかと考えてみました。皆さ
ん、いかがですか。

 結論としては無理です。公告期間は1か月を下ることを得ずとされ、「月」で
計算しますが、この場合の期間計算は初日不算入とされ、公告掲載日の翌日であ
る10月30日が起算日、その応当日は11月30日、その前日は29日の日曜
日であるため、期間の末日が11月30日24時となるためです。効力発生日が
12月1日午前0時であればよくて、11月30日24時ではいけない理由は合
理的ではありませんが、日が違うからダメだとしか言いようがありません。


2015.10.23(金)【資本金計上額の基準】(金子登志雄)

 次のような質問があったら、どうお答えしますか。
------------------------------------------------------------------------
 資本金計上額が払い込まれた額の2分の1で1円未満の端数が生じたときは切
り上げるとされていた場合に、新株予約権1個1株13円が行使されれば、資本
金計上額は7円です。では、9月中にABC3名がそれぞれ別の日に1個ずつ行
使したら、資本金計上額は21円か、それとも9月月間行使総額39円を基準に
20円か。
------------------------------------------------------------------------

 いろいろ考えられます。

1.募集株式の発行であったら、払込期日に払い込まれた合計額39円を基準に
 して20円が資本金に計上される。つまり、全体で1個の払込みとされます。

2.これが払込期間で別々の日に払い込まれたとすると、個別に資本金額が7円
 ずつ3回(合計21円)増えたと登記しても、期間末日で20円が増加したと
 することも可能です。

 合計資本金額が異なるのはおかしいではないかと思う方もいるでしょうが、3
回の払込みがあったとみるか、一括で1回とみるかの差であり、私は違和感があ
りません。

 なお、一括して登記される場合も、ABCが株主になるのは払込み時ですから、
株主になるかどうかの出資者側の問題と資本金にいくら計上するかは別問題であ
り、後者は個々の株主には影響がないので、会社側の事務負担を考慮して多少の
誤差を不問にするのだと思います。

3.原則として集合で判断する募集株式の払込みと相違し、新株予約権は1個ず
 つ判断されるのが原則です(例えば、現物出資の少額特例等の判断)。しかし、
 1個0.5株のときは2個同時に行使しないと1株を交付されないことを考え
 ると、株主になるかどうかの基準は、個々の行使の行使者1人1人の基準です。

4.1人1人基準だと設例の資本金計上額は7円の3倍である21円ですが、A
 BC3人が同時に同じ日に行使したら、1日基準で20円です。

 では、設例のように別の日に個々に行使されたら、「日」が基準か、「月」が
基準かということになりますが、上記のとおり、資本金にいくらを計上すべきか
は権利行使者の問題ではなく、会社側の問題であるため、会社がどういう会計処
理を採用したか(何を基準にしたか)に影響されるのであり、便宜的に一括して
20円の計上額とすることも、几帳面に個別の合計額にしてもよいのでしょう。


2015.10.22(木)【対価の柔軟化】(金子登志雄)

 昨日も会合があり、飲み会でしたが、もともとアルコールに弱いので、回復も早
く、今日も本欄の更新に頑張れそうです。

 さて、『商業登記全書』改訂作業中に思い出しましたが、合併等対価の柔軟化は
1年遅れの平成19年5月施行でした。外資の乗っ取りがはじまるぞと実業界から
不安視されていたため1年遅れにしたわけです。

 しかし、会社法とは無関係に、いまや上場企業の株主のうち3割以上が米国資本
を中心とした外資です。郵政の民営化及びこのたびの上場で郵貯マネーもいずれは
米国資本が大株主になり、TPPで食料自給力についても外国依存となり、日本国
の総合的安全保障能力は減退する一方だと思うのですが、米国に「踏まれても蹴ら
れても着いて行きます下駄の雪」でよいのでしょうか。

 さて、対価の「多様化」といわずに「柔軟化」という表現にした理由はいまだに
不明ですが、実務では、「株式(自己株式、親会社株式を含む)、現金、無対価」
以外の対価をみたこともありません。新株予約権、新株予約権付社債、現金以外の
財産を対価とした事例があるのでしょうか。

 「現金」対価ですが、新設合併で設立する会社は設立時点では何の財産も所有し
ていません。ですから、資産項目ではない新株や新株予約権、社債なら、印刷する
だけですから対価にできますが、資産項目の現金は逆立ちしても対価にできません。

 ところが、会社法753条1項10号には「新設合併消滅株式会社が新株予約権
を発行しているときは、新設合併設立株式会社が新設合併に際して当該新株予約権
の新株予約権者に対して交付する当該新株予約権に代わる当該新設合併設立株式会
社の新株予約権又は【金銭】についての次に掲げる事項」とあります。おかしいと
思いませんか。

 これは、どう考えても、現金ではなく、現金交付請求権(債務)と考えるしかあ
りません。したがって、吸収合併の対価が現金だとしても、効力発生日に、それを
支払い済みにする必要はなく、振込みでも対価を現金にしたことになると考えてよ
いわけです。


2015.10.21(水)【朋あり遠方より来たる】(金子登志雄)

 昨日は、韓国の親しい若い知り合い(当社元社員)が日本に来たので、昔の知り
合い3人で寿司屋で飲みました。15年ぶりくらいの再会です(彼は小さいながら
も韓国で貿易会社を経営しているので、日本語は堪能です)。

 いろいろ聞きましたら、かの国では中国語熱が盛んになり日本語熱は急速に下火
になっているそうです。これは仕方ありませんね。中国との貿易が急拡大している
のに対し、日本ではインターネットで盛んに韓国蔑視発言がなされていますから、
嫌われても仕方ないでしょう。

 韓国経済は一握りの財閥(サムソンやヒュンダイなど)が支配しており、中小企
業は発達していません。この財閥に入社するための受験勉強の過酷な競争も日本以
上です。この点にも雑談で聞いてみましたが、業績のよい中小企業は、すぐに財閥
大手に買収されて取り込まれてしまうのだそうです。

 彼に中小企業の層の厚い日本はうらやましいといわれましたが、それは日本が敗
戦国で戦後に財閥が解体されたからでしょう。その結果、中小企業の層が厚くなり、
一時は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とまでいわれましたが、バブルも崩壊し、
小泉首相あたりから、米国からの対日要求に従って、竹中平蔵氏と一緒に欧米の新
自由主義経済路線(大企業優遇策)を採用したため、いまでは日本の長所は薄くな
り、地方の銀座通りもシャッター通りに変わりました。

 現在もこの経済路線は踏襲(強化)されていますが、消費税アップ、TPP、マ
イナンバー制度の負担に着いて行ける中小企業は、そう多くはありません。いつし
か日本も韓国のように国際的大企業しか生き残れなくなるのでしょうか。それとも
1憶2000万人の国内市場があるため、違った方向に進むのでしょうか。

 彼とサヨナラし、酩酊状態でとぼとぼ歩きながら、そんなことを考えていました
が、念のため、金子は酒席でも、こんな堅い話ばかりしているのかと思わないでく
ださい。彼の好きなプロ野球や相撲、女性の話もしましたが、ここに書いても仕方
ないためカットしただけですので。



2015.10.20(火)【上州弁】(金子登志雄)

 昨日の投稿は、本意とは違い、当局批判と受け取られてしまったかなと反省して
います。立法の不備が最大の原因であり、登記を扱う行政当局としてが何とか理由
づけをこじつけるしかなかった点は理解しているつもりです。

 さて、「安倍チャンネル(NHK)」では、唯一、「花燃ゆ」だけみていますが、
いまは舞台が、わが故郷の群馬県になりました。主人公の義兄の楫取(かとり)素
彦が群馬県知事として赴任したためです。

 そこに登場する上州人役の俳優の会話が「そうだ【い】ね」「そうだ【ん】べ」
とか、わざとらしい上州弁なので、結構、楽しんでみています。そのうち、「〇〇
したんかい」とか、「おやげない(かわいそう)」も出てくることでしょう。

 故郷といっても、私は県庁所在地前橋市のある東毛地区ではなく、長野県の軽井
沢に近い西毛地区出身ですから、方言もちょっと違いますし、両親が東京からの戦
争疎開組だったので、訛りはそうないと思っていましたが、人からみるとそうでも
ないようです。

 生涯に1度だけ「貴方、群馬出身でしょう」といわれたことがあり、「どうして、
分かるんだ」と聞きましたら、その「分かるんだ」の「ん」の発音が群馬弁だと指
摘されました。いまだに、自分ではよく分かりませんが。

 また、たまに指摘されるのが「いちご」の発音です。私は「いちご」の「い」に
アクセントを置いて発音しますが、標準語は、平板に発音するのだとか。世の中に
は、耳のいい人もいるものです。

 もはや親もなく群馬県に帰省することもなく、故郷とは疎遠になる一方ですが、
このアクセントだけは、生涯私に付きまといますから、永遠に群馬から離れられな
いことでしょう。


2015.10.19(月)【新設型再編の本店所在場所】(金子登志雄)

 前回の続き第2弾ですが、平成19年1月に、東京法務局に次のような質問をし
てみました。

--------------------------------------------------------------------------
 Q:A社及びB社が合弁でC社を設立する際に、本店住所や株主名簿管理人につ
きA・B合同の発起人会議事録で決定でき、その際にA・Bの取締役会議事録まで
は不要とされています。同様に、新設合併でも新設分割でも、本店住所や株主名簿
管理人の決定は、合併消滅会社や新設分割会社の決定書があれば足り、合併消滅会
社や新設分割会社の内部的意思決定である取締役会議事録や総会議事録までは不要
解してよろしいでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------

 なぜ、こういう質問をしたかというと、「新設合併設立会社の本店の所在地を具
体的に定めた場合の添付書面は何か」という質問に対して、東京法務局回答として
「合併契約の承認その他の手続があったことを証する書面(商登81条6号)とし
て決議した機関に応じて合併当事会社の株主総会議事録又は取締役会議事録等が該
当する」というものがあったためです。

しかし、これは明らかな間違いだと思っています。商業登記法81条6号は「会
社法第804条第1項及び第3項の規定による新設合併契約の承認その他の手続が
あつたことを証する書面」という内容であり、第804条第1項は「承認」の規定
であり、第3項は、種類株主総会の「決議」の規定であるため、「804条1項=
新設合併契約の承認があつたことを証する書面、804条3項=その他の手続があ
つたことを証する書面」と読むべきだからです(その証拠に、804条3項は新設
分割には適用されないため、商登86条6号にも「その他の手続があつたことを証
する書面」とは規定されていません)。

 上記Qの回答は、法務省とも相談した結果、総会議事録等が必要だというもので
した。小川・相澤編著『通達準拠/会社法と商業登記』394条でも、添付書面の
原則規定の1つである商業登記法46条を根拠に同一結論です。

 しかし、その46条は申請会社自体の添付書面の規定です。新設型再編では新会
社が申請人ですから、46条は適用されません。81条3号や86条3号によって
準用される47条が適用されるはずです(詳細は拙著『親子兄弟会社の組織再編の
手続〔第2版〕』303頁(2)以下)。

 この問題もご存じのように、現在は、新設合併契約や新設分割計画あるいは新会
社の定款の附則に本店所在場所、株主名簿代理人等を定めて、この議論を回避する
道を選択しますから、いつしか、この問題を研究しよう、議論しようということも
なくなり、うやむやのまま収束してしまいました。

 日業業務では問題ないとしても、学問としての組織再編や会社法・商業登記法を
考えたとき、こういうことでよいのでしょうか。法務省のメンバーも変わりました。
いまなら別の回答になるかもしれません。



2015.10.16(金)【無対価合併と株券提出】
(金子登志雄)

 平成19年出版の商業登記全書の改訂中に思ったのですが、当時の論点が現在で
も、うやむやのままにされていました。代表的な2つを皆様に質問してみましょう。
紙面の関係で、今日は1つめの表題の件です。

 Q:B株式会社はA株式会社の100%子会社で実際に株券発行会社です。さて、
Bが親会社のAに吸収合併される場合は、Bで株券提出手続が必要でしょうか。

 設問ですが、商法時代の実務は不要説だったのに、会社法になってからは、急に
必要説が当局から唱えられ現在に至っています。理由は、条文に制限がないことと
「株主名簿に記載されていない株券保有者(略質質権者等)が存する可能性がある
から」というものでした。

 しかし、条文に制限がないのは旧商法でも同じでしたし、この理由は全く説得力
がありません(なぜ、周囲はこの回答を止めなかったのかも不思議です。上司の意
見で部下は止められなかったのか………)。

 そもそも、なぜ消滅会社の株券を提出させるかというと、存続会社の合併対価と
引き換えるためです。会社が合併解散して株券は無効になりますが、この引換証券
としての効力があるためです。

 ところが、設問の事例は無対価ですから、引き換えるものがありません。だから、
商法時代は意味のない株券提出手続は不要だとされていました。

 会社法下の理由である「株主名簿に記載されていない株券保有者が存する可能性
があるから」は、基準日公告の理由です。株主名簿に載っていない株主の皆様、早
く名義書換えしないと権利を失いますよという公告の理由づけであり、株主名簿上
の株主であろうが、株主名簿に掲載されていない実質株主であろうが、無対価合併
であれば何も引き換える権利がないため、この理由づけは、おかしいのです。

 閲覧の皆様の中には、それでも無効株券が流通するのは問題だから回収したほう
がよいと思うという意見もあるでしょうが、定款変更で株券を廃止するときは回収
しません。合併のときだけ回収せよという主張は無理です。

 というわけで、いつか株券提出手続は不要だという回答に変わることを期待して
いましたが、多くの会社が株券を廃止してしまいましたし、本件でも株券を事前に
提出してもらい不所持にしてしまえば株券提出手続が不要になります。

 こうして実務では、株券提出手続の回避策をとるようになったため、いつしか、
この議論はうやむやのまま誰も問題にしなくなりました。いかにも、日本的解決法
ですが、これでは、いつかまた同じ過ちを繰り返しますので、改訂版にも、この論
点を残すことにしました。株券提出の理由までを曖昧模糊にしないためにも………。



2015.10.15(木)【改訂版の幸せ】(金子登志雄)

 一昨日投稿したロシアのミサイルですが1週間57回で、相当な戦果があったよ
うです。ところが、いわゆる西側のメディアは、ロシアのミサイルはイスラム国の
拠点に当たらず無関係な人を多数殺傷した、ロシアはひどい国だという印象操作の
シナリオになっているようです。

 これに対するロシア高官の反論(出典は省略)は、「米国等はイステム国の拠点
がどこにあるのかそれほど分かっているなら、この1年間9000回以上もミサイ
ル攻撃し、何の戦果もなかったのはなぜだ」という皮肉コメントだったようです。

 この反論の裏の意味がお分かりですか。西側の軍事能力が低いという意味ではあ
りません。米国は利潤追求のために戦争をしており、最終的にはシリアのアサド政
権を倒し中東を支配下に置こうとしており、アサド政権と対立するイスラム国を利
用しこそすれ倒す気はないと痛烈に批判したものです。

 いまでは発端になった9・11事件さえ米国内でも怪しまれていますから、国際
政治というのは、表も裏もその裏もあって、単純ではないことがよく分かります。
テレビや新聞報道だけでは、裏の情報がないので、洗脳されてしまいますが、ネッ
トは、情報の宝庫で、ボケ防止にはうってつけです。

 さて、ほぼ40日かかりましたが、やっと平成19年出版の商業登記全書『組織
再編の手続』の改訂作業の第1回目が終わりました。

 こんなに苦労しているのに、何万部の小説と違って、数千部行けばよい専門書は
辛いねと冗談まじりに出版社に話しましたら、「先生、小説は改訂版がありません。
専門書は初版がそれなりに売れれば改訂版が出せるのです。改訂版込みなら、専門
書も1万部を超えることが結構ありますよ」と返されてしまいました。

 確かにそうですね。教科書ですが、神田会社法は17版、前田会社法入門は12
版、有斐閣のドル箱・江頭株式会社法は改題したのに、もう6版です。へたな小説
よりずっと寿命が長く累計部数が多いことでしょう。

 『組織再編の手続』は、今後、組織再編法制が大きく変わらない限り、2版で打
ち止めでしょうが、多くの専門書が改訂されずに消えて行くのに、もう1度、命を
吹き込むことができるだけでも幸せに思わないといけないと思った次第です。


2015.10.14(水)【引き継がれるもの】(仙台・立花宏)

 「後輩たちに、重荷を背負わせてしまうことになります。それを私達が決めてし
まっていいのでしょうか」

 先日、ある団体の役員会に出席していたときのことでした。冒頭のコメントは、
その団体において、数年後に、ある企画を実施することをその役員会で方向づけし
てはどうか、という私の提案に対しての、別の役員の方の発言でした。

 確かに、その企画を実施するときには、私はその団体の役員を退任しているはず
です。実際に苦労するのは、私ではなく、数年後の役員です。その役員のおっしゃ
ったことは、もっともなことだと思いました。ある意味、後輩たちに宿命を背負わ
せてしまうことは間違いないからです。

 しかし、私は、その企画は重荷になることは間違いありませんが、その団体にと
って、そして、後輩たちにとって、何物にも代えがたい成長の機会になると考えて
いました。

 また、その企画は、今日、やろうと決めて、明日、実施できるような簡単なもの
ではありません。数年前から準備を進める必要があるはずです。実施するのであれ
ば、早めに決めてしまう方がよいと考え、私は提案したのです。

 そして、もうひとつ考えていたことがあります。私達の世代で決めれば、後輩た
ちがその企画を実施する際、きっと、私達の世代はその企画に協力するはずです。
少なくとも、実施することを決めた本人なのだから、その責任を感じるはずだと思
いました。自分が責任をもって協力するために、自分で決めたいという思いがあり
ました。

 ただ、気をつけなければならないことがあるとも思っていました。実際に企画を
実施するのは、後輩たちです。もしかしたら、私の考えているものとは違うものに
なるかもしれません。そのとき、後輩たちの考えどおりにやってもらうことです。
応援はすれど、私の考えを押しつけることは、控えなければならないと思いました。

 そんなことを考えていたとき、子供のころ、映画で見たある言葉を思い出してい
ました。

 「たとえ、父と志は違っても、それを乗り越えて若者が未来を創るのだ。親から
子へ、子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく。それが本当の永遠の命だ
と、俺は信じる」

 記憶に頼って書きましたので、もしかしたら、正確ではないかもしれません。銀
河鉄道999というアニメ映画で、キャプテン・ハーロックという登場人物が主人
公に述べた言葉です。

 未来を創る、すなわちその企画を実施するのは後輩たちです。たとえ、私と考え
方が異なることになっても、私は後輩たちを応援するはずです。そして、先輩たち
がこれまでに築いてきた財産、たとえば、信用や人脈等は後輩たちに引き継がれ、
その団体が存続する限り、永遠に続いていってくれると信じています。

 結局、その企画を実施するかどうかは、次回以降の役員会での継続審議となりま
した。その結果がどういうものになるか、わかりませんが、他の役員の方々に理解
していただけるよう、努力してまいりたいと思います。

 今回の件で、ひとつのことを決めることが、いかに大変なことかがわかりました。

 そういえば、今年も国会で、いろいろなことが決まったのだろうと思います。き
っと、決まるまでに大変なご苦労があったはずです。そのような苦労の末に決まっ
たものです。どのようなことが決まっても、戦後、日本に引き継がれてきたもの、
「平和」が、今後も、永遠に引き継がれていくことを信じたいと思います。


2015.10.13(火)【1500キロ】(金子登志雄)

 3連休でしたが、時間自由業ですから、収入には通じなくとも平日も勝手に休め
るので、そうありがたみを感じません。相変わらず、書き物をしたり、ネット閲覧
で時間をつぶしていました。

 さて、ロシアもシリアのアサド政権の要請を受け、IS(イスラム国)を攻撃す
るため、カスピ海から巡航ミサイルを発射したようですが、何とISまでの距離は
1500キロだそうです。

 1500キロのイメージがつかなかったため、地図を開きましたところ、東京か
ら鹿児島よりもっと先でした。北朝鮮が鹿児島の川内原発を狙うことも、中国が沖
縄の米軍基地を狙うことも容易なわけで(逆もいえますが)、現在の軍事技術には
今更ながら恐怖を感じてしまいました。いまや、沖縄の米軍基地は仮想敵国の中国
に近すぎて無意味だという意見が専門家から出されているのも納得してしまいます。
滑走路に命中し穴ぼこが空けば、軍用機も飛ばせません。

 最大の防衛は戦争にならないようにすることですが、ロシアのプーチン大統領が
こんな状況を作ったのは誰だ、利潤を求めて戦争を起こしている国はどこか、ロシ
アじゃないと米国を痛烈に皮肉っている日本語字幕付き動画がネットで話題です。

      http://健康法.jp/archives/7279

 プーチンさんは日本では悪役のイメージしかありませんが、話の内容は実にまと
もでした。巨大な軍需産業をかかえた国は、どこかで戦争が起きてくれないと商売
にならないのも事実です。いつでもどこでも現地の政府を無視して軍事介入してし
まう自由な国・米国外交の負の側面でしょう。



2015.10.09(金)【中国のくしゃみ】(金子登志雄)

 今日は会社法ネタを思い付きませんので、別の話題にします。

 さて、9月29日に日経平均が700円以上も暴落しましたが、中国経済の先行
き懸念が原因だとされています(いまは少し戻していますが)。

 難民問題やドイツのフォルクスワーゲン問題によるヨーロッパ経済の先行き不安
も原因の1つだと思うのですが、日本に不幸をもたらすのは常に中国や韓国だとい
うマスコミのバカの1つ覚えには辟易してしまいますが、昔は、アメリカがくしゃ
みをすれば日本は風邪を引くといわれていたのに、いまは中国がくしゃみをしても
日本が風邪を引くようになったようです。それだけ中国が大国になったのでしょう。

 ところで、輸出で生きる日本経済といわれていますが、日本の輸出相手国の上位
3位までは、どこだと思いますか。2位ではなく3位までです。

 回答は、下記の中段にあります(下段には輸入国があります)。まずは開いてみ
てください。

 http://www.jftc.or.jp/kids/kids_news/japan/country.html

 そう、日本の最大のお客様は中国、米国、韓国です。インターネット上では毎日
激しい中国や韓国を蔑視した意見が掲載されていますが、われわれの食い扶持は両
国への依存度が高いわけです。台湾も香港もヨーロッパ諸国やロシアより上位です。

 では、中国の輸出先はどこかとネット検索してみると、米国のようですから、日
米中は経済的三角関係のもつれで仲が悪いのでしょうか。米韓中も三角関係ですが、
朴大統領が中国寄りのシフトをするので、朴大統領は米国で手厚く扱われますが、
国連演説のため米国を訪問した安倍首相に対しては、オバマ大統領は会おうともし
ませんでした。朴大統領のように、少しは、米国をヤキモキさせることをしてもよ
いと思うのですが、冷たくされればますます、もっと振り向いてもらいたいと行動
するのが日本の政治家(風土?)かもしれません。

(ご参考)
 土日は、下記を開いて何も読まずに2番目の動画を聞いてください。天海先生の
ご指導に従い、一緒に将来を考えましょう。
  http://buzzap.jp/news/20150620-2015-japan-class-of-empress/



2015.10.08(木)【登記記録例】(金子登志雄)

 昨日の「監査役会【設置会社】の定め廃止」か「監査役会の定め廃止」かの件に
関連して、商業登記実務のバイブルともいわれている松井信憲著『商業登記ハンド
ブック』は、法務省発の登記記録例と相違する点もあるので注意が肝要だ。例えば、
松井本では合併による解散につき、「合併し、解散」となっているが、登記記録例
は「合併し解散」で、読点がないなどという話題がわれわれ商業登記専門家の間で
なされることもあります。

 この点に関しては、それ以前に登記記録例の拘束力をどう受け止めるかの問題が
あります。

 この登記記録例は、法務省民事局商事課長から依命通知として発出されます。依
命というのは官庁用語で「命令」ということのようですから、簡単にいえば、「か
く取り扱え」という指示書でしょう。

 したがって、現場がそれに従うのは当然ですが、「合併し、解散」は不可で「合
併し解散」でなければならないというほどの拘束力があるのかは、私は疑問に思っ
ています。記録「例」ですから、「合併して解散」でも「合併により解散」でも、
記録例との同一性の範囲内にあり、許容範囲といえないでしょうか。

 登記記録例における他の解散事由をみると、「平成〇年〇月〇日存続期間の満了
【により】解散」、「平成〇年〇月〇日や株主総会の決議【により】解散」など、
いずれも「〇〇により解散」になっていますから、本来であれば、合併でも「合併
【により】解散」であるべきでしょう。30年間合併登記に従事し、数百社を合併
解散させた私が最も多く使った表現は「合併して解散」でした。昔は、こういう点
は、とやかくいいませんでした。

 おそらく、登記のコンピュータ化によって、ちょっとした相違点も融通が利かな
くなったのでしょう。したがって、現在でも「監査役会設置会社の定め廃止により
変更」も、「合併し、解散」も「合併して解散」も「合併により解散」も間違いで
はないと私は信じています。登記所サイドも、これで補正にすることはありません。
単に機械的に登記簿上、記録例のようになされることが多いというだけのことです
から、受験生の皆さんも、こういうことにこだわる必要はありません。減点対象に
もならないはずです。


2015.10.07(水)【監査役会廃止と社外監査役】(金子登志雄)

 監査役会を廃止したので、監査役の社外監査役の部分も抹消申請しました。電子
申請で、次のとおり申請しました。

「役員に関する事項」
「資格」監査役
「氏名」〇〇〇
「原因年月日」平成〇年〇月〇日監査役会設置会社の定め廃止により変更


 登記の通達にも、「登記すべき事項は、………、監査役会設置会社の定めの廃止
により社外監査役の登記を抹消する旨及び変更年月日である。」とあり、松井信憲
著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』459頁にも、同じ記載があります。

 登記が終わりました。登記記録の監査役〇〇〇のところには「平成〇年〇月〇日
監査役会の定め廃止により変更」と記録されており「設置会社」が抜けていました。

 どうでもいいじゃないか!、誠にごもっともで、私もそう思っていますが、著作
では、そうもいきません。読者には様々な方がいらっしゃいますから、こういうこ
とにも神経質でなければならないのです。

 理由を探ろうと東京法務局に電話しました。十分に話が通じず「記録例どおりで
す」と紋切型のお返事をいただきましたが、どこに、そういう登記記録例があるの
かもみつかりませんでした。

 そこで、こういうことを経験していそうな新保司法書士に電話して分かったこと
は、会社法施行時の平成18年夏に、東京法務局が「監査役会の廃止に伴い社外監
査役の登記を抹消する場合の登記原因の記載は?」という質問に対して、「『年月
日監査役会の定め廃止により変更』とする。」と回答していました。

 どうも東京法務局の運用のようで、いわゆる依命通知の登記記録例ではなさそう
でしたが、たかが「設置会社」の4文字でも、これがあると登記記録上3行になり、
東京法務局方式だと2行で済むという大きな差があります。

 内容的にはどちらでもよいので、今後の著作には、東京法務局方式を中心にする
ことにしました。この世界では、既成事実は先例並の価値がありますので。


(追記)小川・相澤編著『通達準拠 会社法と商業登記』211頁に「平成〇年
    〇月〇日監査役会の定め廃止により変更」とありました。



2015.10.06(火)【司法書士試験記述式問題】(金子登志雄)

 司法書士試験の合格発表があったようですので、土日の暇つぶしに商業登記の記
述式試験問題をみてみました。下記の54頁からです。

  http://www.moj.go.jp/content/001154640.pdf
 
 問題を公表するなど素晴らしいことですね。こうやって、さまざまな批判を受け
て、よりよい問題作りの参考にするわけです。

 ざっとみただけで恐縮ですが、採点には影響がないといっても、定款文言に異議
ありです。

 58頁の定款第12条によると、株主総会の特別決議の定足数が3分の1以上に
なっていますが、これは議決権を行使しない株主が多く定足数の充足で苦労する上
場会社が採用する内容であって、非上場の零細企業が定める内容ではありません。
社長が51%、専務が35%、取締役会は社長派と専務派が同数とすると、社長が
海外出張中に専務一人で募集株式を発行し、会社の乗っ取りができてしまいます。

 67頁の変更定款第6条には「当会社の発行可能株式総数は、2万株とし、この
うち1万8000株を普通株式の発行可能株式総数とし、2000株を優先株式の
発行可能株式総数とする」とありますが、会社法には「普通株式の発行可能株式総
数」や「優先株式の発行可能株式総数」という表現はありません。発行可能「種類」
株式総数です。

 また、発行可能種類株式総数は発行可能株式総数の内訳ではありません。発行可
能種類株式総数の合計が発行可能株式総数と一致する必要はないのに(種類株式で
有名な伊藤園も一致していません)、「このうち」などと発行可能株式総数の内訳
かのように定款に定めることは、大いに問題があります。

 優先株式という名称も、1時代前の名づけ方であり、この種類株式は無議決権を
含んだ内容にもなっているため、今はA種種類株式とか甲種とか第1種と名づける
のが通常です。未配当の場合の累積式にも全く触れていませんし、普通株式に配当
する場合に優先株式も参加することができるのかについても触れられていません。
こういう定款文言が当たり前のように受験生に思われては困りますから、せめて、
「累積条項と参加条項は省略」とでも記載しておくべきだったでしょう。

 以上のようなことは拙著でも何度か書いていることですから、きっと問題作成者
の方が不動産登記等の専門家で商業登記には詳しくなかったのでしょう。

 こういう問題文をみると、私のような実務家が試験委員に加わるべきだとは反省
を込めて思うのですが、試験委員になると、受験生とは付き合ってはいけない、著
作活動は控えよという厳しい制約があるので、私には無理ですのでお断りしてきま
した。しかし、ほぼ完成した試験問題の校正担当なら、制約期間も試験期日までの
短い期間に限られるでしょうから喜んでボランティアで引き受けます。ぜひ、ご検
討いただきたいものです。


2015.10.05(月)【至誠と国】(金子登志雄)

 土日は、著書改訂版の校正などをしながら、ネット閲覧などでのんびり過ごしまし
た。その中に安倍さんのお友達であるNHKの独裁者籾井会長がネット世界でNHK
のことを「安倍チャンネル」と揶揄されていることに対してむきになって反論する内
容があり思わず笑ってしまいました。その偏向報道ぶりに対して「安倍様のNHK」
などという表現もネットではよくなされています。

 もちろん、ネットでNHKの報道を支持する方もいらっしゃいますが、支持しない
方に対して、半島出身の反日活動家などとすぐに断定(レッテル張り)し罵詈雑言を
浴びせる傾向があるので、つい引いてしまいます。

 ほとんどテレビをみない私も、長州の吉田松陰の妹を主人公とする「花燃ゆ」だけ
はみています。この番組をみるまでもなく、つくづく思うのは、当時の国は日本国と
いうより「藩」でした。長州という国、薩摩という国などがあり、その連合体が日本
でした。徳川幕府は日本合衆国の政府でした。

 愛国心は「藩」に向けられ、長州人も毛利の殿様には忠義を示しても、日本政府の
徳川には向けられませんでした。孟子の「至誠にして動かざるものは未だこれあらざ
るなり」が大好きな吉田松陰も、「至誠にして通じなければ殺してしまえ」と主張す
る過激な攘夷論者であり反日テロリストでした。

 その過激思想が明治維新(革命)の原動力になったわけですが、「勝てば官軍」で、
今度は徳川側が反日(朝敵)とされてしまいました。新撰組も京都の治安を守る警察
協力隊から悪人集団とされてしまいました。

 結局のところ、「国」といっても、時代により変わり、現時点でも、全国津々浦々
の賊軍を含む国民のための国なのか、伊藤博文から安倍首相に至る長州藩(官軍)の
支配する日本国なのか、人によって使い方が異なります。「反日だ」とレッテルを張
る方も、きっと徳川恩顧の賊軍の子孫でしょう。吉田松陰が生きていれば、会津あた
りで松下村塾を開き、「至誠にして通じない人も同じ国民だ」と民主主義の御旗を立
てて反日活動をしているかもしれません。

 以上、土日の妄想でしたが、ネット情報は玉石混交です。内部で事前検閲され加工
された報道しかなされないNHKや大手マスコミとは相違する玉(真実)の情報があ
るので、ネット閲覧は私にとって仕事の一部です。



2015.10.02(金)【合併手続今昔】(金子登志雄)

 昨日は3月決算会社の後期の始期であり、4月1日に続いて合併等の商業登記の
多い日のはずでしたが、午前11時頃に東京法務局を訪問した限りは、混雑もなく
相談コーナーも閑散としていました。

 理由は不明です。時間帯のせいかもしれませんが、合併等を専門とする当事務所
も、昨日は、そういう申請がありませんでしたから、商業登記自体の件数が減った
のかもしれません。

 当事務所で10月1日付の合併登記がなかったのは久々ですが、これは、既存の
重要顧客のほとんどがグループ再編を終わっているためです。頻繁に合併等を依頼
してくれる会社は子会社を多数有する会社ですが、最近は、グループ再編が1段落
したのか、有する子会社の数が少なくなりました。

 はじめて合併手続を経験したのは、30年近く前ですが、子会社を数百も有する
上場会社の子会社同士の合併でした。当時はグループ再編であろうと小規模の有限
会社の合併であろうと全部の合併に公正取引委員会への届出が必要でしたし、その
他にも、規模によって財務局に有価証券通知書の提出が必要でしたから、街の司法
書士では対応が困難だったでしょう。

 株券提出公告も必要でしたし、いわゆる無増資合併(当時は親会社が100%子
会社を合併する場合は、こういう表現をしていました)で合併会社の資本金が変わ
らないのに、消滅会社の資本金との合算額に不足するとして資本減少手続も必要で
した。合併した会社は2つの会社が統合した会社だから資本金額も合算額にならね
ばならないという極端な人格合一説が昭和59年に商事法務に発表され(執筆者は
法務省の方)、それが全国の登記所を席巻してしまっていたのです。

 その後の平成9年の合併法制の改正、平成13年の金庫株改正、平成18年の会
社法の制定で、いまでは、「合併は合併して解散するのではなく解散して合併する
のだ。現物出資説が正しい」という考え方が主流になり、合併手続においては完全
に政権交代がなされています。


2015.10.01(木)【「マイナンバー」と「振り込め詐欺」】(島根・根来川弘充)

いよいよ今月10月からマイナンバーが通知されます。

 私としては、公的機関にある個人情報に索引がつけられるようなものでないかと
考えています。

 ところで、いまでも深刻な被害額を生んでいる「振り込め詐欺」というものには、
一つの大きなモデルがあります。

--------------------------------------------------------------------------
 不正に入手した「名簿」を利用して、「携帯電話(もしくはメールができる電子
端末)」により連絡をとり、相手の勤務先や、家族といった個人情報を巧みな話術
(もしくは、メール)で引き出し、不正に入手した「銀行口座」に振り込ませる。
--------------------------------------------------------------------------
というモデルです。

 この「名簿」「携帯電話」「銀行口座」は、振り込め詐欺のために必要な「三点
セット」とも呼ばれています。

 今の段階では、自らのマイナンバーを、誰かが不正に入手したところで大きな被
害がでるという可能性は低いのでしょうが、将来的には、民間である金融機関にあ
る通帳の情報なども結びつけられるとも聞いています。

 そうすると、先の「三点セット」につながりうるマイナンバーは、悪徳業者にと
っては、魅力的なものに思えてきます。

 これからどのような技術が生まれるかは予測できるものではありません。用心す
るに越したことはないと思いますので、皆様には、マイナンバーの管理には充分気
をつけていただきたいと思います。


2015.09.30(水)【閲覧室ほか】(金子登志雄)

 登記簿が紙の時代は各登記所に大きな閲覧室がありましたが、登記簿の電子化以
降は、どこかに消えてしまいました。通常は謄本等の交付窓口の近辺にあるはずで
すが、地元の東京法務局にも見当たりません。やっと見つけました。

 28日に自分で過去に申請した登記にミスがあった可能性があり、利害関係人と
して閲覧請求しましたら(商登規則21条)、謄本等の交付窓口の横のドアから案
内され、入ってみると、2畳ほどの大きさの部屋がありました。こんなところに隠
れていたのかと他人の知らない秘密を探し当てたような幸せな気分でした。閲覧結
果も私にミスがないことが分かりました。スマホで証拠写真もとってきました。

 話変わって、最近の幸せでない気分としては、シールズの奥田君及び家族への殺
人予告です。ネットでは、自由人の彼をブサヨ(左翼への蔑称)だとか、反日活動
家などというレッテルを張った誹謗中傷が多いので心配していましたが、とうとう
ここまで来たかと日本の民主主義の底の浅さを感じていました。

 アグネス・チャンへの脅迫と同じく捕まえてみれば中学生だったなどという可能
性もあるでしょうが、ネット世界は、匿名の世界なので、限度をわきまえない輩が
多すぎます。

 奥田君のことは、ほとんど知識がありませんでした。憲法学者の小林節さんのこ
とも、どういう方か全く知りませんでしたが、下記の佐高信さんの記事で、なるほ
どと分かました。結構、感動する話ですので、ぜひどうぞ。奥田君のお父さんもり
っぱです。

     http://diamond.jp/articles/-/78953
     http://www.cocolotus.com/item/1671



2015.09.29(火)【減資増資と債権者保護の要否】(金子登志雄)

 資本金1000万円の会社が全額減資すると同時に1000万円の資本金増加を
したとき、債権者保護手続が必要でしょうか。

 司法書士であれば、これは減資の登記と増資の登記の2つだから債権者保護手続
が必要であるのは聞くまでもないことだと考えますが、結果的に資本金が減らなか
ったことになるのだから、債権者保護手続は不要だという考え方があっても不思議
ではありません。

 今月、知ったのですが、旧商法時代に昭和56年商法改正に携わった稲葉威雄氏
が「商業登記先例判例百選」(別冊ジュリスト124号平成5年10月発行)で不
要説を唱え、それが東京法務局に伝染し、一時、東京法務局では不要説でも登記が
受理されていたようです。

 しかし、同時に減資・増資が行われた時はOKで、異時だったら不可というのは
納得できません。「10月1日に1000万円増資することを条件に2日に同額を
減資する」と決議した場合は、なぜ不可なのでしょうか。

 債権者に不利益はないとの言も、債権者は5000万円を貸しているかもしれな
いのです。増資した分を配当可能な剰余金にされること自体に「ちょっと待て」と
いいたいこともあります。

 というわけで、稲葉見解は受け入れがたいと即座に分かるのに、こういう権威あ
る方が何か言うと、無批判に受け入れてしまうのは、いかがなものかと感じました。
もっと自分の頭で考えましょうよ。



2015.09.28(月)【ジャパン・ハンドラー】(金子登志雄)

 25日は当社の定時株主総会でしたが、監査役として無事再任されました。もと
もと、この会社の役員が本業で、司法書士は副業にも至らない肩書だけでしたが、
うまく商法改正の波に乗れ、司法書士としての知名度も向上し、いつしか司法書士
が本業になってしまいました。あと4年、引き続き兼業で頑張ります。

 さて、先週は、東京新聞に、とうとう「ジャパン・ハンドラー」という用語が登
場しました。類似用語である「安保マフィア」は沖縄の新聞には登場していたよう
ですが、この用語が新聞に登場したことが過去にあったのでしょうか。山本太郎議
員が国会で米国による対日要求書であるアーミテージ・ナイ報告書を取り上げたの
がきっかけでしょう。インターネットの世界では常識的な政治知識ですが、公然の
秘密が表舞台に出たことに驚きました。

  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092202000210.html
  http://rapt.sub.jp/?p=9018

 この人たちの言いなりになっていると政権が長続きし、小澤、鳩山、田中真紀子
さんなどが独自の動きをしようとすると、官僚及びマスコミが総動員され、悪ある
いは無能の印象操作され、簡単に潰されてきたといわれています。すごい力です。

 身近にいる妻子さえもハンドルできない私にとっては、この人たちの爪の垢を煎
じて飲みたい衝動にかられてしまいますが、悪い冗談はさておき、これが敗戦国日
本の現状であることは日本国民みなが知ったうえで、日本の幼稚な政治では保護者
として米国の存在が必要だと考えるか、幼稚でも独立国として自立して動くべきか
が日本の課題であることは間違いありません。

 今回の戦争法案も、保護者あるいは宗主国の米国の力が弱まり、軍事面でも日本
の協力が必要になったということでしょうが、中国やロシアは、ますます日本のこ
とは米国と話せば足りるという動きを加速し始めましたので、情けない思いです。

 幕末なら攘夷論が吹き荒れるところでしょうが、日本支配の実行部隊である日本
のエリート官僚集団は、日本国民も政治家も幼稚だから、日本は米国の背中に隠れ
ているのが一番だ、独自路線など余計なことをしないのが一番だと考えているのか
もしれません。結論はともかく、理由については、つい納得してしまいます。われ
われも、もっともっと賢く行動し、少なくとも幼稚な政治家やパフォーマンスだけ
の嘘つき政治家には投票しないようにしなければなりません。



2015.09.25(金)【ノーサイド】(仙台・立花宏)

 先日、ラグビーのワールドカップで、日本代表が強豪の南アフリカと対戦して、
接戦の末に勝利し、大金星を挙げました。世界が日本のラグビーを認めてくれたよ
うに思います。

 その後のスコットランドとの試合は、残念ながら敗れてしまいましたが、それで
も、まだまだ、注目度は高いようです。報道が過熱しすぎのように感じております
が、選手のみなさんには、平常心でプレーを続けてほしいと思います。

 南アフリカとの試合は、格上の相手に、何度もリードされる展開でした。しかし、
そのたびに追いつき、決定的な点差になること許しません。あきらめず、勝利を信
じてプレーを続ける選手たちの姿は、次第に試合会場全体を惹きこんでいき、最後
は、会場全体から、ジャパンコールが湧き起こったそうです。

 私もテレビで試合を観戦しましたが、選手たちのひたむきなプレーに、不覚にも
目頭が熱くなるのを禁じえませんでした。試合の終了間際に、日本が逆転のトライ
をあげたときは、それが現実であると信じることができず、自分が夢の中にいるの
ではないかと勘違いしたほどでした。

 そして、試合はノーサイドを迎えます。
 ちなみに、ノーサイドとは、ラグビー用語で試合終了のことだそうです。試合が
終了すれば、サイドがなくなる。つまり、敵味方がなくなるという意味だそうです。
熱い戦いをつづけても、試合を終えたあとは、敵味方がなくなる。いい言葉だな、
と思います(※もっとも、インターネットを検索したら、海外では、試合終了のこ
とをノーサイドとは言わないと紹介しているHPもありました。)。

 ただ、ノーサイドの精神は試合終了後だけのものではないのかもしれないと思い
ました。

 報道等でご存じと思いますが、ラグビーの日本代表には外国出身と思われる名前
が多くあります。どうしてだろうと調べてみると、ラグビーの場合、日本代表とな
るには、日本国籍を持つことが必須ではないそうです。日本国籍を持たない選手で
も、日本に3年以上継続して居住している場合など、一定の場合には日本代表とな
れるのだそうです。

 国の代表といっても、その国の国籍を持った人の代表ではなく、その国でプレー
している人の代表ということなのでしょう。

 日本でプレーしている選手は、出身が日本であろうと外国であろうと、同じ仲間
なのだ。日本代表は、日本でプレーしている選手たちの代表なのであって、出身が
日本だとか外国だとかは関係ない。出身が日本だとか、海外だとかのサイドはない。
ノーサイドなのだということなのではないでしょうか。

 思えば、私達司法書士は、外国出身の方が日本で不動産を取得したり、日本の会
社で役員になったりする際、登記の手続等でお手伝いすることがあります。その方
たちを、他国の人と見るのではなく、日本という社会でプレーする、同じ仲間とし
て接しなければならない。ノーサイドの精神で仕事をしなければならない。そんな
ことを考えさせられた出来事でした。


2015.09.24(木)【とんだ敬老の日】(金子登志雄)

 敬老の日を挟み長い休みでしたが、日本の将来を大きく変える騒々しい日々でも
ありました。

 19日になった深夜はインターネットの中継で参議院による戦争法案の可決をみ
ていましたが、これが日本の民主主義のレベルなのかと思い知らされ、情けない思
いでした。与党には、数の力で強引なことをしても、次の選挙では勝てるという自
信があるのでしょう。国民も舐められたものです。

 まさしく、いまネットで話題の新潟県弁護士会長のコメントのとおりです。
          http://is.gd/afwvHu

 老人には日本の将来を不安にさせる敬老の日になりましたが、敬老の日といえば、
私も自分の意思とは無関係に敬ってもらえる歳になってしまいました。幸か不幸か、
子供も独身で孫もいないため、まだ現役の若い気分でいられます。休み中も、平成
19年に出版した「組織再編の手続」(商業登記全書7巻)の改訂作業をしており
ました。

 嫌になるほど大変な作業です。あれから計算規則が大きく変わりました。会社法
も変わりました。登録免許税施行規則も変わりました。有価証券通知書の運用も変
わりました。上場会社の株券も廃止されました。で、一部修正どころか、あちこち
数頁削除の大ナタを振るう抜本的改訂が必要です。

 商業登記全書全8巻中、最初に出た本で、かつ会社法下の組織再編の実務書とし
ては日本最初であったため(学者や弁護士は、ずる賢く、間違ったことを書いて恥
をかきたくないのか、後出しじゃんけんでしか本を出しません)、結構売れたため、
もっと早くこまめに改訂すればよかったのですが、8巻の全部が揃わないのに、こ
の巻だけの改訂を先行させるわけにも行かなかったのです。

 その欲求不満が「親子兄弟会社の組織再編の実務」になったため、この第7巻は、
いまや古典になってしまいました。しかし、中身をみれば、いまだに当局との質疑
応答に登場するような論点が平成19年刊行のこの本には書いてあり、いまでも十
分に通じる現役の内容で、古典として敬老するには早いと感じました。年内あるい
は来年早々には、若化粧させて、現役として復帰させましょう。



2015.09.18(金)【風向き】(金子登志雄)

 昨日の夕方、目黒区の山手通りにでましたら、戦争法案反対のデモ隊が行進して
いました。こんな場所にまでと驚きましたが、参議院特別委員会で戦争法案が可決
したため、いても立ってもいられない方が多いのでしょう。国民の大多数が反対し
ているのに、国民の代表者である国会議員さんが逆の動きをする変な国ですから、
国民自ら動かざるをえないわけです。

 安倍さんも、国民の反対を押しのけて強行した点で、尊敬する母方の祖父・岸信
介首相と自分を重ね合わせているのでしょうか。

 岸といっても若い方には歴史上の人物でしょうが、前期高齢者の私は、小学生で
したが、よく覚えています。政界の団十郎といわれた弟の佐藤栄作氏と同じく、男
前のよい顔をしていました。

 岸さんは戦犯で巣鴨プリズンにも入っていましたが、その後、彼にとっては、実
にラッキーなことに、朝鮮戦争など東西冷戦時代が始まり、アメリカ(GHQ)が
右翼思想の持主を左翼に対抗して厚遇し後押ししたため、首相にまでなりました。
CIAの資金が岸さんや読売新聞の社主・正力さんなどに渡されたことはアメリカ
の公文書にも登場し、ネット検索すれば、すぐに出てくる有名な事実です。

 鬼畜米英だった戦犯がアメリカから資金援助を受け、60年安保のときは右翼団
体や暴力団にまで応援を求めるようなこともし、まさに倫理とは無縁の清濁併せ飲
む「妖怪」でした。この点は、自分と違う意見の者を近づけない孫の安倍さんとず
いぶん器の大きさが違う印象を持っています。

 おかしな世の中になりましたが、私にいわせれば、あのマスコミを巻き込んだ政
治弾圧の小澤叩きから始まった民主党潰しの時から、こうなることはみえていまし
た。その後の「衆参ネジレはよくない、決められない政治から決められる政治に」
という風潮のときも、私のセンサーは独裁の時代が始まると強い危機感を感じてい
ました。

 マスコミによって人為的に作られる世の中の風向きや空気でモノを考える日本の
風土で、戦争を知らない人が世の中の中枢を占める時代になった今日、日本はまた
いつか来た道に戻るしかないのでしょうか。いやな風が吹いてきたものです。



2015.09.17(木)【株主総会の定足数】(金子登志雄)

 未公開の同族企業なのに定款に「会社法第309条第2項に規定する株主総会の
決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の【3分の1以上】を有する
株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行
う。」と定めているところが少なくありません。会社法の原則は「過半数」なのに
です。

 実は、これは上場会社のマネです。平成14年頃でしたが、上場会社では株主が
総会招集通知に返信せず、株主総会の定足数である総株主の議決権の過半数の出席
に満たず、定款変更議案が流れてしまう事態が生じたため、商法の改正で、定款に
定めれば定足数を3分の1まで下げられるようにしたものです。

 したがって、未上場会社がこれをマネすべきではありません。51%所有のオー
ナー社長が留守中に、34%所有の専務が株主総会で勝手をするかもしれません。

 上場会社の方はこれで問題がなくなったかなと思いきや、下記のような事例が本
年に生じました。
             http://is.gd/cJnAj3

 実に珍しい例ですね。筆頭株主ですら6.26%所有であり、株式が分散されて
いる点は実に上場会社らしいのですが、株式が分散すると、定足数の問題が発生す
るわけです。



2015.09.16(水)【総会開催地と定款添付】(金子登志雄)

 某社の定款に「株主総会の招集地は、東京都区内又はA県B市とする。」とあり、
なつかしく思いました。商法時代は「総会は定款に別段の定ある場合を除くの外本
店の所在地又は之に隣接する地に之を招集することを要す」(旧商法233条)と
あったため、定款にこのような定めをおく例が多かったからです。

 この会社がA県B市で株主総会を開催した場合には、商法違反でないことを証明
するために定款を添付する必要がありましたが、株主が全員出席しているときは、
株主総会開催地につき総株主の同意があったとされ、定款の添付を求められること
はありませんでした。100%子会社の株主総会を親会社の所在地などで開催する
際などに、こういう工夫をしたものでした。

 今から考えると、商業登記規則61条1項(定款の定めがなければ登記すべき事
項につき無効又は取消しの原因が存することとなる申請については、申請書に、定
款を添付しなければならない)を根拠に、定款を添付せよと1度もいわれなかった
のが不思議に感じます。

 おそらく、議事録の記載から「定款の定めがなければ登記すべき事項につき無効
又は取消しの原因が存することとなる申請」に該当しないという解釈でしょう。

 であれば、株主総会で「代表取締役は取締役の互選で定める」と定款変更した場
合は、この議事録を添付すれば、定款の添付が不要になるということです。「互選
=定款添付」で凝り固まった頭を少しは柔らか頭に変えていただけたでしょうか。


2015.09.15(火)【株主名簿管理人の登記】(金子登志雄)

 久々に、株主名簿管理人(商法時代の名義書換代理人)の変更登記を担当しました。

  東京都〇〇区〇〇〇一丁目〇番〇号
    〇〇〇信託銀行株式会社 本店

と申請しましたら、登記所より連絡があり、最近は次のとおり4行での記載が多いが
2行で登記してよいかという問い合わせ及び確認です。

  東京都〇〇区〇〇〇一丁目〇番〇号
    〇〇〇信託銀行株式会社
  東京都〇〇区〇〇〇一丁目〇番〇号
    〇〇〇信託銀行株式会社 本店

 2行のままでかまいませんと返答し、一件落着ですが、この会話の意味がお分かり
でしょうか。

 登記事項は「株主名簿管理人を置いたときは、その氏名又は名称及び住所並びに営
業所」です(911条3項11号)。

 この営業所ですが、これは場所を示す概念ですから、本来は4行方式が正しいので
すが、株主名簿管理人の住所と営業所の所在場所が一致しているときは、2行方式も
認められています。株主名簿管理人によっては、上記の「本店」という部分が「証券
代行部」となることもあります。

 証券代行部は1部署であって営業所といえるのかという疑問はありますが、会社が
「いや、当社では営業所と扱っています」といえば、外部は何もいえません。

 なお、営業所である本店も支店も場所的概念です。所在場所と住所との相違などに
ついては、次をご参照ください。

  2014.04.15(火)【本店と支店の意味】(金子登志雄)
  2015.01.29(木)【会社の住所と本店所在場所】(金子登志雄)


2015.09.14(月)【アマゾン購入品】(金子登志雄)

 1年ぶりくらいに事務所の近所の三省堂書店に立ち寄ってみました。ご近所です
が、駅から事務所までは反対側の道を通りますので、めったに立ち寄りません。

 会社法本のコーナーに行き気づいたことは、売れている本か売れていないかは問
わず、会社法の基本書など会社法全般について書かれた本と、組織再編分野につき
書かれた本以外は、常備されていないということでした。「事例で学ぶ会社法実務」
などという題名では、置いてもらえないようです。

 結果的に、実務本や各論中心の本はアマゾンなどで探すしかありませんが、いま
やアマゾンで注文すると翌日配達されるなど、通販業界の発展ぶりはすさまじいも
のがあります。売れている本かそうでないかもすぐに分かりますし、注文者の読書
傾向に併せてダイレクトメールも送られてきます。私のところに、拙著の宣伝まで
メールで送られてきます。

 私も、つい通信販売に頼ってしまいますから、本屋さんにとっては大いに脅威で
しょう。いずれはコンビニか、貸しビル業に変わるのでしょうか。

 最近の通信販売は何でもありで、私も健康食品、旅行かばん、パソコン部品など
を注文しただけでなく、変わったところでは、老眼用携帯メガネから蛇のおもちゃ
まであります。

 蛇のおもちゃは、マンションのベランダに鳩のつがいが巣を作り始めましたので、
ネット検索したら、蛇のおもちゃをおけば来なくなるといわれ、試してみたわけで
す。同時に巣の入り口を封鎖したので、蛇の効果かどうかは分かりませんが、いま
は全く「平和の象徴」が来なくなりました。きっと、鳩もいても立ってもいられず、
安倍官邸あるいは極端に偏向報道するNHKのほうに向かったのでしょう。


2015.09.11(金)【総会出席取締役とは】(金子登志雄)

 茨城県や栃木県は大雨による被害が大きかったようですが、関東人にとっては知
り合いの住む身近な地域ばかりのため、人ごととは思えませんでした。川上に位置
する山間部は雨の影響は少ないように思われていますが、土砂崩れがあるのです。
1日も早く復旧することを願わざるを得ません。

 さて、会社法施行規則72条によると、株主総会を開催したときには、出席役員
の氏名を記載せよとあります。

 この趣旨がはっきりしません。例えば、総会が10時に始まり11時に終わった
として、総会開催時の取締役はABCだったが、Cが10時半に辞任し、同時にD
を取締役に選任し、即座に就任承諾したとします。

 総会に出席していたかどうかという形式面では、ABCD4名とも出席取締役で
すが、Dについては取締役として出席したのではなく、取締役「候補者」として出
席しただけですし、他の総会議案に説明義務を負うともいえないでしょう。また、
役員席に座り直すわけでもないので、実質的には、出席取締役に含まれないという
解釈があってもよさそうですが、重要な論点とはされておらず、議論もされており
ません。

 そこで、出席役員欄にDの氏名を記載しない議事録も少なくありませんが、Dが
総会の席上で就任承諾し、この議事録を就任承諾を証する書面として利用する際に、
出席役員欄にDの氏名が記載されていないことを問題とする登記所がいまだにある
ようです。

 この問題は各地の法務局で過去に何度か問題視されましたが、古い時代から、総
会に候補者として出席し席上就任承諾をすれば就任承諾の効力が認められており、
出席役員欄にDの記載があるかを問いません。というより、別次元の問題です。

 仮に、本件Dを出席役員として記載しなければならないという説に従っても、D
の氏名を記載漏れした程度のことで、株主総会議事録の全部が無効になるわけがあ
りません。

 いま問われているのは何か、何が重要か、本質は何かというのが法律解釈や裁判
の基本中の基本ですが、小さなことを問題にする登記調査官がいるため、われわれ
も難儀します。真面目な性格なのでしょうが、自分が正しいと思っているため、交
渉するにも一苦労です。せめて、登記官クラスは、経験豊富な方であってほしいの
ですが、調査官から「登記官にも確認済み」といわれることも少なくありません。
その後の交渉は、申請代理人の能力及び経験次第ですが………。


2015.09.10(木)【株式募集の際の自己株式数】(金子登志雄)

 東京は久々の大雨です。天も違憲の安保法案に嘆き悲しんでいるのでしょうか。
関係ないはずなのに私のノートPCもキーボードがストライキを起こしてしまいま
した。本稿は古いPCを利用して書いています。

 さて、「金子さんの著書『事例で学ぶ会社法実務』が商事法務の論文で参考資料
に取り上げられていたよ」との友人の会計士さんからの情報で、さっそく直近の商
事法務を確認したところ、京都大学名誉教授の森本滋先生の「『募集に係る株式の
発行と自己株式の処分の関係』再論」のことでした。

 昔は、大学教授や弁護士が論文を書く際に、2流の法律家としてみられていた司
法書士風情の書いた著作を参考文献に取り上げることなど考えられませんでしたが、
会社法になって以後は、時々取り上げられるようになりました。それだけ、会社法
の専門家あるいは著作が少なくなったということかもしれません。

 森本先生の主張は、新株の発行と自己株式の処分を同時に行う際も、2つの行為
だから募集株式の数の記載は「新株式〇〇株、自己株式〇〇株」と最初から明記す
るのが会社法の趣旨だというものです。

 会社法第2編第2章第8節の見出しが募集株式の「発行等」となっており、「交
付」とされていないことや、差止請求の210条に「株式の発行又は自己株式の処
分」とあり明確に区別されていること、実務上も東証の適時ガイドブックがそれぞ
れの株数を記載するように求めていることなどが理由としてあげられています。

 「発行等」という見出しについては私も疑問に思ったことがありましたが、おそ
らく旧商法の見出しである「新株の発行」の影響を受けて、いきなり「募集株式の
交付」とするのはまずいとの配慮が働いた結果だと想像しています。

 新株の発行と自己株式の処分は2つの行為だというべきか、募集行為は1つだと
いうべきかについては、男と女とみるか、人間とひとくくりにするかどうかの差で
すし、210条の「A又はB」も「A」オア「B」だけでなく「AアンドB」を含
んだ意味ですから、本件の根拠になるとは思えません。東証のガイドブックも具体
的数字を記載せよという厳しいものではなく、「募集株式1万株、内訳:平成〇年
〇月〇日現在の自己株式全部(本日現在では〇〇株)、残りは新株式とする」とい
った記載なども含んでいると解釈しています。

 いずれにしろ、実務は払込期日までに内訳を決めればよいことになっています。


2015.09.09(水)【人事権という権力】(金子登志雄)

 自民党総裁選に安倍総理の無投票再選が決まったようです。野田聖子さんは推薦
人を切り崩され20人を集められず立候補を断念とか。

 自民党議員の中には、反共アメリカ寄りの安倍さんの旧岸・福田派の流れに対抗
した内政重視の旧池田・大平派やアジア重視の田中派の流れを組むリベラルといわ
れる人も大勢いるはずですし、安保法案に反対であったり、安倍さんの強引な政治
手法に批判的な方もいるはずですが、安倍に逆らうと公認が得られない、人事で干
される、よい子でいれば大臣になれるかも………という計算から、反旗を翻すのは
難しいようですから、人事権という権力の求心力を改めて思い知らされました。

 NHKをはじめとする大手マスコミも、あの10万人を超えた安保法案反対デモ
さえ安倍さんに気を使って報道しないか、小さく報道する始末でした。海外メディ
アが日本の急激な右旋回に警戒心をあらわにしているのも無理からぬ政治状況です。
明治以降の日本人は集団になると一斉に同一行動をとる傾向があるので(そうしな
いと非国民といわれます)、海外からみれば、薄気味悪い怖い存在でしょう。

 野心溢れる男が権力者を目指すのも無理からぬことですが、委員会設置会社が流
行らなかったのも、この人事権という権力が原因の1つでした。自分が属さない指
名委員会によって自分の身分を決められたくないという理由です。

 そのため、今回の監査等委員会設置会社では、人事や報酬に対して意見は述べら
れても、それを決定する権力までは与えられませんでした。社長の人事権は、神聖
にして犯すべからずということになりました。

 もう1つ、私の個人的意見ですが、取締役の任期を1年にしたことにより、毎年、
人事を見直せることになり株主権の強化だといわれていますが、そうでしょうか。
現実社会では、社長が取締役候補を決め、株主総会はそれを追認する儀式に過ぎま
せん。取締役の任期を短くすると社長の人事権の強化になります。社長に嫌われる
と、たった任期1年で取締役ではいられなくなります。

 独裁を排し、権力の適正な分散・配置は、その企業ごとにも異なるでしょうから、
どこの世界でも解決すべき永遠のテーマです。



2015.09.08(火)【全員出席総会】(金子登志雄)

 株主の全員が株主総会開催の意思をもって集合して決議した場合は全員出席総会
といって有効な株主総会と認めるのが通説判例です。会社法319条の書面決議と
似ていますが、全員出席総会は会議ですから、一堂に集合しなければなりません。

 この全員出席総会につき、「取締役・監査役を排除した全員出席総会の決議には、
取り消し得べき暇疵があると解すべきである。」と江頭憲治郎著『株式会社法〔第
6版〕』326頁にあることを広島のK司法書士から教えてもらいました。

 しかし、株主全員ということは企業の共有者全員ということで、所有者が物事を
決めるに際し、経営側の関与が必要があるとは思えません。決議取消しの訴えでも
起こしたら、即座に解任でしょう。

 株主が1名のとき、この全員出席はいつでもどこでもできますが、会議だとされ
る限り議事録の作成が必要であり、議長は誰だなんという問題が生じますから、現
在は非会議方式の書面決議を使います。

 会社法319条によると、議題の提案者は株主でもよいとされているため、自分
で提案し、自分で決定し、取締役に議事録形式の書面を作らせます(施行規則72
条4項)。議事録作成日はもとより株主の全員が同意した日である必要はありませ
ん。

 このように経営側の関与がなくとも会社法319条は肯定されながら、全員出席
総会の場合は否定されるのかと思えど、江頭見解は319条の場合も議案の決定に
取締役会が関与しないと決議取消しの瑕疵を帯びるという見解ですから、それなり
に首尾一貫していますが、株主によって選ばれる立場の経営側にそれほどの存在感
があるのでしょうか。



2015.09.07(月)【通知を「発する」とは】(金子登志雄)

 土日は暇でしたので、会社法の条文を眺めていました。仕事あるいは勉強熱心だ
とは思わないでください。この徒然ネタ探しを兼ねた暇つぶしであって、勉強とい
う意識は全くありません。私にとっては、小説を読むより、楽しい作業です。

 そこで気になったのは、株主総会の場合は招集通知の相談を受けることが多いの
に、取締役会の招集通知の相談を受けたことがほとんどないという事実です。

 会社法368条によれば、会日の一定期限までに招集通知を発しなければならな
いとされています。

 うろおぼえの記憶によると、「通知する」の場合は口頭でよいが、「通知を発す
る」の場合は書面等が前提とされていると考えられていたように思いますが、これ
は間違いのようです。会社法299条2項によると、総会の招集通知につき、書面
投票を決議した場合と取締役会設置会社の場合は書面で通知を発せよとありますが、
それ以外(1項)は書面等に限定されずに通知を発することになっているからです。

 では、なぜ「発する」とあるかというと、「通知する」の場合は到着主義だが、
「通知を発する」の場合は発信主義だというに過ぎないようです。

 とすると、取締役会の招集通知も、証拠に残るかどうかを横に置くと、期限まで
に口頭であろうと発すればよいということになるのでしょうか。

 実際には定例取締役会といって、会合の都度、次回はいつと決め、時期が近づく
と議案等が電子メールで送られてくるので問題ありませんが、会社の外部に発信す
る総会招集通知と相違し、内部にとどまる取締役会の招集通知については、話題に
する必要もないということでしょう。会社の総務部あたりは真剣に問題にしている
のでしょうが、従来どおりの自社の慣行に従っており、外部にまでは相談しないと
いうことでしょう。



2015.09.04(金)【更正登記の登録免許税】(金子登志雄)

 今週は総じてヒマでした。自由業は、こういうことがよくありますね。だからと
いって、いつ仕事が飛び込んでくるか分かりませんので、事務所を休みにはできま
せん。待機も仕事のうちです。

 ということで、今日はヒマ潰しの内容にお付き合いください。

 さて、改正会社法の理解不足か、登記所の人事異動で運用が変わったのか不明で
すが、あちこちで更正登記が増えているようです。

 その多くは、「申請人のミス+登記所の見落としによる受理」で、中には登記所
の見落としのほうが責任が重い事案もあるでしょう。
 
 そこで、ハタと気づきました。変更登記の登録免許税の基本は1件3万円なのに、
更正登記は2万円です。いままで、この差は、一回は登録免許税を納付済みだから、
更正のときは安くしてあるのだと思っていましたが、ひょっとして、差額の1万円
分は登記所の後ろめたさのミス代金かもしれないと思いました。

 これが通じないのは役員変更登記です。資本金1億円以下の会社の変更登記なら
3万円ではなく1万円とされているのに、更正になると2万円で高くなります。ま
るで延滞課徴金のようです。

 ところで、本欄閲覧の司法書士のみなさん、登録免許税法別表によると、更正登
記の登録免許税は「申請件数1件につき2万円」となっています。ということは、
本店の住所と支店1か所の住所と事業目的と役員の氏名の4か所をそれぞれの申請
時にミスしていても、まとめて更正登記を申請すると2万円で済むのでしょうか。

 現実にはあり得ない教科書事例ですが、変更登記のように登記事項ごとに分類さ
れていないので、気になってしまいました。

 もし、この私の疑問が間違っていましたら、そのうち本欄を更正します。幸い、
更正には気付いてから2週間という期限がないので、いつになるか分かりませんが。



2015.09.03(木)【電磁的記録による意思表示】(金子登志雄)

 電子メールを利用した取締役会議事録(いわゆる書面決議)をみせられました。
流行っているようですが、ストレートに電子メールを利用したと記載してある現物
をみたのは初めてです。きっと、議事録形式にまとめる際に、伝達手段を意識的に
記載しない会社が多かったというだけでしょう。

 会社法370条(抜粋です)には「取締役会設置会社は、取締役が取締役会の決
議の目的である事項について提案をした場合において、当該提案につき取締役の全
員が書面又は【電磁的記録】により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決
する旨の取締役会決議があったものとみなす旨を定款で定めることができる。」と
ありますので、定款に定めがあれば何の問題もないのですが、どうもこの電磁的記
録が私のような年配者には気持ちが悪くてなりません。

 例えば、ファクシミリで同意した場合は、書面による同意なのか、書面でも電磁
的記録でもないのか、受信した内容を保存することができる受け取った側の機器次
第で異なるのか………、私には分かりませんが、同意の意思表示の伝達手段として
は問題なさそうですから、「とりあえずファクシミリで返事をしておき、原本の書
面を速達で郵送してください」とでも答えたような記憶があります。

 幸い、最近は、電子メールの発達及び普及で「ファクシミリでもよいのか」とい
う問い合わせがないので助かっていますが、今後は、スマホやアイフォンの中のア
プリである〇〇利用でもよいのかなどと聞かれるかもしれません。そういうときは、
「現代文明の進化に着いて行けない私に分かるはずがないじゃないですか。聞く人
を間違っています」とでも答えるしかありません。

 ところで、上記の370条をみると、提案は書面又は電磁的記録によるとは規定
されていません。口頭でもファクシミリでも、伝書鳩でもよさそうです。


2014.09.02(水)【インターネットとTV】(島根・根来川弘充)

 最近のテレビ番組を見ているとインターネット上のコメントが「国民の意見」と
して、取り上げられている場面を良く見ます。

 私は、Facebookであるとかツイッターにあまり関心がありませんので、テレビを
見て、インターネット上に流れた「国民の意見」を知るというちぐはぐな状況にな
っています。

 そこで、少し気になりましたのは、インターネット上に流れた「国民の意見」に
あまり共感ができないということです。少し前のテレビ番組でしたら、ファックス
を読み上げるくらいしか無かったかと思います。

 そこにみられた意見と違って、表現の荒さが目立って、私の気持ちがついていか
ないのです。

 これからこのようなテレビ番組が増えていくと、私のような者の意見は、どのよ
うに拾ってもらえるのか大変気になります。

 私自身は、標準的な国民だと思っているのですが、そのうち特殊扱いをされてい
くのではないかとさえ思ってしまいます。


2015.09.01(火)【夢中の功罪】(金子登志雄)
 
 8月はほぼ新著の執筆に集中していました。夏休み旅行中もホテルで書いていま
したし、帰宅後も、暇なときに行うネットでのニュース探索やユーチューブでの動
画閲覧、株価閲覧も全くに近いほど行わず書くことに集中していました。

 出版社に頼まれたからという義務や仕事の意識からではなく、根から、こういう
作業が好きだというに過ぎません。

 平素は、老眼が進んで、パソコンの文字が読みにくくなったと嘆いていたのに、
このときばかりは、それも意識しませんでした。

 この夢中の対象が異性や芸能人、ギャンブルなどであったら、とうの昔に身が破
滅していたことでしょう。執筆作業の際は、煙草の本数が急増しますが、身が破滅
するほどの金額にはなりませんから、我ながら、カネのかからないよい趣味を持っ
たものだと思います。

 逆に、大儲けし損ないました。4月あたりから、そろそろアベノミクスバブルが
はじけ、株価の大暴落があると確信し、ずっと大きく空売りするチャンスを狙って
いたのですが、株価は上がる一方で、どうもうまく行かず、小さな損を重ねていた
ため、その気が失せかかった8月初旬には、物書き作業が開始してしまい(?)、
それに集中してしまったため、今回の千載一遇の大チャンスに飛び入り参加するこ
とができませんでした。

 捕らぬ狸の何とかの話でしたが、何かに夢中になれば別の何かが犠牲になる、い
いことばかりではないことだけは確かです。せめて、わが身の大暴落に遭遇せずに
生きながらえていることを幸せに思うことにしましょう。


2015.08.31(月)【新著執筆終了】(金子登志雄)
 
 昨日は全国各地で安保法案反対の集会やデモがあり、後世の歴史に残る日でした
から、憲法を守る法律家の端くれとして、私も参加するつもりでしたが、残念なが
ら、用事があり、午後は自宅でおとなしく執筆活動をしていました。

  http://www.asahi.com/articles/ASH8Z6HH6H8ZUTIL01W.html?ref=yahoo

 日本国憲法は若い頃に真面目に勉強しましたが、世界に誇れる憲法だと思ってい
ます。この憲法のおかげで私は徴兵もされず、いいたいことをいえる時代に育って
幸せでした。基本的人権の保障にさえ異議を出した与党のあの若い政治家Mさんに
も、そんな発言ができるのも憲法のおかげじゃないかといいたかったのですが、こ
のMさんは、最近、週刊誌で醜聞を暴露され参っているようです。自業自得とはい
え、驕りすぎたせいでしょう。

 さて、執筆活動は東京司法書士協同組合から出した70頁ほどの「改正会社法の
実務論点」を加筆するものでしたが、商業登記規則の改正と最近の商業登記の諸問
題を加えて、何とか200頁以上にしました。これで、やっと1冊の本になります。

 ふだん、問題意識を持つたびに本欄で書いていたことをかき集めましたので、意
外に早く書き終えました。何とか9月中の出版にしたいのですが、こればかりは出
版社と印刷所次第です。私も出版が楽しみです。



2015.08.28(金)【総数引受契約の承認時期】(金子登志雄)

 改正会社法により、譲渡制限株式や譲渡制限新株予約権の発行等において総数引
受契約の承認を受けなければならないという規定が新設されました(205条2項、
244条3項)。

 さて、募集株式の割当先としてABC………IJの10名を予定していたので、
事前に「ABC………10名と、別紙・総数引受契約の締結を予定しているので、
ご承認いただきたい。」と取締役会の決議で承認した場合に、会社法が要求する契
約の承認をしたことになるでしょうか。今後、IJが株式を申し込んでこない可能
性さえ残されているとします。

 この承認決議は合併契約書の承認と同じく契約済みのものを承認するものであっ
て、この決議では不十分だ、いや、事前の承認でもよいが、相手先が確定していな
いので、この取締役会決議では不十分だと様々な意見が予想されますが、私は次の
ように考えており、肯定説です。

 第1に、取締役会や株主総会の承認決議は事前の承認が原則です。定款の変更で
も、剰余金の配当でも、これからすることを承認するもので、合併契約でも同じで
す。

 合併の事前備置書類の規定(782条等)からすると、いかにも締結済みの合併
契約書を備え置くかのように思ってしまいますが、よく読めば、合併契約の内容を
記載した書面等を備え置けとあるだけです。

 第2に、決議の事前に条件付で契約することは差し支えありません。合併契約で
も「本契約は、株主総会の承認を得られなかったときは、その効力を失う。」とい
う解除条件のものが多数であることからもお分かりいただけると思います。

 第3に、本件では相手先が確定しています。仮に、IJが脱落しても、確定した
相手先の一部が欠けたというだけで、未確定というわけではありません。また、A
BC………10名のうち申込みがあった者と総数引受契約をすることの承認決議と
考えれば、これも条件付事前承認決議の1つです。

 第4に、そもそも会社法が取締役会や株主総会の承認決議を要求しているのは、
代表取締役だけで勝手に決めてはならないという趣旨であって、承認した契約内容
と実際に締結された契約に同一性が認められれば問題ないはずです。

 ちなみに、「簡易合併又は略式合併の場合において、取締役は合併契約締結前に
当該合併契約書案に係る決議をすることができるか。また、できる場合には、吸収
合併による変更の登記の際に、締結した契約書と議案の内容が同一であることを確
認するために、当該議事録の議案である合併契約書案の添付も要するか。」という
質問に対して、「前段はできる。後段は、不要である。」という回答がありました
(土手敏行「商業登記実務Q&A(3)」登記情報549号53頁)。拙著『親子
兄弟会社の組織再編の実務〔第2版〕』75頁でも引用しています。



2015.08.27(木)【社外役員の登記】(金子登志雄)
 
 マイナンバー制度には、私は関心が薄く知識もほとんどありません。税と社会保
障と災害用の個人番号だが、人に知られると個人情報が流失する危険のあるシロモ
ノだといわれているようですが、そんな危険なものなら、私は要らないのですが、
無理やり渡されるわけですね。行政の効率化にはなるのでしょうが、各企業の総務
部等にとっては、従業員のマイナンバーの管理の負担が増え、迷惑この上ない制度
ではないでしょうか。

 ちょうど、アベノミクスが庶民の生活を犠牲にして大企業優遇策であるのと同様
に、民間に負担をかけて行政が楽をする制度のような気がしてなりません。番号を
もらったら金庫に閉まって放置しようと思うのですが、立花先生、可能でしょうか。

 さて、先日は、定時株主総会で社外取締役Aと社外監査役Pの任期が満了し、再
選されたので登記を申請しました。この社外監査役は親会社からの出向者でしたか
ら、改正会社法によれば社外監査役要件を充足いたしません。

 Aの社外取締役の登記は責任限定契約の定款の定めを根拠にしたものでしたので、
今回で終了です。取締役として重任登記しただけです。しかし、Bの社外監査役の
登記は監査役会設置会社を根拠としたものですから、今回も社外監査役の登記をい
たしました。改正会社法の附則4条で、来年の定時株主総会の終結時までは従来ど
おりで改正法が適用されないとされているためです。

 会社の方も後者については承知していましたが前者については知らなかったよう
で、不思議な顔をしていました。

 皆様は大丈夫ですか。監査役設置会社では、もう社外取締役の登記は任期満了と
同時にできなくなったと覚えてください。特別取締役制度のある会社は例外ですが、
その定めのある会社はたぶん日本に10社もないでしょう。無視してかまいません。


2015.08.26(水)【背番号】(仙台・立花宏)

 先日まで開催されていた全国高等学校野球選手権大会では、私の地元の高等学
校が大活躍をし、地元の人々を勇気づけてくれました。決勝戦では、序盤でリー
ドされましたが、中盤で同点に追いつき、優勝旗まで、あと一歩いえ、あと半歩
のところまでいきました。

 残念ながら、私は仕事のため、テレビ観戦もできず、帰宅後のニュースで結果
を知りました。試合を生で見たわけではないので、私の勝手なイメージにすぎま
せんが、選手たちはとても立派なプレーをしたのだろうと思います。リードされ
てもあせらず、自分を信じ、仲間を信じ、そして、必ずチャンスがくると信じて、
浮足立たずにその時を待ち、中盤に同点に追いついた。残念ながら優勝旗は持ち
帰ることができませんでしたが、優勝旗を持ち帰ってもおかしくないプレーだっ
たのだろう思います。そのように地元の人間を勇気づけるような試合ができたの
は、対戦相手の高等学校の選手たちのプレーもすばらしいものだったからに違い
ありません。

 そして、その試合がそのような素晴らしいものとなったのは、プレーした選手
たちが素晴らしいだけではないでしょう。スタンドから声援を送った、グラウン
ドに入れなかった背番号の無い選手たちの存在も忘れてはいけません。彼らの存
在がなければ両校とも、ここまでレベルアップすることはできなかったでしょう。
そういった方々も含めた関係者の方々に、素晴らしい試合で、感動や勇気を与え
てくださったことを感謝申し上げます。

 ところで、先日、地元司法書士会主催の研修会がありました。内容は、間もな
く、私たちに背番号がもらえるという話です。そうです。マイナンバー制度です。
この背番号は、基本的に全員がもらえます(日本国籍の方でも、国外居住の場合
は、もらえないようです。詳細は各自、ご確認をお願いいたします)。高校野球
でいえば、希望するしないにかかわらず、全員がベンチ入りです。

 研修内容は、私のような不勉強な人でもわかるように、制度の概要や基礎的な
事項が中心でした。とてもわかりやすい内容で、講師の先生にはこの場をお借り
して御礼を申し上げたいと思います。マイナンバー制度というのは、まずは、税、
社会保障と災害対策にしか利用されないのだからと油断していたのですが、そう
はいかないことがよくわかりました。

 マイナンバーは取得、利用、提供等が法律で制限されています。遅まきながら、
私達司法書士の実務に、どのように影響があるのか、考えてみなければならない
と思いました。たとえば、マイナンバーは、住民票の写しや住民票記載事項証明
書を取得する際、希望すれば、それらにも記載されるようです。

 お客様に登記手続用の住民票の写しを依頼していた場合に、お客様が、マイナ
ンバーが記載されている住民票の写しを持参し、あるいや郵送してくださった場
合、どのように対応したらよいのか。事前に考えておく必要があるかもしれない
と思いました。

 おそらく、役所にマイナンバー付の住民票の写しを申請した場合には、利用目
的等を確認されるのだろうと思います。また、お客様がわざわざ、自分のマイナ
ンバーが記載されている住民票の写しを持参されるようなケースは考えにくいの
かもしれません。

 しかし、高校野球と違い、全員が背番号をもらえる制度です。自分自身も観戦
者ではいられません。感動的な試合を見せてくださった高校生達に笑われないよ
う、想定外のことがあった時でも、冷静にプレーできるように、マイナンバー制
度の実務への影響等を勉強しなければならないと反省させられました。



2015.08.25(火)【新株予約権の目的たる株式の数とは】(金子登志雄)
 
 昨日は、新株予約権の発行の登記の準備をしていました。

 さて、「新株予約権の目的たる株式の数」は新株予約権1個の株式数か、発行す
ることのできる株式の総数のことかという論点があることをご存知でしょうか。登
記実務は総数説です(拙著『300問』159頁)。

 では、発行要綱に次のように記載されていた場合に、2の部分につき、「10万
株」(1000個×100株)と記載すべきでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------
1.新株予約権数」
  1000個とする。
2.新株予約権の目的たる株式の種類及び数又はその算定方法
  新株予約権の目的である株式の種類は、当社普通株式とし、各新株予約権の目
 的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は100株とする。………
--------------------------------------------------------------------------

 記載しないと「1個100株」しか登記されず、1個説になるから記載すべきだ
という方が多いことでしょう。しかし、私は、総数説ですが、要綱に記載されてい
ないので、登記記録にも反映させません。

 金子式は、この新株予約権の一部が消滅したり行使されても、この部分に変更登
記が入らず実に便利です。

 総数説でありながら金子式で登記した根拠は、「その算定方法」とあることです。
私は上記の記載を「算定方式」の記載と捉えたわけです。

 ふと気になって、旧商法時代の文献をみましたら、2の部分が「新株予約権の目
的たる株式の種類及び数」で止まっていました(旧商280条の32第2項2号)。
「算定方式」が加わったのは会社法からでした。

 ということで、旧商法時代は10万株と記載しなければならなかったが、会社法
下では、上記の要綱を丸写しで差し支えないといえそうです。

 ただ、昨日の事例は、何回も新株予約権を発行している会社であり、これまで必
ず株式数を登記していたので、私が担当になった今回から金子式に改めるのも不自
然でしたから、10万株も登記しておきました。


2015.08.24(月)【京都にて雑感】(金子登志雄)
 
 土曜日22日は、全国青年司法書士協議会近畿ブロックに呼ばれ、今回の幹事役
の京都で会社法の講義をしてまいりました(皆様、お世話になりました)。若い司
法書士にも商業登記の面白さを示してほしいとの依頼だったため、テーマを商業登
記の醍醐味とし、数学の解法のように頭を使う問題を話してまいりました。

 せっかく宿泊までさせていただいたのですが、翌日の日曜日に都内で用事があっ
たため、宿泊しただけで観光する時間がなかったのが心残りです。あの京都タワー
には初めて上がってきましたけど。

 さて、同業者との付き合いが薄い私も、こういう機会には、噂の類いを含め、司
法書士の間のいろいろな問題を知ることができます。

 京都司法書士会も全国青年司法書士会も安保法案反対の会長声明を出したが、中
には政治問題には中立であるべきだとの反対意見も根強かったとのことでした。

 この反対意見には情けなく思いました。法律団体が法案に意見を出すのは極めて
自然で当然のことであり、憲法学者だけでなく学者の多くが意見表明しているのに、
立憲主義や法治国家の基礎にも影響する大きな法案に対して、黙っている法律団体
の方が不自然です。

 政治問題とはいいますが、国民生活(権利義務)に影響する問題は全て政治問題
です。民法の改正も会社法の改正も司法書士法の改正も政治問題です。反対意見が
政治とは貴族がやるもので庶民は口を出してはいけないというものでしたら、中世
の思想であり、国民主権も憲法も勉強していないことになります。

 それにしても、会社法等の改正で企業には法令遵守(コンプライアンス)を強く
求めながら、為政者自身が都合のよいように憲法等を解釈し、それこそ中立である
べきだとされているマスコミ幹部と会食やゴルフを重ねるなどコンプライアンスを
全く守っていないのですから、実におかしな国ですね。まるで、コンプライアンス
を重視していたら、偉くなれませんと日々いわれているようで、子供のしつけにも、
よくありません。

 本題の会社法・商業登記の話題ですが、司法書士連合会の掲示板(NSR3)に
も一例が掲載されていましたが、どうも一部の地区の登記所で、登記の更正が従来
の運用と異なっているようです。

 従来であれば、本店の所在場所や辞任届の日付を誤記し、そのまま登記しても更
正が自然に認められていたのに、間違った書面どおりに登記した場合は更正の対象
外とされているとの話を京都でも聞きました(京都法務局の案件ではありません)。

 登記の申請自体を錯誤(勘違い)しただけでなく、登記申請の前提行為で錯誤し
た場合を更正事由に含めねば、更正が認められるのは、登記所自身もチェック漏れ
した前者だけになってしまいます。

 商業登記庁の集約化によって、登記所のレベルが下がってきたという方が多いの
ですが、私もそう感じています。



2015.08.21(金)【近くの便利なもの】(金子登志雄)
 
 今週は、リーガルより下記の『商業登記・会社法務書式集〔上下巻〕』の評判
や売れ行き状況の報告がありました。発売3か月か、4か月になります。

  http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/shoshikishu_1.html

 編者一同、こんなに便利なものはない(安すぎるじゃないかも含まれます)と
自信作でしたので、コンスタントに売れており、購入者からは実に好評である旨
を聞かされ、喜んでいるところです。

 問題点としては、まだまだ存在自体が十分に知られていないということと、購
入した方も中にどのような書式があるのか十分に知らずに宝の持ち腐れをしてい
そうだということでした。

 後者については、私も感じています。親しい司法書士から、「〇〇の場合の書
式はどういうものか」「〇〇の場合にこういうことができるのか」と聞かれるの
ですが、「リーガルの書式集は購入してないのか」と聞くと、「購入済み」と答
えるのです。あとは、「そこの〇〇部分にありますから、よく見てください」と
答えるだけですが、彼・彼女にとっては、書式集を開くよりは金子に聞いた方が
早いと思ってしまうようです。

 こういうことはありますよね。私も事務所と同じフロアの会社の同僚に、会計
士・税理士から英語堪能者やパソコン・スマホ巧者までいますので、自分で調べ
ずに、つい聞いてしまいます。そのせいか、自分の知識として身につきません。
彼らも同じようで、法務は金子に聞けばよいと思っているため、自分で勉強して
いません。

 私が会社法(旧商法)に人並み以上に詳しくなれたのも、実は相談相手が一人
もいなかったせいでした。昭和60年に企業法務担当になったのですが、同僚は
いない、知り合いの司法書士は都内にゼロの状態でしたから、誰にも相談するこ
ともできず、自分で調べ、もんもんと考え続け、対応していました。

 ですから、平成8年に司法書士になった時の最大の喜びは、「ああ、これで多
くの司法書士と知り合いになれ、相談できる」というものでした。ところが、実
際には組織再編等では私より詳しい人がおらず、これで大きな自信をつけ、翌年
からは講演に呼ばれるようになったという次第ですが、近くにすぐに聞ける人が
いないというのが最良の勉強環境だったわけです。

 聞けばすぐに教えてくれる人材を財産として確保する方法と、リーガル書式集
を相談相手に辞書のように使いこなし自分で考え自分の技量を向上させる方法の
どちらを選ぶかは貴方次第ですが、前者の方々と持ちつ持たれつの関係を築くに
は、後者が先行することだけは間違いありません。


2015.08.20(木)【書面決議の提案者】(金子登志雄)

 妙なことに気づきました。

 会社法319条1項は、「取締役又は株主が株主総会の目的である事項につい
て提案をした場合において、当該提案につき株主(当該事項について議決権を行
使することができるものに限る。)の全員が書面………により同意の意思表示を
したときは、当該提案を可決する旨の株主総会の決議があったものとみなす。」
という内容です。

 会社法370条は、「取締役会設置会社は、取締役が取締役会の決議の目的で
ある事項について提案をした場合において、当該提案につき取締役(当該事項に
ついて議決に加わることができるものに限る。)の全員が書面………により同意
の意思表示をしたとき………」です。

 素直に読むと、319条の提案株主は、議決権を行使することのできない株主
(例えば単元未満株主)でもよく、370条の提案取締役も議決権を行使するこ
とのできない取締役(特別利害関係取締役)でもよいということでしょう。

 私もこの解釈に賛成です。というのは、ここのポイントは、議決権(決定権)
を有する者の全員の同意であり、提案者が誰かについては、力点が置かれていな
いと考えているからです。

 利益相反取締役が「おれの利益相反を承認してよ。」と提案することも認めて
よいでしょう。

 この考え方に対しては、では、監査役が提案してもよいのかと反論されそうで
すが、その場合は、監査役は勧誘者であって株主又は取締役を提案者にすれば済
む話ですから、実益のある議論とは思えません。提案者につき限定しているのは、
おそらく、その会議の決定と運営に関係が深い者にしただけで、深い意味はない
と想像しています。

 なお、319条の提案取締役につき、取締役が取締役会の決議を経ないで提案
した場合には、決議取消事由となるとの見解がありますが(江頭憲治郎著『株式
会社法』〔第6版〕』360頁)、以上からすると、疑問です。本説では、提案
株主も株主提案権を行使することのできる株主に限られるのでしょうか。


2015.08.19(水)【規則61条6項のすれ違い】(金子登志雄)

 2月に新設された商業登記規則61条6項の要約は次のとおりです。

------------------------------------------------------------------------
 代表取締役…又は取締役…(登記所に印鑑を提出した者に限る。以下…「代表
取締役等」という。)の辞任による変更の登記の申請書には、当該代表取締役等
が辞任を証する書面に押印した印鑑につき市区町村長の作成した証明書を添付し
なければならない。ただし、当該印鑑と当該代表取締役等が登記所に提出してい
る印鑑とが同一であるときは、この限りでない。
------------------------------------------------------------------------

 さて、代表取締役のAが辞任届を出す場合に、次の2つがあります。
   ①:代表取締役及び取締役を辞任します。
   ②:代表取締役である取締役を辞任します。

 登記に従事していない方にとっては、①も②も同じではないかと思われるでし
ょうが、①では、取締役A辞任、代表取締役A辞任と登記され、②では、取締役
A辞任、代表取締役A【退任】と登記されます。①では、代表取締役を辞任して、
次に取締役を辞任したと考えるのに対し、②では取締役だけを辞任したと考える
からです。①を取締役及び代表取締役を辞任しますとしても同じでしょう。

 ここで問題にしたいのは、この②につき規則61条5項の適用があるのかとい
うことです。

 これにつき、私自身も、当初は、規定内容からして適用されることは問題ない
と思っていましたが、何か釈然としないものを感じていました。規定の「取締役
(登記所に印鑑を提出した者)」とは何かも、まさか代表取締役の登記がなされ
ない有限会社の1人取締役のことをいうのではないだろうと思っていました。

 同じことを感じた人もいたようで、パブコメの意見でも「不明確だから明確に
せよ。」というものがありました。回答は「取締役が辞任すれば代表取締役が退
任するのは明らか」だというもので、どこかすれ違いを感じていました。

 ある時、やっと、そのすれ違いの理由に気づきました。登記に従事している我
々は、つい「代表取締役A」が辞任したのかどうかと考えてしまいますが、規則
立案担当者は「印鑑提出者のA」が辞任したかどうかに焦点を当てていたわけで
す。

 確かに印鑑提出者はAであって、代表取締役Aではありません。本規定を「印
鑑を届けている代表取締役の辞任に関する規定」との思い込みから解釈するから
間違うのであって、本規定は「印鑑提出者の辞任に関する規定」だったわけです。


2015.08.18(火)【休みボケ】(金子登志雄)
 
 お盆休み中には午前4時や6時まで起きて書き物などをして、日中に眠ってい
たためか、昨日は時差ボケならぬ休みボケでした。

 そのせいか、単純な取締役・代表取締役の重任登記の申請なのに、電子申請し
た直後に添付書面として「取締役会議事録」と書き漏らしたことに気づきました。

 申請内容には問題ありませんし、取り下げて再申請するほどのことでもなく、
登記所からの補正通知を待って追記すればよいだけですので、どうということは
ありませんが、申請直後に気づいたのに、訂正することができな仕組みは何とか
ならないものでしょうか。せめて、登録免許税を納付するまでは、訂正できるよ
うにしてほしいものです。

 といいながら、実は、これ、結構メリットがあるのです。補正通知によって、
登記審査がいまどこまで進んでいるかが分かるのです。

 登記所に添付書面が届いてから審査が開始され、だいたい2、3日以内に連絡
があります。ですから、登記の完了が1週間後であったり10日後であったりす
るのは、審査後の係(上司の承認とか、記入とか)が遅れているのです。

 休みボケの頭を正常に戻すため、会社法319条の「同意」のことを考えてい
ましたら、「承諾」と「同意」はどこが違うのか、「同意した」と「同意を得た」
をどう使い分けているのかと考えだしてしまい、疲れてしまいました。ぐっすり
眠れそうです。


2015.08.17(月)【業務開始日】(金子登志雄)

 今日から本徒然を再開します。

 夏休みあるいはお盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。私は例年であれ
ば、故郷(群馬県)に帰省しているところですが、いまは親も帰省先の家もない
ため、家人との付き合いで旅行したり、自宅で書き物などをしていました。

 旅行先は海外(中欧)でしたが、ツアーでしたので高校生の修学旅行と同じで、
添乗員の後ろに着いて歩いていただけですので、ほとんど記憶に残っていません。
宮殿や教会(国内旅行でいえば、お城とお寺)に案内され、ゴシック建築だロマ
ネスクだといわれても、「大きくてすごい建物だなぁ。西欧の石の文化は日本の
木の文化と違って迫力があるなぁ」程度の感想しか持てませんでした。

 それよりも、都市の歩道のあちこちにゴミ箱と灰皿があり、歩きたばこにもう
るさくないので、私には、こういう生活様式のほうに興味がありました(かつて
訪問したイギリスでもそうでした)。スリも多いそうです。

 西欧では、個人主義がしっかりしていますから、家の中では喫煙につき厳禁で
も家の外では自由であるのに対し、日本では「異端者は隔離せよ」の発想なのか、
成田空港の外でも極端に狭い喫煙ルームに隔離されます。

 戦争法案に反対する人に対しても、異なる意見に寛大ではなく、与党の政治家
から非国民扱いされ隔離しょうという排外的な発言がなされるのも、国家主義の
日本流なのかもしれないと感じました。

 さて、今日から業務開始ですが、本店移転の際に、8月15日と16日に引っ
越し、17日から業務開始という場合に、本店移転の日はいつでしょうか。

 取締役会が決めた日ですから15日であろうと17日であろうとかまいません
が、通常は17日にします。会社というのは事業を営む組織体ですから、事業が
移転し新規に開始した日を基準にするためでしょう。



2015.08.04(火)【夏休みのお知らせ】(金子登志雄)
 
 遅ればせながら、暑中お見舞い申し上げます。

 連日の熱さで、いい年をしてアセモになってしまいました。昨年と同じです。
自宅の私の部屋には、昔ながらの扇風機しかないためでしょうが、アセモよりも
面倒さを優先させる無精者の私の価値観では、エアコンを買うか、取り付ける気
にもなれません。あと1か月辛抱すればよいだけです。

 さて、仕事が暇になるといわれるニッパチ(2月、8月)にもかかわらず、多
忙な商業登記専門事務所も多い中で、当事務所は、古くからの言い伝えどおりの
状況のため、明日8月5日から11日まで事務所を休みにするとともに、お盆明
けまで本徒然を休ませていただきますので、よろしくお願いします。

 お盆休みにしては早すぎるじゃないかといわれそうですが、お盆の時期は、ど
こに出掛けても、高額なお盆料金となるため、ちょっと早めにしただけです。

 といっても、私自身は仕事大好き人間ですから、事務所に行かないというだけ
で、自宅でも、旅先でも、愛用のノートパソコンを前に物書き作業でもしている
でしょうから、仕事メールでも、質問メールでも、喜んで対応いたします。受託
中の案件についても、留守を守る者がおりますので、ご迷惑をおかけすることは
ありません。

 物書き作業である今度の著作は、中央経済さんのお誘いを受け、東京司法書士
協同組合から出して好評だった『改正会社法の実務』を焼き直し膨らませたもの
にすることにいたしました。

 同書は70頁足らずのため1冊の単行本としては無理でしたが、その後、ネタ
も増えましたし、商業登記規則の改正等についても書き加えて、200頁以上に
するつもりです。

 すでに執筆を開始しましたが、株式会社以外での改正部分については、書く意
欲が湧きませんので、株式会社部分だけで、しかも大部分の実務家には無関係な
監査等委員会設置会社を中心にしない内容で200頁は厳しい要求ですが、本欄
に書いたことをコラムとして書き加えたりして、1冊にしようと思っています。

 秋の出版に向けて、老齢にも、アセモにも負けず頑張りますので、本欄のお休
みにつきご理解くださいますよう、お願い申し上げます。


2015.08.03(月)【養親と実親】(島根・根来川弘充)
 
 相続の相談を受けると、養子縁組をされているケースが良くあります。

 養子縁組をしても、実親との親子関係はかわらないのですが、そうでなく、実
親との親子関係が無くなると考えておられる方は少なくなさそうです。

 おそらくは、外観である「名字」がかわるため、そのように考えられてしまう
のではないかと思います。

 最近、養子縁組を2回されている方が法定相続人におられる方の相談を受けま
した。

 養子縁組をされた本人は2回目の養子縁組時に、1回目の養親との親子関係は
無くなったと思っておられたようで、自分が法定相続人になることを知り、大変
驚いておられたようでした。

 養子縁組には、結婚と同じく、離縁する方法があります。もし、養子縁組を複
数回された方で、最終の養子縁組以外の養親との親族関係を解消したと思われて
おられる方がおられましたら、一度ご自身の戸籍を確認されることをお勧めしま
す。(戸籍の見方がわからないということでしたら、専門家に見ていただくこと
をお勧めします。)

 複雑な相続関係は、相続による不動産の所有権移転登記が円滑にすすまない要
因となります。その解消に少しでも役に立てばと考え、題材にさせていただきま
した。


2015.07.31(金)【払込金額と資本金組入れ額】(金子登志雄)

 7月も今日で終わりです。今月も全国の司法書士の方から、いろいろ問い合わ
せを受けました。

 中には、株式上場時の公募増資の質問もありました。さて、みなさん、次の場
合の1株あたりの資本金組入れ額はいくらだと思いますか。

(1)旧商法時代の平成17年に「1株の発行価額100円」と取締役会で決議
したところ、実際には1株140円で払込みがあった。

(2)現時点で「1株の払込金額100円」と取締役会(あるいは株主総会)で
決議したところ、実際には1株140円の払込みがあった。

 まず、(2)ですが、募集事項の「払込金額」と会社法445条1項の「払込
みをした財産の額」は相違し、資本金組入れ額の基準は後者です。したがって、
1株あたりでは、2分の1である70円以上を資本金に組み入れねばなりません。

 次に(1)ですが、旧商法284条の2第2項に「株式の発行価額の2分の1
を超えざる額は資本に組入れざることを得」とありましたから、基準は「発行価
額」であり、1株100円のうち、50円を資本金にすれば足りました。

 実際に払い込まれた額が1株140円という同額でも、(1)では資本準備金
が90円、(2)では70円です。したがって、旧商法時代に上場した会社は資
本準備金が資本金額を大きく超えることが少なくありませんでした。会社法では
このようなことはありません。

 旧商法では、これから株式を発行するぞと発行側から規律されていましたが、
会社法は、払い込む側からの規律になったのです。株式譲渡も譲渡する側からで
はなく、取得する側から規律したため、「譲渡により取得」とか、取得請求権付
株式などといった用語に変わったわけです。

 こういうことに気付くと、会社法は面白いと感じてくるのですが、会社法施行
後9年も経ると、もう旧商法を知っている方がめっきり少なくなりました。


2015.07.30(木)【鉛筆メモ効果】(金子登志雄)

 司法書士であれば誰でも、昨日の本欄事例のように到底納得できないことをい
われた経験があると思いますが、幸いにも、私は、今年はまだそういう事例に接
していません(昨年はありましたけど)。

 6月には、非取締役会設置会社で唯一の取締役A(代表取締役A)が辞任し、
取締役B(代表取締役B)が選任され就任承諾した登記を担当しました。

 Aの辞任届については、届出印を有する代表取締役の辞任でしたので、商業登
記規則61条6項に従い、会社実印を押してもらいました。

 Bの就任承諾書には住所の記載がありませんでしたが、昔からの同規則61条
2項の例で、個人実印が押され、印鑑証明書もついていましたので、そのまま電
子申請しました。

 大手法務局だから、特段の説明は不要だろうと、そのまま電子申請したわけで
すが、「就任承諾書に住所の記載が漏れています」と補正通知が来ました。直ち
に電話し、「商登規則61条5項ただし書で住所の記載は不要です」と伝えたと
ころ、数十分後に補正通知が消されました。大手法務局は人数が多いので、詳し
い人に確認するので、対応が早いです。

 7月には、取締役会設置会社の定時株主総会で、取締役A(重任)B(新人)
C(新人)と選任され、その直後の取締役会でABが代表取締役に選任され、B
の代表取締役の就任承諾書には実印が押され、印鑑証明書が添付されていました。

 取締役BCの就任承諾書には住所が記載され本人確認証明書も会社が準備して
いましたが、Bについては、わざと、この就任承諾書と本人確認証明書を添付せ
ず、就任承諾書については住所の記載のない議事録の席上就任文言で対応し、そ
こに鉛筆で「商登規則61条5項ただし書で就任承諾書及び本人確認証明不添付」
とメモをしておきました。

 都内の出張所でしたので、勘違いで補正にされる危険もあると判断し、事前に
根拠をメモ書きしたわけですが、あっさり登記が完了しました。前段の事例でも、
慣れない調査官に当たる可能性もあるので、そうしておけばよかったのでしょう。
鉛筆メモは実に有効です。



2015.07.29(水)【「その旨」と「その定め」】(金子登志雄)
 
 都内のどこの登記所かは知りませんが、会社法の改正で、911条3項25号
が「非業務執行取締役等が………」となったので、改正前のような「当会社は、
会社法第427条第1項の規定により、【社外取締役】との間で………」などと
新規に定款に定めたり、原始定款に定めると登記を受理しないところがある(あ
った?)ようです。

 新保さゆり司法書士のブログ(司法書士のオシゴト)だけでなく、日司連の掲
示板(NSR3)にも、「なぜだ!」とありました。新保さんの件は解決済みで
すから、NSR3の登記所は別の登記所かもしれません。

       http://blog.goo.ne.jp/chararineko

 これによると、次の上場会社の定款変更は受理されなくなります。

 http://www.yonden.co.jp/corporate/ir/tekijikaiji/pdf/2015_05_20_01.pdf

 はっきりいって、その登記所の勉強不足かつ情報不足だけでなく、対応処理が
へたくそ過ぎます。ベテランの司法書士が納得していないのですから、ひょっと
して登記所の勘違いかもしれないとは考えないのでしょうか。少なくとも、東京
法務局本局に問い合わせるなどの対応をすべきです。

 こういう問題が生じると、物書き業を兼任する私は、「なぜ、彼はそういう間
違いをしたのか」と原因を究明したがる性癖がありますが、おそらく(ほぼ間違
いなく)、監査役の会計限定登記の影響でしょう。

 監査役権限については、会社法に、監査役の監査の範囲を会計に関するものに
限定する旨の定款の定めがある株式会社であるときは、【その旨】を登記せよと
ありますから、「当会社の監査役の監査の範囲は………」と定款の文章どおりに
登記することはできません。一種の機関設計の登記として、法務省の書式どおり
に登記しなければなりません。

 ところが、責任限定の会社法規定は、定款の定めがあるときは、【その定め】
と規定されています。公告方法も同じです。したがって、この場合は、公告方法
と同様に、各社各様の定款の定めどおりに登記することが可能です。



2015.07.28(火)【格差社会】(金子登志雄)

 報道によると、年間報酬1億円以上の役員は400人を超え、日本も欧米型格
差社会に近づいたといわれていますが、私は、それしかいないのかと感じました。

 私の発想は、プロスポーツや芸能人あるいは医者、弁護士などの高額報酬者の
数と比較したことや、オーナー社長を意識したためですが、オーナーではない雇
われ役員の報酬だとすると、それだけの責任を負っているとはいえ、確かに格差
社会のはじまりでしょう。

 昔は、社長といっても従業員から徐々に出世し、双六のゴールに達した人とさ
れ、年間報酬も3000万円程度でした。それでも、社長室に専用の秘書、運転
手付車両などが与えられ(それらを含めると実質は5000万円程度か)、「お
れは偉いのだ」という気分を味わえ、不満が出されませんでした。不満は他と比
較して生じるものですから、みなが同じなら不満も生じません。

 従業員と役員との報酬格差が小さく、家族意識の終身雇用で、みな中流意識を
持っていた30年前のバブル時代は、はるか昔になり、バブル崩壊と同時に欧米
型の「経営のプロとそれに使われる現場の分離」(新自由主義経済)が持ち込ま
れ、その境にはベルリンの壁ほどの差が生じました。

 経営のプロは外部から招聘され、高額役員報酬がはじまりました。逆に、現場
は「死ぬまで働け」のブラック企業が出現しはじめました。都市と地方との格差
も進み、地方のメイン通りはシャッター街に変わりました。

 自由主義社会ですから、格差があって当たり前ですが、個々の能力格差にとど
まらず、欧米社会のように「生まれながらの上流階級と下層階級」に分断される
と、前者にあらずんば人にあらずの社会となりかねません。現に2世議員の多い
政権党議員の失言の多さは、このオゴリを感じます。

 そのうち、田舎者の源氏が勢力を盛り返し、都市の上流階級である平家を攻め
滅ぼす時代が来るのかもしれませんが、源平時代と相違し、現在は支配階級が報
道機関までを支配し、その圧力で不都合な事実は報道されませんから、行き着く
ところまで行かないと新しい時代の芽も生まれないのかもしれません。それまで
は、役員報酬1億円は無理でも、司法書士報酬1億円を目指しましょうか。商業
登記専門の零細事務所では無理ですね。



2015.07.27(月)【私の勲章】(金子登志雄)

 今月は日本で最初の会社法事案に関与しました。私のアドバイスが功を奏して
先週、無事に登記が終わりました。内容を書くとその会社名も判明するため控え
ますが、私の勲章が増えたと喜んでいます。

 昔、アメリカ西部劇時代のアウトローで、21年の短い生涯で21人を殺した
といわれるビリー・ザ・キッドは、殺人を犯す都度、拳銃にマーク(勲章のつも
り?)をつけていたと聞いたことがありますが(たぶん、史実ではないでしょう。
21人も多すぎて年齢に合わせた数字に過ぎないと思います)、私も日本で最初
の登記に関与できたことが自分の勲章だと思っています(殺人に譬えるなど非常
識ですね!)。日本最初の株式交換の実行、100%子会社同士の日本最初の無
対価合併の立案と実行などとともに、今回の経験も私の拳銃(六法)にマーカー
をしておきます。

 もう1つ、私の勲章になりそうなのが、過去12年間の執筆・著作活動で頑張
った日本を代表する執筆者5000人の1人に選ばれたことです。選んでくれた
のは先週末発売の下記の『現代日本執筆者大事典〔第5期〕』という人名事典で
すが、調査が大変だったのでしょう。10万円近くもします。

   http://www.nichigai.co.jp/sales/genshitsu5.html
   http://gn5index.nichigai.co.jp/mokuji.pdf

 作家という肩書を持つ方が数万人もいる中で、世間的には名もなき司法書士に
過ぎない私が選ばれるとは想像もしていませんでしたが、過去12年間の10冊
以上の著作のほぼ全部が増刷されていますし(といっても法律実務書ですから数
千部の世界です)、改訂版になったものも少なくありません。きっと、これらが
評価されたのでしょう。なお、今回の選考とは無関係ですが、私がミニ解説を担
当している会社法条文集は、既に累計で10万部を超えていることが先週の調べ
で分かりました。これも、勲章の1つになりますね。

 大事典に登載されている5000人の名前をみると、私と同様に知名度のない
方のほうが圧倒的多数のようですから、ここに登載されたところで、何かよいこ
とでもあるのかは不明ですし、皮肉屋の多い私の周囲からも「だから何なのよ」
といわれそうですが、誰も評価してくれない地味な活動に対する利害関係のない
ところからの表彰・栄誉の1つとして、素直に喜んでいます。


2015.07.24(金)【恋バナよりあかりちゃん】(金子登志雄)

 「気になるヒトですか? それは・・・」

 ここで止めるなんて、立花さんも思わせぶりな上手な文章を書くものですね。

 恋バナ(恋愛関連の話題)は、女性が好きなようですが、女性同士では恋バナ
以外ではどんな話題が多いのでしょうか。兄弟は男ばかり、高校も男子校で男性
社会で育った私には想像もつきません。

 某年配女性(女傑?)が私に「日本の男は馬鹿な女を好きになる。政治や社会
の話題に対しては、自分の意見を言う女よりも、『わかんな~い』とカマトトぶ
って答える女のほうをかわいいと思う。金子先生も同じでしょ? こんなことで
は日本の女は成長しないし、女性管理職も生まれない………」などと非難(?)
されたことがありますが、一面の真理ですね。

 男はプライドが高く、自分で支配できる女でなければ妻にしたがらないため、
女性が意識的にかわいさを演じるのでしょうが、某年配女性の非難にもかかわら
ず、私個人は、自分が話題に乏しいためか、私と狭い話題を共有できる女性でな
いと時間を保てません。その結果、戦争法案の話も社会状況の話もできる女性と
しか会話できません。

 いま、ぜひ会話したいと思う女性は、下記のあかりちゃんです。話題はつきな
いし、ものの考え方を勉強させてくれます。会社法解釈にも、よいヒントをもら
えそうです。

  https://www.youtube.com/watch?v=L9WjGyo9AU8&feature=youtu.be

 何だ! 2日も続いて会社法の話題ではないのかといわれても困りますので、
ちょっとだけ追加しますと、皆さん、委員会設置系の会社に移行するとコンプラ
イアンスが強化されると思いますか。

 念のため、粉飾が問題になっている東芝は、指名委員会等設置会社で、取締役
16名中の4名が社外取締役でした。社外取締役は元外交官や大学教授でした。
名誉職のかざりだったのでしょうか。


2015.07.23(木)【友達の輪】(仙台・立花宏)

 仕事を終え、缶コーヒーを購入し、公園でひとやすみをしていたときのことで
した。子供たちが仲良さそうに、遊んでいました。そのわきでは、子供達の母親
らしい女性達が立ち話をしています。

 子供たちは女の子3人、男の子1人でした。皆、仲良く、遊んでいるのかと思
ってみていたのですが、よく見ると、少し様子が違うようです。

 女の子3人は楽しそうに話をしています。一方、男の子はその輪の中にはいれ
ず、ひとりでポツンと遊んでいる様子です。けっして、仲間外れにされていると
いった雰囲気ではないのですが、なんとなく、男の子は女の子の輪の中に入って
いけない感じです。

 まだ、小学校に入る前くらいの子供たちでしょうか。そのくらいの年齢でも、
大人と同じで、男の子が女の子3人のグループに入っていくのは難しいのかもし
れません。

 そんな様子を見ながら、私は自分の大学時代のことを思い出していました。
私は、ある大学の教育学部に通っていました。同級生の多くは、自分の所属す
るゼミのほか、教員養成課程も選択していました。普通であれば、私も同じよ
うに、所属するゼミのほか、教員養成課程を選択していたでしょう。

 しかし、自意識の強かった私は、人と違ったことをしたかったのだと思いま
す。教員養成課程を選択しませんでした。そのかわり、博物館の学芸員になる
資格を取得するため、文学部に遠征して、考古学実習を受講していたのです。
考古学実習は、受講生は4人でした。私のほかは、文学部で考古学を専攻して
いる女性3人です。

 実習は毎週1回でした。考古学を専攻している彼女たちは、実習以外でも顔
を合わせているのでしょう。とても仲が良さそうでした。それに対し、私は週
1回、彼女たちと顔を合わせるだけ。最初のころは彼女たちの輪の中に入れず、
実習ではいつも一人でいたと思います。

 そんなある日、土器の写真を撮影する実習がありました。そして、撮影した
あと、フィルムを現像するという作業を彼女たちのひとりとコンビを組んで行
うことになりました。

 デジタルカメラしか知らない世代の方にはイメージできないかもしれません
が、真っ暗な、現像液特有のにおいの立ち込めた部屋の中で、フィルムを現像
するという作業です。

 考古学の実習というと、遺跡を発掘するというイメージがありました。私は
まさか、考古学の実習で、フィルムを現像するという作業があるとは想像して
いなかったので、あまり面白く感じていなかったと思います。早く、その実習
が終わればいいとばかり思っていました。そんなとき、コンビを組んでいた女
性が声をかけてきました。

「立花さんは、教育学部なのに、どうして考古学実習を選択されたのですか?」

 私は、なぜ、自分が考古学実習を選択したのかを説明しようとしました。し
かし、うまく説明できず、しどろもどろだったと思います。ところが、彼女は、
一生懸命、私の話を聞いてくれました。そして、私の話が終わると、その女性
はくすりと笑い、言いました。

「素敵ですね。夢があって。応援します」

 それ以来、彼女のおかげで、私は彼女達の輪の中にも入れるようになりまし
た。彼女達も、私に話しかけるきっかけがつかめずにいたのかもしれません。
彼女がいろいろ、気遣いをくださったこともあり、ようやく、私はみんなと話
ができるようになりました。

 いつしか、私は実習のとき、彼女や彼女達に会えるのを楽しみにするように
なっていました。彼女にはとても感謝していました。

 そんなある日、私は彼女達に誘われ、実習後、学生食堂にケーキを食べに行
きました。彼女達は実習のあと、いつもそうしていたそうです。どうやら、い
までいう、恋バナなどをしていたようです。

 その日も、そんな話で彼女達は盛り上がっていました。

「立花さんは、気になるヒトとか、いないんですか」

 突然、彼女が私に話題をふってきたのです。私は答えに詰まりました。どう
こたえてよいのか。少し、沈黙が続きました。そして、私は、答えました。

「気になるヒトですか? それは・・・」

 そんなことを思い出しながら、子供たちを見ていると、女の子の一人が、ひ
とりで遊んでいた男の子のところに行き、なにか、声をかけていました。

 すると、男の子は救われたような表情で、女の子と話をはじめました。そし
て、男の子は、次第に、女の子達の輪の中に入っていきました。

「よい友達ができて、よかったね」

 わたしは、そんな気持ちになり、その公園を後にしたのでした。



2015.07.22(水)【監査等への移行定款の附則】(金子登志雄)

 14日の本欄【監査等への移行定款の附則】の件ですが、下記定款第B条につ
き、登記不要だという結論になりましたので、注記を前書きしましたので、お知
らせします。この登記に実際に関与した鈴木龍介さんの慎重な調査の結果です。

    http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_0717.pdf

 正直ほっとしました。会社法等の法令の素直な解釈からすれば、いまでも登記
事項であることは否定しにくいはずだと思っていますが、依頼者である会社側と
しては、できたら登記したくないわけです。登記の意思もなかったでしょう。

 そこで会社を説得し、「登記義務は否定することができないから、債務はちゃ
んと返済しましょうよ」と話そうと思っていたら、債権者のお国が「債務はあり
ません」と言ってくれたわけです。会社法という実体法の理由というより、登記
という公示の必要性からの根拠づけか、会社法立案担当者だった葉玉さんが時々
使っていた大人の事情かは分かりませんが、依頼者側に立つ司法書士としては、
ありがたい回答なので、喜んで従いたいと思っています。

 ところで、昨日の問題ですが、「特例有限会社は監査役設置会社になれない」
ではなく、「特例有限会社も監査役設置会社になれるが、登記はできない」が正
しい説明だと思っています。

 これに関連して、通常の株式会社において、監査役の責任免除規定を定款にも
登記にも残したまま監査等委員会設置会社になれると思います(解散したのに譲
渡制限の承認機関を取締役会のままにした場合と同様)。

 では、監査等委員会設置会社が将来監査役設置会社に戻る可能性もあると考え
て新規に監査役の責任免除を定款に定めた場合に登記できないのでしょうか。監
査役のいない会社として登記を拒否されるのでしょうか。

 いろいろ考えてしまいましたが、実体法の規律(定款)と登記への公示の可能
性は、実に難問ですね。ありがたい回答を得た本件については、これ以上、触れ
ないようにしましょう。



2015.07.21(火)【特例有限会社の監査役権限】(金子登志雄)

 連休中は、親しくさせてもらっている福岡の丸田司法書士とご一緒に、弥次喜
多珍道中で、沖縄県司法書士会の会社法セミナーで2日間にわたり講師を努めて
まいりました(会長、研修担当のI先生ほか皆様お世話になりました)。

 懇親会の折に「特例有限会社の監査役の権限を拡大して業務監査に変更できる
という見解があるが、肯定説を前提とした場合に、会社法426条の責任免除を
定款に定めて登記することは可能か」という質問を受けました。この質問は初め
てでしたが、皆さん、どう思われますか。

 特例有限会社の監査役の監査の範囲については整備法24条で「会計限定とみ
なす」とあります。これにつき、会社法施行時にみなすだけで、定款変更を禁止
する整備法9条2項のような制限もないため、定款を変更して業務監査権限を持
たせることは可能だというのが会社法立案担当者の郡谷氏(『中小会社・有限会
社の新・会社法』195頁)や石井氏(商事法務1754号111頁)です。

 本説を前提とすると、定款を変更して会社法426条の責任免除規定を定款に
定めることも可能だということになりますが(上記郡谷本215頁参照)、登記
まで可能かについては触れられておりません。

 監査役設置会社であることは特例有限会社では登記事項ではありません。それ
にもかかわらず、監査役設置会社であることを前提とした会社法426条の責任
免除の定めは登記することができるとしたら、違和感を禁じ得ません。

 改めて整備法を確認してましたが、整備法24条の見出しには「経過措置」と
はなく「特則」とありますし、定款を変更することができないという整備法9条
2項は株主間では譲渡自由の株式譲渡制限という特例有限会社の特色中の特色だ
から確認のために規定されただけだと考えるのが穏当のように思いました。

 松井信憲著『商業登記ハンドブック〔第3版〕』586頁や今回の改正会社法
立案担当者による『1問1答』342頁にも監査役の権限を拡大することに否定
的な見解のようですから、登記所も上級庁と協議し登記を受け付けないであろう
と私は予想しています。

 蛇足ですが、国は早く特例有限会社をゼロにしたいのです。だから、設立も合
併会社になることも認めず、自由を奪い座敷牢に閉じ込めているわけです。この
面からも特例有限会社で責任免除規定の登記は難しいでしょう。


2015.07.17(金)【季節労務者の気分】(金子登志雄)

 7月も今日で3週目が終了し、6月定時総会に関係する新規の登記依頼は激減
し、申請済みの登記の回収や議事録等の返却、請求書の発送が日々の業務の中心
になりました。

 中には大仕事もあったため、申請済みの登記が無事に完了するのは、一安心と
いう面もありますが、大量の在庫が次々に消えて行く寂しさもあります。請求書
等の作成・発送も、楽しかった創作活動である料理作りの後片付けみたいなもの
で、どうも意欲が湧きません。

 こうしてみると、私のような商業登記専任業者は、繁忙期と閑散期が極端で、
一種の季節労務者の気分です。今日あたりから8月中旬まではフリーター状態に
近く、日雇いに近い単発仕事を待つことになります。事件の通報を待つ刑事と同
じく、待機も仕事のうちですから、事務所を臨時休業するわけにもいきません。

 仕事を何とか分散するようにできないものかとも考えますが、こればかりは会
社の決算期に影響され、3月決算会社の多い日本では、我々の仕事の繁忙期が定
時総会時期の6月、その後の7月、事業年度期首の4月1日、中間期首の10月
1日に集中してしまいます。

 これは受注産業や顧客次第のサービス業の宿命ですね。受注産業のため前期は
毎年大赤字で後期に集中的に収入のある業種、年末のボーナス時期だけが稼ぎ時
の業種、週末だけ多忙な居酒屋………、私の業種だけが特別ではありませんので、
ブツブツいってもはじまりません。今日から当分の間、フリーターの「長屋の笠
張り浪人」に戻りますので、私の腕を必要とする用心棒の仕事でもありましたら、
ぜひ声をかけてください。


2015.07.16(木)【定足数規定の表現差】(金子登志雄)

 日本の将来を決める違憲の戦争法案が衆院特別委員会で可決したというのに世
の中は静かなものです。こんなことでよいのでしょうか。

 出世を狙った特捜検察の幹部が大手マスコミを巻き込んで鳩山・小沢を攻撃し
民主党政権つぶしにかかっていた数年前は、「皆さん、本質を見極めましょう。
今の動きには政治的意図があります。このままでは法治国家とはいえず、官僚主
権の独裁政治がはじまります」と盛んに本欄で主張したものでしたが、私よりも
大手マスコミが垂れ流す印象報道を信じる人が多数派であり、虚しさばかり残り、
徐々に政治ネタを取り上げる気力が失せてしまいました。

 世の中は私の危惧した独裁の方向に急速に進んでいますが、その対応は皆様個
々に委ね、いつもの会社法ネタに戻しましょう。

 さて、次のような質問を受けました(要約です)。
------------------------------------------------------------------------
 株主総会の普通決議の定足数は、会社法309条1項で【議決権を行使するこ
とができる株主の議決権】の過半数を有する株主が出席し………とあるが、種類
株主総会の普通決議の定足数は、会社法324条1項で、その種類の株式の【総
株主の議決権】の過半数を有する株主が出席し………となっている。
 特別決議の規定は、株主総会でも種類株主総会でも同様の規定ぶりになってい
るのに、なぜ、普通決議の場合は、このような差があるのか。
------------------------------------------------------------------------
 
 「議決権を行使することのできる株主の議決権」と「総株主の議決権」と、な
ぜ使い分けているのかという面白い質問です。

 分析と推理の金子で売っている手前、「分かりません」とはいいたくありませ
んので、推理してみました。

1.まず、自己株式が解禁になるまでは、株主総会の定足数の原則は「発行済株
 式の総数の過半数を有する株主が出席し」でした。

2.平成13年10月施行の金庫株改正で自己株式が全面的に解禁になると、自
 己株式を含んだ株数と議決権個数を分ける必要が生じ、株主総会の定足数の原
 則は「総株主の議決権の過半数を有する株主が出席し」に変わりました。
  
  それまでは、議決権につき「何株」と表現していたのに、このときから「何
 個」と表現するように変わりましたが、「総株主の議決権=自己株式を除く」
 という意味合いだと思われます。

3.平成14年4月施行の会社法で「議決権なき株式」が種類株式として認めら
 れました。A議案には議決権があるが、B議案には議決権がないという制限付
 のものも、全議案に議決権なき株式も認められました。

 A議案には議決権があるが、B議案には議決権がないという議決権制限株式が
存在するときに、A議案とB議案を付議する株主総会の定足数につき「総株主の
議決権」では、若干の違和感がありませんか。こういう表現をしたときは「一定
の事項について議決権を行使することができない株主が有する議決権の数は、総
株主の議決権の数に算入しない」(297条3項など)と会社法自ら注記してい
るのもその理由でしょう。

 そこで、会社法では、株主総会の定足数につき、【議決権を行使することがで
きる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し】と、注記せずとも済むように
表現したのではないでしょうか。しかし、子会社の定義や株主提案権など、行使
することのできる議決権の数を問題にする際に、依然として「総株主の議決権」
を使っていますから、表現が変わっても意味合いに差はないと考えます。

 なぜ種類株主総会の普通決議の定足数の際だけ「総株主の議決権」という表現
が残ったかについては、種類株主総会ですから、議案ごとに議決権を検討する必
要性に乏しいから従来どおり「総株主の議決権」にとどめたのかもしれません。

 もっとも、ひょっとして改正ミスの可能性も大きいかもしれません。309条
と324条の改正担当者が違っていれば、その可能性も低くはないでしょう。
いずれにしろ、表現の差に深い意味はないと結論付けました。



2015.07.15(水)【非取締役会設置会社の取締役会】(金子登志雄)

 非取締役会設置会社でも、定款に任意に取締役会というものを定め、これによ
って業務執行等を決定することが可能であることはよく知られていますが、実例
はこれまで経験したことがありませんでした。

 この6月の役員変更・代表者選定の登記の際に、そういう事例を経験しました
が、代表者を取締役の互選で選定したとき定款の添付が必要であるのと同様に、
定款を添付しましたところ、予想どおりというか、登記所から電話がありました。

 取締役会のない会社なのに、取締役会で代表取締役を選定しているが、どうい
うわけだという質問です。

 それ、法定の取締役会ではなく任意の取締役会ですから気にしないでください。
互選を会議体方式でしているだけです、と話しても、どうも通じません。

 ちょっと中で検討するといったん電話が終わりましたが、その後すぐに登記所
より電話があり、「分かった。取締役会と捉えるから混乱してしまいますが、取
締役【の】会と捉えれば問題ないですね」という返事でした。

 よい説明ですね。これからは、【の】入りで説明することにしました。

 ところで、皆さんは、会社の設立で発起人が多い場合に「発起人会議事録」な
んてしていませんか。「発起人会」などというものは存在せず、あれは「発起人
【の】会」に過ぎません。


2015.07.14(火)【監査等への移行定款の附則】(金子登志雄)

 監査等委員会設置会社に移行した(移行する)会社が180社程度だとか聞い
ておりますが、予想どおり、移行定款の附則規定を登記するかで混乱が顕在化し
てきたようです。

 私どもは早くからこの問題に気づき、リーガルのお知らせでも、下記のとおり
警告しておりましたが、下記定款第B条につき、皆様は、登記必要説ですか、不
要説ですか。

  http://www.legal.co.jp/products/shoshikishu/oshirase_01.pdf

 2か所からの情報によりますと、某大手法務局が登記不要と回答したようです
が、登記所を代表した公式見解とは思えません。

 登記不要説は、この定款第B条は、会社法426条の定款の定めではないとい
うのでしょうか。だとしたら、会社法426条を根拠としない責任免除として違
法の定めになります。

 会社法426条の定めだが登記する必要はないという考えなら会社法911条
3項24号に反します。

 会社法426条の定款の定めであり、本来は登記事項だか経過措置だから登記
義務はないというのでしょうか。これは滅茶苦茶な論理です。

 例えば、公告方法を官報から電子公告に変更した定款の附則に経過措置として
「本定款変更前の事項に公告が必要になった場合は、官報に掲載してする」と定
めた場合に、この附則は登記不要でしょうか。

 これと同様に定款第B条は効力規定であり、責任免除のためには、監査等委員
会設置会社の取締役会の決議のほか、株主総会を開かない代わりに株主に異議が
ないかと公告又は通知をしなければなりません。そうであるなら、経過措置とし
て定めても、登記事項であることに変わりはないというべきではないでしょうか。


2015.07.13(月)【登記は時間がかかるもの】(金子登志雄)

 先週で6月中に申請した登記の全てが管轄外への本店移転等の2つの登記所に
絡む申請を含め無事に終わりました。依頼者の都合(主に許認可申請)で急いで
ほしいとお願いしたものもありましたが、この繁忙期にもかかわらず予想外に早
く終わりほっとしています。

 7月に申請したものが予定した補正日前のいつ終わるのかは予測がつきません。
某地方法務局では10日に申請したものの完了予定日は20日後でした。信じら
れない遅さですが、われわれプロの申請したものばかりではなく、世話のやける
申請も多いのでしょう。

 こうも登記が遅いと、まだ終わらないのかという依頼者からの度重なる問い合
わせに、われわれも対応に苦慮してしまいますが、ふと信託銀行の新入社員の頃
(40年以上も前)の上司の言葉を思い出しました。

 信託銀行宇都宮支店で新人の私は預金業務の窓口係(テラー)が最初の仕事で
した。お客様を待たせるのは申し訳ないと思い、始終、後ろの事務方に「まだか、
まだか」とせかせていましたが、数日後に上司に呼ばれてお叱りを受けました。

 「金子なぁ、銀行というものは待たされるところだとお客様を教育し、事務方
を守るのも君の仕事だろう」と。

 それ以来、事務方をせかせずに、お客様に対して「今日は30分程度お待たせ
してしまいますので、よろしかったらお買い物でもしてから、またお立ち寄りく
ださい」とお客様を外に出すように営業トークを変えました。

 これを参考に、登記でも「お急ぎであることは承知しましたが、この繁忙期で
は、登記の完了までに2週間以上もかかりますので、しばらく登記のことは忘れ
てください」とでもいいましょうか。

 きっと、「分かりました。急いでいるので別の司法書士さんを探します」とい
われてしまいますね。いくら待たせても銀行はその日に終わりますから、比較す
るには無理のある譬えでした。



2015.07.10(金)【登記から見た最近の企業動向】(金子登志雄)

 7月も10日になると、6月の定時株主総会に関連する登記の依頼も急減し、
やっと全員の押印が揃ったなどの少数の例外案件しか残っていません。仕事大好
き、多忙大好きの人間としては、寂しい限りです。

 参考までに、今回の登記の書入れ時期を振り返って総括してみますと、次のと
おりです。

1.監査役の監査の範囲を会計に限定する登記は、予想外に少なかったといえま
 す。理由は、そういう定めを置く小さい会社は、監査役を置かない非取締役会
 設置会社にしていたこと、大企業の子会社(取締役会設置会社)では、役員間
 で相互に監視させるため、そういう定めを置かないようにしていたことでしょ
 うか。

2.社外取締役を置いたり新規に置く会社は多かったのですが、私の顧客は全て
 監査役を置く会社であり、委員会を設置する会社ではなかったため、社外取締
 役の登記はゼロでした。何のための社外取締役の増員・強化だったのかと思わ
 ざるを得ませんでした。

3.非業務執行取締役等の会社に対する責任の制限に関する規定を変更する会社
 は数件ありましたが、「(業務執行取締役等であるものを除く。)」と1字1
 句会社法どおりにせず、「もの」→「者」「。」→「なし」とする会社も少な
 くありませんでした。

 その他、感じたことは上場会社を含め会計監査人設置会社では取締役の任期を
1年にするところが毎年増加傾向にあるようです。これは剰余金の配当を取締役
会で決定したいという意味ではなく(会社法449条参照)、表向きは、取締役
に対する株主の監視を厳しくするコンプライアンス重視の流行りでしょう。

 しかし、取締役の任期を短くすれば、取締役候補を実質的に決定する社長の権
限が強化され、社長に反旗を翻す取締役は、次の定時株主総会で再任候補から除
外され、コンプライアンスとは逆の結果になりかねないという負の側面も大きい
のではないでしょうか。国も企業も改革のどさくさに紛れて法令遵守とは真逆の
独裁に進んでいるような気がしているのは私だけでしょうか。



2015.07.09(木)【監査役権限の登記期間】(金子登志雄)

 改正法の附則22条1項に「この法律の施行の際現に監査役の監査の範囲を会
計に関するものに限定する旨の定款の定めがある株式会社は、この法律の施行後
最初に監査役が就任し、又は退任するまでの間は、新会社法第911条第3項第
17号イに掲げる事項の登記をすることを要しない」とあり、登記した場合の登
記記録例では、改正法施行以前からの内容であるため、変更日が記録されません。

 これにつき、某地方法務局から「今回の改正前に定款に会計監査限定の定めを
設けていた場合は登記記録に原因日付は入らないため登記懈怠の問題は起こらな
い」との説明があったそうです(日司連の掲示板NSR3より)。

 申請人側としては大歓迎の回答ですが、運用面はともかく法律上もそのとおり
かというと、かなり疑問です。いろいろ考えてみました。

1.会社法915条には登記事項に変更が生じたときは2週間以内に変更登記を
 せよとあります。上記の登記は監査役設置会社の変更登記でも、監査役の変更
 登記でもないから登記期間の制限はないという根拠だろうか。
  しかし、915条の「変更」は設立登記と対比した意味の広義のものであり、
 登記事項が生じたときはという意味でしょう。

2.原因日付の入らない登記には初代の清算人の登記があります。しかし、これ
 には会社法928条で2週間以内に登記せよとあります。
  清算人の登記に原因日付が入らないのは、解散日をみれば分かり、その日の
 翌日から清算会社が「設立」されたとして、設立登記と同様に、役員の就任年
 月日が登記されないのだと私は推測しています。

3.原因日付の入らない登記には社外役員の登記があります。A取締役につき社
 外取締役の登記を漏らし、後日、それをする際には原因日付が登記されません。
 この社外の登記は取締役に付従した登記ですから、原因日は取締役の就任日と
 して登記されているともいえますし、社外かどうかは委任契約に基づくもので
 はないので独立した原因日が記載されないのだと私は理解しています。

 社外役員が登記事項になった頃(平成14年)は、運用面で過料にすることは
まずないだろうが、法律上は過料の対象になると解釈されていたと記憶していま
すので、今回の説明に驚いたわけですが、附則22条1項を素直に読めば、最初
に監査役の就・退任が生じた時から登記義務が発生するから、その時から2週間
以内に登記せよと解釈しておいたほうが無難でしょう。


2015.07.08(水)【分譲マンショと抵当権抹消登記】(島根・根来川弘充)

 先日、分譲マンションの所有者の方から、抵当権抹消登記の依頼を受けました。

 分譲マンションは、見た目は一つ(一棟)の建物でありながら、各マンション
毎に登記簿が作成されています。

 また、建物の敷地は敷地権と呼ばれ、おおよそ各マンションの登記簿には、そ
れぞれの広さを基準に敷地権が持分として割り当てられています。

 その結果、各マンションの登記簿は一つの建物の登記簿でありながら、土地の
持分もついているという大変便利なものになっています。

 ところで、抵当権抹消登記には、登録免許税がかかるのですが、これは不動産
(土地もしくは建物)の個数×1000円です。もし、マンション一棟の敷地が
一筆であるのであれば、建物とあわせて2000円で済むことになるのですが、
私が依頼を受けた分譲マンションの登記簿には、敷地が6筆の土地にまたがって
いましたので、7000円かかりました。

 せっかく便利に土地と建物を一つの登記簿にまとめたのだから、1000円で
あっても良い気がするのですが、全国の分譲マンションの個数から計算すると、
とても大きな税金なので、そうもいかないのかと思いました。


2015.07.07(火)【ミスは想定内に】(金子登志雄)

 5日の日曜日は司法書士試験の日だったようですが、受験生の中には、試験が
終わった瞬間に、「あ!」とミスに気づき、愕然と打ちひしがれている方も多い
ことでしょう。私がそうでした。慶応大学の日吉校舎で受験したのですが、庭の
ベンチで30分も呆然としていたものです。

 試験中は時間に追われて馬車馬のように「前」ばかりみて思考してしまいます
が、試験が終わった瞬間に、周囲を見回す余裕が出来、「あ!」と勘違いに気づ
くものです。

 しかし、こればかりは、実力のある方なら、みな同じですから、気にしても仕
方ありません。試験というのは、そういうものだと思い、それがあっても合格す
ることができるように実力アップに励むことです。

 司法書士の登記業務では、時間にゆとりがありますし、不明点は顧客に問い合
わせることもできますので、論点の勘違いのようなミスは生じないのですが、5
時までに申請しなければならないなどの時間に追われて生じる申請上のケアレス
ミスは少なくありません。

 資本金が1億円なのに、役員変更の登録免許税1万円のところ3万円にしてし
まったり、重任なのに就任にしてしまったり、多種多様のミスがありますが、多
く場合が、他社の申請書に上書きして申請書を作成するときに、こういうミスが
生じます。昨日も他社の申請書に上書きして役員変更登記の申請書を作っていま
したら、申請書の表題が「株式会社本店移転登記申請書」になっており、あわて
て直したところです(この程度のことは補正にもなりませんが)。

 上書きをやめて新規に申請書を作ればよいじゃないかとか、もっと慎重にチェ
ックすればいいのに………といわれそうですが、それは安全地帯にいる無責任な
評論家の論評に過ぎません。どんなに慎重に行おうと、人間の心理は重要部分に
目が向いてしまうため、非重要部分のちょっとしたミスは避けられないのが現場
での仕事です。

 上場会社の株主総会招集通知は、総務部で数人がチェックし、上司や経理部門
も関係部分をチェックし、顧問弁護士や印刷業者(宝印刷とプロネクサスが2大
大手)のプロもチェックし、最低でも10人以上の精鋭がチェックに関与します
が、それでもミスが生じています。

 試験も登記も企業法務も、人間の営みである限り、ケアレスミスは想定の範囲
に置き、大きなミスをしないことのほうが数倍も重要です。100点よりも常時
80点以上を目指すことを心がけたほうが試験でも仕事でも成功するものだと私
は思っていますが、いかがでしょうか。ミスを愛し、楽しみましょう。


2015.07.06(月)【多忙感の正体】(金子登志雄)

 今年の6月の定時株主総会に関する登記では、昨年より1.3倍程度も多忙に
なったという感覚があります。深夜残業する日数も増えました。

 他の司法書士から一時的に引き継いだ難度の高い案件が数件あったため、それ
が原因だと思っていましたが、念のため、現時点の昨年の受託件数と今年のそれ
を比較してみましたら、大きな差はありませんでした。

 どうも、本人確認証明書と5月からの会社法改正が原因だったようです。これ
らのために、既存顧客からも問い合わせが多く、せっかく郵送されてきた登記書
類に不足があったり、当方のチェックも新人役員の就任承諾書に住所の記載があ
るか、その住所は本人確認証明書と一致しているかなどに及んだため、昨年より
1.3倍の労力が必要になったためのようです。登記の添付書面も増えました。

 「議事録案を作ったからチェックしてください」というメールが入ると、当方
では「改正でこうなりましたから、この部分はこうしてください」とか、「監査
役に変更があるようですが、その権限について定款を拝見したいので、送ってく
ださい」などと返し、半月後に「議事録案の改訂版を作成しました。念のため、
チェックしてください」と来れば、半月前のことは忘れていますから、また新規
と同様にチェックし………で、これが何社も、また何往復も続いたわけですから、
多忙になるわけです。

 報酬額は従来どおりですから、労力が増えただけに終わりそうですが、多忙度
合いが増したのは、登記所でも同じでしょう。就任承諾書の不備(住所未記載、
本人確認証明書との住所の不一致)による補正が多いのではないでしょうか。



2015.07.03(金)【登記簿謄本請求報酬】(金子登志雄)

 きのうは、数社分でしたが、登記完了後の謄本や印鑑証明を1000部くらい
取得しました。数年に1度くらい、こういうことがあります。

 さて、こういう場合、全国各地の司法書士は、報酬をどの程度請求しているの
でしょうか。地域性が大きいのではないでしょうか。

 都心の商業登記専門の当事務所は一切請求しません。謄本程度で報酬を計算す
るのは面倒だという理由以外に「当事務所はコンサルティング事務所だ」という
自負から、頭を使わない仕事では報酬を請求しないと決めているからです。

 これは自慢ではありません。コンサル中心の事務所と伝統的な代行業中心の司
法書士事務所では経営の仕方も異なるからです。

 10年前ですが、親しくなった某上場会社の法務部の幹部の方から、「それな
りの上場会社では毎月謄本を100部、200部必要となる。それだけで司法書
士事務所に毎月5万円程度の支払いが生じる。一種の顧問料みたいになっている
が、コンサル中心の金子先生には、顧客も謄本取りなどをお願いしにくいでしょ
う。月々の安定収入がないので、事務所の経営で苦労しますよ」といわれたこと
があります。

 もちろん、「謄本取りでも何でもしますから仕事を頂戴」と申し上げたことは
いうまでもありませんが、謄本取りだけを依頼されたことはその後もありません
でした。

 確かに、当時は電子申請で謄本を取得することができませんでしたし、和紙の
謄本の登記所も全国に残っていたように記憶しています。

 この時代だからこそ、謄本取得に報酬を請求するのが自然だったわけですが、
現在の司法書士事務所は、登記所の電子化が進んだため、謄本取りでは報酬を請
求しにくくなっているのではないでしょうか。仲間の司法書士にも聞いたことが
ないので、実情は知りません。聞いたところで当事務所は当事務所の方針で動く
だけですから。


2015.07.02(木)【電子申請の順番】(金子登志雄)

 きのうの東京法務局は、原本還付の出店が出ていましたし、相談窓口の待合席
は満杯でした。相変わらず、商業登記の書き入れ時ですが、職員の皆さんの顔に
はゆとりを感じましたので、ピークは去ったのでしょう。もっとも、仕掛中の在
庫(?)が多いのか、登記完了予定日は2週間後になっていました。しばらくは
混雑が続きそうです。

 さて、同一グループ会社ABCD4社の社長が交代するので(全て同一人)、
社長の個人の印鑑証明書1通を4つコピーし4社で原本還付しましたが、こうい
う場合はABCDを連件で申請し、BCDにつき、添付書面の印鑑証明書は「前
件添付」とすればよいのでは……という意見が司法書士会の掲示板にありました。

 そうしてみたい気もありましたが、会社が相違すれば、前件添付方式は無理だ
と思っていますので、原本還付にしたわけです。

 それ以前に電子申請の場合に、ABCDの順序で登記所に到達させたい場合に、
1、2、3、4と順序をつけてよいものやら、時々悩みます。

 順番を付さないと、思った順序で登記所に届かないことがあるのです。そこで
順番を付して申請し受領証をもらうと、4申請の1,4申請の2などという印が
ついてきますから、この付番は、4つを同時に申請した場合に限られるようにも
思え、はっきりしないところがあります。

 紙の申請のときは、1/4、2/4、3/4、4/4と番号をつけても、不都
合があれば消せば済むことで、何の問題もありませんが、電子申請の場合は記録
に残るので、今後のためにも、何か基準があるのなら知りたいものです。


2015.07.01(水)【商号変更企業】(金子登志雄)

 昨年6月に当事務所の入居するビルの名称がオーナーの交代に伴い「野村不動
産神田小川町ビル」から「常和(じょうわ)神田小川町ビル」に変わったばかり
ですが、本日からは、オーナー会社の商号変更に伴い「ユニゾ神田小川町三丁目
ビル」に変わりました。

 http://www.jowa-hd.co.jp/news/pdf/2015/20150519_4.pdf
 
 昨年の学習効果で、同居している当社及び子会社の本店表示からビル名を削除
しましたし、司法書士登録の事務所住所も同じようにしましたので、面倒な手続
は回避できましたが、名詞の作り直し費用程度の負担は避けられませんでした。

 しかし、これは我慢しましょう。これで数年間はビル名の変更はないでしょう
し、伸び盛りの企業は、頻繁に株式分割をするだけでなく、商号や事業目的を変
更しますから、大家さんが大きく発展していることに店子も喜ばねばなりません。

 昔は上場会社が商号を変更することは多くはありませんでした。株券を発行し
ており、この株券を全部差し替えなければならないとされていたからです。上場
会社の株券ですから偽造防止の適格株券ではならないため、株券の差し替えだけ
で億単位の費用がかかったのです。

 今は株券が廃止されていますので、商号の変更も容易になりましたが、名刺代、
看板代、封筒代、社内事務用品の差し替え、銀行通帳の差し替え………、やはり
面倒で高額な費用がかかるでしょう。伸び盛りの企業でなければ商号変更は無理
だというわけです。



2015.06.30(月)【各社各様の議事録】(金子登志雄)

 昨日はギリシャ問題の余波で日経平均株価が大暴落中だというのに、趣味の株
価チェックをする時間もないほど、申請書作りや電話応対に追われていました。
うれしい悲鳴です。平素は閑古鳥の鳴く当事務所も、年に1度くらいはこういう
ことがないと困ります。

 それにしても、持ち込まれる議事録は各社各様でした。

 株主総会議事録には出席役員欄を設けて氏名を列挙すべきなのに、その欄がな
い代わりに、出席役員全員に議事録に記名押印させている会社。

 取締役会議事録に大量の議案が記載され、厚さ1センチもある議事録の会社か
ら、極端にいえば、代表取締役選定の議案しかない会社。

 取締役会議事録の後者については、中には登記すべき事項だけ決議する取締役
会と、それ以外を決議する取締役会に分ける会社もあるやに聞いていますが、そ
れをせずに、たまに「取締役会議事録(抜粋)」として前者だけの議事録にして
提出する会社もあるようです(押印があれば登記上は受理されているようです)。

 しかし、私には「抜粋」との明記があると、「これは議事録原本ではありませ
ん」と自白しているように感じて抵抗があるため、私だったら「(抜粋)」をと
ってもらうようにお願いするでしょう。

 「抜粋」をとれば有効な議事録といえるかについては、商業登記法46条2項
には「議事録」を添付せよとあるので、議論があると思いますが、私は議事録は
1個とは限らないと思っています。Aさんが作成し出席役員全員が記名押印した
議事録、Bさんが作成し出席役員全員が記名押印した議事録が完全に有効である
のと同様に、第1号議案だけの議事録、第2号議案だけの議事録があってもよい
と思っているからです。

 また、そもそも商業登記法46条2項には「登記すべき事項につき……決議を
要するときは、申請書にその議事録を添付しなければならない。」とあるため、
これを素直に読めば「登記すべき事項について決議した議事録」を添付せよとい
うことですから、商業登記法自体が「登記すべき事項でないことを決議した部分
は除いてよい」と規定しているとも考えられないでしょうか。

 まぁ、ここの部分は「触らぬ神に祟りなし」で行きましょう。誰かが登記所に
質問し「全議案が記載された議事録でなければ認めない」などという回答でも出
たら藪蛇です。皆さんも、藪蛇はなさらないようお願いします。



2015.06.29(月)【会務活動への弁解】(金子登志雄)

 この商業登記の書入れ時に日本司法書士会連合会では定時株主総会があったよ
うですが、代議員の方は、パートナーの若手司法書士や優秀な補助者が事務所を
守っているとはいえ、所長が留守では、さぞ大変だったことでしょう。特に地方
からの大議員の方には、頭が下がります。

 当事務所では、事務所の特殊性から、この時期に所長が留守をすることは絶対
に無理です。

 第1に、商業登記のみしか扱わない零細事務所です。理由如何にかかわらず、
この時期に事務所を留守にしては、顧客の信頼に応えられません。

 第2に、上場会社の株主総会の運営まで分かる特殊専門店で売っていますから、
この時期は、緊急質問なども寄せられるため、私以外では対応できません。

 「社外取締役を選任するのだが、なぜ登記がなされなくなったのか、もう1度、
至急に教えてください」………、「それはですね」と何の資料もみずに電話口で
即答しなければなりません。私に聞いてきた人は、すぐに上司に説明し、上司は
その上に報告し………とつながりますから、時間が勝負です。

 こういう事務所の特殊性から、開業後20年近くを経たというのに、相変わら
ず1人事務所から少しも脱皮できずにいますが、事務所経営の苦労をしないで済
む点は、ものぐさで、時々用心棒の助っ人業務もする長屋の笠張り浪人を天職と
思っている私には丁度よい生活スタイルかもしれません。

 第3に、急ぎの登記が多い時期です。商号変更や社長の交代があると、登記を
急がねばなりません。会社の各部署から謄本何通が至急に必要だなどと総務部に
要請が入っているためです。
 
 第4に、登記所からの電話が多い時期です。法律問題については、私が対応し
なければなりません。
 
 あれれ、まるで、ボランティアに近い会務活動をしていない弁解のようになっ
てしまいましたが、私は私で執筆やセミナーの講師活動を通じて「司法書士こそ
会社法の専門家」という広報活動に従事していますから、方法は違っても、会に
は十分に貢献しているつもりです。

 もっとも、出版社からは「会社法の中央経済」というイメージ作りに貢献した
と感謝されていますが、司法書士会からは、そういう評価をされたことは一度も
ありません。これは、ボヤキですね。


2015.06.26(金)【定款変更の効力発生日】(金子登志雄)

 「今日できることは明日に伸ばさない。」………私の執務姿勢ですが、昨日も
午後4時に登記依頼の資料が届き、あわてて5時までに申請しなければと頑張り、
電子申請しましたが、あとでパソコンのメールをみたら、「午後に資料が届くは
ずですので、明日の26日にでも申請してください」とありました。あわてる必
要はありませんでした。

 さて、商号を10月1日に変更するが、定款の附則に効力発生日を記載しなけ
ればならないのかという質問を受けました。

 いつの頃からこうなったのか分かりませんが、定款変更の効力の発生が将来の
日の場合に、定款の附則に効力発生日を定める例が増えました。

 例えば、下記です。

 (商号変更)
   http://qq5qq.info/lILf
  
 (本店移転)
   http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2015/0220_03.html

 一種の確認規定でしょうが、昔はこういうことは定款変更の理由あたりに記載
し、附則には記載しませんでした。

 おそらく法令の改正にあたり、附則に「施行期日」を規定するのに倣ったもの
でしょうが、法令の改正の場合は、原則として改正案の全部の効力が将来の日に
なるのに対し、定款変更の効力は決議と同時に発生するものがほとんどで、その
一部だけを将来の日にしますから、わざわざ附則に一部の変更の効力発生日を記
載する必要はないように思うのですが、これも好き好きでしょうか。


2015.06.25(木)【2種類の補正】(金子登志雄)

 港区の原田先生の17日のブログに「うちは、印鑑相違以外で補正になること
はまずありません。」とありました。ご立派です。きっと、複数人でチェックし
ているのでしょう。1人でチェックしている限り、こういうことは、まずありえ
ません。

 さて、補正というのは、登記申請後に登記所の調査係が申請書を審査する際に、
間違いをみつけ、われわれに訂正や補完を指示することです。

 これには2種類があります。第1は、私も時々してしまう誤字脱字、上書きミ
スです。B社の登記を受託したとき、パソコンに残っているA社の申請書をB社
用に直す方が新規に申請書を作るより早いので、そこに上書きするわけですが、
その際に見落としがあると、B社の申請なのに、一部の内容がA社のままになっ
ていたりします。

 第2は、適法性に対する見解の相違に基づくものです。これについては、私は、
自信がありますから、補正の指示を受けても、まず引き下がりません。説得資料
を送り、ご理解を求めますが、それでも無理な場合は登記官と合わせてほしいと
粘ります。会わせてもらったことは1度もありませんが、熱意が通じて、再検討
の結果、OKになります。

 こうしてみると、第1はエディターチェック(形式チェック)、第2は適法審
査(内容チェック)といえますが、この第1に関する登記所の熟練度は、驚嘆し
ます。

 われわれは顧客の作った議事録のチェックなども、登記に関係する重要事項の
ポイントチェックで終わらせますが、登記所さんは、1字1句、仔細にチェック
するようです。

 印鑑照合もすごいです。あるとき、会社自身も私もチェックしたはずなのに、
印鑑が違うといわれたことがありました。顧客が議事録をスキャナーにかけて、
パソコンに取り込み、それを印刷して、原本還付用の写しとして私に渡してくれ、
そのまま提出したところ、これによって、印鑑の大きさが、0.何ミリだけ小さ
かったようです。

 これ以来、写しの作成は、スキャナーではなく、等倍のコピー機で行うよう顧
客にお願いしたことは言うまでもありません。



2015.06.24(水)【最良の講師】(金子登志雄)

 久々に登記申請のため東京法務局に行きましたら、商業登記の旬のためか、相
談コ―ナーも補正窓口も満席の盛況でした。タクシーで行ったのですが、駐車場
にも入れませんでした。